過去の動きを参考に今後を為替の動きを予測することで勝率UPにつながる!?

バイナリーオプションを始めたばかりの人やこれから始めようとする人にとって勝率UPの秘訣と聞いて興味をもたない人はいないでしょう。
バイナリーオプションは為替レートが上がるか下がるかを予想するだけの手軽な投資ですので、投資経験のない人も気軽に始めることができます。

気軽に始められるがゆえに、知識や準備が不十分なまま始める人もいるのかもしれません。
今回はバイナリーオプションの勝率UPの秘訣の1つとしてトレード日記をつけることについてお話したいと思います。

過去を把握することが大切

中学が高校で歴史の授業ってありましたよね?歴史が好きな人ならばいざ知らず、特に興味のない人にとってはなんのために勉強するのかよく分からないと思った人も多いのではないでしょうか?筆者もそんな生徒の一人でした。
さて、大人になってみて身に染みて分かったことですが、過去から様々な教訓を学び、今後に生かすというのはとても大切なことです。
これはなにも100年とか1000年前のこととは限りません。
一週間前を振り返ることで今週の仕事をアップグレードする。

昨日食べたものを参考に今日のランチを考える。過去を把握しておくことで未来につなげることができます。

過去を把握し、未来に活かすというのは仕事や趣味だけでなく、投資の世界でも同じなのです。

外国為替市場がどう動いたかを知ることで勝率UPにつながる

外国為替市場の動きを予測するのがバイナリーオプションです。動きを予測するというのは未来を予測するとうことに他なりません。
未来の予測ですから絶対はありませんが、ある程度の知識と経験があれば、予測の精度を上げることは可能です。

例えば、6月、7月は雨が多いという過去の事実を把握することで、今年も6月7月は雨が多くなるだろうという予測はできます。

もちろん、年によっては空梅雨となって雨があまり降らないこともあるかもしれませんが、たいていは毎年同じ動きをするものです。
バイナリーオプションは天気予報ではありませんが、為替市場の動きを予測します。為替市場がこれまでにどのような動きをしてきたかを把握することで予測が容易になり、勝率UPにつながるのです。

偶然ではない!動きには法則がある?!

過去の為替の動きを把握することで次にどのような動き方をするのかの予測が容易になります。
なぜならば、為替の動きは天気のように似たようなパターンを繰り返す傾向があるからです。

では、過去の為替の動きを把握するためにどのような方法が有効でしょうか?チャートをさかのぼって調べたり、チャートパターンを勉強するなどの方法もあります。
しかし、今回は過去の為替市場の動きを把握するために、自分のトレード日記をつけることをおすすめしたいと思います。

為替には似たような動きを繰り返す性格がある

トレード日記について説明する前に、為替の動きについて考えてみたいと思います。
為替市場に限らず、市場というところではモノやサービスが売り買いされます。売り買いするのは人間です。つまり、人間の行動パターン、心理パターンが市場の動きにつながるということになります。
人間はみなさんご存知の通り哺乳類に属しています。哺乳類は恒温動物と言われ、外気温に左右されずに体温を一定に保っています。
この体温のように、人間は変化を嫌う傾向にあります。中には変革を求める人もいますが、人間全体としては、変化を嫌う傾向にあると言えます。

人間が変化を嫌うということは、裏を返せば、だいたいいつも同じ行動をするということを意味します。そんな人間が売り買いをしている市場ですから、値動きもパターンごとにだいたい同じような動きをすることになります。
ですから、だいたい同じような動きを繰り返す性格がある、というのもうなづけます。

過去の記録を残すことによって今後の羅針盤になるかもしれない

過去の記録をさかのぼることで値動きのパターンを把握できるかもしれません。
しかし、どうせならば自分の目線で自分なりのトレード日記をつけておく方が有効に使えると思いませんか?チャートをさかのぼることで値動きをみることはできますが、その時の雰囲気や自分の感じたこと、世界のニュースなどは確認できません。

その点、自分でトレード日記をつけることで、自分の感想、その日のバイナリーオプションの勝率、どの時点でエントリーし結果上がったか下がったか。などの記録をつけることができます。

客観的なデータだけではなく主観的なデータを残すことで過去を把握すると同時に、値動きの予想のために使えそうな自分なりの考え方を記入することができるのです。

めんどくさがらずコツコツ続けることが勝利へのカギになる

チャートの情報などの客観的な過去のデータ以外にも主観的な自分なりのトレード日記をつけることでより有効に過去を未来に活かすことができます。
そんなトレード日記をつける上で一番大切なことは、コツコツ続けることです。
なぜならば、トレード日記の最も重要なデータは主観的な部分、自分が直接かかわった取引に関するデータだからです。これらのデータはチャート上にはあらわれません。自分だけが知っている、自分なりのトレード日記だからです。
トレードしてみた感想や、その時に感じていた雰囲気などはその都度記入しておかないと忘れてしまいます。面倒くさがらずに、トレードをするたびにコツコツ書くことをおすすめします。

もう1つ、コツコツ続けた方がいい理由があります。それは「今」という瞬間は次の瞬間には「過去」になるということです。
例えば午前中にしたトレードについての記録は午前中のうちにしっかりとつけることで、午後のトレードでは午前中という過去のデータも積み重なったデータから予想をすることができます。その都度、コツコツと面倒くさがらずにトレード日記をつけることで、利用できる過去のデータを増やし、勝率をUPさせることにつながります。

バイナリーオプションの勝率UPのためにトレード日記をつけ始めよう

バイナリーオプションの勝率をあげるために、過去の市場の動きを把握しておくことは重要です。
過去の市場の動きを把握するためにはチャートパターンを分析したり、記録をさかのぼることも有効ですが、その時の雰囲気や自分なりの考えも記録しておけるトレード日記がおすすめです。

トレード日記は面倒くさがらずにコツコツとその場その時に感じたこととともに記入しておくことでより有効に活用することができます。また、できれば1日分をまとめてというよりもエントリーごとにチャートの様子、レート、自分が感じていたことを記録しておく方がいいです。データの積み重ねが重厚になります。

過去のデータは多ければ多いほど、自分の予測の精度があがり、勝率UPにつながります。

過去のデータを少しでも増やすために、今すぐにトレード日記をはじめてみてはいかがでしょうか?

著者情報
自虐に突っ走る投資初心者。腹八分目を肝に銘じつつ、欲と恐れと戦いながらどこまで我慢できるか毎日チキンレース繰り広げてます。

RELATED