多くの特徴やメリットを持つ反面リスクやデメリットもある

バイナリーオプションにはどんなリスクやデメリットがあるかご存じですか。多くの特徴や持ち投資初心者でも手軽に投資できるバイナリーオプションですが、特徴やメリットが多い分、リスクやデメリットもあります。
どんなリスクやデメリットが伴うかを知っておけば、対策を打つことができ、損失を負ったり失敗する可能性を抑えることも可能です。
ここでは、バイナリーオプションの特徴やメリットだけでなく、伴うリスクやデメリットについて、紹介します。バイナリーオプションを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

バイナリーオプションの特徴の意味と伴うリスクについて

バイナリーオプションに限らず、投資をするには、その商品の特徴の意味や伴うリスクについて、把握しておかなければなりません。そうでなければ、リスクに気がつけず、負わなくてもいい損失を負ってしまったり、大きな損失を負ったりしてしまいます。ここでは、バイナリーオプションの特徴とリスクについて、確認していきましょう。

リスクも限定的でシンプルなため初心者にもハードルが低いがリスクもある

バイナリーオプションは他の投資に比べても初心者のハードルが低い投資であると言えます。
理由は、予想が外れたとしても投資金額以上に資金を失うことがないため、FXのように相場が急落して投資金額以上の損失を負うということはありません。株式投資やFXであれば、多くの分析指標を使いテクニカル分析をしたり、ニュースや経済指標を基にファンダメンタルズ分析をして、先々の相場動向を分析・予測する必要があります。

バイナリーオプションであれば、1回の取引時間が決まっているため、難しい知識や分析力がなくても勝つことが可能です。

また、取引方法も、一定時間後に目標レートよりも高いか低いかを予測するラダーオプション、一定時間後に指定された範囲内にレートが収まるか収まらないかを予測するレンジオプション、一定時間内に目標レートに1度でも到達するかしないかを予測するタッチオプションの3種類があり、何れのオプション取引も2択なので、初心者の方でも難しい分析をせずに取引できますし、仮に勘で取引したとしても勝つ可能性があります。

国内のバイナリーオプション業者の多くが、1回あたりの取引金額が数十円〜数百円のため、1,000円もあれば1取引ができますし、仮に予想が外れたとしても1,000円以下の損失で済みますので、リスクが限定的です。投資前の段階からリスクの最大値を把握して取引に臨めるため、大きな不安を抱えることもなく、想定以上に損失を負うこともありません。

初心者にもハードルが低くリスクも限定的な投資として注目されているバイナリーオプションですが、気をつければいけない点もあります。それは、株式投資やFXなど、他の投資同様、必ず勝てるわけではなく、損をしてしまうリスクもあるということです。
リスクは限定的ですが、予想が外れ続けて負けが重なれば、損失を負う可能性は極めて高くなります。リスクもあると認識した上で取引することが大事です。

投資とはいえ当てずっぽうな予想であればただのギャンブル

バイナリーオプションはラダー、レンジ、タッチの何れのオプション取引でも、一定時間後もしくは一定時間内のレートの動きを2択から予想するものです。
2択ですので、適当に予想しても一時的に勝ち続けることもありえます。

しかし、当てずっぽうな予想は投資とは言えず、ただのギャンブルにすぎません。初心者の方は、少しずつ経験と知識を積むことで、除々に相場動向の分析や予測ができるようになってきます。
そうすると、ただの当てずっぽうではなく、根拠に基いて取引ができるようになり、自然と勝率も高まってくるはずです。
不思議なものですべて当てずっぽうでやっているうちは、結果として負けることがほとんどです。
ギャンブルではなく投資をするようにしましょう。

2択のシンプルな投資で1日中取引チャンスがあるからこそリスクも伴う

バイナリーオプションは、前述のとおりどのオプション取引の場合でも、高くなるか低くなるか、収まるか収まらないか、到達するかしないかのシンプルな2択な取引です。
その上、株式投資のように取引時間が短くなく、ほぼ1日中取引のチャンスがあります。

例えば、FXトレード・フィナンシャルの提供するバイナリーオプションのバイトレは、月曜日〜金曜日の朝7:20〜翌5:30まで毎日11回の取引チャンスがあるため、日中は仕事や家事などで忙しくても、夕方以降や深夜の時間帯に取引することが可能です。また、ほとんどの業者が判定時刻の直前まで購入・転売が可能なので、取引時間もある程度自由が効きます。

しかし、1日中取引できるチャンスがあるため、「とりあえず」な考えで不用意に取引に臨んでしまうと負けが重なることもありえますし、二者択一というシンプルさ故に、考え過ぎて負け越すこともあります。シンプルでチャンスが多いからこそ、リスクも伴うということは必ず認識しておきましょう。

バイナリーオプションのデメリットも理解することは大切

バイナリーオプションに限らず、投資をする際は、その商品の特徴やメリットだけに目を向けるのではなく、デメリットやリスクにも同じくらい目を向ける必要があります。
デメリットを把握しておかないと、損失を負ったり失敗する可能性も高くなります。デメリットやリスクは事前に把握し、対策を打つことや意識して取引に臨むことが重要です。

ここでは、バイナリーオプションのデメリットやリスクについて、確認してきましょう。

どのオプション取引でも2択だが2回に1回勝てるとは限らない

ラダーオプション、レンジオプション、タッチオプションのどのオプション取引でも2択が基本ですが、2択だからといって勝率が50%と考えるのは間違いです。
相場は常に変動しながらトレンドを形成しています。
そのため、一定時間後に目標レートよりも高くなるか低くなるかを予測するラダーオプションでも、高くなる・低くなるが交互にくるような展開は少ないです。

相場が上昇トレンドであれば、高くなることの方が多いでしょうし、下降トレンドであれば低くなることの方が多くなる傾向があります。トレンドも時間軸によって上昇・下降が異なりますし、ニュースや経済指標の影響も受けますので、上昇トレンドであったとしても一定時間後には下降していたりするため、しっかりと分析が必要です。

2択だから2回に1回は勝てるとは限らないため、当てずっぽうのギャンブルで勝つことは難しく、勝率を高めるには分析した上で投資をする必要があります。

勝率を上げリスク回避するには為替の動きを勉強することが必要

相場動向を分析して、今後の展開の予測の精度が高くなれば、バイナリーオプションで勝つ確率は高まりますし、リスクを回避することにも繋がります。
相場動向を読むためには、分析指標を使い精度の高いテクニカル分析をしたり、ファンダメンタルズ分析をする必要があります。完全に読み解くことはできませんが、勉強や研究を実践を通して重ねれば、確実に精度は高くなります。

経験の浅い方でも、分析ツールの使い方や経済指標の内容・傾向を勉強して、実際の取引もしくはFXなどのデモトレードを利用し、試していくといいでしょう。

デモトレードであれば無料ですし、過去のチャートを確認することもできるため、さまざまなパターンや傾向を学べます。

1回あたりの取引金額が小さいため総合的な損失金額が把握しづらい面も

バイナリーオプションは業者や条件によっては1回あたり50円〜100円程度で取引ができます。
しかし、いくら取引金額が小さいからといっても頻繁に取引をしてしまい、結果として多くの投資金額を注ぎ込んでしまっている場合があります。特に少額の取引ほど、相場の分析なども疎かになりがちで負けこむ場合があります。

バイナリーオプションは、1回あたりの取引金額が小さいというメリットがありますが、総合的な損失金額を把握しづらいデメリット・リスクにもなります。

リスクやデメリットも把握し、経験を積みながら勉強もしていく

いかがでしたでしょうか。
バイナリーオプションは、予想に失敗しても投資金額以上に損失を負うことがないためリスクが限定的で、どのオプション取引でも2択というシンプルな取引ルールで、取引チャンスも1日中あるため、初心者の方でも気軽に取引ができます。

しかし、その反面、2択だからと言ってギャンブルのような取引をしたり、とりあえずで不用意な取引を始めたり、頻繁に取引をし過ぎたりすると、大きな損失を負うリスクも伴います。
シンプルで簡単そうに見えるからこそ、勉強や研究も必要です。お金を増やすために取引するわけですから、特徴やメリット、リスクやデメリットを把握した上で、経験を積みながら勉強をして、コツコツ稼いでいきましょう。

著者情報
自虐に突っ走る投資初心者。腹八分目を肝に銘じつつ、欲と恐れと戦いながらどこまで我慢できるか毎日チキンレース繰り広げてます。

RELATED