コインの決済にQRコードが使われている理由とトラブル対処法

2018年1月3日

仮想通貨のビットコインもかなり多くの人に知られるようになりました。
現在は投資の対象として仮想通貨を売買する人も多いようです。しかし、仮想通貨はもともと現在の法定通貨に代わる決済方法として開発されたものです。ですから、ビットコインはモノやサービスの対価として支払うのがそもそもの役割です。

最近では、ビットコインも決済通貨としての役割を強めており、日本でも多くの店舗でビットコインでの支払いができるようになってきました。
ビットコインによる支払いには多くの場合QRコードが使われています。なぜビットコイン決済にはQRコードが使われるのでしょうか。QRコードを使った決済は安全なのでしょうか。

ビットコインの決済方法としてQRコードが使用されている

商品の代金やサービスに対する報酬としてビットコインで支払える場面が増えてきました。
日本でも都内では次々に実店舗でもビットコイン支払いに対応してきています。ビットコインの支払い方法としてほとんどの場合QRコードが利用されています。QRコードを使った決済の評判や安全性について考えてみましょう。

QRコードを使用したビットコインでの決済の手順と仕組み

ビットコインでの決済に対応するお店が増えてきています。
ほとんどの場合、支払う側がQRコードを読み込み、支払い相手にビットコインを送金することで決済が完了します。QRコードを使って決済ができるのはなぜでしょうか。

ビットコインでは普通のお金でいう財布の代わりにウォレットという仕組みを使います。
ウォレットに自分のビットコインを保管していて、必要な時にウォレットから他のウォレットにビットコインを移動させることができます。このウォレットには独自のアドレスが設定されています。

QRコードにはお店が使っているウォレットのアドレスと金額が組み込まれています。
そこで、QRコードを読み込むことで、支払い相手のアドレスと金額が分かり、簡単に支払いが完了します。

QRコードでのビットコイン決済は簡単で使いやすいと高い評判

QRコードでビットコイン決済をするには、スマホでQRコードを読み込み、送金ボタンをタップするだけです。
クレジットカードのようにサインしたり、暗証番号を入力したりする必要はありません。現金のようにおつりの受け渡しもありませんし、非常に簡単でスピーディーに支払いが完了します。決済時にはごくわずかな送金手数料がかかってしまいますが、銀行の振込手数料やクレジットカードの手数料に比べれば少額です。

QRコードを使ったビットコイン決済ではレジやレジ係を必要としません。お店側はQRコードを表示するだけなので、ビットコイン決済を取り入れるための費用がほとんどかからない点も人気の理由のひとつになっています。

ビットコインをQRコードで支払うのってセキュリティーは大丈夫なの?

ビットコインの決済方法としてQRコードを利用することが増えています。
QRコードにはウォレットのアドレスが組み込まれています。QRコードを読み込むことで相手のアドレスが分かってしまいます。この点でセキュリティーを心配する声もあるようです。

ウォレットのアドレスを銀行口座の口座番号のようなものと考えてみましょう。
相手の口座番号が分かればATMなどで振り込みをすることができますよね。しかし口座番号が分かっていても現金を引き出すことはできません。暗証番号や印鑑が必要になりますね。

ビットコインにも口座番号にあたる公開鍵と呼ばれるアドレスだけでなく、暗証番号や印鑑にあたる秘密鍵と呼ばれるアドレスがあります。
支払う時には自分の公開アドレスから相手の公開アドレスにビットコインを送金します。その際、自分だけが知っている秘密鍵を使うのですが、これは誰からも確認することはできません。

ですからQRコードを使って決済したとしてもお互いに秘密鍵を公開しない限りは、自由にビットコインを引き出すことはできないので安心して仕様することができます。
どうしても心配な場合は、支払い専用のウォレットを作成し、そこに最低限のビットコインを入れておくようにするといいでしょう。

なぜビットコインの決済にはQRコードが採用されているのか?

ビットコインを使った決済にはQRコードが非常に便利だということはお分かりいただけたと思います。
ところで、そもそもなぜビットコインでの決済にQRコードが使われるようになったのでしょうか?

ビットコインアドレスの複雑さとQRコードの機能は相性抜群

ビットコインには独自のアドレスがあることはすでにご説明しました。
例えるならば銀行の口座番号のようなものだと考えると分かりやすいでしょう。口座番号とアドレスの大きな違いはそのケタ数です。銀行の口座番号はせいぜい10ケタほどで、暗証番号も4ケタですね。ところがビットコインのアドレスは27~34文字もあり、正直覚えきれるものではありません。

ここでQRコードの機能について確認しておきます。
QRコードは2次元バーコードとも呼ばれているように平面上に様々な情報を記録しておく方法です。QRコードでは一般的なものでも7089文字までを扱うことができます。ちなみにバーコードは大きいものでも13ケタまでしか記録できません。
QRコードには文字そのものだけではく、文字にどのような意味があるのかも一緒に組み込んでおけます。つまり、アドレスは〇〇で、支払い額は××ですよ、という情報を十分に組み込んでおけるのです。

ビットコインアドレスは非常に長く覚えにくいです。
PCを使っての取引であれば、コピペで対応することも出来るかもしれませんが、実際のお店でいちいちPCを広げて決済するのは現実的ではありませんし、それこそセキュリティーの問題にも発展しかねません。
その点QRコードにすれば安心で簡単に支払いを済ませることができます。

第一にQRコードには支払先のアドレス、支払い額、その他の情報をいっぺんに表示させることができます。
たくさんの情報を表示できるので、単純な決済というだけでなく、商品の詳細情報など、発展的な利用も可能です。第二にQRコードは印刷しておくことで、オフラインで使用できるという点です。
自分のアドレスからQRコードを生成し、同じPCでQRコードを表示するとなると、ちょっと不安になってしまいますね。その点、オフラインでQRコードを表示しておけば、ネットワークからは切り離されるので安心して張り出しておけます。

ビットコインの決済でQRコードが使われているのは、大量の情報を扱えること、便利で簡単にQRコードを生成できること、そしてなによりも利便性が高いからなのですね。

もしもQRコードで決済できなかった時はどうしたらいいの?

ビットコインでの決済は今後も進んでいく多くのお店でビットコイン支払いが可能になることが予想されます。
すでに中国ではビットコインが盛んになっていますよね。

ビットコイン決済が普及するとトラブルも増えてくるかもしれません。
ビットコインでの支払いは現金と違って、はっきりと目に見えるものではないので場合によっては大きな問題になってしまうこともあるかもしれませんね。
QRコードを使ったビットコイン決済ができない場合の原因と対処法をまとめてみました。

自分のウォレットにビットコインが入金されているか確認

決済ができない場合にはまず、自分のビットコイン用ウォレットにビットコインが入っているかを確認しましょう。
お財布にお金が入っていなければ支払いできないのと同じで、ビットコインが入っていないウォレットからは送金ができません。意外に起こりやすいのでウォレットの残高には常に注意しておくといいですね。

また、支払い用のウォレットとビットコイン保管用のウォレットを別に作っておくこともおすすめです。
いうなれば、がま口財布と札入れを両方持っておくようなものです。支払い用のウォレットには常に少額のビットコインを入れておくようにして、足らなくなったら保管用のウォレットからビットコインを移動させればいいのです。
ウォレットはいくつも持つことができるので、用途に応じたウォレットを複数持つことをおすすめします。

QRコードを読み込んだ際に情報をよく確認してから送金する

ビットコイン決済用のQRコードには相手のアドレスのほか、支払金額や条件、商品情報なども表示されます。
特に注意しなければいけないのが支払い金額です。ビットコインは小さな単位で利用されることもあります。小数点以下のケタ数が間違っていないかよく確認しましょう。

ビットコインの普及が進んでいる中国では、支払い額のごまかしによる詐欺行為も横行しているようです。支
払い額は必ず確認し、不審な点がある場合には必ずお店の人に確認してください。

QRコードを読み込めずビットコイン決済ができない場合
QRコードが読み込めなければ決済はできません。QRコードが読み込めない場合は、自分のスマホのカメラを確認するか、お店の人にQRコードが読み込めないことを伝えましょう。

ビットコインでの支払いはQRコードが簡単便利 今後ますます普及しそうな予感

ビットコインでの支払いに対応するお店や企業は今後ますます増えていくでしょう。
そうなってくるとビットコインでどのように支払うのか、その方法が重要になってきます。大きな取引であればPCを使った送金になるでしょうが、コーヒーや日用品などの買い物ではQRコードを使用した支払いがメインになるでしょう。

ビットコインアドレスの仕組みやQRコードの仕組み自体は理解していなくても簡単で便利に支払いを済ませることができ、今後もますます普及していくでしょう。
しかし、不要なトラブルから自分の身を守るためにもQRコードでの支払いの特徴やその意味を理解しておきましょう。

著者情報
オールマイティなトレーダーを目指して日々奮闘中 投資で5000万円貯める事が目標。 基本ビビりなので日々可愛い利益をコツコツ貯めています。

RELATED