わざわざ日本円に換金せずとも支払いができるデビットカード

2017年11月12日

いよいよ決済手段として世間に認められるようになるなど、わずか数年で確固たる地位を築きつつあるビットコインですが、一体誰がここまで人気が出ると予測できたことでしょう?

日本においてビットコインは着々と信用を築いているようで、ビットコインで決済可能な店舗も増えています。
現状のところ、ビットコインで決済できる店舗のほとんどはネット決済が主流なネットショップなどが多いようですが、今後の流れとしてはクレジットカードのようにデパートやレストランなどでビットコインが使用できる日が到来するかもしれません。

日本円に換金せずとも仮想通貨で支払いができるデビットカードの登場はまさに、そんな未来を形作る礎となることでしょう。

仮想通貨で支払いができるデビットカードとは一体どんな仕組みなの?

いくらビットコインの人気が高まったところで、ドルやユーロ、円などの通貨に取って代わることはまずないでしょう。
ではビットコインが決済手段として使われるようになったとしても、実社会ではそれほど大きな影響はないのでしょうか?確かに日本円で取引をしている限り、ビットコインを決済手段として用いるメリットは少ないかもしれません。
ただ、クレジットカードなどと比較すると、果たしてビットコインは決済手段として劣っていると言えるのでしょうか?

確かにビットコインは未だクレジットカードほどの信頼は得ていないでしょう。
しかし、ネットが発達した現代、わざわざお店を介さずとも人々は自由に商品やサービス、そして金のやり取りが可能です。個人間での取引の場合、クレジットカードよりもむしろビットコインの方が使いやすいことでしょう。

何よりビットコインで決済をすると、クレジットカードならではの余計な手数料がかからないだけに、安く買い物できるというメリットがあります。
そして、今回のような日本円に換金せずにそのまま支払いが可能なデビットカードが登場することで、ますますクレジットカードの社会的な地位が脅かされるかもしれません。

仮想通貨を日本円に換金せずに支払いがデビットカードがあるけど、その特徴は

今や政府も認める決済手段となりつつあるビットコインなどの仮想通貨なのですが、そもそもどうやって仮想通貨で決済をするのでしょうか。
そして今回登場する日本円に換金せずに支払いができるデビットカードとは一体何なのでしょうか?

いくら政府が仮想通貨には価値があると認めたところで、現実のお店がビットコインでの支払いを認めない限り、やはり決済手段としては使えないでしょう。
最近はビットコインの認知度が高まっているせいか、ビットコインで決済可能なネットショップなどが増えているようですが、やはり実社会でビットコインで決済することは難しく、支払いをするためには一度日本円に換金する必要がありました。

しかし、今回日本円に換金せずともそのまま仮想通貨で支払い可能なデビットカードが登場したことで、今後はデビットカードの口座にビットコインなどの仮想通貨を移しておけば、カード一枚で決済ができるようになるでしょう。

幸い、今の日本においてクレジットカードが利用できないお店はほとんどありません。
VISAが利用できるお店、例えばコンビニやレストランなどのお店であっても、このデビットカードさえあればビットコインで決済できるようになります。
仮想通貨で決済できるデビットカードが普及するようになると、もはや日本円を事実上使用せずとも日本で暮らせるようになるかもしれません。もはや仮想通貨は現実でも使えるマネーと同義の存在となってしまいます。

どうやって選ぶべきか?オススメされるデビットカードのタイプとは?

既にビットコインを多く所有している人にとって、日本円に換金せずに決済できるデビットカードの存在は非常にありがたいことでしょう。
特に既にビットコインの価格上昇の恩恵を受けているトレーダーにほど、メリットはあるかもしれません。
ただ、デビットカードといってもタイプはそれぞれです。一つ一つに個性があり、特徴があります。一体何を基準にデビットカードを選べば良いのでしょう?

手数料がどれくらいか?そもそも手数料が無料のカードってあるの?

デビットカードを選ぶにあたりまず真っ先に注目しておきたいポイントといえば、やはり手数料でしょう。
いくら仮想通貨で決済した方が便利で簡単とはいえ、費用が高くつくのでは使いたくありません。
基本的に仮想通貨決済が可能なデビットカードはどれも手数料がかかるものがほとんどですが、発行手数料の相場としては100円から300円ぐらいです。

ただし、デビットカードの中には日本語に対応しておらず、支払いも米ドルのみというカードもありますので、注意しましょう。
発行手数料以外にも、年間維持手数料がかかることもあれば、決済をする度に手数料が発生することもあります。年間維持手数料は最初の一年目のみ無料というサービスのあるカードもあれば、永久に無料というカードもあります。

さらに、決済手数料についても、日本で使用した場合のみ決済額の数パーセントを請求するというカードもあれば、日本以外の海外で使用すると数パーセントの手数料が発生するパターンもあります。

さらに、ATM出金手数料がかかるカードがあり、そのカードが米ドルにしか対応していないと最悪、日本で使えない可能性があります。他にも、発行手数料だけで20ドル近い出費がかかるカードもあります。
デビットカードをどこの国で使うかによって費用がそれぞれ異なるため、自分のライフスタイルにマッチしたカードを選択しましょう。

自分が保有している仮想通貨が対応しているか?

日本では仮想通貨といえばビットコインがまず最初にイメージされるかもしれませんが、そもそも仮想通貨はビットコインだけというわけではありません。他にも様々あります。
ビットコインは世界でも有名な仮想通貨のため、だいたいのデビットカードで対応しています。しかし、それ以外の通貨となると、必ずしも対応しているとは限らないため、デビットカードを作る際には保有している仮想通貨が対応しているかどうか、事前にチェックしておきましょう。

中にはビットコインしか対応していないカードもあるため、ビットコイン以外の仮想通貨に興味がある人は、できるだけ多くの仮想通貨に対応しているカードを選択しておいた方が良いでしょう。

サポートと信頼性。安全に使えるデビットカードの種類とは?

せっかくデビットカードを発行しても、そのカードの発行会社が信頼できない相手であったり、サポート体制が不十分な会社だと満足なサービスが受けられず、結果的に嫌な思いをするかもしれません。

例えば、トラブルに遭遇した際に日本語に対応していないため満足なサポートを受けられなかったり、管理画面の質が低くて使い辛いなど、信頼できない会社を利用すると様々な被害を受ける可能性が高いだけに、危ないです。

そのため、デビットカードを選択する際にはまず日本語に対応しているのか、さらに他の利用者のコメントや評判などもチェックしておきましょう。特に実際にした利用者の体験談ほど、カード選びの際に役立ちます。

仮想通貨が利用できるデビットカードの特徴と対応している仮想通貨は?

仮想通貨にも対応しているデビットカードがあるとして、有名なカードといえば一体何があるのでしょう?
それぞれのカードには一体どのような強みがあり、特徴があるのでしょうか?

日本語に対応しているかどうかも気になりますし、何よりも自分が保有している仮想通貨でも決済できるのか、気にするべきポイントは多く存在します。
デビットカードを選択する際には知名度のみならず、信頼性やサポートの有無、さらには自分の利用環境に適した特徴が備わっているのかまでしっかりと確認しておきましょう。

ワイレックスは仮想通貨対応のデビットカードで有名!

仮想通貨対応のデビットカードといえば、ワイレックスが非常に有名です。

参考:wirex

ワイレックスは世界中にファンのいる人気のデビットカードで、現在は日本語に対応しているWEBサイトもあるため、英語がわからなくてもオンラインで即時発行が可能なデビットカードです。

ワイレックスのデビットカードがあれば、VISAとマスターカードが使用できるお店であれば、仮想通貨による決済が可能となります。
さらに、対応可能な仮想通貨の種類も37種類と非常に多く、今後も新しい通貨が対応可能になる予定とのことです。日本でも有名なモナコインなども、今後対応可能になる予定のようです。

ワイレックスには対応可能な通貨が豊富という特徴とは別に、ウォレットとしての機能があるという特徴があります。取引所にビットコインなどの仮想通貨を保管せず、できるだけ安全に保管したいという時にワイレックスは役立つことでしょう。

スマホアプリも用意されているため、パソコンがなくともスマホ一台で仮想通貨を移動させることができるという利便性がワイレックスにはあります。

デメリットといえば、ワイレックスは評判の良いデビットカードなのですが、本社がイギリスにあるということもあってか、即時発行が出来ても実際にカードが到着するまでに1ヶ月程度の時間を要する事ぐらいでしょう。

XAPOは世界でも最も多くビットコインを預かっている

参考:xapo

最も多くのビットコインを預かっているXAPOは非常にレベルの高いセキュリティーを誇っています。
XAPOのセキュリティーレベルは世界でも最高峰であり、まさにビットコインを保管するウォレットとしては最も使える会社となります。ビットコインはハッキングなどの対象になりやすい仮想通貨なだけに、安全に管理したいのであればXAPOが一番安心かもしれません。

XAPOはVISAカードが使用できるお店であれば、日本でも決済は可能でしょう。ただ、サイトがまだ日本語に対応していないようなので、英語に精通していない登録が難しいかもしれません。

対応している仮想通貨は現状のところビットコインだけのようなため、それ以外の仮想通貨を利用したい人にはやや不向きかもしれません。ただ、セキュリティに関しては非常に定評のある会社なだけに、ビットコインを守りたい人向けのデビットカードです。

バンドルカードは日本で発行しVISA加盟店で利用可能!

参考:vandle

日本で発行しているということもあり、WEBサイトは日本語で読むことが可能です。さらに、日本語によるサポートも充実しています。

日本人向けのカードとなっているため、日本国内で決済をするのであれば、海外のデビットカードと比較して低コストなカードとなります。さらに、手続きも日本人ならば容易であり、申込ををすればスムーズにカードを作れるでしょう。

さらに、コインチェックと提携しているため、コインチェックの口座にあるビットコインをスムーズにバンドルカードにチャージできるという利便性があります。

ただ、対応している仮想通貨は現状のところ、ビットコインのみのようです。さらに、あくまで日本国内向けのデビットカードということもあってか、海外での使用は出来ないようです。

仮想通貨でショッピングが可能!デビットカードのメリットとは?

日本円に換金する手間を省き、そのまま仮想通貨で決済ができるデビットカードが登場したことで、仮想通貨はただの投機対象ではなく、日常生活でも利用可能な決済手段となることでしょう。
仮想通貨で決済可能なデビットカードを持っておくと、もしも仮想通貨の取引所が潰れるような事態に遭遇したとしても、カードにチャージされている仮想通貨を守ることが出来るでしょう。

さらに、クレジットカードではないため、盗難やスキミングの被害に遭ったとしても、利用制限をすることで、被害の拡大を防ぐことが出来ます。

他にもクレジットカードが利用できない人でもデビットカードは作れるという利点や、休日でも銀行引き落としが可能というデビットカードならではのメリットもあります。
投機のみならず、リアルな現場においてもビットコインなどの仮想通貨が当たり前のように使われる日もそう遠くはないかもしれません。

著者情報
オールマイティなトレーダーを目指して日々奮闘中 投資で5000万円貯める事が目標。 基本ビビりなので日々可愛い利益をコツコツ貯めています。

RELATED