国内のバイナリーオプション業者は信託保全が義務付けられている

信託保全という言葉や仕組みをご存じでしょうか。
金融取引において投資家を守るためにとても重要な仕組みであり、業者が破綻したとしても投資資金を保護してくれます。信託保全はバイナリーオプションでもあるのでしょうか。
また、国内・海外の業者によって違いはあるのでしょうか。ここでは、バイナリーオプションをする上で、業者が破綻した場合の投資資金の在り方、信託保全の仕組みや、国内・海外業者の違いについてこれから、利用するバイナリーオプション業者を決める予定の方は、参考にご覧ください。

バイナリーオプション業者が経営破綻しても預けた資産は心配無用

万一、バイナリーオプション業者が経営破綻した場合は、預けている資産は戻ってくるのでしょうか。こういった時代ですので、業者の運営が上手くいかなくなり経営破綻する可能性やリスクは常にあります。ここでは、バイナリーオプション業者が破綻した場合の資産の返還について、確認していきましょう。
国内・海外のバイナリーオプション業者によっても違ってきますので、業者選びの参考にもなります。

万一、バイナリーオプション業者が破綻した場合は資産は戻ってくる?

国内のバイナリーオプション業者には信託保全が義務付けられているため、顧客が投資のために預けた資金と、業者の運営資金は別に管理されます。顧客が預け入れた資産に関しては、バイナリーオプション業者で管理するのではなく、銀行や信託銀行などの別の金融機関で管理をします。別に管理されることで、万一、業者が破綻したとしても、投資資金は銀行や信託銀行で管理されていますので、投資資金が投資家に返ってこないということがありません。
つまり、ルール上は業者が破綻したとしても預けた資産の全部が返ってくるということです。
信託保全は投資家を守るための決まりであり、信託保全があることで投資家は安心してバイナリーオプションの取引ができます。

現在は、銀行が破綻した場合でも預金の全額が保護されることはなく、ペイオフにより保護されるのは最大1,000万円とその利子のみです。
外貨預金に至っては機関が破綻した場合の保護すらありません。バイナリーオプションの場合は、万一の際も預けた資産は返ってきます。

国内のバイナリーオプション業者は信託保全が義務付けられている

国内のバイナリーオプション業者は信託保全により、万一の際も預けた資産は保護されます。
投資家は多くの資産をバイナリーオプション業者に預けているように見えますが、実際に管理しているのは信託先の銀行や金融機関です。ただし、あくまでも信託保全が義務付けられているのは国内のバイナリーオプション業者であり、海外のバイナリーオプション業者は信託保全が義務付けられていません。
なかには、信託保全を行っている海外業者もありますが、利用する場合は気をつけなければいけません。

信託保全を行っていない業者を利用していて、万一のことがあった場合は資産のすべてを失ってしまいます。信託保全の義務に関しては、日本の法律であり、国内のバイナリーオプション業者のみに適用されます。

信託保全というものがあるのをしっているか?

国内のバイナリーオプション業者には信託保全が義務付けられており、万一、業者が破綻した場合は、預けている投資資金は投資家の元へ返還されます。
信託保全は金融取引のリスクを抑える仕組みであり、投資家を守るものです。信託保全がなければ、万一の際は投資資金をすべて失ってしまいます。ここでは、金融取引には欠かせない信託保全の内容や仕組み、海外のバイナリーオプション業者の信託保全の有無について、確認していきましょう。

信託保全とは?投資資金は業者ではなく銀行や信託銀行が管理

国内のバイナリーオプション業者はすべて信託保全が義務付けられています。信託保全とは、前述のとおり、顧客から預かる投資資金を業者の運営資金とは別に、金融機関で管理を行うことです。
こうすることで、仮に業者の経営が苦しくなっても顧客の投資資金に手を付けることはできませんので、破綻した場合も、管理している金融機関から投資家に返還することができます。下記は、主要のバイナリーオプション業者の信託先です。

GMOクリック証券外為オプション 三井住友銀行、みずほ信託銀行、三井住友信託銀行、日証金信託銀行
YJFX! オプトレ! 三井住友銀行、みずほ信託銀行
FXトレード・フィナンシャルバイトレ 日証金信託銀行
トレイダーズ証券みんなのシストレ・みんなのオプション 三菱UFJ信託銀行
ヒロセ通商 LION BO 三井住友銀行
FXプライムbyGMO選べる外為オプション みずほ信託銀行
IG証券バイナリーオプション 三井住友銀行

上記のように、国内のバイナリーオプション業者には、それぞれ信託先として銀行や信託銀行があり、運営資金と切り離して管理されています。
信託先の銀行や信託銀行も大手ばかりですので安心です。通常時は外部弁護士がバイナリーオプション業者に対して外部弁護士が信託状況の確認をし、信託先の銀行や信託銀行から外部弁護士へ対して信託財産状況の報告がされます。
そして、バイナリーオプション業者が破綻時には、信託先の銀行や信託銀行から外部弁護士に対して、信託財産の返還がされ、外部弁護士から投資家へ資産の返還を行うのが一般的な流れです。

これらの仕組みにより、投資家が業者に預けた資産の安全性が向上します。

信託保全は金融取引のリスクを最小限にするための仕組み

信託保全はバイナリーオプション同様、為替相場で取引を行う国内FX業者でも義務付けられています。
信託保全がなければ、あらゆる金融取引において、高いリスクを負った上で取引しなければならなくなりますし、どれだけ運用成績が良く利益を出していても、業者破綻によって預けている資産のすべてを失ってしまいます。
信託保全は金融取引のリスクを最小限に抑えるものであり、ないと安心して取引できない仕組みです。

海外のバイナリーオプション業者には信託保全の有無が不透明な業者もある

信託保全に関して、国内のバイナリーオプション業者は義務付けられているため安心できますが、海外のバイナリーオプション業者は義務付けられていないですし、業者によって信託保全の有無が不透明な場合もあります。サイト自体もすべて英語で書いてあり、そもそも英語が読めない人は、信託保全があるかどうかを確認することもできません。
信託保全があると思っていて取引していても、破綻して投資資金が戻ってこなかったり、持ち逃げされて戻ってこないなどのトラブルも発生しています。
また、なかには信託保全をしているような宣伝をしている業者でも、実際には信託保全を行っていなかったりすることもありますので、十分に気をつけなければいけません。

海外業者を利用する場合は事前に信託保全の有無をしっかりと確認すること

バイナリーオプションに限らず、金融取引を行う場合は、信託保全があるかどうかを確認することはとても大切です。自分の大事な資産を守るためでもあり、リスクを減らすことにも繋がりますので、必ず確認しなければなりません。
信託保全が義務付けられていない海外業者に関しては極力避けた方が安心ですが、国内業者よりも商品内容や取引ルール、リターンなどが魅力的なことも多いため、どうしても利用する場合は信託保全について事前確認しましょう。

そして、信託保全がない場合は別の業者を選ぶか、信託保全がないことを認識した上で取引するかのどちらかです。
「知らなかった」が1番いけないことで、自分の資産は自分で守らなければなりませんので、最低限の確認は怠らないようにしましょう。

国内のバイナリーオプション業者であれば万一の際も安心

いかがでしたでしょうか。国内のバイナリーオプション業者での取引であれば、万一、業者が破綻しても、預けている資金は信託保全により投資家へ返還されますので安心です。
しかし、海外バイナリーオプション業者を利用する場合は、信託保全がない業者が多いため注意が必要です。いくら運用成績が良くても業者破綻によって資産を失ったら元も子もありません。
しっかりと事前に確認するようにしましょう。

著者情報
自虐に突っ走る投資初心者。腹八分目を肝に銘じつつ、欲と恐れと戦いながらどこまで我慢できるか毎日チキンレース繰り広げてます。

RELATED