お小遣い程度の少額資金で始められ、損失は投資金額にもでリスク限定

注目されている投資の1つであるバイナリーオプションは、いくらから取引できるか知っていますか。
株式投資やFXのように数万〜数十万円の手元資金がなくても、〜1,000円程度の資金で取引が可能です。取引時間も短いため、時間がないときや資金に余裕がないときも取引できます。
バイナリーオプションが少額資金で取引できる特徴や魅力、気をつけるべき点について、これから、バイナリーオプションを始めようと考えている方や、資金に不安がある方は、参考までにご覧ください。

バイナリーオプションは小遣い程度の金額から本格的な投資ができる

バイナリーオプションはさまざまな特徴を持ちますが、その中でも注目され魅力的なのが、小遣い程度の少額資金で取引ができることです。
他の投資だと数万〜数十万円の資金が必要になってきますが、バイナリーオプションであれば、1,000円以下の資金さえあれば、始めることができ、場合によって50円前後で取引できます。
ここでは、バイナリーオプションの特徴でもある少額資金で始めれること、1回あたりの取引に必要な金額などについて、確認していきましょう。

金融商品はたくさんある中でバイナリーオプションは少額から始めれる特徴を持つ

株式投資やFX、投資信託など、さまざまな金融商品がありますが、何れも投資をする場合は、数万円〜数十万円の資金が必要です。
しかし、バイナリーオプションであれば、より少額からの取引が可能です。
概ね1,000円あれば1取引でき、バイナリーオプション業者によっては、数十円〜数百円で取引できるところも多いです。「投資を始めるためにまずはお金を貯めないと。。」「投資したいけどお金がかかるから動き出せていない」と考えている人も、投資資金を貯めることに時間をかける必要はなく、バイナリーオプションであれば、ちょっとしたお小遣いや余ったお金を使って気軽に取引が行えます。

他にも、上がるか下がるかの2択を予測するシンプルな取引形態であったり、負けたとしても投資資金のみの限定的なリスクであったり、短時間で結果がわかるなど、わかりやすくスピーディーな特徴を持ちます。
そして、多くの特徴を持つ中で1番の特徴とも言えるのが、少額で取引ができることです。投資資金に余裕がない方や主婦の方でも、小遣い程度の金額で本格的な投資を始められます。

必要資金はどれくらい?各業者ごとの最低購入価格は?

バイナリーオプションは業者によって、1回あたりの取引に必要な金額は若干異なります。
下記は主な国内のバイナリーオプションを提供している業者の1取引あたりの必要資金です。
購入価格は、購入時のレートが予想レートに近いかどうかで価格が変わってくるため、同じ業者でも価格に開きがあり、購入タイミングにより価格が違います。
一般的に、購入時のレートが予想レートに近いと購入価格は高くなり、購入時のレートが予想レートに遠いと購入価格は安くなります。

GMOクリック証券外為オプション 約50円〜999円
FXプライムbyGMO選べる外為オプション 約50円〜999円
FXトレード・フィナンシャルバイトレ 約50円〜990円(ペイアウト金額1,000の場合)
トレイダーズ証券みんなのバイナリー 50〜990円
YJFX!オプトレ! 10〜990円
ヒロセ通商 LION BO 0〜1,000円
FOREX EXCHANGE 俺のBO 50〜999円
Binary binary.com 35〜999円

上記のように1,000円あれば、1取引が可能で、予想通りにレートが推移すれば利益を得れます。また、外れたとしても、投資金額=損失金額ですので、1回あたりの損失は1,000円以下に抑えられます。
株式投資の場合は、ある程度の主要銘柄を買うとなると20〜30万円は必要ですし、FXも余裕を持って取引するには最低でも10万円以上は必要です。
これだけ少額資金で開始でき、リスクも限定的なのはバイナリーオプションならではと言えます。

1ロットが50円以下も!株やFXの1単元・1ロットと比較しても安すぎる

ロットとは取引の最小単位のことで、バイナリーオプション業者によって「1ロット」や「1枚」と呼びます。「1ロットが50円〜」の場合は、50円から1取引が可能ということです。
上記の各バイナリーオプション業者の必要資金は、すべて1ロットあたりの資金ですので、業者によっては50円以下でも取引が可能です。
もちろん、50円前後で取引できる場合は条件が悪いことも少なくありませんが、多少高い価格だとしても1,000円以下で取引できます。株の1単元やFXの1ロットと比較しても、バイナリーオプションの1ロットあたりの金額はとても少ないです。

バイナリーオプションは少しずつ試しながら経験を積めるし積むことが大切

バイナリーオプションはリスクも限定的で初心者にもわかりやすく、投資を始めるハードルも低いため、少しずつ試しながら経験を積むことができます。特に、気をつける点に関しては、事前に知っておかないと、後で落とし穴になることもありますので注意が必要です。

初心者でも始めやすいハードルの低さが魅力のバイナリーオプション

バイナリーオプションを始めるのに難しい知識は必要ありません。
株式投資やFXであれば、各分析指標を使ったテクニカル分析や経済指標などに基づいたファンダメンタルズ分析、企業の財務状況の見方など、企業の業績や相場動向の分析・予測ができないと、なかなか難しい場合があります。

しかし、バイナリーオプションであれば、株式投資やFXよりも、投資金額が小さく、損失も投資金額のみとリスクも限定され、取引ルールも目標レートより高くなるか低くなるかの2択を予測するのみと(ラダーオプションの場合)、初心者でも簡単に取引ができます。必要資金は数十円〜1,000円以下と小遣い程度で、予想が外れても投資金額を失うだけなので、大きな痛手を負うことはありません。

株式投資のように投資した企業が倒産することや、FXのように急な為替相場の変動により大きな損失を負うこともありません。

気をつけなければならないことは初回入金額これが落とし穴になる

1回あたりの取引金額のほとんどが1,000円以下の特徴を持つバイナリーオプションですが、気をつけなければならないこともあります。
それは、取引金額とは別に初回入金額が必要なことです。
初回入金額とは、バイナリーオプション取引を行う際に、あらかじめ口座に必要な資金のことで、業者によって5,000円程度のところもあれば、3万円近く必要な場合もあります。そのため、1回あたりの取引金額が安くても、初回入金額が高ければある程度の資金の準備が必要ですし、初回入金額が安く取引金額が高い場合も同様です。
バイナリーオプションを始める際に業者を選ぶときは、取引金額だけでなく初回入金額も必ず確認するようにしましょう。取引金額が安い!と思って飛びついても初回入金額が高く資金がカツカツになってしまった。

ということはよくある話です。

小遣い程度の資金で取引できるバイナリーオプションは初心者も始めやすい

いかがでしたでしょうか。
バイナリーオプションは50円前後〜1,000円以下の金額で取引ができ、ラダーオプションであれば上がるか下がるかを予測し、当てれば利益を得られます。

仮に外れたとしても損失は取引金額と同額のため、大きな痛手は負いにくい特徴を持っています。
短時間で取引ができますので、忙しい方でも安心です。他の投資商品だと、1回あたりの取引金額も大きく、ある程度の投資資金を準備しなければなりませんが、バイナリーオプションであれば、お小遣い程度の金額で取引できるため、初心者でもチャレンジしやすいです。

ただし、初回入金額も必要なため、必ず始める前に確認するようにしましょう。

著者情報
自虐に突っ走る投資初心者。腹八分目を肝に銘じつつ、欲と恐れと戦いながらどこまで我慢できるか毎日チキンレース繰り広げてます。

RELATED