両方の分析を使い補完しあうことで高い精度で分析・予測できる

相場動向を分析・予測する方法にファンダメンタルズ分析やテクニカル分析というのがあることをご存じですか。
これらの分析を行うことで、感で予測するのではなく、根拠を持って対応することができます。

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析はどちらの分析方法が良いというのはなく、初心者の方は両方使っていくことが大事です。
そうすることで相場に対してさまざまなアプローチができるようになります。

経済情勢や過去のチャートの動きを分析して先の相場を予測する

先々の相場動向を予測できれば、勝率がUPし、多くの利益を得れます。

相場分析をするにはどのような方法があるのでしょうか。また、分析方法の特徴はどんな点なのでしょうか。

相場動向を分析・予測する際に、多くのトレーダーが行う、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の内容や特徴やメリット・デメリットなどについて確認していきましょう。
それぞれの方法を把握し、根拠があり精度が高い相場分析や予測ができるようになりましょう。

相場を分析する方法は大きく分けて2つファンダメンタルズとテクニカル分析

バイナリーオプションに限らず、株式投資やFXなど行う場合は、いかに相場の動向を予測できるかで勝率や利益が決まってきます。
「なんとなく上がりそう」「結構上がったので、そろそろ下がるかな」「たぶんもう下げ止まるのでは」など、なんとなくで相場動向を予測し、取引することは投資ではなくただのギャンブルですし、勝ち続けることは困難です。

なぜ、稼げるトレーダーと稼げないトレーダーに分かれるかというと、稼げるトレーダーは相場分析をしっかりと行い、高い確率で予測通りに相場が動くためです。

他にもいろいろな理由がありますが、相場動向の予測精度が高いときに利確や損切りなどの取引ルールさえ守れば、ある程度勝って稼ぐことが可能です。
相場動向を分析する方法は大きく分けて2つあります。

1つは相場の需給バランスに影響を与える各国の経済情勢などを基に相場動向を分析する「ファンダメンタルズ分析」。
もう1つはこれまでの相場の動きを基に今後の動向を予測する「テクニカル分析」です。

トレーダーによってこれら2つの分析方法を用いて相場分析したり、ファンダメンタルズ分析かテクニカル分析のどちらか一方を使って分析しています。

こういった分析方法を用いることで根拠を基に今後の相場動向を予測できる為に取引がしやすくなります。
分析の精度が高くなれば自分の得意な場面・不得意な場面もわかってきて勝率の高い取引ができるようになります。

経済情勢などを基に相場動向を分析する「ファンダメンタルズ分析」

ファンダメンタルズ分析とは「経済の基礎的条件」と訳され、各国のGDPや失業率、雇用者数、物価指数、経常収支、貿易収支などの経済的要因を基に今後の相場動向を分析する方法のことです。

例えば、「アメリカが予定通り利上げをすればドル高円安に動く」「アメリカの経済成長率が順調なため、しばらくはドル高傾向が続く」など、ニュースや経済指標などを基に、短期・中期・長期の動向を予測します。
特に短期〜中期で取引している方は、常に最新のニュースや主要の経済指標を追っていく必要があります。

また、経済情報だけでなく大統領や要人の発言によってマーケットが大きく反応する場合もありますし、テロや有事など地政学リスクによって相場が急落する可能性もあるのでポジションを保有している通貨ペア2ヵ国に関する情報だけではなくさまざまな国など世界の情報に目を光らせておく必要があります。

ファンダメンタルズ分析は世界経済や世界情勢に詳しくなり、マーケットに大きな影響を与えるサプライズを掴みやすいメリットがある一方で、実態経済と動きの差があることや機関投資家と比べると個人投資家では情報量が少ないためプロには敵わないなど経済の専門的知識が必要などのデメリットもあります。

チャートの動きから相場分析を分析する「テクニカル分析」

テクニカル分析とは相場の過去の動きから今後の動向を予測することで、ファンダメンタルズ分析のようにニュースや経済指標を基にするのではなく、チャートの動きを分析して先々を予測します。チャートの動きを分析する際は、トレンド系やオシレーター系と呼ばれるテクニカル指標を使ったりします。
トレンド系は、上昇トレンドや下降トレンドなど、トレンドの方向性や強さを判断する際の指標であり、移動平均線やボリンジャーバンド、一目均衡表、DMI、スーパーボリンジャー、パラボリックなどがあります。オシレーター系は、相場の強弱を表す指標であり、「買われすぎ・売られすぎ」を判断するものでMACDやRSI、ストキャスティクス、ウィリアムズ%R、モメンタムなどがあります。

トレンド系やオシレーター系の指標を使いながらヘッドアンドショルダーやダブルトップ、トリプルボトムなどのローソク足の動きやチャートパターンを見たりすることやサポートラインやレジスタンスラインを引いてトレンドの動きを見たりもして相場分析を行います。

多くの指標がありますが、自分が使いやすい指標を2〜3つ使って分析を行うトレーダーが多いです。
マーケットの動きはすべての材料が織り込まれていることや将来は過去の動きを繰り返すなどの考えを前提として分析が行われます。
テクニカル分析は、相場の動きがビジュアルで把握できるためわかりやすく経済の知識に自信がない方でも扱えるメリットを持つ一方で、売買シグナルが実際の動きよりも少し遅れたりダマシが多いなどのデメリットもあります。

ファンダメンタルズとテクニカルの2つの分析方法を両方使って勝率UPを図る

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析のどちらか一方ではなく2つの分析を両方使うことで、相場動向の分析・予測の精度を高めバイナリーオプションの勝率UPを図ることができます。
バイナリーオプションは取引時間が限られているので、短期間の相場をいかに精度高く予測できるかが重要です。
そのためにも2つの分析を用いて補完しあい勝率を高めていきましょう。

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の両方を使い勝率UPを図る

ニュースや経済指標など、経済情勢を基に相場動向を分析するファンダメンタルズ分析は過去のチャートの動きを基に今後の動向を予測するテクニカル分析と2つの分析方法があります。

ファンダメンタルズ分析だけを行うトレーダーもいれば、テクニカル分析だけを行うトレーダーもいますが、初心者の方は両方の分析を行い取引した方がいいでしょう。どちらか一方の分析だけでは分析対応が遅れる場面が必ず出てくるからです。
株式投資やFXの場合は、スキャルピングやデイトレードなどの短期売買だけでなく中長期の売買も行えるため、テクニカル分析メインで補助的にファンダメンタルズ分析をしたりファンダメンタルズ分析メインで補助的にテクニカル分析をしたりなど、自分の得意な分析をメインにして行えます。

しかし、バイナリーオプションの場合は取引を開始して判定時刻までに長くても2〜3時間、短い場合は数分程度とかなり短期間です。

特に目立った経済指標などが発表される時間帯以外は、テクニカル分析で短期の相場動向を分析・予測してファンダメンタルズ分析を補助的に使う方法が良いでしょう。
バイナリーオプションを取引する時間帯にマーケットに影響を与える経済指標などが発表される場合は短期的な視点でファンダメンタルズ分析を行った上、テクニカル分析はサブ的に用いると良いでしょう。

経験や実績豊富なトレーダーであれば得意とする分析方法だけでも勝つことができますが、経験の浅いトレーダーや初心者はファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の両方を使って、勝率UPを図るようにしましょう。

早速、デモトレードなどでファンダメンタルズ・テクニカル分析を使ってみよう

経済情勢を基にしたファンダメンタルズとチャートの動きを基にしたテクニカル分析とあり、両方とも相場を違ったアプローチで分析・予測ができます。
株式投資やFXでは中長期のトレンドはファンダメンタルズ分析や短期のトレンドはテクニカル分析を用いるトレーダーが多かったりします。

バイナリーオプションにおいては取引時間が限られているため、メインをテクニカル分析でサブをファンダメンタルズ分析で重要な指標などがある場合はメインをファンダメンタルズ分析でサブをテクニカル分析で行い
過去のチャートやデモトレードなどを活用してみるといいでしょう。

著者情報
自虐に突っ走る投資初心者。腹八分目を肝に銘じつつ、欲と恐れと戦いながらどこまで我慢できるか毎日チキンレース繰り広げてます。

RELATED