「テーマ」を選んで簡単に有望企業へ投資ができる資産運用サービス

2019年1月21日

FOLIO(フォリオ)は、初心者でも楽しみながら投資ができるサービスで、現在多くの注目を集めています。

企業分析や相場分析をしなくても、興味のある「テーマ」を選ぶだけでプロが厳選した有望企業へ投資することが可能です。

少額資金で始められるため、初心者の方でも安心して資産運用をスタートできます。

しかし、魅力を感じながらも

「どんなテーマがあるの?手数料は?」
「株主優待は受けられるの?」

など、疑問を持つ人も多いことでしょう。

そこで今回は、FOLIOの特徴やメリット、注意点などについて紹介しています。

この記事を読むことで、FOLIOの良い点・注意点が把握でき、安心して利用できますので、参考にしてください。

公式サイトへ行く

FOLIOとは?

FOLIOがどのような資産運用サービスなのか、特徴を知ることで従来の株式投資等との違いも明確に知ることができます。

投資が「難しそう」と感じる方でも簡単・手軽に利用ができ、自分の好きなテーマ・分野の有望企業への投資が可能です。

ここでは、FOLIOの主な特徴について見ていきましょう。

わくわくに投資

FOLIOは、「寿司」「ペットと暮らす」「人工知能」など、さまざまな「テーマ」に投資ができる資産運用サービスです。

従来の株式投資のように、専門知識や難しい分析をしなくても、自分が「わくわく」する分野・テーマに簡単に投資でき、また各テーマは、プロが厳選した有望企業10社で構成されているため、リスクを抑えた分散投資が可能。

これまでの株式投資とは、まったく違い、オンラインショッピング感覚で企業ではなくテーマに投資するオンライン証券です。

分散投資

通常、株式投資をする際は、単元株制度によって100株単位で取引がおこなわれます。

10社の株を買うとなると平均200万円程度、20社であれば400万円程度の資金が必要です。

しかし、FOLIOの場合は単元未満株として各銘柄1株から購入ができます。

そのため、10万円前後で各テーマを構成する10社への分散投資が実現可能です。

少ない資金で多くの企業へ投資ができるため、はじめての方でも安心して始められます。

>>他にも魅力はたっぷり!

投資できるテーマ

FOLIOは、簡単・手軽に投資できるテーマが非常に充実しています。

ここでは、どのようなテーマがあるのかを確認していきましょう。

きっと、興味を持てるテーマが見つかるはずです。

見るだけでも楽しめる。選べるテーマは80以上

FOLIOでは、以下のように80以上のテーマが用意されており、希望のテーマに投資ができます。

国や技術、地域など、非常にバラエティ豊かなテーマが揃っており、楽しみながら選べるのも魅力です。

以下の表が投資対象のテーマです。

いま、もっとも目が離せない国々 ロシア、インドネシア、中国、ベトナム、インド
日本を代表する有名企業 トップブランド、業界NO1、創業百年
世の中を変える先端テクノロジー アグリテック、ヘルステック、バイオテクノロジー
全固体電池、半導体材料、ドローン
宇宙開発、サイバーセキュリティ、人工知能
自動運転、次世代素材
電気自動車、5G(次世代通信システム)、VR
ワクワクを投資に活かす クリスマス、鉄道、映画、コスプレ、テレビゲーム、第4次アニメブーム
e-Sports、ソーシャルゲーム、カジノ解禁
世界に誇れるニッポン 温泉、世界シェアNO1、ようこそ日本へ
インダストリアルロボット、バーチャルニッチトップ
国策に逆らうな ストップ!人手不足、キャッシュレスジャパン、セルフレジ
さよなら電柱、シニアビジネス、働き方改革
美と健康で生活を豊かに メンズコスメ、アンチエイジング、ジェネリック医薬品
再生医療テクノロジー、最先端医療マシン、ドラッグストア、健康食品
ふるさと投資 甲信越、名古屋、北陸、東海、東北
大阪、九州、京都、神戸、中国四国
女性が活躍する社会へ ガールズトレンド、子育てを楽しく、はたらく女性
あなたの暮らしに新発見 水ビジネス、サードパーティロジスティクス
花粉症対策、自転車、カメラ写真、ペットと暮らす
インテリア、シェアリングエコノミー
「食」にこだわるあなたに 麺、お酒、寿司、クッキング、外食チェーン至上主義
スイーツ&デザート、コーヒー
ファンダメンタル分析 もしパフェットが日本株を買ったら
キャッシュリッチ企業、連続増配、高ROE

>>興味のあるテーマがあるかチェックしに行こう!

どのテーマも人気がありますが、以下3つは人気のテーマでおすすめのものです。

おすすめの「テーマ」投資

1.もしバフェットが日本株を買ったら
「投資の神様」とも言われ、世界長者番付で上位にランクインするバフェット氏。
そのバフェットが「もし日本株を買ったら」というテーマで有望企業10社へ投資が可能です。
バフェットの数々の投資理論に基づき選ばれた銘柄は
  • ジェイエイシーリクルートメント
  • ヤマハ
  • カカクコム
  • アリアケジャパン

などで、ここ3年で+45.9%もの成長を見せています。
投資に関心がある人であれば「バフェット」というキーワードがあるだけで興味を示してしまうものです。
2.第4次アニメブーム

国内外で注目されているアニメ関連産業の有望企業に投資できるテーマです。
  • マーベラス
  • バンダイナムコ
  • セガサミー
  • 東映アニメーション

などが対象で、ここ3年で+33.7%もの成長を見せています。
根強いファンが多く存在している業界ですし、毎年注目される映画等が出てくるのも人気の理由です。
3.世界シェアNo.1

世界市場でトップシェアを握り活躍している企業へ投資できるテーマです。
  • DIC
  • ダイキン工業
  • オリンパス
  • ブリヂストン

などの銘柄が名を連ねます。
世界中で信頼と実績の高い企業ばかりなので、日本企業を応援したい!という人に人気がありますし、業績や株価も比較的安定しているのが特徴です。

公式サイトへ行く

手数料

FOLIOの手数料は以下のとおりです。

取引手数料 銘柄ごとに売買代金の0.5%
(最低手数料50円)
入金手数料  
 

無料

運用手数料
口座管理手数料
リアルタイム入金
銀行振込み 各銀行所定の手数料

多くの手数料が0円なうえに、取引手数料は売買代金のわずか0.5%ほどです。

手数料が安いため利益を最大限確保でき、高利回りで運用できます。

口座開設から取引開始までの流れ

FOLIOは、口座開設から取引開始まで、以下4つステップで簡単に進められます。

はじめての人でもわかるように解説していますので、アカウント登録や口座開設をする際の参考にしてください。

1.無料アカウントを登録

まずは無料アカウントの登録をおこないます。

FOLIOサイトの「いますぐ無料で口座開設」をクリックすれば「アカウント登録」画面が表示されますので、「メールアドレス」と「パスワード」を入力すれば仮登録の完了です。

登録したメールアドレス宛に届くメール内のURLから本登録を完了させます。

2.口座開設の申し込み

アカウント登録完了後、「名前」「生年月日」などの必要事項を入力して、口座開設の申し込みをおこないます。

口座開設申込完了後、ウェルカムレターが届くまで待ちましょう。

届いたら
①ウェルカムレターのQRコードを読み取る
②ウェルカムレターの12桁の番号をマイページにログインして入力

をします。
口座開設の際は、以下のA~Cのうち、いずれかの本人確認書類の提出が必要です。

A:マイナンバー(個人番号カード)
B:マイナンバー(通知カード)+運転免許証・パスポートのいずれか1つ
C:マイナンバー(通知カード)+保険証・住民票・年金手帳のいずれか2つ

3.取引設定

取引設定へと移り、以下の4点を入力・設定します。

  • 投資性向
  • 職業と資産
  • 出金口座
  • 取引コード

取引設定を入力すれば、口座開設手続きの完了です。

3.入金

取引設定後、入金をします。

FOLIOの入金方法は、通常の銀行振込みとリアルタイム入金の2種類用意されています。

銀行振込みは手数料がかかり、反映までに時間もかかりますが、リアルタイム入金であれば、すぐに反映され手数料も無料です。

4.テーマを選んで取引開始

いよいよ取引開始です。

テーマを追加する」をクリックすれば、さまざまなテーマが表示されますので、希望のものを選択します。

選択後、投資スタイルと数量を決めてカートに入れ、注文を確定させれば購入完了です。

公式サイトへ行く

FOLIOの3つの注意点

を利用する前に、注意点についても確認をしておきましょう。

注意点を知らずに取引を開始してしまうと後悔してしまう可能性があります。

ここでは、主な3つの注意点について紹介していますので、一つひとつ見ていきましょう。

配当を受けられる

FOLIOは、単元未満株制度ですが、保有株数に応じた配当金を受け取ることが可能です。

たとえば、A銘柄の配当金が1単元100株に対して5,000円であれば、1株保有の場合50円の配当金が受け取れます。

ただし、1単元以上の保有が対象となることが多い株主優待を受け取ることは基本的にはできません。

  • 配当金 :受け取れる
  • 株主優待:基本的には受け取れない

ということを覚えておきましょう。

NISAは対応していない

「NISA」とは少額投資非課税制度のことで、一定の投資額までであれば、運用益が非課税になるものです。

現時点では、FOLIOはNISAやつみたてNISAには対応していません。

そのため、運用益が非課税になることはありませんので注意してください。

投資対象

FOLIOはテーマを選んで、有望企業10社に分散投資ができるサービスです。

「A社のみ」「B社のみ」など、個別銘柄への投資はできません。

また、投資信託の購入もできませんので注意してください。

個別銘柄や投資信託を購入したい場合は、他の証券会社を利用しましょう。

まとめ

今回は、FOLIOの特徴やメリット、注意点などについて紹介いたしました。

最後にもう1度、この記事の大事なポイントをまとめると、以下4点が挙げられます。

  • 好きなテーマを選ぶだけでプロ厳選の企業へ分散投資できる
  • 10万円程度で投資できるので初心者でも安心
  • 「難しそう」と投資に抵抗がある人でも楽しみながら利用できる
  • 損する可能性もあるため注意が必要

FOLIOは楽しみながら気軽に投資ができるサービスですが、他の投資同様、儲かる可能性もあれば損する可能性もあることを理解しておきましょう。

興味がある人は、この記事を参考にして早速始めてみてください!

公式サイトへ行く

著者情報
オールマイティなトレーダーを目指して日々奮闘中 投資で5000万円貯める事が目標。 基本ビビりなので日々可愛い利益をコツコツ貯めています。

RELATED