• 今後、ビットコインの価値は薄れるのか!?今も増え続けている仮想通貨たち

仮想通貨の種類は既に1000以上!ビットコインの価値はやがて薄れるのか

2017年11月29日

一時は急落し、ビットコインの価値が薄れると思いきや、再び盛り返す。
激しく上下変動を繰り返しているビットコインですが、現在のような高値は果たして今後も継続されるのでしょうか?

ビットコインといえばもともとは無価値な暗号通貨だったのですが、ここ最近は世界中から注目を集めた甲斐もあってか、2017年11月現在における価値は1コインあたり80万円を超え、90万円に届こうとしているほどです。
このままだと100万円を超えるのも時間の問題かもしれません。

それに合わせるようにして、ビットコイン以外のアルトコイン、イーサリアムやライトコインなど価値も徐々に上がっているようです。

ビットコインに注目が集まり、価値が高まるにつれて、その潜在的な利益を見込んで多くの企業が仮想通貨市場に参入し始めています。このような流れが今後とも続くと、仮想通貨は一時的なブームで終わらず、恒久的に社会に根付く可能性が高いです。

ただ、そんな仮想通貨のブームもあってか、ここ最近は新しい仮想通貨が多く登場するようになっています。
その種類は既に1000種類を超えているようで、今も新しい無名の仮想通貨が世界のどこかで誕生しているのかもしれません。

仮想通貨は誰でも簡単にとはいきませんが、ある程度の技術と設備さえあれば新しく作りだすことが出来ます。
未知の仮想通貨を新たに作り出し、それを市場に流すことで、資金を調達する組織や団体、そして個人は今後とも増えていくことでしょう。

ただそうなると、一つ疑問が生じます。
もしも今後、仮想通貨が新しく登場し種類が増えていくと、ビットコインの価値はどうなってしまうのでしょう?
多数の仮想通貨に埋没し、価値が薄れてしまうのでしょうか?

増え続ける仮想通貨!現在は1000種類以上で、今後も増え続ける可能性が大きい!

一体誰がここまで人気が出ると予測できたでしょう?
仮想通貨は今や空前のブームを巻き起こしており、多くの投資家がその価値に注目しています。

どこの誰が作ったかわからないものが、まさか1コインあたり80万円以上の価値をつけるなど、誰にも予想できないでしょう。しかし、ビットコインはそれを実現しました。

仮想通貨の種類が今、急スピードで増えているのですが、その背景にはこのビットコインの人気があることでしょう。
いくら暗号通貨を作る技術があっても、無価値であれば誰も作ろうとは思いません。

しかし、唯一無二の特徴のある仮想通貨を新たに創造することができれば、大きな利益を手にすることができます。
仮想通貨の種類が増えている背景には、第二、第三のビットコインを狙っている組織や団体が多くあるからでしょう。
それに拍車をかけているのが、ICOなのかもしれません。

ICOとはIPOの仮想通貨版のようなもので、ICOに参加すると事業者は仮想通貨と新規仮想通貨を取引し、資金を調達することが出来ます。

ICOは中国で全面禁止になるなど、暗雲が立ち込めましたが、日本ではCOMSAと呼ばれるICOのプラットフォームが普及するなど、広がりを見せています。
ビットコインの人気やICOの普及が、新しい仮想通貨の創造を後押ししているのかもしれません。

現在は1000種類を超える!仮想通貨市場は全体で16兆円以上?

仮想通貨の人気もあってか、今や急速に新しい仮想通貨は増え続け、その種類は既に1000種類以上だと言われています。
仮想通貨全体の市場で言えば、時価総額は16兆円以上だと言われており、今や巨大市場へと成長しました。

今や仮想通貨といえばビットコインとは限りません。他にも様々な種類があり、そしてその数は圧倒的に豊富です。

特にここ1年における仮想通貨の増加ペースは非常に早く、次々と新しい仮想通貨が登場しています。
なぜこんなにも早い速度で創造できるのか。それは仮想通貨はブロックチェーンの技術さえ理解していれば、誰でも作れるからでしょう。

単純に知られていないだけで、世の中にはまだまだ無数の仮想通貨が存在しているのかもしれません。
ただし、全ての仮想通貨に価値があるとは限らないため、注意しましょう。

今後も増え続けると予想される仮想通貨

仮想通貨の人気が増す一方で、ある事件が勃発するようになりました。それは仮想通貨を使った投資詐欺です。
近年はビットコインの人気もあってか、それを利用して値上がりする可能性が無い仮想通貨を値上がりすると嘯いて投資家に販売する詐欺などが横行しているため注意しましょう。

そもそも仮想通貨といっても全ての仮想通貨に値上がりの可能性があるわけではありません。
基本的にどの仮想通貨が値上がりするかは、運の要素が強いです。

そんな中で、最も主要な仮想通貨というと、まずビットコインがあります。ビットコインは最初の仮想通貨ということもあり、あらゆる仮想通貨の中で最も価値が高いです。

ビットコインに次いで価値のある主要な仮想通貨というと、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ネムなどがあります。
さらに、ビットコインから分裂して作られた新しい仮想通貨としてビットコインキャッシュと呼ばれるものもあります。

無価値な仮想通貨はともかく、こういった価値のある仮想通貨が今後とも増え続けると、ビットコインの価値が相対的に下がるのではないのかと予測されています。

仮想通貨の普及により種類が増えた結果、ビットコインの価値が薄れる?

確かに仮想通貨ブームの影響もあり、新しく作られた仮想通貨の数は多く、その種類は既に1000種類以上にまで増えています。
最もその中のほとんどが無価値な仮想通貨のため、しばらくの間はビットコインの価値は健在でしょう。

ただし、すべての仮想通貨が無価値とは限りません。イーサリアムやライトコイン、リップルのような価値のあるアルトコインも登場しつつあります。

バイトコインやビットシェアーズ、テンエックスペイ、ステラ、スティーム、テザーなど、ビットコインほど有名ではないにしても、価値を高めている仮想通貨が世の中には多くあります。

今後とも新しい仮想通貨が登場するでしょうし、その中にはビットコイン以上に便利な特徴を持つ仮想通貨も登場するかもしれません。そうなった時、ビットコインの価値は薄れていくことでしょう。

今は大丈夫でも今後価値が薄まっていく事が懸念される

世の中に一つしか無いものと、世の中に無数にあるものでは、確実に前者の方が価値が高く、後者の価値は相対的に安くなっていくものです。

ビットコインの価値は現在、非常に高いのですが、その価値が今後とも続くとは限りません。というのも、現在新しい仮想通貨が急速に増えており、ビットコインが唯一無二の仮想通貨ではなくなりつつあるからです。

ビットコインは今や非常に価値の高い代物になってしまいました。同じように決済手段として使用できるのであれば、ビットコイン以外の安い仮想通貨でも構わないはずです。わざわざ高いビットコインを購入する意義はないでしょう。

なにより、ビットコインは高くなり過ぎました。
投資家としても、これ以上高くなる可能性はないと見切りをつけ、今後は別の安いアルトコインに注目するかもしれません。
新しい仮想通貨が続々と登場することで、ビットコインの相対的な価値が薄れる可能性が懸念されています。

今までは仮想通貨といえばビットコインぐらいしか選択肢がありませんでしたが、他に選択肢があるのであれば、ビットコインを選ぶ可能性が低くなり、その結果として高騰を妨げてしまうかもしれません。

それはビットコインの価値が安定することを意味するだけに、必ずしも悪い事とは限らないでしょう。今後のビットコインは投機手段というよりも、決済手段の一つとして認知されるのかもしれません。

今後どうすればいいか?値上がりが期待できる仮想通貨の特徴とは?

ビットコインは今後、価値が薄れる可能性は高いです。
法定通貨における米ドルのような基軸通貨になることが出来るというのであれば話しは別ですが、米ドルが世界で信頼されているのは強力な経済力と軍事力があってこそのものです。

ビットコインにはその価値を裏付けるための経済力や軍事力は無いため、一旦価値が薄れ始めたら最後。
今後価値が上がる見込みは無いかもしれません。古いものはいずれ新しいものに淘汰されるものです。
では今後、仮想通貨を取引するにあたり、どうすれば良いのでしょうか?

ビットコインだけを重視せず、他のアルトコインにも注目しましょう。さらに、それぞれの仮想通貨の特徴を見極め、今後価値が上がりそうなものだけを対象に取引をした方が良いです。

仮想通貨だからといって必ずしも価値が上がるとは限りません。中には新しく作られたものの、一向に価値が上がらず、購入するメリットのない仮想通貨もあります。

その一方で、着実に価値を高めている仮想通貨もあります。
そういった仮想通貨の特徴というと、決まって他にはない特徴を備えているものです。例えば、決済手段として使いやすかったり、法定通貨による価値の裏付けがあって信頼できるなど、価値が上がるに相応しいだけの特徴を備えている仮想通貨ほど、信頼されやすく、価値が上がります。

ICOはIPOと似ているとよく言われます。
仮想通貨の価値は、結局のところ、その仮想通貨の人気に依存するところがあります。利便性が高く、信頼できる仮想通貨ならば、今は価値が低くても将来的に価値が値上がりする可能性が高いです。

それだけ投資家としては今後、仮想通貨を取引するにあたり、一つずつその価値を精査する必要があるでしょう。
価値のない仮想通貨への投資を控える一方で、他にはない特徴を秘めた仮想通貨ほど、今後の値上がりが期待できることでしょう。

仮想通貨の今後!ビットコイン以外のアルトコインへ資金が流れる

近年は仮想通貨の人気も手伝ってか、ビットコインを通じてショッピングができる場面が増えています。
流石にデパートやコンビニで仮想通貨払いをすることは難しいでしょうが、デビットカードを使用すればそれも容易くなることでしょう。

ビットコイン決済に対応しているお店というと、主にネットショップのような、WEB上でサービスを展開しているお店が中心となります。ただ、それでも普及していることに違いはなく、ビットコインは着実に社会で浸透しつつあります。

ビットコイン以外の仮想通貨が多く登場している昨今、確かにビットコインの価値は今後薄れる可能性が高いです。
ただし一旦社会に定着し広まってしまうと、いくら仮想通貨の種類が増えようとも、そう簡単に価値が急落することはないでしょう。

ただ今まで以上の高騰は期待できないでしょう。それだけ仮想通貨を対象に投資をし、キャピタルゲインを稼ごうと思うのであれば今後としては、ビットコイン以外の仮想通貨の購入を検討した方が良いかもしれません。

仮想通貨の種類が増えることは必ずしも悪い事ではありません。
むしろ既に高騰してしまったビットコインと違い、新しい仮想通貨はまだまだ安く、お手頃な値段で買えるからです。

その中には第二、第三のビットコインになれる可能性を秘めた仮想通貨もあるかもしれません。
投資家としては、仮想通貨が増えることで、、新しいチャンスを掴めることでしょう。

著者情報
オールマイティなトレーダーを目指して日々奮闘中 投資で5000万円貯める事が目標。 基本ビビりなので日々可愛い利益をコツコツ貯めています。

RELATED