ビットコインだけではない!イーサリアムやライトコイン、リップル、モナコインなどを取引できる!

2017年11月22日

ビットトレードは仮想通貨取引所の一つであり、FX会社の大手であるFXトレード・フィナンシャルの関連会社です。

仮想通貨の取引をするためには、取引所の口座を開設する必要があります。ただ、取引所といってもそれぞれにメリットとデメリットがあり、必ずしもすべての取引所が優秀とは限りません。ハイリスクハイリターンな取引に向いている取引所もあれば、取扱通貨の数が他よりも豊富という強みのある取引所もありますし、どこよりも信頼性の高い取引所などもあります。

既に仮想通貨の取引経験が豊富な人であれば、自分の投資スタイルに見合った取引所を素早く見つけられるでしょう。しかし、取引経験がまだ少ない初心者ともなると、どこの取引所が良いのか悩むかもしれません。

まだ取引をした経験が少なく、どこの取引所を選んだら良いのかで悩んだら、大手の仮想通貨取引所を選択すると良いでしょう。

ビットトレードはFX会社の大手であるFXトレード・フィナンシャルの関連会です。
仮想通貨取引所としてはなかなか信頼できる取引所だと言えます。
実績も豊富で、FXトレーダーからの人気が高いFX会社です。その関連会社であるビットトレードであれば、取引経験の少ない初心者であっても、安心して仮想通貨の取引が行えることでしょう。

公式サイトへ行く

仮想通貨取引所のビットトレードの魅力!世界的にも有名な仮想通貨の取引が可能!

仮想通貨取引所の中には、使いやすい業者もあれば、使い難い業者もあります。その点、ビットトレードは投資家にとって使いやすい業者なのでしょうか?

ビットトレードは名前こそ有名ではありませんが、その実態はFX企業の大手であるFXトレード・フィナンシャルの関連会社です。FXトレード・フィナンシャルはFX業界において名の知れている大手であり、FXTFの口座を通じてFX取引をしているトレーダーは多くいることでしょう。

そんなFXTFの関連会社なだけに、ビットトレードは信頼できる仮想通貨取引所の業者だと言えるでしょう。

ビットトレードの魅力というと、ビットコインのような有名な仮想通貨のみならず、その他にも様々な仮想通貨を取り扱っているという特徴があります。例えば、イーサリアムやライトコイン、リップル、モナコインなどの仮想通貨は時価評価額が高く、ビットコイン同様に今後高騰が期待されている仮想通貨です。

既に価格が60万円以上にまで高騰してしまったビットコインと比べ、モナコインなどはまだ500円未満で購入できるだけに、多くの投資家から注目されつつあります。

他にも、FXトレード・フィナンシャルの関連会社ということもあってか、非常に見やすい取引画面を用意しているため、トレーダーはストレスを感じることなく様々な仮想通貨を対象に取引をすることができるでしょう。

ビットトレードは比較的最近できたばかりの仮想通貨取引所ですが、大手の関連企業であることに加え、様々な仮想通貨を取り扱っているというメリットがあるだけに、今まで一度も仮想通貨で取引をしたことがないという投資家であっても安心して利用できる業者です。

古参の仮想通貨取引所に負けないだけの魅力があります。

運営会社
会社名 ビットトレード株式会社
BitTrade Co.,Ltd
住所 〒108-0073
東京都港区三田2-11-15 三田川崎ビル4階
設立 2016年9月12日
資本金 5100万円
業務内容 ビットコインの販売・買取
金融庁、財務局の登録日 2017年9月29日
所属団体  - 

ビットトレードでは仮想通貨を管理するにあたり、ホットウォレットとコールドウォレットと呼ばれる管理体制を構築しています。
コールドウォレットとはオフラインの環境での管理体制のことです。外部から隔絶された環境であることに加え、仮想通貨を移動させるためには複数の電子署名が必要となりますので、外部はもちろん、内部においても安心のセキュリティ体制となっています。

ビットトレードはビットコイン専門のセキュリティ会社であるBitGoと提携することで、ネット上に接続された状態のビットコインを守るための施策、いわゆるホットウォレットの管理体制を構築しています。

ホットウォレットの管理体制のおかげで、投資家は安心安全にビットコインのトレードが行えるようになるでしょう。

公式サイトへ行く

ビットコインだけではない!今後の期待が高まっている人気仮想通貨での取引が可能!

ビットトレードが取り扱ってる通貨の詳細です。

業務内容
サービス内容 仮想通貨交換業
取引通貨銘柄 ビットコイン、リップル、ライトコイン
イーサリアム、モナーコイン、ビットコインキャッシュ
取扱い通貨ペア ビットコイン/JPY、リップル/JPY、ライトコイン/BTC
イーサリアム/BTC、モナーコイン/JPY、モナーコイン/BTC
ビットコインキャッシュ/JPY、ビットコインキャッシュ/BTC

せっかく取引所の口座を開設し、仮想通貨に投資しようと思っても、取り扱っている通貨の数が少ないと、思ったように取引ができません。いくらビットコインに投資したくても、値下がりをしている最中では購入しようとは思わないでしょう。

仮想通貨を相手に投資をしようと思うのであれば、ビットコイン以外にも様々な仮想通貨を取り扱っている取引所がオススメです。取扱数が多いと、ビットコイン以外の通貨にも投資ができるチャンスが増え、選択肢の幅が広がるからです。その点、ビットトレードは様々な仮想通貨を相手に取引できる取引所です。

ビットトレードではビットコイン以外にも、リップルやライトコイン、イーサリアム、モナーコインなど、未だに安価で取引できる仮想通貨を多く取り揃えています。
今後、第二のビットコインになれる仮想通貨があるかもしれません。取扱数が多いビットトレードは投資をするには非常に魅力的な環境です。

仮想通貨の取引ができる!ビットコイン以外の仮想通貨への投資が可能!

ビットトレードの業務内容は仮想通貨交換業です。
取引の対象となるのはビットコインのみならず、リップルやイーサリアム、ライトコイン、モナーコインなどになります。さらに、ビットコインキャッシュも対象となります。

ビットトレードで取引をするためには、まずは口座を開設し、次に日本円で入金をする必要があります。
もしくはビットコインの預入をすることで、取引を始められます。出金をする場合、日本円のみならず、ビットコインの出金も可能となります。

ビットトレードならば、24時間365日、いつでも仮想通貨の購入、そして売却が可能です。

公式サイトへ行く

日本円の出金手数料は高め!それ以外の手数料は安く設定されてる!

ビットトレードで仮想通貨の取引をした場合、口座開設費用や口座維持費用などの手数料に関して言えば、基本的にお金はかからず、無料となります。
それ以外の費用に関して言うと、銀行出金手数料が648円発生しますので、なかなか高めとなります。
手数料は以下の通りです。

手数料
入金 お客様負担
出金 648円
取引手数料 BTC/JPYメイカー0.2%、テイカー0.2%
XRP/JPYメイカー0.25%、テイカー0.45%
LTC/BTC メイカー0.30%、テイカー0.70%
ETH/BTC メイカー0.20%、テイカー0.25%
MONA/JPY メイカー0.30%、テイカー0.70%
MONA/BTC メイカー0.30%、テイカー0.70%
BCC/JPY メイカー0.30%、テイカー0.70%
BCC/BTC メイカー0.30%、テイカー0.70%
入金方法 銀行振込
提携銀行 住友SBIネット銀行

ただ、仮想通貨の預入手数料に関して言えばほぼ全てが無料となり、低コストとなります。
同様に、仮想通貨の出金手数料に関しても、全体的に安く、他社と比較して低コストな取引が可能となります。

あくまで日本円の出金に関してのみ費用がかかるというものであり、既に仮想通貨を多く所有している投資家からすると、むしろコストが安い仮想通貨取引所であると判断できます。

ただし、ビットトレードは他の業者と比較すると多めに仮想通貨を取り扱っている方ですが、それでも全ての仮想通貨を扱っているわけではありません。
取引をする際にはどの通貨を扱っているのか、確認しておく必要があります。
全体的にどの仮想通貨であっても手数料は安いのですが、売買手数料に関していうとそれぞれの仮想通貨のペアによって違いがありますので注意しましょう。

例えば、LTC/BTC、MONA/JPY、MONA/BTC、BCC/JPY、BCC/BTCの通貨ペアの場合、テイカー側の売買手数料が0.70%と、他の通貨ペアの売買手数料と比較して高めとなります。

売買手数料に関して言うと、業者によっては無料、もしくはマイナスになることもあるだけに、売買手数料の負担を避けたいというのであれば、仮想通貨のペア毎に他社と比較して見比べておいた方が良いでしょう。

証拠金取引はなし!少額の投資をしたいのであればアルトコインがオススメ

仮想通貨の業者によっては証拠金取引、いわゆるFXが可能な会社もあります。
最大で何レバレッジの取引ができるのかは業者によって異なります。中には最大で25倍の取引ができる業者もあります。
ただし、ビットトレードでは証拠金取引はやっておらず、現物売買となります。

下記に一目でわかるよう表にしてみました。

取引
販売所の有無 ×
取引所の有無
FX取引
(レバレッジ)
信用取引
(レバレッジ)
先物取引
(レバレッジ)

FXというと為替取引が有名です。レバレッジを高めに設定することで、少ない資金でリスクの高い取引ができることで有名なのですが、果たしてレバレッジを仮想通貨に適用させることは適切なのかという、現状では判断できません。

仮想通貨は1日で1円どころか1万円以上の値動きがある世界です。
このような状況下でレバレッジをかけることは非常にリスキーと言えるでしょう。値動きが非常に激しいため、たとえ現物売買しかできないとしても、それほどデメリットを被ることはないでしょう。

なにより、ビットトレードは取り扱っている仮想通貨の数が豊富です。確かにビットコインは高値で、少額投資には向いていないかもしれません。しかし、その他のアルトコイン、リップルやライトコイン、イーサリアム、モナーコインなどのアルトコインに関して言えば、まだまだ安価で購入できます。

少額投資をしたいからといって、安易にレバレッジが高い業者を選択する必要はないでしょう。ビットトレードは、リスクを抑えつつ、成長が期待できそうな仮想通貨を相手に投資できる仮想通貨取引所です。

マルチシグによる管理体制を構築!ビットトレードで安全にウォレットを使用!

ビットコインに限らず、仮想通貨の取引をするにあたり、どうしても気になるのがセキュリティです。
仮想通貨は実態のないお金なだけに、万が一の事態が生じた時、例えば外部からの攻撃や、内部での不正に対して強いセキュリティが求められます。

その点、ビットトレードでは安全なホットウォレットとコールドウォレットの管理体制を構築するなど、内外に強いセキュリティ対策が施されています。

セキュリティ対応の有無と内容 コールドウォレット、ホットウォレット

たとえ外部から攻撃されたとしても、完全にオフラインの環境で管理されているコールドウォレットならば安心です。コールドウォレットで仮想通貨を移動させる際には、複数人の電子署名が必要となりますので、内部からの不正も防ぎやすいです。

ただ、仮想通貨はネット上で使用できてこそ本領を発揮します。
ビットトレードはセキュリティ企業のBitGoと提携することで、安全なホットウォレットを実現しています。秘密鍵を物理的にも仮想的にも分散させた上に、さらに電子署名を必要とすることで、より高い安全性を実現しています。

ホットウォレットとコールドウォレット、どちらも複数の電子署名を必要とするマルチシグの管理体制によってセキュリティが構築されているビットトレードは、安全性に関して申し分のない会社と言えるでしょう。それだけに、投資家は安心して仮想通貨の売買が行えます。

公式サイトへ行く

取り扱ってい仮想通貨の数が多め!モナーコインでの取引も可能なビットトレード!

 

良かった点

全6通貨での取引が可能!ビットコイン以外にも様々な仮想通貨への投資が可能!
ビットトレードでは、ビットコイン以外にも5種類のアルトコインの取引に対応しています。アルトコインとはビットコイン以外の仮想通貨を指す総称で、ビットコインに次ぐ時価総額を誇るイーサリアムや、日本発祥のモナーコイン、ビットコインから分裂して誕生したビットコインキャッシュなど多くのコインがビットコイン同様に人気を集めています。ビットトレードでは、アルトコイン5種にビットコインを合わせた全6通貨の取引に対応しており、リスクを分散させた投資を行うことができます。
FXトレード・フィナンシャルの関連会社!セキュリティレベルも高くて安心!
ビットトレードは、仮想通貨を取り扱う国内業者の中でトップレベルのセキュリティ強度を持つ取引所です。
しかもMT4でお馴染みのFXトレード・フィナンシャルの関連会社なので安心して口座を開設できます。ビットトレードのセキュリティの特徴は、大きく分けて2つあります。
1つ目が、購入した仮想通貨がハッキングによって盗まれないように、コールドウォレットというネットに繋がっていないオフライン状態の安全な場所に保管してくれています。
2つ目が、マルチシグという複数人署名システムを使って簡単に不正出金できないように対策をとってくれています。
スマートフォンでも仮想通貨の取引が可能!テクニカル分析も簡単にできる!
ビットトレードは、ビットコインやライトコイン・リップルなどの仮想通貨を取引することができます。全ての仮想通貨がスマートフォンで取引することができるので、外出先にいても24時間いつでも取引することが可能です。スピーディーな注文も可能となっており、チャートやテクニカル機能も搭載されているので様々な分析をしながら素早く取引することができます。

 

悪かった点

売買手数料が他の業者よりも高め!日本円の出金手数料が648円!
残念ながら国内仮想通貨取引所の中でトップレベルの売買手数料の高さです。
しかも日本円の出金手数料も648円と国内トップレベルの高さです。

仮想通貨に関わらず投資の成功は、手数料の安さが重要になってきますから今のままだと厳しいかもしれません。
しかしビットトレードは、誕生してまだ1年ちょっとの新参取引所なのでこれからどんどん変化していくと思われます。

トレードシステムや手数料、そしてキャンペーンなど色々な改善策を講じて顧客目線のサービスを提供してくれるはずです。
今は、生みの苦しみ、初期段階だと理解してしばらく待ってあげるのが得策かもしれません。

現物売買のみ!FXでの取引には対応していないのでレバレッジはなし!
ビットトレードでは、いくつかの他の取引所とは異なりレバレッジ取引に対応していません。レバレッジ取引とは手持ちの資金を担保にそれ以上の資金を借りて取引することで、外国為替証拠金取引(FX)や他の仮想通貨取引所では対応してるところが多い方式です。しかしレバレッジ取引には利益だけでなく損失も大きくなりやすいという一面があり、ボラティリティの高い現在の仮想通貨のトレードにおいて、ビットトレードの現物売買のみという方式は利益を得る上でメリットとなります。
破綻した場合の対策がない!会社の業績次第ではリスクが高くなる!
ビットトレードは、取引手数料がかかってしまいます。他の取引所では、手数料が無料となっているところやユーザーにメリットがあるマイナス手数料を取り入れていますが、ビットトレードでは多少の手数料がかかってしまいます。また出金手数料も比較的高く設定されているので、何度も出し入れをする人にとってはデメリットを感じます。

公式サイトへ行く

ビットトレードで仮想通貨取引をする方法!申込から口座開設の流れ

ビットトレードの口座を開設するためには、まずWEBサイトにアクセスしてください。
次に「新規会員登録」をクリックし、空欄にメールアドレスを入力します。メールアドレスが登録され、認証用のメールが送信されるのでメールの内容に従い手続きを進めます。

メールの内容にリンクが表示されていますので、それをクリックすると画面がかわりますので、パスワードを8~32文字以内で入力します。
パスワードの設定が完了し、必要項目へのチェックが終了したら、申込の手続きは完了です。

基本情報の登録作業が完了したら、次に本人確認書類をアップロードする作業となります。
免許証などの確認書類を用意したら、画像データをアップロードし、本人確認書類を提出します。

ビットトレードの手続きで有効な本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード

本人確認書類を送付する際には、表面と裏面の両方の画像データをアップロードしてください。たとえ運転免許証の裏面が白紙だったとしても、裏面は必須となります。
表面と裏面の両方のデータをアップロードすると審査が始まります。

本人確認書類に特に不備がなく、問題がなければ、審査も順調に進みます。
審査が終われば、アカウントの登録が完了となります。登録が完了するとビットトレードより書類が郵送されます。

これで口座開設の手続きは終了です。あとは口座に入金をすることで、取引を始められます。

口座開設後の流れとは?入金から取引するまでの手順とやり方

1.入金の手続き
アカウントの登録が完了したら、次に口座へ入金する必要があります。
取引に必要な金額をあらかじめ準備しておきましょう。
入金をするためにはまずサイトにアクセスし、ログインする必要があります。ログインして取引画面にアクセスしたら「入出金」をクリックすると入金の手続きができます。

日本円で入金する場合、振込用の口座の情報を入力し、銀行の窓口やATMなどから振込を行います。
だいたい翌銀行営業日中に入金の結果が反映されるため、しばらく時間がかかります。

2.ビットコインの入金
ビットコインの入金をする場合、ビットトレードが指定する預入用ビットコインアドレスが送付されますので、それをコピー&ペーストし、入金の手続きをしてください。もしくは、QRコードでも大丈夫です。
口座開設時とは別に本人確認を行う必要があります。

入金下限/回 必要承認回数
日本円
BTC 0.0001 2回
LTC 0.001 6回
XRP 0.1 6回
ETH 0.001 24回
MONA 0.01 6回
BCC 0.0001 6回

3.取引の流れ

入金の手続きが完了したら、いよいよ取引を始められます。まず取引画面に移り、買いたいのであれば「買」をクリックして注文、売りたいのであれば「売」をクリックして注文してください。

注文方法は成行と指値の二種類が用意されています。

取引はパソコンもしくはスマートフォンを通じて行いますので、ネット環境はもちろん、取引ツールを使用できるだけのスペックがあるパソコンやスマートフォンも忘れずに準備しておきましょう。

公式サイトへ行く

ビットコイン以外の仮想通貨に投資したい人にオススメのビットトレード

まだ価値が低いアルトコインに投資したい人と仮想通貨初心者にオススメ!

ビットトレードはビットコイン以外にも様々な仮想通貨を取り扱っているため、アルトコインにも投資をしたい人にほどオススメです。

ビットコインと比べて低価格なアルトコイン、例えばライトコインやイーサリアム、リップル、モナーコインの取引ができるため、これらの仮想通貨をターゲットに投資をしたいという人ほど、ビットトレードは向いています。

アルトコインといってもそれぞれで、必ずしもすべてのアルトコインが将来的に値上がりするとは限りません。その点、ビットトレードで取り扱われている仮想通貨はいずれも将来的に値上がりする可能性が高い有望な仮想通貨ばかりなため、初心者であっても選びやすいです。

同じ10万円分の仮想通貨であっても、レートが高騰している仮想通貨よりも、まだまだ安い仮想通貨に投資し、値上がりした方が将来的に大きな利益を獲得できる可能性が高いです。

特にモナーコインに関して言えば、取り扱っている取引所の数が非常に少ないため、モナーコインをメインに投資したいという人にほど、ビットトレードは相性が良い取引所です。

ハイリスクハイリターンな投資を求めている人には不向きな仮想通貨取引所

ビットトレードは現物取引のみの仮想通貨取引所となるため、レバレッジを設定する取引、要するにハイリスクハイリターンな取引を求めている人には向いていないでしょう。

特に、デイトレードのような短期売買をしたいトレーダーには不向きでしょう。というのも、ビットトレードは他社と比較すると売買手数料が高めに設定されているからです。

高いといってもそれほど高額ではありません。ただ、他の仮想通貨取引所をチェックしてみると、売買手数料が無料になるばかりか、手数料がマイナスな業者もあるため、比較すると高く感じるということです。

レバレッジをかけることで、資金が少ない投資家であってもビットコインなどの高額な仮想通貨を対象に取引できるでしょう。それに加え、ビットコインは為替取引以上の値動きを見せる荒っぽい相場です。レバレッジ25倍で取引できる業者であれば、短期間に相当な利益を稼げることでしょう。もちろん、それはイコールで失敗すれば想定以上の大損をするリスクがあることを意味します。

特にビットコインの場合、1日の間に1万円以上の値動きもあり得る世界なだけに、為替取引の何十倍ものリスクがあります。

金融庁がFXを規制する以前、何百倍ものレバレッジを設定する業者が国内には多くあったのですが、今の仮想通貨の世界はまさにそれと同じ状況です。

このようなハイリスクな状況であっても、それでもFXをやりたいという人には、ビットトレードは向いていないでしょう。特にハイレバレッジで短期売買をやりたいなど、リスキーな投資に興味がある人には魅力が少ない業者です。

公式サイトへ行く

ビットトレードを利用するメリットとは?アルトコインが豊富な信頼できる仮想通貨取引所

仮想通貨に投資をするにあたり、ビットトレードを利用するメリットというと、やはり信頼して取引ができるという点に尽きるでしょう。

投資のリスクは何も元本割れだけではありません。現在のようなインターネットを通じて取引をする時代において、サーバーの環境や取引ツールの質なども重要です。特に、会社が破綻した時のリスクへの対策は必須でしょう。

ビットトレードはFX会社の大手であるFXトレード・フィナンシャルの関連会社のため、知名度はもとより、ノウハウも豊富です。FX会社として実力のある会社なだけあって、安定した取引ツールを用意してくれます。
折角、稼げそうなチャンスがあったにも関わらず、サーバーのエラーが起きたり、取引ツールが機能しなかったり、会社そのものが破綻してしまったのでは意味がありません。

その点、FXトレード・フィナンシャルの関連会社であるビットトレードであれば、信頼して取引ができることでしょう。

大手ならではの充実したサービスに加え、取り扱っている仮想通貨の数も業界では多い方なだけに、様々なアルトコインを対象に取引できるという強みがあります。唯一の難点は売買手数料が他社と比較して若干高い程度のことでしょう。総合的に見て、ビットトレードは信頼できる会社です。

公式サイトへ行く

著者情報
オールマイティなトレーダーを目指して日々奮闘中 投資で5000万円貯める事が目標。 基本ビビりなので日々可愛い利益をコツコツ貯めています。

RELATED