知識がなくても勝てる理由と投資の際のポイントについて

バイナリーオプションは上がるか下がるかを予測する投資で非常にわかりやすく、初心者の方でも挑戦しやすいことで注目を集めています。
相場の動きは常に一方に動き続けるわけではありません。通貨高に動いたり、通貨安に動いたり、トレンドがない状態だったりします。
上がるか下がるかはランダムで、一定のパターンがあるわけでもありません。

だからこそ、初心者でもバイナリーオプションで勝てるチャンスがあります。ここでは、バイナリーオプションの特徴に加えて、相場の動き方のポイントなどについて、紹介します。
何か投資を始めようと考えている方や、バイナリーオプションに興味のある方は、参考にご覧ください。

上がるか下がるかの2択を予測するだけで勝ち負けが決まる

シンプルな内容のバイナリーオプションは、株式投資やFXなどのように知識がなくても勝つことが可能です。
なぜなら、上がるか下がるかの2択を予測するだけだからです。ここでは、バイナリーオプションの投資内容や知識がなくても勝てる理由などについて、さらに確認していきましょう。
為替取引、株式取引、資源取引などから得意なものを選び、上がるか下がるかを予測する、単純明快でありゲーム性もあるバイナリーオプションへの興味がより一層強くなるはずです。

上がるか下がるかを選ぶだけなので知識がなくても勝つこともできる

バイナリーオプションは投資初心者にとってもシンプルでわかりやすい投資です。バイナリー(binary)は「二進法」、オプション(option)は「オプション取引」の意味を持ち、2択を予測する投資になります。対象は為替の外国通貨だけでなく、株式取引、資源取引なども業者によって対応しています。
どの取引も一定時間後に現在のレートよりも上がるか下がるかを予測するだけです。
株式投資やFX、先物取引などの他の投資では、中長期保有が多く、短期売買でも1日程度は保有することが多いですが、バイナリーオプションは短時間で結果が出ます。他の投資は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析を行い、これまでの相場動向の分析をし、これからの方向性を予測します。

そのために、経済の知識や分析ツールの使い方、チャートパターンなど、さまざまな知識が必要です。しかし、バイナリーオプションであれば、短時間の間に上がるが下がるかを予測し、どちらかを選ぶだけなので、極論、知識がなくても勝つことが可能です。

為替なら一定時間後に現在のレートよりも高いか安いかを選ぶだけ

為替を対象としている場合は、対象通貨が取引時間内に通貨高になるか通貨安になるかを予測するだけです。
業者によって対応している通貨ペアは異なり、米ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円、ポンド/円、ユーロ/ドルなどがあります。これらの通貨ペアから希望のものを選び、通貨高・通貨安のどちらになるかを予測します。

例えば、米ドル/円であれば、現在のレートが1ドル=110円の場合、数分〜数時間など一定時間後に1ドル=110円よりも1銭でも円安になっているか、円高になっているかを選ぶだけです。

取引時間が比較的短いため、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析をしても、予想どおりに相場が動くとは限りません。どちらの分析も中長期スパンであれば予想はしやすいですが、数分などの超短期スパンでの予測は困難です。バイナリーオプションで為替を対象としてる場合は、通貨高か通貨安かを選び、当たれば利益を得れます。

相場には絶対的なパターンがないからこそ初心者でもチャンスがある

上がるか下がるかを予測するためには、相場の動きを知らなければなりません。
相場は生き物ですので、「絶対にこういうふうに動く」というパターンはありません。さまざまな複合的要因により不規則に動きます。
そのため、常に一方に動き続けることはありませんし、円高円安が延々と交互に続くこともありません。
相場の動きとして、絶対に起こらないことを知っておくこともとても重要です。

仮に円高が連続で継続していてもいつまでも一方に動き続けるわけではない

相場が継続して円高に動いていたとしても、いつまでも一方に動き続けることはありません。
トレンドは必ず転換をします。相場は、上昇相場、下落相場、ボックス相場の3つあり、常に1つの相場が続くということはありません。

そのため、円高に動き続いていたとしても、下げ止まりボックス相場に移行する可能性もありますし、トレンド転換して上昇相場に移行する可能性もあります。
相場は常に上がり下がりを繰り返しながら、上昇、下落、ボックスの何れかの相場を形成します。
取引前に円高に移行しているからといって、取引時間内も円高に移行するということはありません。一方に動き続けるわけではないことを念頭に置いておきましょう。

一方に動き続けるわけではないが円高円安が交互に続くわけでもない

注意しなければならないのが、円高円安が交互に続くわけではないということです。
上記のとおり、上昇相場、下落相場、ボックス相場がありますので、上昇→下落→上昇→下落という動きだけでなく、上昇→ボックス→上昇、下落→ボックス→下落などもあります。

円高円安が「交互に続く」という先入観を持っていると、痛い目に遭う可能性があります。
円に限らず、通貨高通貨安が交互に続くわけではないことを認識しておきましょう。

相場が一方に動き続ける場合はマーケットへ大きな影響を与える出来事が起きている

相場が円高円安のどちらか一方だけに動くようなときは、大きな出来事が影響している可能性があります。
大統領選挙により予想通りの候補者が当選した、大胆な税制改革案が発表された、政策金利が変更された、市場予想を遥かに上回る経済指標が発表された、大規模なテロが起きた、有事リスクが後退した、、、など、他にも多くありますが、このようなマーケットへ与えるインパクトが大きい出来事が理由だったりします。
多くの市場参加者がマーケットに対して「期待」を持つか「失望」するときに相場は一方に動き続ける傾向があります。
こういった事象は続くときもありますが、そう頻繁に起こるものではありませんし、一方に動き続けるのも長くは続きません。

円高で利益が得られるチケットを10回続けて購入しても数回は勝てるチャンスがある

相場は一時的に一方だけに動く場合もあれば、そうでない場合もあります。バイナリーオプションは、結果として円高(通貨高)か円安(通貨安)かのどちらかを当てる投資ですので、10回連続で円高になることを予測すれば、数回は勝てるチャンスがあります。
10回連続で一方に動き続けることはほとんどないためです。

投資初心者でも十分に勝てるチャンスがあるバイナリーオプション

バイナリーオプションは2択を選ぶ投資であり、相場の動きに絶対がないからこそ、初心者でも勝てるチャンスがあります。10回投資してすべてが通貨高に動く可能性は低いです。相場動向やタイミングによりバラツキはありますが、10回投資すれば、確率的に5回前後は当たる可能性があります。そのため、初心者でも利益を上げることは可能です。

非常にシンプルでわかりやすいため、興味がある方は、ぜひチャレンジしてみてください。また、勝率が5割を超えたとしても、利益が出なかったらいけませんので、投資額やペイアウト倍率はしっかりと確認して行いましょう。

著者情報
自虐に突っ走る投資初心者。腹八分目を肝に銘じつつ、欲と恐れと戦いながらどこまで我慢できるか毎日チキンレース繰り広げてます。

RELATED