投資する前から損失・リスクがわかっている状態なので安心して取引できる

さまざまな特徴を持つことで、気軽に取引ができ、投資初心者からも人気のあるバイナリーオプション。
少額資金で投資できるだけでなく、予想が外れたとしても損失は投資金額のみのため、他の投資よりも安心して取引できます。
ここでは、バイナリーオプションの魅力でもある、損失額が限定されること、投資前に全リスクを予想できることについて、紹介します。

投資を始める時点で全リスクが予想できる

バイナリーオプションにはさまざまな特徴がありますが、その中の1つに、「リスクが限定できる」というものがあります。
株式投資やFXなどの他の投資とは違い、損失額が小さく、投資を始める時点で全リスクが予想できます。リスクが見えていないと不安が大きくなりますが、リスクが見えているため安心して取引できます。
ここでは、バイナリーオプションの特徴である損失額が小さいこと、リスクが限定されることについて、確認していきましょう。

「投資=難しく怖い」というイメージもあるがバイナリーオプションは違う

株式投資やFXなどの金融商品商品は、移動平均線やスローストキャスティクス、MACDなどの分析指標を使って相場動向の分析・予測をしたり、経済指標やニュースなどに基づきファンダメンタルズ分析をしたりなどしなければならず、投資初心者の中には「難しそう」と負のイメージを持っていることも少なくありません。

また、為替相場が急落して一瞬で大きな損失を負ったり、信用取引に失敗して借金を背負ったりなどのイメージが先行してしまい、「投資=怖い」という印象を持っている人も多いです。
確かに、株式投資やFXなどにはそういったリスクの一面もありますが、すべての金融商品が「難しく怖い」ものではありません。
バイナリーオプションはこういった負のイメージを覆す金融商品でもあります。なぜなら、「大きな損失を負わない」「わかりやすいシンプルな取引ルール」という特徴を持つためです。株式投資もFXも、購入した価格よりも相場が下がれば損失を負ってしまいます。
相場が下がるほどに含み損はどんどん大きくなるため、投資金額以上の損失を負うこともあります。一方、バイナリーオプションは、予測が外れたとしても取引金額を失うだけですのでリスクを限定できます。

そして、ラダーオプションは判定時刻に目標レートよりも高いか低いか、レンジオプションは判定時刻に範囲内に収まるか収まらないか、タッチオプションは判定時刻までに目標レートに1度でも到達するかしないかと、何れも2択を当てるシンプルな取引です。

難しい分析指標などを使いこなせるに越したことはありませんが、一定時間内の値動きを予測しますので、難しい知識がなくても勝つことができます。
取引金額=損失額なので、取引前から負けた場合の損失額がわかっており、取引は一定時間内の値動きを2択から予測するだけなので、バイナリーオプションは「投資=難しく怖い」というイメージを覆す商品であり、初心者の方でも比較的安心して取り組むことができます。

大きな資金が必要ないため無理のないサービスを提供している業者を選べる

バイナリーオプションは概ね1,000円以下で1回取引ができ、場合によっては数十円〜数百円で取引できます。
ほとんどのバイナリーオプション業者で、初回入金額を含め大きな資金が必要ないため、無理のないサービスを提供している業者を選べます。
株式投資やFXなどであれば、資金状況によって選べる業者が制限されることもありますが、バイナリーオプションは、ある程度の資金があれば、どの業者でも取引ができることから信頼できる業者を選ぶ必要がありますし、選ぶことができます。

予想が外れても失うのは取引金額のみ1,000円の取引金額であれば1,000円失うだけ

バイナリーオプションは1回あたりの取引金額が安いだけでなく、予想が外れて失う損失額も取引額とまったく同じなため、大きな損失を負うことがありません。
つまり、1回の取引額が1,000円であれば、予想が外れても1,000円失うだけで済みます。取引金額が500円であれば、損失額も500円です。他の投資のように、取引金額以上の損失額を負うことがありません。
仮に予想が外れても取引金額分しか失わないですし、少額なため、諦めもつきます。

バイナリーオプションはFXのような証拠金取引ではない

バイナリーオプションはFXのように相場変動の影響で大きな損失を負うことがありません。
損失も限定的で、投資段階で自分である程度コントロールもできます。バイナリーオプションの魅力の1つである損失やリスクが限定されることについて、確認していきましょう。特に、投資=損失やリスクが大きい、と考えている方は、バイナリーオプションが他の投資とは違うことを認識しましょう。

バイナリーオプションは投資した金額以上の損失を負ってしまう危険とは無縁

バイナリーオプションは、FXのように証拠金取引ではないため、取引中にどれだけ予想に反した方向に相場が動いても、損失が大きくなることはありません。
証拠金取引のFXであれば、相場が下がるほど含み損が大きくなり、証拠金が減っていきます。

購入ロット数は少なくても相場の急落によって、購入金額の数倍〜数十倍の損失を負い、ロスカットになるケースもあります。バイナリーオプションはどれだけ相場が動いても、取引金額=損失額ですので、口座に預けて入れている資金が余計に減ることはありません。投資した金額以上の損失を負ってしまう危険とはまったく無縁の投資です。

「投資金額=リスクの最大値」リスクがわかったうえで取引できる

バイナリーオプションと同じように、外国為替相場で取引を行うFXは、投資金額以上に損失・リスクを負う可能性があります。

そのため、相場が予想と反対に動いて損失が大きくなった場合は、自分で損切りをしない限り、ロスカットになるまで証拠金が減り続けることもあります。しかし、バイナリーオプションであれば、予想が外れても投資金額以上の損失を負うことがありません。
1,000円の投資金額の場合、相場が下がったからといって5,000円の損失を負ったり、10,000円の損失を負うことはありません。

予想していたレートよりどれだけ下がったとしても、投資金額以上の損失は負わないようになっており、「投資金額=リスクの最大値」ということになります。
つまり、自分でリターンもリスクもある程度コントロールできる状態で投資ができます。

投資をする前に最大損失が限定されているのがバイナリーオプションの魅力

さまざまな投資はリターンを得れる替わりにリスクも大きいイメージがあるため、投資初心者の方は敬遠しがちです。
バイナリーオプションの特徴・魅力は、取引金額が安く、一定時間後にレートが高くなるか低くなるか、範囲内に収まるか収まらないかなどを2択で選ぶシンプルな取引ルールで、1日の中に何回も取引できるチャンスがあり、忙しい方でも気軽に取り組める点です。

そして、バイナリーオプションの最も魅力的な点とも言えるのが、投資をする前の段階で最大損失が限定されていて、リスクがわかっているということです。リスクがわかっているため安心して取引できますし、バイナリーオプションが投資初心者にも支持されている魅力でもあります。

バイナリーオプションは取引金額が安いだけでなく、投資金額=損失金額となっており、予想を外しても投資金額以上の損失を負うことはありません。
多くの業者で1回あたりの取引金額が1,000円以下でできるため、外れたとしても1,000円以下の損失しか負わなくて済みます。

損失額も限定されており、投資する前からリスクの最大値がわかっている状態ですので、安心して取引できます。これが、多くの人がバイナリーオプションをしている理由でもあり、魅力でもあります。

投資に対して負のイメージが強かった人も、バイナリーオプションであれば多少は安心して取引できるかもしれません。興味がある人は、検討してみてください。

著者情報
自虐に突っ走る投資初心者。腹八分目を肝に銘じつつ、欲と恐れと戦いながらどこまで我慢できるか毎日チキンレース繰り広げてます。

RELATED