• CFDの口座開設はネットで簡単にできすぐに取引を始められる

口座開設する前にデモトレードやキャンペーンチェックも行う

2017年7月10日

CFDの取引を始めるには、まず口座を開設しなければなりません。昔であれば口座を開設する際もかなりの時間を要しましたが、今ではネットから申込みができ、本人確認書類などもネット上で提出できるため、短時間で開設できて取引を始められます。

ここでは、口座開設までの流れや、口座開設前のデモトレード、キャンペーンなどについて、紹介します。

CFDの口座開設するまでの流れやデモトレード、キャンペーンについて

CFDの取引を開始する際は、どのようにして口座開設すればいいのでしょうか。
口座開設をすれば、実際の取引を開始することができます。ここでは、業者を選定した後のデモトレードの重要性、口座開設までの流れ、口座開設キャンペーンの活用などについて、確認していきましょう。

口座開設までの流れを把握しておくことで、よりスムーズに取引を始めることができます。

希望の業者が選定できたらデモトレードで使い勝手や相性をチェックする

CFDの取引で利用したい業者がある程度選定できたら、デモトレードを行い、取引ツールの使い勝手や機能、自分との相性などを確認しましょう。

各社ホームページに取引ツールの特徴や機能、業者の強みなどを掲載していますが、それだけで判断してしまうのは危険です。

どんなに充実した機能が搭載されていても、使わない機能であれば意味がありません。
取引ツールは毎日使うものであり、各社で使い勝手が本当に違うため、いかにストレスなく使えるかで選ぶことも重要です。

他人が良いと言っているからといって、自分にも合うとは限りません。デモトレードであれば、実際のお金を使うことなく、実践同様の取引ツールを使い、トレード体験ができます。

口座開設費用も無料ですので、気になる業者があれば、1〜2社デモトレード口座を開設し、試してみるといいでしょう。

口座開設申込みはネットからでき手軽でスピーディーに開設できる

CFDを取引する業者を決めた後は、取引を始めるために口座を開設する必要があります。
ほぼすべての証券会社などで口座開設の申込みはネットからでき、パソコンだけでなくスマートフォンからも可能です。

業者へ提出する必要書類も実物を郵送しなくても、すべてネット上で完結できるため、昔の証券会社のように口座開設までに時間がかかることはありません。
早ければ1〜2営業日で開設できます。気になる業者のサイトから口座開設申込みを行いましょう。

  • 口座開設の申込み
  • CFDの取引業者が決まった後は、口座開設を行います。
    まず、希望業者のサイトにある「口座開設の申込みフォーム」を開き、必要事項を入力します。その際、契約締結前交付書面の内容を必ず確認した上で進めるようにしましょう。

  • 本人確認書類の提出
  • 口座開設の申込みをした後は、本人確認書類の提出になります。
    ほとんどの国内証券会社であれば、必要書類や提出方法に違いはありません。

    下記の「顔写真あり」「顔写真なし」(日本国籍の場合)の本人確認書類に加えて、マイナンバー(通知カード・個人番号カード・住民票の写し)の提出が必要です。
    これらの書類は、携帯電話などで撮影した画像をアップロードするか、Eメールに添付送信かFAX送信、郵送の何れかの方法で業者に提出をします。

    「顔写真あり」
    運転免許証、住民基本台帳カード、個人番号カード、パスポート
    「顔写真なし」
    各種健康保険証、各種年金手帳、住民票の写し(6ヵ月以内)、印鑑登録証明書(6ヵ月以内)
  • 審査
  • 本人確認書類が業者へ到着確認後に、口座開設の審査が行われます。審査結果については、通貨した場合は郵送にて通知、お断りの場合はメールにて通知されます。

  • ログインID・パスワードの受け取り
  • 審査が完了し問題がなければ、ログインIDやパスワード、入金先口座番号が記載された書面が、転送不要の簡易書留郵便で届きます。届いたらログインIDやパスワードを入力しログインできます。

  • 入金完了後、取引開始
  • 口座開設が完了した後は、投資資金を入金して取引を行えます。入金する場合はクイック入金サービスを利用すれば、手数料もかからずリアルタイムに反映できる業者もあります。

口座開設する際はキャンペーンも活用してキャッシュバックなど受け取る

口座開設にあたりキャンペーンを実施している業者も少なくありませんので、事前に実施中のキャンペーン内容を確認し、有効に活用しましょう。
例えば、GMOクリック証券であれば新規口座開設して商品CFDや原油CFD、日経225CFDなどを取引した場合に現金2,000円が受け取れます。そしてDMMCFDでは取引ごとにポイントがプレゼントされ、1,000ポイント以上ポイントが貯まると現金にキャッシュバックできます。

特別なことをしなくても、キャンペーン期間中であれば現金キャッシュバックなどを得れますので、しっかりと活用しましょう。

口座開設する際は、事前にデモトレードで使い勝手や相性も確認する

CFDの口座開設はネットから申込みができるため、すぐに開設して取引を始めることができます。
ただし、口座開設する前に、自分にとって使い勝手の良い業者かどうか、相性が合うかどうかを確認するため、デモトレードを行うようにしましょう。

長期間使っていく業者・取引ツールになるため、妥協せずに選ぶことが大事です。また、業者によって、口座開設に伴うキャンペーンを実施していますので、開設前に確認して活用するようにしましょう。

著者情報
自虐に突っ走る投資初心者。腹八分目を肝に銘じつつ、欲と恐れと戦いながらどこまで我慢できるか毎日チキンレース繰り広げてます。

RELATED