取引のルールが異なるため自由度やリスク・リターンが変わってくる

バイナリーオプションには定額型と変動型があるのはご存じでしょうか。定額型と変動型はどんな特徴があるのでしょうか。それぞれ取引ルールも特徴も違い、得られる利益や負う損失も異なります。

ここでは、定額型と変動型の特徴や違いなどについて、紹介します。取引の際のレートの選び方なども変わってきますので、しっかりと把握しておきましょう。

特に、これからバイナリーオプションを始める予定の方は、どちらのタイプが自分に合うかを判断し、合うタイプを扱うバイナリーオプション業者を利用しなければなりません。

わかりやすくシンプルな投資をするか?複雑だが高いペイアウト倍率を狙うか?

バイナリーオプションの定額型と変動型はどのような点が違い、それぞれどんな特徴を持っているのでしょうか。
特徴や違いを理解しておくことで、より自分に合った取引方法や業者を見つけることができます。ここでは、バイナリーオプションの定額型と変動型の特徴や違いなどについて、確認していきましょう。
特に、これからバイナリーオプションを始める予定の方は、しっかりと覚えておきましょう。

定額型はペイアウト倍率がほぼ2倍で、高くなるか低くなるかの2択の取引

定額型はシンプルでわかりやすい取引のため、バイナリーオプション初心者の方でも安心して取引できます。
定額タイプは、単純に判定時刻に目標レートよりも高くなるか低くなるかの2択を選ぶ取引で、当たればペイアウト金額が受け取れます。
例えば、米ドル円で、現在のレートが110.000円、目標レートが110.500円であれば、判定時刻に110.500以上であれば「高い」、110.500より低ければ「低い」となり、予想が当たれば決まったペイアウト金額を受け取れ、予想が外れた場合は投資金額を失います。
目標レートよりも通貨高になるか通貨安になるかの2択であり、相場状況によっては凸凹はありますが、おおよそ50%の確率で予想が的中します。わかりやすさを追求した取引方法でもあり、誰でも取り組みやすいメリットを持ちます。

ペイアウト倍率がほぼ2倍の定額になっているため、定額制と呼ばれます。多くの人がバイナリーオプションに持つイメージが、この定額タイプであり、国内・海外のバイナリーオプション業者が提供しています。

「相場動向の予測にまだ自信がない」「バイナリーオプションを始めたばかり」「投資は難しそうなイメージがあるので簡単なものをしたい」などの人は、定額プランのバイナリーオプションが良いでしょう。
定額プランは、ペイアウト倍率がほぼ2倍で勝率もほぼ50%であり、シンプルで予想しやすい取引タイプです。

勝率でペイアウト倍率が変動する変動型「どらぐらい高くなる・低くなる」を予想

変動型は定額型に比べて複雑で当たる確率が低くなるため、その分、払い戻しの倍率が高い取引方法です。
判定時刻に目標レートよりも高くなるか低くなるかの2択でどちらかを予想する定額型とは違い、「どれくらい高くなるのか」「どれくらい低くなるのか」まで予想して当てるのが変動タイプです。当たる確率が高いほど1枚あたりの購入金額は高くなってペイアウト倍率が低くなり、当たる確率が低いほど1枚あたりの購入金額が安くなってペイアウト倍率は高くなります。

ペイアウト金額が1,000円とすれば、当たる確率が高い目標レートほど、投資金額も高く、失敗すれば投資金額を失いますし、当たっても1,000円ですのでリターン率は低いです。当たる確率が低い目標レートほど、投資金額は安くなり、失敗してもダメージが小さく、当てればリターン率の高い1,000円を受け取れます。例えば、米ドル円で、現在のレートが110.000円の場合、判定時刻の目標レートが110.200円より高くなると予想する場合は購入金額は900円で、110.500円より高くなると予想すれば購入金額は500円、110.800円より高いと予想する場合は購入金額は200円などです。

ペイアウト金額が1,000円であれば、110.200円予想の場合は、当たれば1,000円を得るor 外れは900円を失う、110.500円予想の場合は当たれば1,000円を得るor 外れは500円を失う、110.800円予想の場合は当たれば1,000円を得るor 外れは200円失うとなり、現在レートより離れていて当たる確率が低い目標レートの方が、投資金額に対してのリターン率が高い特徴を持ちます。業者や相場状況によって、購入できるパターンも増え、増えたパターンの数だけ選択肢も広がります。
変動タイプの場合は、定額プランに比べてペイアウト倍率が高く、予想が外れたとしても少額資金を失うだけですみ、予想が当たれば少額投資でありながら高いペイアウト倍率を受け取れます。

しかし、より細かい分析・予測が必要となりますので、ある程度、相場動向を分析・予測できるよう勉強や経験を積まないと負けこみ損失ばかりを負ってしまう可能性もあります。相場状況によって、ペイアウト倍率も勝率も変わり、場合によっては倍率10〜20倍の取引も可能です。勝率を取るかペイアウト倍率を取るか自分で選ぶことができます。少ない投資金額で倍率の高い利益を得る取引方法です。

定額型と変動型の取引の異なる2つのタイプから最適な方を選ぶ

ペイアウト倍率もほぼ2倍で勝率もほぼ50%と、わかりやすくシンプルな取引の定額型か、勝率によってペイアウト倍率が変わり、ハイリターンも狙える取引の変動型か、どちらかを選んで取引しなければなりません。
自分の知識や経験で選んでいいでしょうし、好きな方を選んでもいいでしょう。
どちらのタイプで取引するかによって、得られる利益や負う損失も変わってきます。しっかりと自分にとって最適な方を選びましょう。

わかりやすくシンプルな取引を求めるのなら定額型が良い

前述のとおり、わかりやすくシンプルなルールの中でバイナリーオプション取引をしたいのであれば、定額型がいいでしょう。
リターンやリスクはほとんど一定ですが、安定した取引を続けていくことが可能です。勝ち・負けによる収支計画も立てやすく、特別ハイリスクを背負うこともありません。

バイナリーオプションやFXなどをしたことがなく、相場分析に自信がない初心者向けです。

取引の自由度が高く大きなリターンを追及するのなら変動型が良い

変動型は定額型よりも細かく相場分析をして予測が必要です。各パターンによって勝率が異なり、ペイアウト倍率も違ってきます。
ハイリスクだけどハイリターンが期待できるものや、ローリスクだけどローリターンしか期待できないものなど、自分で選び取引ができますので、定額型よりも自由度は高いです。
ただし、その分、相場を読み解く知識や取引の戦略が必要になってきます。

定額型と変動型で自分に合うタイプで取引することが大事

定額型も変動型もどちらの方が良いということはなく、自分に合った取引であるかが重要です。

定額型はシンプルである程度一定、変動型はハイリスク・ハイリターン、ローリスク・ローリターンが選べ、時にはペイアウト倍率が20倍あることもあります。初心者でも変動型で取引してもいいですし、経験者が定額型で取引してもまったくおかしくありません。どちらの方が自分に合うか考えて取引していきましょう。

2択でわかりやすい定額型、ハイリターンも狙える変動型どちらも良い

いかがでしたでしょうか。定額型と変動型で取引ルールなどが異なり、勝って得るペイアウト倍率や予想が外れて失う損失額も違ってきます。

業者によって若干の違いはありますが、シンプルに2択の取引をしたい場合は定額型で、複雑な分ハイリターンも得れる環境で取引したい場合は変動型です。
どちらも良い部分がある方法ですので、自分に合ったタイプで取引することが重要ですので、これらの違いも業者選びの参考にしましょう。

著者情報
自虐に突っ走る投資初心者。腹八分目を肝に銘じつつ、欲と恐れと戦いながらどこまで我慢できるか毎日チキンレース繰り広げてます。

RELATED