バイナリーオプションは二択だからこそ分析をして勝率を高めることが大事

バイナリーオプションは二択を予想する取引ですので、株式投資やFXに比べて初心者も気軽に始めることができます。
しかし、二択だからと楽観的に考えて投資してしまうと、大きな損失を負いかねません。

バイナリーオプションに限らず、どんな投資でも基本は「分散」です。
資金をさまざまな商品に分散するなど、同じ商品でも分散して投資することでリスクヘッジできます。

バイナリーオプションの特徴や1回の取引に資金の大半を注ぎ込むリスク、分散することの大切さや根拠をもった取引など、バイナリーオプションを始める前にしっかりと把握をしておきましょう。

少額・低リスクが基本!投資資金は分散してリスクを減らす!

バイナリーオプションは取引前に損失額が決まっているため自分でリスクコントロールしやすい特徴を持ちます。
しかし、そんなバイナリーオプションも注意しなければならないことがあります。
それは、「偏ったチケットの購入をしないこと」「大きな投資金額で取引しないこと」です。

取引後の利益額や損失額をコントロールできるからこそ、やり方を間違ってしまうと取り返しのつかない大きな損失を負ってしまいます。
バイナリーオプションの特徴やメリットは抑えつつも、デメリット・リスクにも目を向け徹底的にリスク管理をしていきましょう。

リスク限定されているバイナリーオプションにも注意すべき点はある

自分自身でリスクを限定できるバイナリーオプションでも大きな損失を負う可能性があるため注意が必要です。

仮に現在価格が1ドル=115円の時に円安になると予想して、115.300円や115.500円、116.000円などの複数のチケットを購入しても、相場が円高に動けばすべて外れてしまい損失を負ってしまいます。
円高になると予想して114.300円、114.600円などを購入し相場が円安に動いた場合も同様です。

損失額を限定できるといっても一方方向に偏って賭けてしまうと、当たれば大きな利益を得れますが、外れればそれなりの損失額となってしまいます。
できる限り、通貨高・通貨安の一方に集中してチケットを買うのではなく、115.500円、115.200円、114.500円、114.700円など、どちらに相場が動いても一定のリターンが得れるように分散してチケットを買うようにしましょう。
複数の異なるポジションを持つことで、大きな損失を防げます。

「投資金額が大きい=リスクも大きい」1回の負けですべてを失ってしまう可能性も

また、大きな投資額を注ぎ込むのも危険です。
投資金額が大きくなることで「絶対に勝たないと」という気持ちが強くなりすぎて冷静に相場動向を分析・予測できず「なんとなく上がる(下がる)」といった、まさにギャンブルのような取引になってしまう可能性があります。
ギャンブル性が高いからこそ、生活資金ではなく余裕資金の中から少額資金で投資することが大切です。

また、先述のようにチケット複数買いの分散投資をするなどして「バイナリーオプションでは大きな利益は望まない」という考えのもと、少額・低リスクで臨んだ方がいいでしょう。

投資資金は分割し取引することが大事!考え方や取引への臨み方を準備する

バイナリーオプションは少額投資でリスク限定できるなど、性質的に株式投資やFXのように大金を狙う投資ではありません。
長く継続してコツコツと少額の利益を積み重ねていく投資です。

大きなリスクを負わないためにも、チャレンジする際の基本やリスクへの備え方、根拠をもった取引の大切さなどを理解した上で取引するようにしましょう。

プロでも100%はありえない積み上げてきた資金を一瞬でなくさないために分散が基本

投資をする際は「勝てば◯◯円稼げる!」と勝った時のイメージを強く持つことも大事ですが、投資は願望通りにいくことはほとんどありません。
「負けたら◯◯円を失ってしまう」とリスクから考えることも大事です。

バイナリーオプションに限らず、株式投資やFXなどの場合も「一瞬で資金を失わないようにリスク管理すること」が基本です。
どんなに凄腕のプロトレーダーでも勝率100%はなく、勝ち・負けを繰り返しながら利益が上回るようにしていくものです。

勝つか負けるかわからないのに、そこに大半の資金を注ぎ込むのはリスク管理としては危険すぎます。
仮に勝ったとしても、長続きすることはありません。これまで貯金や投資、バイナリーオプションなどで積み上げてきた資金を一瞬にしてなくさないようにしましょう。

一か八かで勝負するような「ギャンブル」は非常に危険

「一か八かで大金を使い勝負する」かっこいいようにも見えるかもしれませんが、投資においてこの思い切った方法が上手くいくことはほぼありません。
バイナリーオプションはギャンブル性は高いですが「一か八かでどちらかを予測する」という完全なギャンブルとして臨めば負けてしまいます。

二択なので勝率50%とも考えられますが、相場は上昇・下降・レンジと常に変化しているため、必ずしも50%になることはありません。

また、バイナリーオプションは負ければ投資金額が損失額となりますが、勝った場合は「投資金額×ペイアウト倍率」が報酬額となります。
そのため、ペイアウト倍率が1.9倍であれば1,000円投資して負ければ1,000円損失ですが、勝っても1,900円(投資金額+900円)ですので、仮に勝率50%だったとしても損をしてしまいます。

一か八かのような運任せな方法は非常に危険です。

二択でも根拠に則った取引をすることが大事相場分析を徹底する

「とりあえず」や「なんとなく」の勘や運ではなく「◯◯だから高くなる」「△△だから届かない」など、根拠をもって取引することが勝ちや利益へ繋がります。
チャートやツールを用いて相場動向を予測するテクニカル分析や、経済指標などをもとに予測するファンダメンタルズ分析などを行い、今後の相場展開を予測した上で取引するようにしましょう。

「三役逆転が出たので円高に動く可能性が高いから円高重視でチケットを買おう」「CPIや週次新規失業保険申請件数が予想より強かったので円安重視でポジションを持つ」など、一つひとつの取引に根拠を持つことで、仮に負けてもノウハウが蓄積され勝率も高めていくことが可能です。

投資的アプローチでリスクを抑え勝率を高める工夫・努力をすること

バイナリーオプションは二択でギャンブル性が高いからこそ、「ギャンブル」ではなく「投資的」なアプローチが必要です。
「なんとなく」や「一か八か」で稼げるほど甘くはありません。

テクニカル分析やファンダメンタルズ分析を行い、相場展開を予測した上で取引することで勝率を高めることが可能です。

時間軸をずらした取引や複数チケット購入するなど分散して負けて負う損失を少なく抑えましょう。
そもそもバイナリーオプションは、大金を稼ぐためでなく少額を稼ぐためにした方が無難です。

これからバイナリーオプションを始める方は、コツコツと継続して稼いでいくことを意識して取引していきましょう。

著者情報
自虐に突っ走る投資初心者。腹八分目を肝に銘じつつ、欲と恐れと戦いながらどこまで我慢できるか毎日チキンレース繰り広げてます。

RELATED