数分〜3時間程度で取引の決着がつき外出先からも取引が行える

バイナリーオプションは、普段仕事などで忙しい方でも空いた時間を利用して取引できる投資商品です。
取引には時間制限があり、数分で決着がつくこともあるため、短時間で利益を得ることも可能です。また、数日・数週間先の相場動向を予測する必要もなく、数分〜数時間先の予測をすれば良いため初心者でも取り組みやすいです。

ここでは、短時間で取引の決着がつき、忙しい方でも取引ができるバイナリーオプションの特徴について、紹介します。
特に、現在バイナリーオプションを検討している方や、投資に興味があっても忙しくて取り組めていない方は、参考にご覧ください。

バイナリーオプションは投資の結果がすぐにわかる短時間投資商品

バイナリーオプションは、株式投資やFXなど取引時間に制限のない投資とは違い、1回ごとの取引時間が決まっているため、どんな時でも短時間で決着がつく特徴を持ちます。1回の取引時間はバイナリーオプション業者によって異なり、2〜3時間程度で、判定時刻の直前まで購入・転売できるため、最短数分の取引で決着がつくこともあります。

バイナリーオプションの取引の流れ「オプション取引選び〜ペイアウト支払まで」

バイナリーオプションを取引する際は、まずハイアンドロー、ワンタッチ、レンジの3種類のオプションから、希望のオプション取引を選びます。

ハイアンドローオプションは判定時刻に目標レートよりも高いか低いか、ワンタッチオプションは判定時刻までに目標レートに到達するかしないか、レンジオプションは判定時刻に目標レンジに収まるか収まらないかをそれぞれ予想します。業者によって取り扱うオプション取引が異なりますので注意が必要です。

オプション取引を選んだ後は、通貨ペアを選択します。
通貨ペアも業者によって異なり、例えば、FXトレード・フィナンシャルのバイトレであれば、米ドル円、ユーロ円、豪ドル円、ポンド円、ユーロ米ドル、ポンド米ドルの6種類から、希望の通貨ペアを選びます。通貨ペアによって影響を受けやすい経済指標や相場動向の特徴も変わってきます。
ハイアンドローオプションを選んだ場合は、次に基準となる価格を選んで判定時刻にHIGHのLOWどちらになるかを選びます。

そして、チケットの購入金額、枚数を設定して購入し、購入が完了した後は、判定時刻まで待ちます。判定時刻になり、予想が当たった場合は、ペイアウト金額が判定後に速やかに指定の口座に入金され、予想が外れた場合は、投資金額が失われます。判定時刻に関しては業者ごとに異なり、取引ができる回号の数や取引時間も違います。
例えば、バイトレの場合は月曜日〜金曜日の7:20〜翌5:20までで1日に11回号あり、YJFX!のオプトレは7:25〜翌5:25で11回号、GMOクリック証券の外為オプションは8:00〜翌5:00で10回号です。
業者や選んだオプション取引によって流れや選択肢の数が若干異なりますが、概ね、

  • 希望オプション取引を選ぶ
  • 通貨ペアを選ぶ
  • 基準価格と予想を選ぶ(HIGH or LOWなど)
  • チケットの購入金額や枚数を決める
  • 判定時刻まで待つ
  • 予想が当たればペイアウト金額入金

となります。

株式投資やFXと違い1回の取引時間が決まっていて短時間で決着がつく

バイナリーオプションは、他の投資とは違い1回の取引における時間が決まっています。ただ時間が決まっているだけでなく、短時間なため、連続して長時間相場状況を確認できない場合でも気軽に取引ができます。例えば、GMOクリック証券の外為オプションの取引時間は下記のとおりです。

第1回号 8:00〜11:00
第2回号 10:00〜13:00
第3回号 12:00〜15:00
第4回号 14:00〜17:00
第5回号 16:00〜19:00
第6回号 18:00〜21:00
第7回号 20:00〜23:00
第8回号 22:00〜翌1:00
第9回号 0:00〜翌3:00
第10回号 翌2:00〜翌5:00

上記のように、1回あたりの取引時間は最長3時間あり、判定時刻の2分前まで購入や転売はできます。

チケットを購入して長くても3時間以内には決着がつき、短い場合は購入後2分で決着がつきます。

業者によって取引時間は異なりますが、バイナリーオプションは取引時間に制限がない株式投資やFXとは違い、時間制限があり短時間で取引できる特徴を持ちます。
長期間保有する必要もなく、値動きが小さい場合でも、予想が当たればペイアウト金額を得れますし、短時間で、必ず勝ち負けや利益か損失かが確定するため忙しい方でも取引に集中できます。

バイナリーオプションは忙しくても取引できる利点を持つ

バイナリーオプションは取引時間に制限があり、短時間で決着がつくため、忙しい方でも空き時間を利用して取引ができます。

パソコンに限らず、スマホやフューチャーフォンからも取引したり、チャートを見ることが可能ですので、外出先でも気軽に取引が可能です。ここでは、忙しくても外出先などで取引ができるバイナリーオプションの利点について、確認していきましょう。

プロや時間を確保できる職業でない限り1日中パソコンに張り付いているのは難しい

株式投資やFXの場合は取引時間に制限がないため、長い時間パソコンやスマホで相場動向をチェックし続けなければいけません。

特にFXは、ニュースや経済指標、有事によって一気に為替相場が変動することがあるため、相場から目を離している間に急落して大きな損失を負うことも少なくありません。プロや時間を確保できる職業に就いている人でない限り、毎日長時間相場をチェックし続けることは困難です。長時間の取引をする予定でなかったとしても、ポジションを持ち、相場が反対方向に動けば、相場が好転するのを待って利確するか、損切りするまで長時間目を離せなくなります。

バイナリーオプションであれば、最長でも2〜3時間と取引時間が決まっているため、長時間パソコンに張り付く必要もなく、相場をチェックし続ける必要もありません。取引に時間を取られすぎないこともバイナリーオプションの特徴です。

数分後〜数時間後の相場動向だけを予測するだけでいい

バイナリーオプションは、ハイアンドローオプションであれば一定時間後に目標レートが高いか低いか、ワンタッチオプションであれば一定時間内に目標レートに到達するかしないか、レンジオプションであれば一定時間後に目標レンジ内に収まるか収まらないかを予想します。

業者によって1回あたりの取引時間は異なりますが、2〜3時間が一般的で、判定時刻の数分前まで購入や転売が可能です。
そのため、取引時間は最長でも2〜3時間、最短だと数分間なため、2〜3時間後の相場動向や数分後の相場動向を予測できれば勝つことができます。

1週間後や1ヶ月後の長期スパンの相場動向を予測する必要はなく、数分後〜数時間後の短期スパンでの相場予測ですので、影響を受ける情報なども限られており、複雑に考える必要がなく、比較的予測がしやすいです。普段、仕事や家事で忙しい方でも空いた時間を使って取引ができます。

バイナリーオプションはパソコンのみならずスマホや携帯でも取引できる

バイナリーオプションはパソコンだけでなく、スマホやフューチャーフォンからも取引ができます。
そのため、自宅でなくても、人を待ってる時間や仕事の休憩時間、通勤時間などを利用して取引することが可能で、毎日取引ができます。
多くのバイナリーオプション業者がスマホ専用アプリを提供しており、チャートも見やすく、2〜3ステップで購入できる簡単操作です。忙しく自宅にいる時間が短い方も無理なく取引ができます。

バイナリーオプションは1回あたりの取引時間が2〜3時間の業者が多く、判定時刻の数分前まで取引が可能です。

そのため、短時間で取引が完了し、結果もわかるため、長時間相場動向をチェックし続けることも必要ないですし、パソコンなどの前に張り付く必要もありません。

判定時刻までの間も短いため、数分〜数時間後の相場動向を予測すれば勝つことができます。株式投資やFXのように、相場の状況によって長く持ち続けなければいけないことがないため、仕事で忙しい方でも取り組みやすいです。
バイナリーオプションに興味を持った方は、ぜひ試しにやってみてください。

著者情報
自虐に突っ走る投資初心者。腹八分目を肝に銘じつつ、欲と恐れと戦いながらどこまで我慢できるか毎日チキンレース繰り広げてます。

RELATED