• 今話題の投資商品のCFDって何?株やFXなどの取引とはどう違うの??

CFDは差金決済取引のこと 現物取引と差金決済取引の違いからCFDの魅力を探る

2017年5月30日

日本社会全体の貯蓄から投資へという流れに合わせて様々なタイプの投資商品が扱われるようになってきました。その中でも手軽に海外の株式指数や金などの多彩な銘柄に投資が可能なCFDが注目されています。
CFDとは差金決済取引のことで、売買の差額分のみを現金で決済する取引です。

差額損益を決済するのでFXのように証拠金を入金し、レバレッジを効かせることもできます。今回は、CFDと現物取引の違いを明らかにしながら、新しい投資商品であるCFDの魅力を探っていきましょう。

現物取引ってどんな取引?具体的にはどんな投資商品があるの??

CFDについて見ていくより先に、現物取引について考えてみましょう。
現物取引は、投資の対象となる商品を現金で直接売り買いする取引のことです。
例えば、株や債券、金などが現物取引にあたります。現物取引の特徴としては、口座にある現金の範囲内でしか取引ができないことです。
そのため、大きな取引をするには多くの資金が必要になりますが、逆に損失は小さく抑えることができます。

株の取引きを例に現物取引を具体的にみていきましょう

現物取引は投資商品を現金で購入したり、商品を売却して現金を受け取る取引のことです。具体的な現金の動きを株の取引を例に説明していきますね。

まず、株を購入する際には、購入しようとする株の株価×株数の現金が口座に入っていることが必要です。
手元にある現金の範囲でしか取引できないのが現物取引の特徴です。

お目当ての銘柄を購入する際、口座からは株の代金を支払います。
当然、口座残高は減ることになります。その代わりに株式を得ます。現金で商品(現物)を売買するので現物取引と言います。

今度は購入した株を売る場合を考えます。今手元には株券があります。その株券を売ることで現金を受け取ります。売却した代金は口座に振り込まれます。

この時、株を購入する前の残高よりも残高が増えていれば利益を得たことになりますし、逆に残高が減っていたら損をしたことになります。
注文を出した時、決済をした時、一回一回の取引で現金が動くのが現物取引です。

現物取引では手持ちの資金の範囲内でのみ取引し、基本的には買い注文から始まる

現物取引は買い注文、売り注文それぞれに現金が動きます。買う時には現金を支払い、売る際には現金を受け取ります。

商品と引き換えに現金を支払うので、当然のことながら、手持ちの資金の範囲内でしか取引できません。コンビニやスーパーでのカード類を利用しない買い物と同じですね。

万が一、現金が不足している場合は商品をあきらめるしかありません。コンビニやスーパーで現金が足らずに商品を戻すのは少し恥ずかしいですよね。話が少しそれましたが、現物取引では口座にある現金の範囲内でのみ取引できることを覚えておきましょう。

また、現物と通じて現金のやり取りをするわけですが、その取引は買い注文からはじまることになります。まずは現物(商品)を購入し、現物の価値が上がったところで売ることによって利益を得るわけですから、まず最初に商品を購入する必要があります。

差金決済取引のCFDの特徴と現物取引との違いからその魅力を探る

CFDは差金決済取引という新しい投資商品です。投資の対象として日本255や米国30などの株価指数や金、原油などの商品、外国株銘柄、など多彩な投資対象に対して一つの口座から投資できることが一つの特徴です。
また現物取引と違い、売り注文から取引を始めることも可能です。

最も大きな違いはレバレッジを使えるという点です。レバレッジを使う投資としてFXを思い浮かべる方も多いと思いますが、FXも大きな意味では差金決済取引です。
ただし、CFDとの違いは投資の対象です。FXは為替のみが対象ですが、CFDは世界中の多彩な銘柄に投資可能です。

日本255を例に現金の動きを現物取引の場合と比べてみましょう

差金決済取引であるCFDは多彩な投資対象を持っています。ここでは株式指数である日本255を例に現金の動きを見ていきます。現物取引の場合とどのような違いがあるのでしょうか。

CFDでは口座にある現金を証拠金として使うことができます。今回は証拠金に対して10倍のレバレッジを効かせた取引を考えます。口座には2万円が入っています。現物取引では2万円分の取引しかできませんが、CFDではレバレッジを効かせることができます。

今回はレバレッジを10倍聞かせて20万円分の取引をします。日本255の単価が2万円の時に10単位の注文を出します。2万円×10単位で20万円分の取引になります。この時の現金の動きに注目してみると現物取引の場合と大きく違います。

現部取引では買い注文をだすと口座から現金を支払い口座残高が減ります、しかしCFDでは口座にある資金は証拠金ですから、買い注文をだしても口座残高に変化はありません。現金は動いていないということですね。
買い注文を約定したのち、日本255の単価が2万円から2万200円に値上ったとします。現在買建てあるのは10単位ですから差額の200円×10単位で2,000円の利益を得ます。この差益分の2,000円が口座に振り込まれます。この時初めて現金が動くことになります。

逆に買建したのち値下がった場合はどうでしょうか。単価2万円だった日本255が1万800円に値下がり、その時点で決済しました。この場合は差額の200円×10単位の2,000円の損失が実現します。実現損分の2,000円が口座から支払われ、残高が下がることになります。

このようにCFDでは新規の注文を約定した時には現金は動かず、決済時に実現にした損益分の現金が移動します。

実現損益分の現金がが決済時に移動するのでレバレッジや空売りも可能

現金の動きについて現物取引では注文のたびに現金と現物が交換されるのに対し、CFDでは現物は一切移動せず、決済時にのみ損益分の現金が移動します。

そのため、現物を実際に購入するための費用の全額を必要とせず、口座にある資金を証拠金としてレバレッジを利用した取引をすることができます。
また、現物のやりとりをする必要がないために、買い注文からでも売り注文からでも取引を開始することができるのです。

今話題の投資商品のCFDは現金の動きが決済時のみでレバレッジや空売りも可能

CFDという新しい投資商品が話題になっています。
CFDは差金決済取引のことで、現物取引と違い、現金は決済時に実現した損益分のみが移動します。商品の購入時に購入代金が移動しないため、口座の資金を証拠金としたレバレッジを効かせる取引が可能になっています。

また、買い注文時に現金が動かず、商品も動かないので必ずしも買い注文から始める必要もありません。売り注文からはじめることもできるので、相場の動きに関らず利益を得る機会があります。

現物取引とCFDの現金の動き方の違いをみてくるなかでCFDの魅力であるレバレッジと売り注文からでも取引開始できる点が明確になりましたね。

著者情報
自虐に突っ走る投資初心者。腹八分目を肝に銘じつつ、欲と恐れと戦いながらどこまで我慢できるか毎日チキンレース繰り広げてます。

RELATED