• 目の前のチャンスを逃さない!CFDでチャンスを拾う方法

仕組みは同じで様々な投資ができるチャンスを逃さない投資のメリットとは

2017年6月22日

最近は投資方法や投資会社が非常に多く、様々な投資方法が選択できます。
投資対象も債券や株式のみならず不動産の債券や複数のものを証券化する仕組みが出来上がっているため、投資の選択肢は非常に広くなっています。
差金決済という仕組みを使えば、様々な商品に小額に資金で投資できるだけでなく、市場の離脱も簡単にできます。

利便性と高収益性を兼ね備えた投資商品を使うためのカギは情報力と相場に合わせた対応力、そして見通しが不透明な際に市場から離脱する勇気と参加中にしっかり利益を作れる仕組みがあれば、投資で負ける可能性を下げる役に立ちます。

投資チャンスを逃さないCFD投資の魅力とコツを解説します。

CFDならではの投資チャンスでとり逃ししないポイント

投資で利益を得るということはさほど難しいことではありません。

それは概ね市場が上昇基調の場合にどの商品を選んだとしても、利益の多さは異なりますが勝てる可能性のほうが高いからです。
投資を成功させる重要なポイントは、タイミングと様子見のバランスであるといっても過言ではありません。

市場に参加し続ければ必ずどこかの場面で損失が発生し、反対に参加しなさ過ぎた場合はチャンスを後逸してします可能性が非常に高くなるからです。
こういった場合に収益をもたらすことができる可能性が高いのはCFD取引です。

市場参加や離脱が簡単なうえ、複数商品への分散投資をできる面から、多くの投資家にメリットのある取引です。そのCFD取引を解説します。

CFDやFX、投資に興味のある人へ

CFD取引やFXはレバレッジという方法と買いと売りの両方があるという点が合致しています。
そもそもCFD取引こそが差金決済取引という意味を持つため、差金決済できる商品なら何でもCFD取引となります。

そのため今までにない投資方法として投資対象商品を増やすことができ、その分チャンスが広がります。

投資対象が多いということは相場の要求に対して柔軟に対応できるということであり、難しい商品分析を行う必要がなくなるということにもなります。つまり手っ取り早く高収益を目指す仕組みができているということです。
複数の商品に砥石できる窓口としてのCFD取引口座は持っておいて損はないでしょう。

現代では複数銘柄への分散投資も認められた

これまでに投資経験のある人は経験があるかもしれませんが、投資で勝つには少なくとも複数商品への投資が必要な場合がほとんどです。
そしてそれにより時間やタイミングを問わずに投資が可能なので、1種類の商品への投資をするよりも成功率が格段に上昇します。

そもそもこれまでのところでは複数商品を投資するということ自体が簡単ではありませんでした。
証券投資で複数銘柄を保有することは可能でも、現物資産を扱う商品市場や、海外株式を扱う口座、さらにレバレッジ投資であるFXや店頭CFDなど、管理している協会が違うだけで非常に多くの投資講座が必要になり、また投資をするにもその口座間を資金がスムーズに移動できないこともあり、多額の資金がないと複数口座を設定することは不可能に近い状況にありました。

そのため投資の上級者やプロなどでない限りは分散投資といっても、自分が保有している証券会社の投資講座を利用し、株式の他にも債券やREITなどの証券化された商品への投資を行うことしかできませんでした。CFD口座はこれらへの商品へのアクセスが非常の効率的であることが特徴として挙げられます。

株式の個別銘柄への投資はもちろんのこと、商品市場や外国投資も可能となるなど、個人で素早くトレードを行いたいリスク回避志向の投資家にはもってこいの戦略となります。

以上のことを踏まえると複数商品への投資によりリスク回避や利益追求が可能なんことを含めて福栖商品への投資が有効であるといえます。

CFDを口座開設するポイントとポートフォリオの形成

投資を成功させるには、複数の商品市場や保有銘柄を渡り歩くことで投資の成功率を上げ、リスク回避をすることが可能であることを解説しました。

ここでは具体的にどのように市場を渡り歩くことでリスクを回避できるのかということについて解説します。まず覚えておいてほしいことは、レバレッジがきいた商品はリスクが高いことで知られますが、それは特に単一市場に参入し続けた結果であるといえます。

良いタイミングで使うことができれば、参入期間を10分の1以下に抑制することが可能であり、本来ならば10回当てなければ獲得できないような利益を、1回で獲得することが可能にある商品だということです。

CFD口座を開設しることは、こういった相場の流れに基づき市場を流れていく流浪の民のようなものですが、いくつかのメリットがあるので、それを解説します。

1つの口座でFX、株式、商品、海外株式、個別銘柄、株価指数、ETFに投資ができる

まず1点目に上げられるのは先ほどから何度も述べているように、複数商品へのアクセスができるという点です。

複数商品へアクセスするということは、リスクを分散する作用の他に、上昇するタイミングや下落するタイミングが違う商品を的確に乗り換えることが可能になります。

このポイントを利用するコツは、投資の基本スタイルを、市場を傍観する時間が長い投資へと切り替えることです。相場は実際に触れてみないとわからないことがたくさんありますが、投資で失敗する投資家の多くは、市場離脱のタイミングがわからず、ずるずると引っ張った結果によることが多いのが実情です。

そのため市場から離脱することでそのリスクを回避できます。
また単一市場のみの投資ということは、ほかの商品が上昇しても対応ができません。

さらにいうなればそのほかの市場については市場価格を理解することもできません。

これでは目の見えない赤ちゃんと同様なので、失敗するリスクが高いことはだれの目から見ても明らかであるといえます。
したがって市場を眺めるということは非常に重要で、とりやすいところをとりやすい方法でとるという初心者でも上級者でも差の少ない投資成果を期待できます。

市場から離れることで次に温度が上昇しそうな市場へと準備を進めることができ、さらにCFD取引ならではの次にあげる仕組みにより、リスク分散や高収益が期待できる投資となります。

CFDによってチャンスを逃さず簡単に投資ができるようになる

CFD取引では差金決済という仕組みを利用しているため、投資する際に機動性の高い投資となる傾向が高いです。

これは投資元本を必要としないレバレッジ取引という仕組みを利用しているためであり、収益を上げるスピードが速いために複数の商品をチャンスの時のみ取引できる仕組みになっています。
そのため簡単にかつスピーディーに取引をすることができ、チャンスを逃すことがありません。

投資対象の商品は、一般的にずっと調子が良いということはなく、反対にずっと調子が悪いということもありません。
つまりその商品の調子が良いタイミングで投資をするとうまくいくパターンがほとんどです。

実はこのパターンを完成させるには複数の取引口座を持ちながら資金を移動して、さらにタイミングよく入らなければなりません。

それを個人で行うことは不可能に近いです。しかしCFD取引口座であればそれらの商品へのアクセスが非常に手軽になるので、資金移動と複数人での派内試合が必要ない分、初心者でも気軽に投資ができます。

上手に波に乗るポイントと利便性と敏捷性

ここまで紹介したようなCFD取引では、投資家はそれぞれの商品を眺めながらチャンスの商品へと戦場を変えることが容易にできます。

これは差金決済取引であるCFD取引ならではの特性であるため、ほかの市場や取引口座ではまねはできません。CFD取引ができる投資は特別に珍しいものではありませんが、長くある分だけ市場からの信頼や参加者の絶対数が多いということもあり、流動性には事欠かないものが多いです。そのため初心者でも入りやすく利益も得やすいという特性が合います。

こういったCFD取引特有の性能を活かすことで目の前に無数に落ちている投資のチャンスをこぼすことなく拾うことが可能になります。

著者情報
自虐に突っ走る投資初心者。腹八分目を肝に銘じつつ、欲と恐れと戦いながらどこまで我慢できるか毎日チキンレース繰り広げてます。

RELATED