• CFDはまだ馴染みが薄いが、差益決済であるという仕組み上FXとの共通点も多い

CFDは安全な投資なのか?株やFXとの違いは??どんな人におすすめできるのか

2017年5月29日

みなさんはCFDという投資について具体的にイメージできますか?日本ではまだ馴染みのない投資手法であるCFDは、実はヨーロッパを中心に人気のある投資です。

CFDとは差金決済取引のことで、実はFXも差金決済取引の一種です。
今回はそんなCFDをFXと比較しながら、取引の内容、安全性、おすすめのポイントをご紹介していきます。

FXをきっかけに世界中の様々な投資商品へと広がる投資

CFDはまだまだ日本では一般的になっていない投資手法ですが、海外ではかなり人気のある投資の1つです。

CFDとは差金決済取引という意味で、実際に商品を売買するわけではなく、買い注文を出した時点と、売り注文を出して決済した時、または売り注文を出した時点での値段と買い注文で決済した時の値段、の差額を利益として受けとる仕組みです。

こう聞くと勘のいい人はすぐにお気づきだと思いますが、CFDとはFXと同じ仕組みの投資なのです。

新しい投資手法が紹介されると、その安全性が話題に上がることも多いですよね。CFDはFXと同じ、正確に言うとFXはCFDの一種です。FXも当初は投資家を守るルールがきちんと整備されておらず、問題にされたこともありました。
しかし現在では公的機関からの業者への指導、監督、投資家を守るための仕組みなどがすでに整備されており、CFDの投資は安全に行えるものになっています。

すでにおなじみのFXはCFDの一種で取引の手順、利益の出し方、ルールなどが同じ

さて、すでに述べているようにFXはCFDの一種です。CFDは差金決済取引という意味で、売り買いの差額を決済時に利益として受け取る、または損として失うものです。
また、その性質上、口座の資金を証拠金として利用しレバレッジを効かせた取引が可能なので少額からでも投資に参加することができます。

実際に商品のやりとりをするわけではないので買い注文からでも売り注文からでも取引を始めることができるために、市場の傾向に左右されずにどんな場合でも利益をあげることは可能です。

レバレッジについてはFXでは業者に対してレバレッジの上限が定められています。
レバレッジが大きければ利益も大きくなる半面、損害も大きくなるため、投資家を守る意味で上限が設けられているのです。
CFDでも同じくレバレッジに上限が設けられています。
投資する対象によって上限は異なっていますが、いずれにせよ、投資家を守るという意味でのルールはきちんと整備されています。

FXもCFDもどちらも同じ投資法だが投資する対象が異なる

ここまでFXとCFDの類似性について見ていきました。ここからはFXとCFDの違いについて見ていきたいと思います。
FXもCFDも取引の形態は同じです。レバレッジが使えますし、売り注文、買い注文、どちらからでも取引を開始できます。
もちろん、売値と買値にはスプレッドが設定されており実質の手数料としてコストになります。ではどこに違いがあるかというと、それは投資の対象となる商品です。

FXでは為替に対して投資をします。
ドル・円やポンド・ドル、ユーロ・円などの通貨ペアを用いて投資をするわけです。

一方CFDでは投資の対象として様々なものが用意されています。個別株式銘柄、株価指数、金・原油などの商品、債券などが対象となっています。

CFDでの投資を始めてみたい人はCFDのこのポイントをチェック

FX同様の取引が可能で、投資の対象となる商品が為替以外に豊富なCFDは日本でも今後盛んになっていくことが予想されます。
口座1つで世界中の様々なものに投資でき、レバレッジを効かせることで少額からでも投資が可能です。

そんなCFDの投資をこれから始めようとする人に、始める前にチェックしておいた方がいいポイントとおすすめのポイントを整理してみました。

投資初心者でCFDが初めての投資となる人はここをチェック

CFDのポイントは少額から始められるところです。
投資初心者のうちは投資についての知識も少ないでしょうし、相場を見極めるために必要な経験も不足しています。
ですから少額から始めることをおすすめします。
また、CFDでは取り扱っている対象が多いので、自分の興味や趣味、身近なものに投資をし、その中で自分に合った投資商品や投資手法を見極めるのがいいでしょう。

上級者がCFDを始めるならば、市場全体の動きをよく見極めて

投資に慣れている上級者の中にもこれからCFDを始めてみようという人もいるでしょう。
CFDでは1つの口座から様々な資産クラスに投資ができるので、普段自分がメインで行っている投資商品の市場の動きが少ない時や、リスクヘッジとしてCFDを使うことを考えているかもしれません。

対象とする商品が多いということはそれだけチェックしておかなければいけない市場の動きが増えるということです。
あれもこれもと手を出すよりも、メインの投資を続けながら、どうしても利益が伸びないとき、リスクヘッジをしっかりしたいときにCFDを使うのも一つの方法です。

CFDはヨーロッパではとても盛んな投資です。
CFDでの取引に慣れてきたらCFDをメインの投資にすることも考えてみる価値はありそうです。

CFDは仕組みなどはFXと同じで投資対象が為替以外にたくさんある

これまで見てきたようにCFDは差金決済取引という投資で、FXと同じ仕組みです。
CFDと聞くとまだ馴染みがないかもしれませんが、FXならば多くの人が知っているでしょう。
一見馴染みのないように見えるCFDもFXと同じ仕組みであると知っていれば始めやすくなるでしょう。

FXと同じ仕組みの取引であるCFDですが、投資の対象とするものは異なっています。FXが為替を対象にしているのに対してCFDは株式銘柄、株価指数、先物、債券など非常に多くのものを対象にしています。

自分の興味のあるものを通じてFXと同じような方法で少額からレバレッジを効かせて投資ができるので、実は始めやすい投資なのかもしれませんね。

著者情報
自虐に突っ走る投資初心者。腹八分目を肝に銘じつつ、欲と恐れと戦いながらどこまで我慢できるか毎日チキンレース繰り広げてます。

RELATED