1回の取引に複数のチケットを購入してリスクを分散する

株式投資や投資信託、ETF、CFD、FX、不動産投資などのさまざまなものがありますが、どの投資をする場合もリスクヘッジすることを考えなければいけません。

大勝ちすれば嬉しいものですが、そう簡単には上手くはいかず大きな損失を負うこともあります。

バイナリーオプションは損失額を自分でコントロールできるため、大損する可能性は低いですがリスクヘッジをすることで勝率アップにも繋がります。リスクを減らし勝率を上げる方法はいくつかありますが、分析精度と分散投資の代表的な2つの方法について見ていきましょう。

無作為に二者択一することをなくし、リスクを減らして勝率を上げる

バイナリーオプションに限らず、投資をする際は「いかにリスクを減らせるか」を考えて取引することが大事です。

仮にリターンが同じであればリスクは小さいに越したことはありません。リスクを抑えながらも、勝率や利益率を追求していくことが大切です。

適当に勘で投資して勝てるものではありませんので、リスクを減らし勝率を上げるために有効な方法や工夫をするようにしていきましょう。

「なんとなく」で予測しても勝率50%は難しい逆に損失のリスクを負うだけ

バイナリーオプションは、「ハイ&ロー」であれば判定時刻に指定価格よりも高いか低いか、「レンジ」であれば指定された範囲よりも外か内か、「ワンタッチ」であれば決められた価格に届くか届かないかなど、それぞれ二択を予測するシンプルな取引です。

二択だから適当に取引しても50%の確率で予測が当たると考えがちですが、そう簡単に当たりません。仮に当たって利益を出せたとしても、それは一時的なもので利益を出し続けることは困難です。

相場は常に不規則に動きトレンドを形成することもあるため、勘や運任せで単純に取引して勝つことは難しいです。利益を得続けられるように勝率を高めるためには、相場を読み解く力を養うことや取引方法を工夫することが必要です。

知識や指標の見方を身に付けることは有効的しかし精度を高めるために経験が必要

バイナリーオプションで利益を得続けるために、相場を分析する知識やスキルを身に付けるのは有効的な方法の1つです。
相場は大きくは、上昇トレンド・下降トレンド・レンジの3つの相場局面から成り立っています。また、相場は需給バランスで成り立ち、市場参加者の心理を表しています。

そのため、不規則に変動しているように見えますが、同じような動きを繰り返している場合が多く、過去の相場を分析したりテクニカル指標などを用いて今後の展開を予測することが可能です。

相場分析には、ローソク足や移動平均線、ボリンジャーバンドやパラボリック、一目均衡表など、さまざまなテクニカル指標を用い相場の今後の展開やトレンドの強さ、転換点などを予測するテクニカル分析があります。

そして、国の経済成長率や物価上昇率、失業率など、経済活動などの状況を示す指標をもとに相場展開を予測するファンダメンタルズ分析があります。これらの分析を行うことで、今後の相場展開が読みやすくなり、勝率を高めることが可能です。
ただし、どちらの分析手法も使いこなせるまでにある程度の場数が必要です。そのため、長期的に経験を積みながら分析の精度を高めていかなければなりません。

取引方法を工夫するだけでも勝率を上げることができる

テクニカル分析やファンダメンタルズ分析を身に付けて相場動向の予測精度を高めていくことも重要ですが、ある程度の時間がかかります。
そのため、すぐに取り組める勝率を上げる方法にも並行して着手するべきです。

1回の取引時間で1つのチケットだけを購入するのではなく、複数のチケットを組み合わせて購入することで、リスクを分散させることができます。リスクが分散すれば勝てる確率も上がるため、1つの有効的な方法として複数購入をバイナリーオプションで行う人は多いです。複数購入の場合、投資資金は必要にはなりますが、難しいことではありませんのですぐに取り入れられます。

複数のチケットを組み合わせて購入し、リスクを分散させ損失を抑える

バイナリーオプションでチケットを1つだけ購入して取引するのではなく、複数購入して取引する方法は何も珍しいことではありません。

バイナリーオプションで複数のチケットを組み合わせて購入する場合は、例えば、1ドル=100円の時に目標価格が100.500円のチケットを500円で購入。

さらに、目標価格が101.000円のチケットを200円で購入し、目標価格99.500円のチケットも500円で購入したとします。チケットの購入金額は3つで1,200円です。判定時刻を迎え、1ドル=101.500円まで円安に変動したとします。そうすると、目標価格100.500円と101.000円のチケットが予想的中となりますので、仮にペイアウト倍率が1.9倍であれば630円のペイアウトを受け取れます。

外れた99.500円のチケット購入金額の500円が損失となり、最終的には130円の利益となります。3つ中2つが的中すれば利益になる可能性が高く、仮に1つしか当たらない場合も損失額を抑えることが可能です。

同条件で判定時刻に100.700円だったとすれば、99.500円(500円)と101.000円(1,000円)が外れて1,500円の損失となりますが、100.500円(500円)が当たっていますので450円(ペイアウト倍率1.9倍)のリターンがあり、結果損失を1,050円に抑えることができます。

複数のチケットを組み合わせて購入することでリスクを分散し、損失を抑えられます。

分散投資をすれば利益は目減りするがリスクの分散が可能

上記の通り、分散投資をすることで利益は目減りしてしまいますが、予想を外した際の損失額を抑えることが可能です。
投資では大きな利益を得ることも大事ですが、損失を負わない・資産がマイナスにならないようにすることも大切です。

通貨高・通貨安のどちらに相場が動いたとしてもリターンを得れるように分散投資しておくことで、リスクを限定できます。予想が的中した時の利益は小さくなりますが、損失額を減らすために分散投資を基本として取引していきましょう。

基本は相場予測をして確率が高いと考えた方向で多くのチケットを買い(当たって多くのリターンが得れるように)、確率が低いと考えた方向で少量のチケットを買う(外れても最低限のリターンを得て損失額を減らす)方法です。

経験が浅い人ほど分散投資でリスクコントロールするべき!

バイナリーオプションに慣れてきたら、リスク分散のために複数チケット買いの分散投資を行っていきましょう。

異なる複数のポジションを持つことでリスクコントロールが可能になりますし、勝率を高めることもできます。

投資資金に余裕がない場合は難しいですが、ある程度資金があれば経験が浅い人ほど分散投資を基本方針とするべきです。多少利益は目減りしてしまいますが、リスク分散ができ1回の取引で大きな損失を負うことを防げます。

心配な方はデモトレードで練習してから始めてみるといいでしょう。

著者情報
自虐に突っ走る投資初心者。腹八分目を肝に銘じつつ、欲と恐れと戦いながらどこまで我慢できるか毎日チキンレース繰り広げてます。

RELATED