それぞれの概要を知ることで相場状況に合ったオプション取引ができる

バイナリーオプションには3種類の取引方法があるのをご存じでしょうか。それぞれのオプション取引によって特徴や判定ルールも異なります。
1つのオプション取引だけをしていくのも良いですが、多くの取引方法に対応できることで、相場状況に応じて最適な取引ができるようになります。

ここでは、ハイアンドローオプション、ワンタッチオプション、レンジオプションの3種類の取引の特徴や判定ルールについて、確認してきましょう。
特に、これからバイナリーオプションを始める予定の方は、事前にしっかりと把握した上で取引開始するようにしましょう。

3種類の判定ルールから相場状況や自分に合ったものを選ぶ

バイナリーオプションは2択を予想する取引ですが、取引方法は1つだけでなく、3種類あります。3種類のオプション取引は、それぞれで特徴や判定ルールが異なるため、しっかりと内容を理解した上で、相場の状況に合わせた取引をしたり、自分に合ったものを選ぶことが大事です。ここでは、バイナリーオプションの3種類の取引方法について、見ていきましょう。

判定ルールの違う3種類のオプション取引があり業者によって取り扱いも異なる

バイナリーオプションは、一定時間後もしくは一定時間内の目標レートの値動きの結果を2択から当てる取引です。
オプション取引の内容は1つだけではなく、全部で3種類あり、業者によって取り扱うオプション取引が違います。
ハイアンドローオプション、ワンタッチオプション、レンジオプションがあり、ハイアンドローオプションはラダーオプションとも呼ばれ、バイナリーオプションの主流となっているオプション取引です。

業者によって、ハイアンドローオプションのみの取り扱いだったり、2種類、もしくは全部取り扱っていたりと異なります。

それぞれのオプション取引で判定ルールも違うため、種類が多いと相場状況によって使い分けできたり、自分の得意なオプション取引で勝負したりするなど、取引の幅も広がります。

それぞれのオプション取引で判定基準が違うため同じ相場の動きでも結果が異なる

バイナリーオプションは3種類のオプション取引があり、それぞれで判定ルールが異なるため、同じ為替の動きだとしても、勝てるものと勝てないものがあります。
3種類ともに判定基準が違うため、勝つために必要な相場の動き方が異なり、相場状況によって適したオプション取引が変わってきます。

大事なのは、それぞれのオプション取引の性質が違い、判定基準が異なることを理解し、相場状況によって使い分けることです。まずは、ハイアンドローオプション、ワンタッチオプション、レンジオプションの3種類の判定基準や特性を理解することが大切です。

取引方法が3種類もあることから、取引の幅も広がり、臨機応変に対応できるようになります。

ハイアンドロー、ワンタッチ、レンジの3種類の特徴と判定ルールの概要

バイナリーオプションには、ハイアンドローオプション、ワンタッチオプション、レンジオプションの3種類の取引方法があり、それぞれで判定ルールが異なります。
オプション取引の特徴や判定ルールをしっかりと把握することで、相場状況によって最適な取引を行うことも可能になります。ここでは、ハイアンドローオプション、ワンタッチオプション、レンジオプションの3種類の取引方法の内容や判定ルールについて、一つひとつ確認していきましょう。

判定時刻に目標レートより高いか低いかを予想する「ハイアンドローオプション」

ハイアンドローオプションは、ラダーオプションとも呼ばれ、バイナリーオプションの中で最も主流とされている取引方法です。
ほぼすべてのバイナリーオプション業者が取り扱います。判定時刻のレートが目標レートよりも高くなるか(HIGH)、低くなるか(LOW)を予想します。例えば、米ドル円の現在のレートが110.100円で、目標レートが110.150円だとすれば、判定時刻に110.150円以上であればHIGH、110.150円より低ければLOWです。

ハイアンドローオプションは、上昇トレンド時はレートも上がる可能性が高く、下降トレンドは下がる可能性があるため、トレンドが形成されている時に有利と言われています。
重要な経済指標が発表される際などは、トレンドが形成されやすいため、ハイアンドローオプションで勝負するのも1つの手です。シンプルでわかりやすいため、初心者にも人気で、バイナリーオプションの王道取引と言えます。

判定時刻までに目標レートに到達するかしないかを予想する「ワンタッチオプション」

ワンタッチオプションは、現在のレートが判定時刻までに1度でも目標レートに到達するか、到達しないかを予想する取引方法です。

例えば、米ドル円の現在のレートが110.000円で、目標レートが110.500円だとすれば、一瞬でも110.500円までレートが上がれば、TOUCH、判定時刻までに一瞬でも110.500円までレートが上がらなかった場合はNO TOUCHとなります。
相場の動きが大きい場合やトレンドが形成されている場合はTOUCHがオススメで、値動きが小さい場合やトレンドが形成されていない場合はNO TOUCHがオススメです。ワンタッチオプションの場合は、判定時刻にならなくても、目標レートに到達した時点で終了となります。

判定時刻に目標レンジに収まるか収まらないかを予想する「レンジオプション」

レンジオプションは、判定時刻に目標レンジの範囲内にレートが収まるか収まらないかを予想する取引方法です。
例えば、米ドル円の現在のレートが110.000円で、目標レンジが109.950〜110.050円の場合、判定時刻に目標レンジの範囲内であればIN、109.950より低いか110.050より高ければOUTとなります。

相場の動きが比較的小さい場合は目標レンジに収まる可能性が高いためINがオススメで、値動きが比較的大きい場合は目標レンジに収まらない可能性があるためOUTがオススメです。

相場状況によって3つのオプション取引を使い分ければ勝率が上がる可能性も

上記で紹介したようにハイアンドローオプション、ワンタッチオプション、レンジオプションと特徴も判定ルールも異なるため、適した相場状況も変わってきます。

バイナリーオプション業者によって取り扱うオプション取引は違ってきますが、相場状況に応じてオプション取引を使い分けると勝率も高まる可能性があります。
どんな相場の時にそれぞれの取引をするか、自分に合う取引方法はどれかなど考えておきましょう。

業者によって扱うオプション取引の種類が違うため業者を選ぶ際には注意が必要

いかがでしたでしょうか。バイナリーオプションは1つの取引方法だけでなく、ハイアンドロー、ワンタッチ、レンジの3種類のオプション取引ができます。

それぞれで特徴も判定ルールも違うため、相場状況に応じて取引方法を変えたり、自分の得意方法で取引したりなどでき、取引の幅が広がります。

ただし、すべてのバイナリーオプション業者で3つの取引が使えるわけではありませんので、自分との相性の良い取引方法を扱う業者を探したり、3つの取引方法を扱う業者を選び相場状況に合わせて使い分けたりすることが大事です。ぜひ、バイナリーオプション業者を選ぶ際の参考にもしてみてください。

著者情報
自虐に突っ走る投資初心者。腹八分目を肝に銘じつつ、欲と恐れと戦いながらどこまで我慢できるか毎日チキンレース繰り広げてます。

RELATED