利用用途はあまりない?!それでも人気を誇る理由とは?

2018年3月2日

仮想通貨イオス(EOS)は2017年に登場し、あっという間に仮想通貨時価総額ランキングで10位以内に入った注目を集める通貨です。
といっても、現在のところイオスに利用回値はほぼなく、開発元も「利用価値がない」ことを明言しています。

なぜ、利用価値がない通貨にもかかわらず、時価総額10位内など多くの人から支持されているのでしょうか。
2018年にはビットコインよりも高い格付けランクをつけられた通貨であり、2018年春からは価格が上昇するのでは?と注目されている通貨です。

ビットコインやイーサリアムなど、主要通貨以外で「これから」の通貨を探している方は、イオスも検討してみてはいかがでしょうか。

イオス(EOS)とは?「利用価値がない」通貨にもかかわらず期待感で時価総額は10位以内

仮想通貨イオスとは、2017年6月に上場した通貨であり、Brendan Blumer氏によって創設されました。
通貨略号はEOSで、発行上限枚数は10億枚です。イオスのホワイトペーパーには「利用価値がない」ことが明記されており、ICOの資金調達後48時間以内に移転不可など、資金調達のための通貨と言えるにもかかわらず、仮想通貨の時価総額ランキングは9位(2018年2月20日時点、約255億円)となっています。利用用途が一切ないのにこれほどまで注目されているのは、イオスの機能性が非常に高く、開発者メンバーには優秀で経験豊富な人材が揃っているため「将来的に何かに使われるようになるかもしれない」というマーケットの期待感からです。

名称 EOS
通貨単位 EOS
公開日 2017年6月
発行数 上限10億EOS
取引承認システムや時間 ブロック生成時間3秒

イオス(EOS)は2017年6月に誕生し、発行枚数上限は10億枚です。
ビットコインの上限が2,100万枚ですので約50倍もの発行数となり、多くの流通量を誇ります。仮想通貨Liskなどでも採用されているDPoSを採用しており、ブロック生成時間は3秒という速さです。

トランザクションが数百万/秒のスピードなど爆速で、手数料がかからないなど、さまざまな特徴を持ちます。

イオス(EOS)はトランザクションが爆速で取引手数料が無料

企業間で使われることを想定してスマートコントラクトを利用、分散型アプリケーションを構築するプラットフォームです。
現在、イオス自体に使用価値はなく、決済としても使えませんし、イオスのプラットフォーム内でも使用はできません。

しかし、世の中の仮想通貨ブーム・ICOブームや、1秒間に数百万ものトランザクション処理が可能で、多くの仮想通貨の中でもスピードが速い通貨であること(ちなみにビットコインのトランザクション処理は1秒間に6〜7件)、ビットコインであれば取引手数料が約0.00001BTCかかりますがイオスは取引手数料がかかりません。

取引回数が多い企業からすると、「スピードが早い」「取引手数料無料」の特徴を持つイオスは魅力のある通貨の1つと言えます。
このような特徴があることも「利用価値がない」とされるイオスがマーケットに支持・期待されている理由となっています。2018年1月にWeiss Ratingでイーサリアムと同じく最高ランクの獲得もしています。

イオスは国内取引所で購入できるのか?イオスの購入方法とは?

残念ながら、今のところを取り扱う国内の仮想通貨取引所はありません。
海外の取引所では
Binance
・Bitfinex
Kraken
・HitBTC

などでイオスの売買ができます。購入する際は、後述するように1度国内の取引所でビットコインなどを購入し、海外取引所へ送金をしてからイオスを購入する流れになります。

イオスを購入するには国内取引所と海外取引所の両方の口座が必要です。
国内でも取引所によって手数料や特徴が違うように、海外取引所もそれぞれ特徴が異なりますので、メリットの大きい取引所を利用することが大切です。・バイナンスで仮想通貨イオスを購入する方法。

国内取引所→バイナンスへ送金して購入
イオスは国内取引所で売買できないため、まずは国内取引所でビットコインなどを購入し、海外取引所に送金をおこない購入します。下記がバイナンスでイオスを購入する際の流れです。

イオスの購入方法

1.バイナンス(Binance)のアカウント登録をする
まず、海外取引所バイナンスにアカウント登録をします。バイナンスの公式サイトにアクセスをして「アカウントを作成します」をクリックし、メールアドレスやパスワードなどを入力して「登録」をクリックします。登録メールアドレス宛にメールが届きますので、本文の「Verify Email」をクリックすればアカウント登録が完了します。
2.国内取引所でビットコインかイーサリアムを購入する
バイナンスで購入するときは日本円は使えませんので、国内の取引所でビットコインかイーサリアムを購入します。既に口座開設をしている取引所、もしくはこれから開設する取引所でビットコインかイーサリアムを購入しましょう。
3.2段階認証を設定する
セキュリティ向上のため必ず2段階認証を設定しましょう。Google Authenticatoeを使って2段階認証をすることでハッキングリスクを減らすことができます。
4.購入した通貨をバイナンスへ送金する
国内取引所で購入したビットコイン(またはイーサリアム)をバイナンスへ送金します。バイナンスの画面の「資産」を選び「預金の引き出し」をクリックします。そして、ビットコインを選んで「預金」をクリックするとアドレスが表示されますのでコピーして、国内取引所の送金先アドレス欄に貼り付けましょう。これで、購入したビットコインをバイナンスへ送金することができます。
5.バイナンスでイオスを購入する
国内取引所からバイナンスへの送金が完了したら、バイナンスでイオスを購入します。バイナンスの取引画面で「BTC Market」(イーサリアムの場合は「ETH Market」)をクリックし、イオス(EOS)をクリックします。あとは、購入数量を入力して「購入」をクリックすれば、イオスの購入が完了します。

イオスはどんな値動きをしているのか?過去・最近はいくらぐらいの値がついている?

・イオスの過去の値動きはどうだったか?「登場〜2017年末」
イオスは2017年6月に登場してから10月まで緩やかに下落し、1EOS=50円〜100円で推移を続けます。

2017/11/1 118円
2017/11/12 216円
2017/12/6 538円
2017/12/19 1,306

その後、24日には910円台をつけ、30日には830円台をつけるなど価格が下落しますが、31日には再び上昇し1,000円を突破します。
イオスが登場して間もない頃の価格が1EOS=255円前後でしたので、2017年中だけで4倍近く上昇したことになります。

・ここ最近のイオスの値動きはどうなっているか?「2018年1月〜2月)
2018年に入ってからのイオスの価格はどうでしょうか。

2018/1/4 1,321円
2018/1/20 2,086円
2018/2/6 763円

1月4日に1,320円台に入り、中旬には2,000円を突破します。
16日には1,220円台まで下落するものの、再び上昇し20日に2,000円台の値をつけます。その後は下落が続き、31日には1,230円台、2月6日には760円台まで下がります。そこから、緩やかに上昇をしており、2月20日時点で1,000円前後の価格がついています。

イオスを取引したい場合は大手海外取引所バイナンス(Binance)がおすすめ

バイナンスは世界トップクラスの100種類近く仮想通貨を取り扱う取引所です。

取引手数料は0.1%で、バイナンスの独自コインであるBNBを保有していれば0.05%まで下げることも可能です。サイト自体も日本語対応していてわかりやすいですので、「海外取引所」だからといって敬遠する必要はありません。

スマホアプリも含め、使いやすい取引ツールも魅力的です。

手数料 取引手数料0.1%、バイナンスの独自コインBNBで取引すると最大0.05%まで安くなる
日本円対応力 日本語対応しているのでわかりやすい
独自サービス 仮想通貨は100種類近く扱う。独自コインのBNB
レバレッジ レバレッジ取引はできない
安全性 他取引所と大きく変わらず。2段階認証やウォレット管理など徹底した自己管理が必要
スマホアプリ 使いやすくテクニカル指標も充実
スプレッド 指値注文ができる
スワップポイント
サポート力 問い合わせフォームに関しては日本語未対応
チャート、ツール チャートは見やすくテクニカル指標も充実。
取引画面は「25%」「50%」など割合を選択して購入できるため操作が簡単

公式サイトへ行く

仮想通貨イオスの将来性は?2018年春から価格が上昇する?

イオスは現在試験運用中でもあり、今後、イオス独自のブロックチェーンが作られて本格的にプロジェクト運用がスタートします。
AIのWeb Botが注目している仮想通貨でもあり、2018年1月にはWeiss Ratingの格付け発表にて、イーサリアムとイオスがビットコインよりも高い「B」ランクを獲得しました。

また、イオスを持っている人にはIQトークンが無料配布されるという話もあります。
そして、5段階のフェーズが当初から考えられており、2018年春にはフェーズ3にあたる「テスト&セキュリティ検査」がおこなわれる予定です。これらのことから2018年春から価格が上昇するのではないかと言われています。

イオスは、トランザクションスピードが高速で手数料がかからないため、今後、企業や金融機関で活用される可能性もあります。現在は利用価値がありませんが、これから発展する可能性を秘めている通貨の1つと言えます。

利用価値がないにもかかわらず「将来性」を期待されている仮想通貨イオス

仮想通貨イオスは2017年6月に登場したばかりの仮想通貨でありながら、時価総額ランキングでは10位以内に入るほど注目を集めている仮想通貨です。
DPoSを採用でブロック生成時間は3秒、1秒あたりに数百万ものトランザクション処理をおこない、ビットコインやイーサリアムなど他の仮想通貨に比べ、非常に処理速度が速い特徴を持ち、手数料も無料という特徴を持ちます。

現状は決済としてもプラットフォーム内でも使うことはできず、利用価値はありませんが、今後はわかりません。
IQトークンが配布される話もありますし、そもそも独自ブロックチェーンによる本格稼働はこれからです。

機能性が高く、開発者も優秀で経験豊富なメンバーが多い通貨なため、今後の展開に注目したいところです。

著者情報
オールマイティなトレーダーを目指して日々奮闘中 投資で5000万円貯める事が目標。 基本ビビりなので日々可愛い利益をコツコツ貯めています。

RELATED