• クーコイン(KuCoin)は中国香港を拠点とする海外取引所!利用するメリットも徹底紹介!

いわゆる草コインが多く、爆上げの可能性が高い点に注目!

2018年3月2日

仮想通貨売買は必ず取引所に口座開設をしなければなりませんが、その際、日本国内の取引所ではなく、海外の取引所にも注目するべきです。

日本国内の取引所ならば日本語で取引が可能ですし、日本の法令も適用できるため安心感はありますが、案外、広義の意味での幅広い売買が期待できないのも現実です。

そんな中で、後発であるが故に投資家のかゆいところまで手が届く海外仮想通貨取引所は「クーコイン(KuCoin)」。
取り扱う銘柄も豊富です。海外の取引所で有名なのはバイナンスなどですが、バイナンスでさえ扱っていない銘柄もあるなど、クーコインは投資家にとって選択肢の多い、魅力的な取引所になります。

ここではそんなクーコインをより深く掘り下げてみたいと思います。
クーコインが日本人投資家にとってどんなメリットがあるのでしょうか。

クーコインは2017年にできた取引所

クーコインが後発というのは、サービスの開始が2017年9月15日です。
ご存知のように世界的に仮想通貨が注目されるようになったのは2017年に入ってから。

そこからの参入ですので、投資家が取引所に期待しているメリットを多く含んでいて、現在世界最大級といわれる取引量を誇る中国の取引所バイナンスに迫るのではないかと注目され、クーコインは「第2のバイナンス」とも呼ばれています。

そんなクーコインの基本情報は下記の表をご覧ください。

会社名 Kucoin Co., Limited.
登録番号、金融庁登録日 なし(海外取引所のため)
事業内容 仮想通貨取引所
所在地 中華人民共和国
Kiu Fu Commercial Building, 300-306 Lockhart Rd, Wan Chai, Hong Kong
サービス開始時期 2017年9月15日
資本金 不明
取り扱い銘柄数 75種類
公式サイト https://www.kucoin.com/#/

バイナンスと同様、中国の取引所

上記表を見てもらうとわかりますが、クーコインもまたバイナンス同様に中国は香港の仮想通貨取引所です。
それもまたクーコインが第2のバイナンスであるといわれる理由のひとつです。

バイナンスとクーコインの大きな違いは、クーコインの場合、ウェブサイトに日本語対応があることです。
バイナンスは日本語対応されているとアフィリエイト・サイトで書かれていることが多いですが、実際には今のところ、グーグルなどの自動翻訳機能で利用できるに過ぎません(地域によっては自動翻訳も利用できないという情報もあります)。

しかし、クーコインならその点の心配はいりません。ですので、海外の仮想通貨取引所であるといっても、言葉の壁が低い点は多くの日本人投資家にとっても安心材料になることでしょう。

ロードマップが明確化されている

仮想通貨取引所は日本国内の業者であっても、案外明確に企業としての計画や詳細情報を知ることはできません。
海外取引所ならなおさらです。

しかし、クーコインは明確に事業計画としてロードマップを提示しており、それに運営状況を照らし合わせることでクーコインが安心できる取引所なのかどうかが判断できます。
こういったクリアな環境は投資家にとっては口座開設への大きな動機になることでしょう。

そして、現状においてはクーコインの成長はホワイトペーパー通りに進んでいると見ていい状態です。
当初取扱銘柄は60種類程度ということだったのですが、2018年2月時点で75種類の銘柄を用意しています。予定通り順調に成長している点は、クーコインを選びたい要因になります。

公式サイトへ行く

海外取引所のクーコインを利用するメリットはなんだろう

クーコインを、日本在住に日本人投資家が口座開設して利用することにはどんなメリットがあるのでしょうか。
大きな点では前項でも紹介したように日本語が使えるようになっていることです。

独自トークンKCSコインを発行する

クーコインの魅力は仮想通貨銘柄の多さです。
バイナンスが扱っていない銘柄もあるなど、アルトコイン中でも特にマイナーな「草コイン」と呼ばれる銘柄においてはすでにバイナンスを超えた世界最大級の取引所ともいわれています。

そんな草コイン中で特に注目したいのは、クーコインの独自トークンである「Kucoin Shares(KCS)」と呼ばれる銘柄です。

仮想通貨KCSコインとは?特徴や購入方法、将来性について

取引所がオリジナルの銘柄を作って販売することは最早珍しいことではありません。
バイナンスでも同じように独自トークンを用意し、それを利用して手数料を支払うことでより手数料が安くなるというメリットがあります。

KCSにそういった機能は残念ながらありませんが、KCSを保有していると、株を保有していることに似た効果をもたらします。
それはクーコインの取引所が得た利益を配当として受け取ることが可能であることです。KCSを保有したい大きな動機付けになることでしょう。

クーコインのアプリや取引ツール

クーコインの取引ツールはウェブサイト上にあり、日本語対応をしています。
100%完璧な日本語対応というわけにはいかないのが海外取引所の難点であることはほかと変わりませんが、少しでも日本語化されているという点では日本人投資家にとって、少なくともバイナンスよりは使いやすいかと思います。

スピーディーな取引が必要な仮想通貨売買にはそれに対応するべきツールが必要です。
最たるものはやはりスマートフォン用のアプリです。クーコインではスマホのアプリを用意していますので、投資家はクーコインのサイトからダウンロードすることで利用できるようになります。

このクーコインのスマホアプリは以前からありましたが、2018年1月ごろまでは日本語化がされていませんでした。
ですが、1月になって日本語版が登場していますので、日本人投資家も安心して利用できます。それ以前にダウンロードしている投資家もアップデートで日本語可ができますので、再度のダウンロードは不要です。

気になる取引手数料は?

手数料は見落としがちでありながら、積み重なると利益を奪ってしまう経費になります。
どれくらいの手数料がかかるかはあらかじめ把握し、売買タイミングを考える際に必ず考慮、想定してください。

入金手数料 無料
出金手数料 仮想通貨銘柄ごとに設定
売買手数料 0.1%
レバレッジ手数料 未対応(現物取引のため)
入金方法 ビットコインなどの仮想通貨にて送金
クイック入金 未対応(海外取引所のため)

独自トークンを使用すると手数料が安い

クーコインの独自トークンであるKucoin Shares(KCS)は先の項目において、バイナンスと違って、KCSで手数料の割引は適用されないと紹介しました。正確には「KCSで手数料を払う」ことができないということです。

KCSを保有することで最大30%の手数料割引を受けることは可能です。これは大口保有者に対する優遇措置になります。
クーコインではKCS保有量に応じて取引手数料割引を行うわけですが、割引率は1000KCSにつき1%です。最大で30%ですので、30000KCS以上保有していれば30%の割引が受けられます。

ですので、KCSもレートを確認しつつ、できるだけ長期保有するとよりお得にクーコインで仮想通貨取引ができるようになります。

公式サイトへ行く

取扱い通貨の種類を紹介!日本の取引所とは全然ちがう!

投資家にとって仮想通貨の銘柄が多いことは、より選択肢が多くなることで利益獲得のチャンスが広がることになります。
現時点でのクーコインで扱う仮想通貨の銘柄は全部で75種類です。

ビットコインなどのメジャーなところはもちろん、独自のトークンもあります。
そして、クーコインの最大にセールスポイントは、アルトコインの中でも特にマイナーな草コインと呼ばれる銘柄が多いことです。

仮想通貨の中でもこういた草コインの取引量としては、クーコインはバイナンスを抜いて世界トップだともいわれるほどの量になります。
また、バイナンスも銘柄が多いのですが、クーコインはバイナンスが扱っていない銘柄もあり、差別化がしっかり図れています。

ですので、クーコインはクーコインならではの取引が可能で、そういった点においてはクーコインが扱う銘柄に対しても大きなメリットが出てきています。

それではクーコインで扱っている仮想通貨銘柄のすべてをここに一覧で紹介します。
現在、取扱っている通貨は75銘柄ですので、少なくとも日本の仮想通貨取引所と比べたら非常にたくさんの銘柄数が用意されていることになります。

取扱い通貨
75種類
KCS、PLAY、DTA、BTC、USDT、ETH
ACAT、CTR、LTC、NEO、HAT、GAS
KNC、BTM、QTUM、EOS、CVC、OMG
PAY、SNT、BHC、HSR、WTC、VEN
MTH、RPX、REQ、EVX、MOD、NEBL
DGB、CAG、CFD、RDN、UKG、BCPT
PPT、BCH、STX、NULS、GVT、HST
PURA、SUB、QSP、GAT、POWR
FLIXX、LEND、AMB、RHOC、R
DENT、DRGN、ACT、ENJ、CAT
DAT、CL、TEL、DNA、AGI、COFI
ARY、cV、ZPT、EBTC、ING、HPB
CXO、TKY、COV、PARETO、MWAT
POLY

草コインのメリットはマイナーな分、比較的安価で購入できる点です。
そして、値上がりの魅力も高く、ときには数百倍になる可能性もあることから、投資家の中には投機的に利用する人もいます。

ですので、クーコインの扱う銘柄そのものに大きなメリットがあり、今、バイナンスと並んで1日に数万人が口座開設をするというほどの人気取引所になっています。

公式サイトへ行く

クーコインにスプレッドは?

FX取引などでは見えない取引経費として紹介されるスプレッド。
スプレッドとは業者における売却時と購入時の値差になります。これは業者各社が独自に設定する経費になりますが、仮想通貨の売買でもスプレッドは設定されています。

クーコインにおけるスプレッドは非常に軽微なものになっています。
ですので、ほぼ取引手数料の0.1%がスプレッドと同じような扱いになります。仮想通貨取引業者全体を比較しても0.1%はかなりの低水準ですので、投資家はあまりスプレッドを気にせずに売買が可能です。

また、すでに紹介しているように、クーコインの独自トークンであるKCSを大量保有していれば、1000KCSごとに1%の手数料割引を受けることができます。ただし、最大で30%までになりますが。

このように、クーコインでは取引経費をかなり抑えながら仮想通貨を売買できますので、より効率的に利益追求ができる点はかなり大きなメリットです。

いま注目しておきたい、セキュリティのついて

仮想通貨はデジタルデータ上にのみ存在し、オンライン上で売買するものですから、どうしてもハッカーの攻撃やシステムの不調、取引業者の不正などの危険や不安がつきまといます。

クーコインのセキュリティは、ウェブサイト上には「銀行水準のセキュリティ施策」があるといったような表示がありますが、投資家自身が体感できるセキュリティはよくある2段階認証です。

もちろん、セキュリティシステムがない仮想通貨取引所よりはマシですし、2段階認証も安全対策としては信頼性が高いとされます。
しかし、ハッカーによる仮想通貨強奪などの可能性は完全にゼロとはいえず、やや不安は残ります。

とはいっても、ハッカーの攻撃に関してはどの国も、どの業者でも少なからず脆弱性がありますので、クーコインだけが不安であるということではありません。

公式サイトへ行く

クーコインの始め方を紹介!興味をもった方はこちらへ

クーコインに興味がある方必見の、クーコインの始め方を紹介します。
どのように口座開設を行い、その後なにをすれば売買ができるようになるのか。

前提としては海外の取引所ですので、送金はビットコインなどの仮想通貨になります。
そのため、事前に日本の仮想通貨取引所などでビットコインなどを用意しておかなければなりません。準備が整い次第、クーコインでの口座開設を始めましょう。

アカウント作成を行うにはまず登録をしなければなりません。
それはクーコインのホームページの右上にある「新規登録」をクリックするところから始まります。

始め方

1.会員登録
新規登録を押すと、会員登録のフォームが現れます。ここで入力するのは以下の項目です。

・メールアドレス
・パスワード
・確認パスワード

この下に「初代コード」と出てくるかと思いますが、ここは空欄でかまいません。
また、パスワードは数字と文字をランダムに使用し、20文字くらいの長いものにするとよりセキュリティ効果がアップします。

2.メール認証
登録したメールアドレスに認証用のメールが届きます。この場合、日本語ではなく英語メールが届くことが多いようです。
メールの本文内にある認証URLをクリックしてください。
クリックで登録認証は完了します。
3.2段階認証設定
ログイン画面でログインしたら、セキュリティ効果を高めるために2段階認証を行ってください。
やり方はトップ画面から設定に入り、画面左にある「グーグル2-ステップ」をクリックします。事前にグーグルの2段階認証のアプリが必要ですので、ダウンロードもしておきましょう。

アプリのダウンロード時に見られる16桁の番号はバックアップ用ですので、忘れずにメモ、あるいは保管しておいてください。
これでクーコインへの会員登録は終了です。現状、クーコインにおいては本人確認書類が不要です。この点は日本国内の仮想通貨業者でのアカウント開設とは大きく異なります。

4.入金
クーコインで会員登録を済ませ、取引の資金を入金すれば売買が開始されます。ここでは入金方法を紹介します。
今のところクーコインでは日本円での入金には対応がありません。ですので、必ずビットコインかイーサリアムなどの対応仮想通貨をあらかじめ用意して送金を行います。

送金方法は、まずクーコインのトップ画面にある「資産」をクリック。仮想通貨の残高一覧が出るので、送金したい通貨銘柄の右端にある「入金」押せば、送金用のアドレスが出ます。これをコピーして、送金元となるアカウントからクーコインに送金を行いましょう。

注意したいのは、送金時にアドレスなどを間違えると、仮想通貨は消えてなくなってしまいます。ですので、しっかりと間違いのないように確認した上で送金を実施してください。

5.取引開始
クーコインに着金したら、取引を始めることができます。
トップメニューの「マーケット」をクリックすると、売買用の画面に切り替わります。基軸通貨を一覧の上から選択し、取引したい通貨ペアを選びます。

クーコインで得られた利益は出金することもできます。トップ画面の「資産」を押すと、仮想通貨銘柄の右に「出金」とありますから、ここをクリックして、送金先のアドレスを入力すれば送金できます。

送金先のアドレスは送金先の取引所で確認します。その確認方法は、送金したい取引所の手順を参照してください(概ね、クーコインのように残高画面の入金などからチェックできます)。
ここでもアドレスの入力ミスで仮想通貨を失う可能性もありますので、注意して打ち込むようにしましょう。

公式サイトへ行く

他社と比較してクーコインのメリット・デメリットを紹介

ここではクーコインを利用するメリットを紹介します。
また、当然ながらクーコインにおいてもよくないポイント、つまりデメリットも存在しますので、合わせてデメリットもここで見ていくことにしましょう。

メリット

銘柄が多い!
クーコインが最も優れているのは、アルトコインの中でもよりマイナーな銘柄が多いことです。
予測は難しいですが、しかしレートは安めで購入できるものが多く、かつ将来的には爆発的にレートが上昇する可能性もあるので、いわゆる草コインは魅力が高いのです。

その中ではクーコインは、世界最大のバイナンスと比較しても草コインが充実しているので、より利益を大きく得たい投資家には優れた環境です。

クーコインなら身分証明証が不要!
日本の仮想通貨取引所ですと、大きな売買をする口座や信用取引の口座の場合は本人確認書類が必要で、承認に時間がかかるものです。
ですが、クーコインでは本人確認書類などはいりませんので、素早く口座開設ができ、すぐに売買ができるようになります(取引原資入金の着金まで所要時間はかかりますが)。

これは誰にでも仮想通貨を始められる機会があり、これからの投資に大きなメリットを与えます。(※ただし、現状において本人確認書類の提出が不要であるだけで、今後必要になる可能性はあります)

独自トークンで利益獲得!
クーコインでは独自トークンを用意しており、ほかの仮想通貨銘柄と同じように取引ができます。
この銘柄はクーコインでしか売買できないという点は、クーコインの大きなアドバンテージでもあります。同時にこのトークンを多く保有すると、取引手数料が最大で30%も割引になります。このメリットは捨てがたいです。

さらに、この独自トークンはクーコインの株式のようなもの。大量に保有していればクーコインの取引所の利益から分配金が入るので、売買差益以外の収益も期待できる点は他社の独自トークンとは大きく違っています。

デメリット

中国の仮想通貨取引所であること
クーコインは中国の香港にある仮想通貨取引所です。実はこの点が大きなデメリットになっています。
中国は仮想通貨の最大の市場ではありますが、中国政府は仮想通貨に対して否定的です。ですので、大きな規制を行うなど、常に仮想通貨市場はトラブルに晒されています。

バイナンスも同じように香港が拠点ですが、オフショアに移転するといわれており、それが実現すれば大きなメリットにもなります。しかし、クーコインが移転するかどうかはまだわからず、規制に引っかかってしまえば突然閉鎖する可能性も残っています。

日本の法令が適用できない
これはクーコインだけではないのですが、仮想通貨取引所のうち海外にあるものは、当然ながら日本の法令が及びません。
ですので、万が一倒産や、詐欺的な事件があっても、日本在住の投資家は日本政府に訴えることはできず、その国に出向いて(クーコインでいえば香港)、弁護士を探して対処するしかありません。とはいっても、日本の常識が通用しませんから、訴えがそもそも聞き入れてもらえない可能性もあります。

要するに、海外の取引所では投資家は自分の身は自分で守らなければならないという点では、デメリットにもなります。

投機性が高くなってしまう
取扱銘柄がバイナンスと異なり、よりマイナーな、日本人投資家が草コインと呼ぶ銘柄が多数利用可能です。
値が安く、価格も暴騰する可能性が高いので、クーコインは投機性が高い取引所ともいえます。投機はほぼギャンブルです。

ですので、投機性が高くなったその環境に慣れてくると金銭感覚がおかしくなり、正常な投資が実行できなくなる可能性もあります。これは大きなデメリットです。

公式サイトへ行く

キャンペーンやサービスはやっているのか?

クーコインは期間限定で様々なキャンペーンを実施しています。
投資家はそのタイミングで入会したり、あるいはその期間、指定の銘柄を大量に売買することで、より大きな利益を獲得できます。

オープン時には友だち紹介によって、売買量のインセンティブをプレゼントするなど、会員数を増やすための投資を積極的にクーコインは行ってきています。

執筆時にクーコインで展開しているキャンペーンですが、その一例としてここで紹介します。

Trading Competition Win 90,000EXY

このキャンペーンはExperty(EXY、エクスパーティー)という銘柄に特化したもので、期間中(2018年2月26日22時~2018年3月3日23時59分59秒)の取引量が多かった上位100人までにEXYを下記の量をプレゼントするものです。

1位 13500EXY
2位 9000EXY
3位 4500EXY
4位 2700EXY
5位 1800EXY
6~10位 1440EXY
11~25位 917EXY
26~50位 730EXY
50~100位 401EXY

公式サイトへ行く

まとめ

仮想通貨だけでなくオンラインにおける金融取引は最早国境は関係のない時代になっています。
特に仮想通貨は元々のコンセプトとして国など中央管理のない通貨というのがありましたから、より海外の取引所での売買は魅力的です。

しかし、日本人投資家においては言語的な問題もあって、海外の取引所で売買をすることに尻込みしてしまう傾向にあります。
それはもったいない話です。
その中では、クーコインはサイトが日本語で閲覧できますから、その壁は低いです。

そして、クーコインを選びたい最大のポイントとしては、マイナーなコインで、日本人投資家からは草コインと呼ばれるような、新興の仮想通貨銘柄が多いところになります。
マイナーですので予測が難しいのですが、新興である分安く、そして爆発的に大きな利益を得られる可能性がある点は見逃せません。

特に仮想通貨が注目される現在ですので、どんな草コインでも暴騰する可能性が低くありません。
ですので、誰もが平等に大きな利益を得る可能性を持っていることもまたクーコインを選びたい理由になります。

海外仮想通貨取引所を探している日本人投資家の方にはぜひともクーコインを検討していただきたいところです。

著者情報
オールマイティなトレーダーを目指して日々奮闘中 投資で5000万円貯める事が目標。 基本ビビりなので日々可愛い利益をコツコツ貯めています。

RELATED