バイナリーオプションはオプション取引であり買う権利・売る権利を売買

バイナリーオプションは買う権利(コールオプション)と売る権利(プットオプション)を売買するオプション取引でもあります。
購入するチケットはコールとプットの2種類で構成されています。ここでは、コールオプションやプットオプションなどについて、紹介します。これから、バイナリーオプションを始める予定の方は、必ず知っておかなければならない知識というわけではありませんが、興味がある方は参考にご覧ください。

基礎知識をおさえるコールとプットの買いが取引の基本

バイナリーオプションはオプション取引であり、オプション取引にはコールオプションとプットオプションがあります。
オプション取引とは、「原資産を満期日または期間内に、権利行使価格で売買する権利を取引すること」で、コールオプションは買う権利、プットオプションは売る権利のことです。
ここではまず、コールオプションとプットオプションの内容について、また、バイナリーオプションではどんな状態のことなのか、確認していきましょう。

「買う権利をコールオプション」目標レートよりも高くなると予想して買うこと

オプション取引はデリバティブ商品であり、原資産を買う権利のことをコールオプションと言います。
原資産とは特定の価格で権利を買ったり売ったりできる対象資産のことで、為替や株式などさまざまな資産が該当します。コールオプションは買ったり、売ったりすることができ、コールオプションを買う場合は、コールオプションの売り手にプレミアムと呼ばれるオプション料を支払って購入します。プレミアムと呼ばれるオプション料は言わば手数料のことで、満期日に原資産の価格が、予め指定された価格である権利行使価格に達していた時に権利行使ができます。

一般的に、コールオプションの買い手は、プレミアム分の損失額はありますが、利益は無限にあるわけですので「損失限定、利益無制限」となり、コールオプションの売り手は利益はプレミアム分で、損失額は無制限なため「利益限定、損失無制限」となります。
バイナリーオプションでのコールオプションは、目標レートよりも高くなるか低くなるかの高くなることを予想した時のことで、例えば米ドル円の場合は、円安になると予想し購入する時のことです。
つまり、米ドルが上昇してドル高円安になると予想した時にドルコールオプションを買います。

「売る権利をプットオプション」目標レートよりも低くなると予想して買うこと

買う権利のことをコールオプションと呼ぶのに対し、売る権利のことをプットオプションと言います。プットオプションは原資産を権利行使価格で売る権利のことであり、プットオプションを買ったり、プットオプションを売ったりできます。プットオプションの買い手は、売り手に対してプレミアムを支払い、その権利を得ることができます。
プットの場合は、オプションの買い手がプレミアムを支払う分損失があり、利益は無制限にあるため「損失限定、利益無制限」となり、オプションの売り手はプレミアム分が利益となり、損失は無制限にあるため「利益限定、損失無制限」となります。バイナリーオプションの場合は、目標レートよりも高くなるか低くなるかの、低くなるを予想して選択したときのことです。

つまり、米ドルが下落してドル安円高になると予想した時にドルプットオプションを買います。権利行使価格は、バイナリーオプションではペイアウトになるかどうかの目標レート・基準値のことであり、ペイアウトとは権利行使がされた場合に売り手が買い手に支払う額のことで、プレミアムとは買い手が売り手に払う手数料のことです。

また、コールオプションもプットオプションもそれぞれ、権利行使する前に権利放棄することもできます。

オプション取引とは買う権利・売る権利を売買すること

コールオプションやプットオプションを売買するオプション取引では、買う権利や売る権利を売買します。米ドル円の場合は、ドル高円安を予想することがコールオプションであり、ドル安円高を予想することがプットオプションです。ここでは、米ドル円の場合のオプション取引やバイナリーオプションがコールとプットの2種類を中心に構成されていることについて、確認していきましょう。

米ドル円はドル高円安がコールオプション、ドル安円高がプットオプション

コールオプションを売買する場合もプットオプションを売買する場合も、それぞれ権利を取引しています。ドル円のコールオプションの場合はドル高円安のことです。例えば、4月1日に米ドル円の価格が110円の時に、5月1日に米ドルを110円買う権利を20銭のプレミアムを支払って購入する場合、買い手は「5月1日に米ドル円を110円で買う権利」を20銭のプレミアムを支払って購入します。

コールオプションの売り手側は、買う権利を買い手に売り、20銭のプレミアムを受け取ります。実際に5月1日になった際に、110円だった米ドル円が111円まで上がっていたら、買う権利の買い手が値上がりの1円−プレミアムの20銭を差し引いた80銭が利益となります。
逆に売り手側は、111円になったとしても110円で売らなければならないため1円の損失が出ますが、プレミアムで20銭受け取っているので80銭の損失となります。

また、5月1日に109円になった場合は、コールオプションの買い手は110円で買う権利が109円となったため、そのまま買っても損失ですし、権利を放棄したとしても最初に売り手に支払っているプレミアム20銭分が損失となります。この際は売り手は売った買う権利のが戻ってきた上に、最初に受け取っているプレミアム20銭が利益となります。

プットオプションの場合も同じように手数料や権利放棄があります。

バイナリーオプションのチケットはコールとプットの買い2種類を中心に構成

バイナリーオプションでは、米ドル円の場合にドル高円安になると予想した時はコールオプション、ドル安円高になると予想した時はプットオプションです。ハイアンドローオプション取引など、高いか低いかの2択予想なため、バイナリーオプションはコールとプットの2種類を中心にチケットが構成されています。

業者によってはコールではなくHIGH、プットではなくLOWと表示

オプション取引はデリバティブ商品であり、原資産を権利行使価格で買う権利(コールオプション)、売る権利(プットオプション)を売買する取引です。
バイナリーオプションでは、権利行使価格は目標レート・基準値であり、権利行使された場合の価格がペイアウト額です。
権利行使前であれば、権利を放棄することもできることも覚えておきましょう。

バイナリーオプション業者によっては、コールのことをハイ(HIGH)、プットのことをロー(LOW)と表示していることもあります。

著者情報
自虐に突っ走る投資初心者。腹八分目を肝に銘じつつ、欲と恐れと戦いながらどこまで我慢できるか毎日チキンレース繰り広げてます。

RELATED