• CFDは売却利益のみならず金利収入も得られるから上手な取引で収益を2倍にしよう

上昇局面も下降局面でも売買ができ取引チャンスが多い

2017年8月26日

CFDにはさまざまな特徴があり、毎日儲けることも可能です。上昇局面だけでなく下降局面でも利益を狙うことができますし、商品とポジションによっては金利を受け取れます。
CFDがなぜ上昇局面でも下降局面でも利益を狙えるのか、なぜ毎日儲けることも可能なのか、特徴を把握した上で投資をしていくようにしましょう。

CFDは相場が高くなった時だけでなく安くなっても儲けられる

CFDに限らず、株式投資でも不動産投資(売買)でも投資の基本は「安く買って高く売る」です。
そうすることで利益を得ることができ、買値と売値の差が大きいほど利益も大きくなります。逆に「高く買って安く売る」では損失しか出ませんので、投資のやり方としては良いとは言えません。

しかしCFDの場合は「安く買って高く売る」だけでなく、「高く打って安く買う」というやり方でも利益を生み出せます。
なぜなら、「買い」と「売り」の両方から取引ができるためです。単純に取引チャンスが2倍に広がるため、利益を出しやすくなります。

相場は常に変動をしているが、実は意外に少ない買うチャンス

買いからしか注文ができない場合、実はそう買うチャンスは多くありません。
相場は常に上昇トレンド・下降トレンド・レンジ相場の何れかで構成されています。買いポジションを保有した場合は、エントリーした時よりも上昇しなければ利益を得れません。

横ばいではほぼ利益になりませんし、下落した場合は損失を含んでしまいます。つまり「これから上昇するであろう」タイミングでしか買うチャンスがありません。

常に上昇する局面であれば買うチャンスはいくつもありますが、エントリーした後に必ず相場が上がるとは限りませんのでリスクも伴います。

CFDなら買いだけでなく売りからも始めれるためチャンスが拡大

CFDであればFX同様、買いからも売りからも入ることができます。

そのため、上昇トレンド中もしくは上昇トレンドが見込める場合は買うチャンスがありますし、逆に下降トレンドの場合は売るチャンスがあります。

買いだけの場合は意外に買うチャンスは少ないですが、CFDは買いと売りの2つの選択肢があるためチャンスも拡大します。
「これから上がるだろう」の場合は買い注文、「これから下がるだろう」の場合は売り注文ができますので、ほぼどんな相場の局面でも利益を狙うことができる特徴を持ちます。

CFDは買いも売りもあり、スワップ金利もあるため毎日稼げる

株式投資の場合はよほど経験・実績が豊富なトレーダーでなければ毎日儲けていくことはできません。
配当金は年1〜2回なので、スキャルピングやデイトレードをしていかないと毎日利益を出すことは不可能です。しかし、CFDであれば毎日が投資のチャンスがあり、利益を得ていくことも可能です。

毎日、配当金のように「スワップ金利」を得ていくこともできます。

取引チャンスも多くスワップ金利も受け取れるため毎日儲けられる!?

CFDであれば、買いからも売りからも入れるので取引チャンスが多い上に、さらに投資商品によってはスワップ金利を受け取ることもできます。
FXにもスワップ金利があり、保有ポジションによって通貨ペアの金利差分を毎日受け取ることができます。

CFDの場合は、取引する投資商品の国の政策金利と取引会社の金利から計算されて、売りポジションで保有している時にスワップ金利を受け取れます。

CFDは「買い・売りの2つのチャンス」と「スワップ金利」があるため、状況によっては毎日儲けていくことが可能です。

ただし注意が必要なのが、ポジションの持ち方によっては、スワップ金利を取引会社に毎日支払わないといけないことです。
FXの場合でも、米ドル円を買いポジションで保有すればスワップ金利を受け取れますが、売りポジションで保有する場合はスワップ金利を支払わなければなりません。

CFDの場合は売りポジションであれば受け取ることができ、買いポジションであればスワップ金利を支払う必要があります。支払う必要がある場合は保有日数が長くなると大きな支出額になるため注意しましょう。

CFDの特徴とリスクを理解した上で投資をしていくことが大事

CFDはFXと非常に似ている特徴を持っています。
買いだけでなく、売り注文からも始められるため、上昇局面でも下降局面でも利益を狙うことができます。
また、商品とポジションによっては毎日のようにスワップ金利を受け取ることも可能です。つまり、保有しているだけで少額でも稼ぐことができます。

当然、買い注文・売り注文どちらもできることでチャンスも拡大しますが、損失を負う可能性も高くなるため注意も必要です。しっかりとCFDの特徴とリスクを把握した上で取引していくようにしましょう。

著者情報
自虐に突っ走る投資初心者。腹八分目を肝に銘じつつ、欲と恐れと戦いながらどこまで我慢できるか毎日チキンレース繰り広げてます。

RELATED