• デモ画面で実際の取引経験を積んで不安を飛ばす!試しのポイントとは

デモ画面で実際の取引経験を積んで不安を飛ばす!試しのポイントとは

2017年6月22日

最近ではなんでもお試しをしてから購入できるパターンが増えています。デパートの化粧品売り場や食料品売り場では、お客様にある程度どのような商品かを経験してもらってから購入してもらうことによって、製品の良い点をPRする狙いがあります。

特に化粧品の場合は人によって肌質や目指す化粧ンタイプが異なるため、試してからでないと思いもよらないトラブルにつながることがあります。
投資の世界でもそれは同様で、初めてのものが合う投資家と合わない投資家がいるように、それぞれの投資戦略に合うか否かを確認したのちに取引ができるとしたら、そういったリスクを低減することは可能ではないでしょうか。
ここではデモ画面を用いた取引の練習でタイミングや指標の重要性などを実験的にためせるメリットについて解説します。

口座開設の手続きと練習できる安心感が投資家に受けています

デモ口座を利用する際も、口座開設の動作が必要になります。
CFD取引とはインターネットを利用した取引となるため、インターネット環境が必要となります。パソコンやスマートフォンをお持ちの方はすぐにでも始められますが、これまで電話注文でしか株式投資をしてこられなかった投資家にとっては初めての経験でもあるため、ミスなどが出やすくなります。

現実の取引でのミスは自己責任の原則があるために投資家に帰属してしまします。そういった無駄に取引をしてしまうと、失敗したときのチャンスの逸失が起こる可能性があります。
この失敗を起こさないためにデモ口座で取引の練習をしておきましょう。

デモ口座の開設方法を理解してトレードの練習をしよう

CFD取引を行う証券会社や金融取引業者のほとんどがインターネットを利用する取引のため、顧客に扱いやすいトレード画面を開発してリリースしています。
取引の際に扱いやすいことや色々な情報がもたらされることなどは投資家にとってのメリットとなります。

通常であればCFD投資口座を開設する際には、ネット証券会社であっても身分証やマイナンバー、反社でないことの確約や国籍の確認などがあります。
証券会社も口座開設の際に本人確認があるため、一度申し込みをしてしまうと取引を行わないといけないような感情の襲われることもあります。

その点デモ口座であれば、取引会社には個人情報をほとんど知られることはなく、ニックネームやメールアドレスのみで開設が可能な会社がたくさんあります。

したがって初めて見合いけれど営業を受けたくない方などはまさに利用するべきでしょう。このノーリスクで体験できるという点はメリットです。
しかしデモ口座の場合は取引のみの体験はできますが、ニュースやそのほかの速報などはサービスとして入っていない点が多いため、注意が必要です。

速報ニュースや発言を利用しての取引には情報用のサイトを準備しましょう。まず始めは取引に必要な指値や成り行きの別、注文の有効期限の注意などになれることから始めるとスムーズに取引が可能になります。

本番同様真剣に取引してみよう。指標やテクニカル分析を用いた取引は成功率を確かめる絶好の機会に

実際にデモ口座を開設した場合は、それからおよそ1か月間の有効期限があります。

そのうちに取引の経験を積むことが要求されますが、実際に取引に近い感覚で行わなければ意味がありません。もちろんリスクは全くのゼロですが、ここで実際の取引と比べてみて損失が出たらその損失が現実であったらと考えなくてはいけません。それは減っていく様や増えるさまを見ても同様で、ここでは資金額が増減する速さを実感することが重要です。

これによって取引の怖さも実感できるでしょう。市場から離脱することの大切さも実感できればなお実際の取引に有利になります。しかしながら冒険や挑戦もこの時でなければできません。ぜひリスクがないことから触れたことや試したことのないテクニカル分析などにも挑戦してみて、自分で利用可能かどうかの判断をしましょう。ここでは真剣に取引をしてみることと挑戦すること、なれることの重要性について解説します。

失敗しても成功しても損も特もしないデモ口座で取引に慣れる

CFD取引は一般的に標準的な取引のその商品よりも小額で始められるために、同党の収益を得られるまでの時間が短く、効率よく儲かることができます。その反面、少額の資金を失う可能性があることも忘れてはいけないでしょう。投資元本は現実にレバレッジをかけた投資と変わらないことになるので、自分が準備した資金の中で投資をする投資家は、たとえるならば200万円の現物株を購入するということと同じです。

それに対してレバレッジでは同じ200万円の投資で4000万円程度の投資をしているのと同じだけの費用対効果を期待して投資をします。
しかし前者である200万円の投資額のうち、200万円がまるまるなくなるというリスクの可能性はほとんどありません。しかしながらレバレッジでは4000万円程度の投資をしているのと同様ですので、4000万円が200万円減る可能性はないとは言い切れません。むしろ現物市場で4000万円が200万円前後動くということは至極当然のことであり、それによって市場から退出してしまうことは非常に損をした気になります。

この時にパニックにならないように考え方でしっかりとデモ口座で準備をしてきたという風に自信があれば問題ありません。はじめのうちは取引のシステムになれることや、口座内の資金の増減などに驚きを隠せない状況となるかもしれません。しかしここで真剣に取引をしておくことで、資金をかけた本番の投資では損失を切るタイミングや、経験を活かした難平や途転などを利用し、投資の成功率を上げることができるでしょう。思い切った投資手法と市場に対する真剣な態度が投資を成功へ近づけるための経験となるはずです。無料で利用できるのでぜひ活用してみましょう。

デモ画面を通して相場を見ることではじめてのCFDはもっと身近になる
一般的な投資は、始める前のお試し期間がないので、一発勝負な面があります。しかしその初めてでもうまくいくことがほとんどであるように、市場は単発で狙うにはそこまでの覚悟は必要としません。市場に長く参入し続けることで資金的にも思考回路もショートを起こして投資家の資金がなくなり市場から退出される割合が増えているのも事実です。

そのような失敗を繰り返さないためにも市場の仕組みを理解することで大損を出してしまうリスクを軽減させています。それも無料で使える投資商品の発注画面はこれから検討する方に向けては非常に便利なツールの一つとなるのではないでしょうか。デモ口座を設定することは、リスクがゼロなことも考えるとやはりローリスクでの経験でチャンスをつかむことのできる投資であるといえます。

著者情報
自虐に突っ走る投資初心者。腹八分目を肝に銘じつつ、欲と恐れと戦いながらどこまで我慢できるか毎日チキンレース繰り広げてます。

RELATED