• インヴァスト証券のシストレ24で勝てる!フルオートも徹底解説!

シストレ24は自動売買の新たなステップへと進化している

2017年10月4日

システムトレードに挑戦してみたい、というトレーダーが増えてきているようです。
「裁量トレードで思うように利益が上がらない」「システマティックなFXをはじめてみたい」など、その動機はさまざまです。そんな方にオススメしたいのが、インヴァスト証券のシストレ24です。

システムトレードや自動売買のサービスはいくつか存在しますが、シストレ24それらとはひと味違い、一歩進んだ自動売買サービスとなっています。
今回は、フルオートなどの先進的、かつ初心者も取り入れることが簡単なシストレ24について、そのすべてを徹底的に解説します。
シストレ24について少しでも興味のある方は、ぜひ目を通してみてください!

インヴァスト証券のシストレ24の詳細へ

シストレ24のここが凄い!選ぶメリットをピックアップ解説

「自動売買のFXを比較してみたけどよくわからない・・・」「シストレ24ってどうなの?」と、頭が整理できない状態に陥ってはいないでしょうか?
結論として、インヴァスト証券のシストレ24にはデメリットもあるものの、自動売買をするにあたって「第一候補」にふさわしいFXサービスといえます。

シストレ24は自動売買の登竜門!まずはここからはじめよう

そもそも、トレーダーがFXをする理由は何でしょうか?それは、FXを通じて経済的に豊かになることに他ならないはずです。
あなたも、FXを通じて人生を豊かにしたいと考えているのではないでしょうか。しかし実際は、FXで利益を出すためには多くの時間が必要となります。勉強時間はもちろんですが、それより大きいのがトレードを行うための時間です。

これでは、自由のために行っているはずのFXで不自由になってしまいます。
もちろん、まったく時間をかけずにお金を稼ぎたいというのはかなわない望みなのかもしれませんが、時間効率や無駄な手間をかけずにFXをする方法は存在します。それは、インヴァスト証券で提供されているシストレ24を用いる自動売買です。

もはや自動売買はめずらしい手法ではなくなりつつあり、多くの賢いトレーダーが自動売買で成功を収めています。
システムトレードをこれから始める方には、インヴァスト証券以外も含めるといくつかの選択肢があります。しかし、ここではあくまでシストレ24がその登竜門として最適であると考えています。それは、初心者から上級者まで簡単にはじめられ、しかも手法が有力だからです。

特に初心者にとって使いやすいストラテジー選択型を採用しているので、システムトレードを始めるなら、まずシストレ24を検討するのがよいと思います。

シストレ24のメリットは?世界No.1、6,000種類のストラテジーなど

シストレ24は、世界No.1のストラテジー数を誇ります。それだけではなく、No.1と呼ばれるのにふさわしいメリットがいくつもあります。

◎あなたの自由時間が増加!自動売買でシステムが24時間働いてくれる
トレーダーが戦略を決めてしまえば、後はコンピュータが働いてくれるのが自動売買のメリットです。
寝ていても飲み歩いていても、ストラテジーさえ最適であれば利益を得ることができるのです。シストレ24は類似サービスと比較し、トレーダーの関与を極力省けるような工夫がされているのです。その代表がフルオート。

本来、自動売買ではストラテジーを選ぶのがトレーダーの仕事であり、それを手抜くことはできません。
しかしシストレ24のフルオートは、業界初のストラテジー自動入れ替え機能を搭載しており、調子の悪いストラテジーと調子のよいストラテジーを自動的にチェンジしてくれるのです。

これは自動売買の革命ともいってよいサービスで、インヴァスト証券の調査によると好調なストラテジーと入れ替えるフルオートは、そうではないシステムと比較し、年間収益率が2倍以上になるケースもあるとのこと。ストラテジーを選ぶ自信がないトレーダーにもシストレ24はオススメです。

◎シストレ24はあらゆるサービスよりも多い!ストラテジー数は6,000種類以上
搭載されているストラテジー数の多さもFXサービスを選ぶ基準の1つです。
シストレ24なら、なんとプロトレーダーが考案したストラテジーなどが6,000種類以上も利用可能。これは、ストラテジー選択型のFXサービスとして世界№1の数です。6,000種類以上なんて普通の数ではありませんが、これだけの種類があれば利益を生むストラテジーが確実に見つかることでしょう。

一般的に、ストラテジー数は多ければ多いほど有利です。
たとえば、大きな利益を生む売買戦略があったとしても、それがストラテジーのラインナップに存在しなければその時点で選択肢から外れてしまいます。

どんなに利益を出せるチャンスがあっても、それを選べなければまったく意味がなくなってしまうのです。
6,000種類以上のストラテジー数を誇るシストレ24なら、そんな心配はまったくなく、潜在的に利益を取りこぼす可能性がほとんどゼロになります。

しかしストラテジーは多い方がよいとわかっていても、最適なものを選ぶのは難しいとあなたも感じているのではないでしょうか。
ですが、そんな心配はいりません。なぜなら、そのためにフルオート機能が存在するからです。

フルオートなら調子のよいストラテジーに自動的に切り替えてくれるので、多すぎて選べないというデメリットを軽減してくれます。ストラテジーの数を増やすだけではなく、それらをしっかり活かせる環境を整えているのもシストレ24のメリットの1つです。

◎難しい自動売買もシストレ24なら誰でも簡単にはじめられる
システムトレードというと、裁量トレードよりも取り入れるのが難しいイメージがあります。
過去にも自動売買を検討してみたものの、MT4などを利用する必要があることから難しく、断念したトレーダーも多いことでしょう。しかし、シストレ24ならそのような心配はありません。語弊があるかもしれませんが、端的にいえば簡単だからです。

FX取引のようなお金を扱うサービスに対して、簡単といった形容詞を使うことには抵抗がありますが、それでも他のシステムトレードと比較すると、インヴァスト証券のシストレ24が簡単であることは間違いありません。

なぜなら、シストレ24ではあらかじめ用意されているストラテジーを選べば、それだけでシストレが実現してしまうからです。たとえばMT4を用いるシステムトレードや、ストラテジーを1から自作する自動売買サービスでは、シストレ24のように簡単にはじめることはできません。

プログラミングを習得したり、どのようなストラテジーが有力なのかを研究するところからはじめなくてはいけないからです。
これでははじめて自動売買に挑戦する方のほとんどが挫折してしまうことでしょう。シストレ24なら、プロが考案したストラテジーがあらかじめ搭載されているので、大幅に手間を省きつつ簡単にシステムトレードをはじめることが可能なのです。

シストレが可能なだけでも強力だが「フルオート」でさらにアツイ!

インヴァスト証券のシストレ24は、システムトレードが可能なだけでも利用価値が高いサービスです。
おそらくそれだけでも、高い人気が保てることでしょう。しかし、それだけではないのがシストレ24です。単にシストレが簡単にできるだけではなく、フルオートでストラテジーの切り替えさえも自動化されており、初心者でも上級者と同じような売買戦略が可能となっています。

ストラテジーの切り替えすらコンピュータが行う仕組みは、フルオートが業界初とのこと。
もしシストレ24のフルオートがなければ、ストラテジーを切り替えるのが困難な初心者は、システムトレードへチャレンジすることが難しかったでしょう。近年は自動車の自動運転なども進んでおり、どんなものでもオート化が取り入れられつつありますが、シストレも日進月歩に新しい段階へと進んでいるようです。

そもそも、自動売買やシステムトレードは上述したように、人間の関与を極力省けることによって手間や労力、時間の節約ができるのが大きなメリット。その観点から言えば、ストラテジーの選択すらフルオートにすることで、究極の自動売買が実現しているといえるでしょう。

コンピュータなんかにストラテジー選定を任せても大丈夫なのか?と心配になる方もいるかもしれません。
フルオートは便利な機能ですが、ストラテジー選定がむちゃくちゃだったら、結局自分で選ぶことになってしまうじゃないかという声が聞こえてきそうです。しかし、シストレ24のフルオートはとてもよく仕上がっており、そのような心配はありません。

もちろん、100%確実に利益を生むシステムは存在しませんが、フルオートの仕組みを理解すればそのような心配はなくなるはずです。
そもそも、人間がストラテジーを選ぶ過程や、人間がストラテジーを切り替える判断はどのように行われているのでしょうか?それは、成績が下がってしまったストラテジーをポートフォリオから外し、成績がよいストラテジーに切り替えるということです。

これが人間が行っているストラテジー選定の行程であり、プロレベルのシステムトレーダーでもあまり変わりはありません。
実はフルオートはこの上級トレーダーの判断とまったく同じことを行うことで、ストラテジーを切り替えています。6,000種類以上の中から相場環境に応じて成績のよいストラテジーに切り替え続けるというフルオートの機能は、まさにプロの手腕を再現したものとなっており、インヴァスト証券のシストレ24の目玉商品です。

実際、フルオートで安定した利益を出しているトレーダーも多く存在します。一度試してみる価値は十分にあるといえそうです。

無料口座開設

多額の現金キャッシュバックや豪華景品など、今ならキャンペーンが盛り沢山!

インヴァスト証券のシストレ24では、新規口座開設で対象となるキャンペーンを開催中です。
なんと、口座開設しフルオートを利用するだけで、現金10,000円のキャッシュバックを受けることができます。また、新規口座開設キャンペーンとは別に、取引すればするほどキャッシュバックが受けられる「マネーハッチリリース記念キャンペーン」も開催中です。

これらのキャンペーンは同時に応募することが可能となっています。さらに、この2つのキャンペーンを中心として、「第3回俺のフルオート」や「インヴァスト ミッションプロジェクト」などのサブ的位置づけのキャンペーンも開催中。

4つのキャンペーンを解説!かなりオトクな「タナボタもの」も!

  • シストレ24のフルオートを使って10,000円キャッシュバックを受けよう!
  • もっともオススメで目玉的なキャンペーンが、インヴァスト証券へ新規口座開設した方限定の現金10,000円のキャッシュバックです。
    実は、インヴァスト証券以外のFX会社も、似たような現金キャッシュバックを行っていることがあります。
    インヴァスト証券の現金10,000円キャッシュバックのキャンペーン条件はまったく難しくありません。具体的には、

    ・シストレ24のフルオートを連続14日間稼働
    ・自動売買で往復1往復以上の取引を約定

    のたった2つを満たせはOKです。これなら誰でもキャッシュバック条件を満たすことができるでしょう。ただし、2017年9月30日までの期間限定となっていますので、お急ぎください!

  • ◎取引するほどキャッシュバックが増える!マネーハッチリリース記念キャンペーン
  • こちらのマネーハッチリリース記念キャンペーンも、現金10,000円キャッシュバックと同様にオトク度が高いキャンペーンです。
    マネーハッチリリース記念キャンペーンは新規口座開設キャンペーンではなく、すでに口座解説がお済みの方もエントリー可能です。具体的なキャンペーン内容としては、10,000通貨を取引するごとに30円のキャッシュバックが受けられます。

    キャッシュバックに上限はなく、繰り返し取引すればするほど、現金をより多く手に入れることができる仕組みです。10,000通貨=30円ということは1,000万通貨なら30,000円にもなる計算です。24時間コンピュータが売買してくれるシストレ24なら取引量を稼ぎやすく、数万円以上のキャッシュバックは十分見込めるでしょう。

    マネーハッチリリース記念キャンペーンはシストレ24だけではなく、インヴァスト証券の各種FXサービス(トライオートFX・くりっく365・FX24)でも開催されており、同時進行が可能。
    フル活用してしっかり現金を手に入れていただきたいと思います。だだし、2017年10月31日までの期間限定となっていますので、利用したい方は今すぐ口座開設することをオススメします!

  • 第3回「俺のフルオート」開催中。上位入賞で豪華家電をゲット!
  • 上記の2つのキャンペーンとは異なり、俺のフルオートはイベント色の強いサブ的な位置づけのキャンペーンとなっています。
    シストレ24のフルオートには「カスタマイズ機能」というものがあり、これを用いてオリジナルのストラテジーを作成し競い合うという趣旨のキャンペーンです。応募したオリジナルのストラテジーが上位入賞すると、豪華家電の中から好きなものを1台~2台選ぶことができます。豪華家電には、

    • ダイソンの空気清浄機付きテーブルファン
    • iRobotのブラーバ(掃除機)
    • SONYのBluetoothヘッドホン
    • BALMUDAの炊飯器
    • SHARPのAQUOSブルーレイ
    • パナソニックのプライベートビエラ(テレビ)

    が用意されています。現金のキャッシュバックではありませんが、余興としてはピッタリなのではないでしょうか?これぞ、というストラテジーを作成したら、ぜひ俺のフルオートへ応募してみましょう。

  • 税金優遇にも活用できる!インヴァスト ミッションプロジェクト
  • FXと社会貢献。一見まったく無関係のように感じてしまうこの両者ですが、これらを結びつけてキャンペーンとしてしまったのがインヴァスト証券の「インヴァスト ミッションプロジェクト」のすごいところです。

    シストレ24をトレードすると、取引量に応じて自動的に社会貢献ポイントが貯まるようになっており、ポイントはNPO法人へ寄付したり、グッズへの交換を行うことが可能となっています。社会貢献ポイントは、10,000通貨取引=1ポイントが自動的に付与されます。「寄付や社会貢献にはあまり関心がないんだよな・・・」という方のつぶやきが聞こえてきそうですね。

    しかし、インヴァスト ミッションプロジェクトへの参加には、実はトレーダー側のメリットも用意されています。
    それは、税制優遇が受けられること。寄付した金額分の領収書をインヴァスト証券に請求し、それを確定申告することで「寄付金控除」(または税額控除)が受けられ、節税に役立てることができます。

    インヴァスト証券は2016年の1年間で、5,172,941円の寄付を集めることに成功したとのこと。トレードでしっかり利益を出した上、社会貢献もできれば気持ちがよいものです。ぜひ、インヴァスト ミッションプロジェクトへ参加してみましょう。

キャンペーンをもっと詳しく

手数料などの詳細スペックを解説!リサーチしよう シストレ24が魅力な理由

ここまでは、シストレ24のメリットを中心に解説してきました。
どんな点が優れているのか、なぜシストレ24が選ばれているのかがなんとなく分かったのではないでしょうか?とはいえ、「手数料などの細かいスペック(仕様)はどうなっているの?」と疑問に感じている方も多いことでしょう。そこで、シストレ24の各種手数料・最小取引単位・レバレッジ・約定力などの詳細について紹介したいと思います。

シストレ24の詳細を他サービスと比較し、どちらが自分に向いているのかを検討してみるのもよいでしょう。

各種手数料は?基本的に完全無料だが、別途「投資助言報酬」が発生

シストレ24は、自動売買口座であることから多額のコストが発生すると思っている方も多いようです。しかし、実際にはそのようなことはありません。シストレ24では、

  • 売買手数料(取引手数料)無料
  • 口座開設手数料無料
  • 口座維持手数料無料
  • 入金・出金手数料無料(入金時の振込手数料はユーザー負担です)

となっており、手数料として発生するコストはまったくといってよいほどありません。
取引手数料無料をアピールしているFX会社でも、取引手数料以外の各種手数料で利益を出しているケースがありますが、シストレ24はそのような抜け穴もなくシンプルな手数料体系となっています。

とても良心的といえると思います。ただし、自動売買口座であるがゆえ、「投資助言報酬」が発生します。
あくまで手数料というくくりではなく、「投資助言報酬」というくくりで、1,000通貨(1k)当たり片道1円を支払うことになるので、あらかじめ理解しておきましょう。

この投資助言報酬はスプレッドの一部に含まれていることから、別途費用が発生することはありませんが、ストラテジーを用いた自動売買を利用するにはこのようなコストが必要だと知っておくと、コストの計算がしやすくなります。
それ以外に発生するコストや手数料はありませんので、安心してシステムトレードを行うことができるのではないかと思います。

最小取引単位は「5,000通貨(5k)以上1,000通貨単位」と少額投資に最適

最小取引単位とは、1単位のトレードが何通貨から可能なのかを示す単位です。1
単位(1枚)=10,000通貨が一般的な最小取引単位ですが、インヴァスト証券のシストレ24の場合、最小取引数量は5,000通貨以上1,000通貨単位となっています。つまり、最低5,000通貨から取引が可能であり、5,000通貨以上であれば1,000通貨単位で調整が可能という意味です。

この仕様は結論としてかなり高く評価できます。
一般的な10,000通貨単位よりも少額からトレードを行うことができる上、5,000通貨以上では1,000通貨単位となっているため、入金している資金をフルに活用し通貨ペアの購入に当てることができます。

また、システムトレードの性質上、多くのストラテジーへの分散投資が成績安定のため効果的です。その観点からも、5,000通貨以上1,000通貨単位のインヴァスト証券なら、少ない資金でも多くの通貨へ分散投資が可能になっています。

レバレッジは定番の最大25倍。元手20万円なら500万円の取引が可能

インヴァスト証券のシストレ24のレバレッジは、一般的な最大25倍のレバレッジです。
25倍は、法律上国内で認められている最大のレバレッジであり、かつほとんどのFX会社が採用しているオーソドックスな仕様でもあります。実質的なレバレッジは入金額に対する購入金額によっても異なりますが、25倍のレバレッジをフル活用した場合、20万円の元手で500万円の取引を行うことが可能となる計算です。

シストレ24の約定力は?ストリーミング注文により約定力を実感

インヴァスト証券のシストレ24の約定力を支えているのは、ストリーミング注文と安定性の高いシステムです。
そもそも約定力とはどのようなものかというと、狙い通りの価格・タイミング・数量で約定させることができるかを示す言葉ということができます。約定力はあまり話題になることがない要素ですが、それは、どのFX会社でもあまり差がないと思われているからでしょう。

これは半分事実であり、約定力は企業努力により向上しつつあるため、強く意識しなくてもよい段階に入りつつあるといえるかもしれません。
しかし、FX会社によって約定力に差がでてきてしまう局面がまだまだ残っているのも事実。そして、その差が生まれやすいポイントをうまく利用して約定力を向上させているのが、インヴァスト証券のシストレ24です。

たとえば、ストリーミング注文に対応しているという強みがシストレ24には存在します。
ストリーミング注文は、局面によっては大きなアドバンテージとなるため、広い意味で約定力にも深く関わってくる要素です。そもそもストリーミング注文とは、成行注文のようにすぐに約定させることができ、かつ不利な方向への価格のぶれが生じないようになっている注文方法です。
これがシストレ24の操作感を向上させています。また、障害がなく、安定性が高いシステムを提供しているというメリットもシストレ24にはあります。

シストレ24などの自動売買で問題となるのが、システム障害です。
すべてをコンピュータに任せているため、そのコンピュータに障害が生じた場合致命傷になりかねません。そのような心配の少なく、安定性が高いシステムを採用しているのがインヴァスト証券の特徴です。システムトレードを利用するなら、安心して任せられるシステムを選ぶようにしましょう。

シストレ24を使うためならスプレッド幅の広さも問題なし!

売買において事実上コストとなるスプレッドは、各FX会社がその狭さを競い合っています。
では、インヴァスト証券のシストレ24のスプレッドはどうなっているのでしょうか?スプレッドには固定制と変動制がありますが、インヴァスト証券のスプレッドは変動制。

つまり、相場環境によってスプレッドが変化するため、一概に「この通貨ペア数のスプレッドは○○です」と断言することはできません。
スプレッドがどのように提示されるかや、変動制と固定制の違いなどについて知らない投資も多く、「スプレッドを提示したくないからごまかしているんじゃ?」と考えてしまっても無理はないでしょう。

しかし、実際はスプレッドをごまかしているわけではなく、シストレ24のスプレッドはカバー先金融機関のレートをベースにしているため、スプレッドもカバー先金融機関の配信によります。
そのため、先のスプレッドについてはインヴァスト証券すら把握できないのです。では、シストレ24を利用する際トレーダーは、スプレッドの事前の把握をあきらめるべきなのでしょうか?
基本的にはそのようなことではありますが、それでも「大筋このようなスプレッドで推移するだろう」という目安は存在します。そのスプレッドの目安が次の通り。

米ドル/円 3.5銭
ユーロ/円 4.5銭
豪ドル/円 6.5銭
英ポンド/円 8.5銭

これはあくまでも目安ではありますが、だいたいこれくらいの感覚であると考えてもらえばよいと思います。
このようなざっくりとした目安でも店頭取引の固定スプレッドと比較しかなり広いスプレッドであることはわかると思います。一方、広めのスプレッドであるものの、取引が破綻するほど大きなコストではないことも同時にわかります。

あくまで実際の取引に問題がないスプレッドの範囲は満たしているので、実用的な範囲を超えてスプレッドの狭さにこだわらなければ問題はないでしょう。
シストレ24は優れた自動売買サービスを提供しているので、その反面として受け入れるほかはないところでしょうか。

インヴァスト証券はシストレ24に関して言うとスプレッド幅が変動制であることに加え、他の業者よりも広いです。そのため、取引コストは非常に高いです。
そのため、普通にトレードするのであれば、インヴァスト証券のシストレ24は使い辛い業者です。

ただし、それはシストレ24の場合であり、同じインヴァスト証券のトライオートFXに関して言えば、業界でも最も狭いスプレッド幅を用意しています。特に米ドル/円のスプレッド幅も、トライオートFXならば0.3銭の原則固定という、業界最狭水準となります。

このように、スプレッド幅が広いのはあくまでシストレ24に限った話です。どうしてもスプレッド幅が気になるというのであれば、トライオートFXを選ぶと良いでしょう。

ただし、シストレ24は自動売買をするにあたって非常に評判が良いです。
スプレッドの広さはいってみれば、シストレ24を使用するための手数料だと思えば、それほど高くは感じないでしょう。むしろ、ちょっと広めのスプレッド幅を許容するだけで、シストレ24のフルオート機能が使えると思えば、お釣りが出るくらいです。

スワップポイントは最悪水準!自動売買ならむしろメリット?

インヴァスト証券のシストレ24のスワップポイントはどのようになっているのでしょうか?他社FXサービスと比較し、優秀といえるのでしょうか?以下に、インヴァスト証券のシストレ24のスワップポイントを示します。

米ドル/円 15円
ユーロ/円 -45円
英ポンド/円 -25円
豪ドル/円 20円
NZドル/円 15円
南アフリカランド/円 0円

 
もちろん、ここで取り上げた通貨ペアがシストレ24のすべてではなく、合計27通貨ペアの中から利用頻度の高い6通貨ペアをピックアップしました。
たった6通貨ペアだけでも、シストレ24のスワップポイントの基本要素が明らかになります。結論として、シストレ24のスワップポイントは、「平均もしくは平均以下」のポイント付与といえるでしょう。

スワップポイントを目的としてFXをするのであれば、他の選択肢をオススメしたいところです。
しかし、多くの投資家は自動売買を目的としてシストレ24を利用するため、スワップポイントが平均的もしくは平均以下だとしても不満を感じるトレーダーは少ないでしょう。スワップポイントは長期投資において大きなメリットがありますが、シストレ24は自動売買なので長期投資を行うケースは少ないでしょう。

もちろん、ストラテジーによってはそのような戦略をする場合もあるかもしれませんが、基本的にシステムトレードは短期売買となるケースが多いはずです。「あくまで、シストレ24での利益の柱は自動売買だ」という根本に立ち返れば、低いスワップポイントにも不満は感じません。むしろ、中の下のスワップポイントを維持しているだけ、健闘しているとすらいえるかもしれません。

インヴァスト証券の面白いところは、シストレ24を選ぶとスワップポイントが最低水準にまで落ち込むものの、別のモノを選ぶと業界最高水準になるところでしょうか?

確かにシストレ24はスワップポイントが低いです。しかし、同じインヴァスト証券の「くりっく365」と「トライオートFX」に関して言うと高水準となります。特に、「くりっく365」にいたっては、業界でもトップレベルとなります。「くりっく365」よりもスワップが高い業者を見つける方が難しいくらいです。

そもそも、シストレ24は自動売買専用のツールといった性格があるだけに、裁量トレードや、長期間にわたってポジションを保有する長期投資には向いていません。それこそ、スワップ目的で投資をするのであれば、「くりっく365」で取引をすれば良いだけの話です。

なにより、FXは買いからエントリーすることもあれば、売りでエントリーすることもあります。そして、下手にスワップポイントが高い通貨ペアに売りでエントリーしてしまい、長期間にわたってポジションを保有すると、今度はスワップポイントが逆に働いて損失が発生します。
自動売買ツールを使用すると、時には売りでエントリーすることもあります。この時、高スワップで有名な豪ドル/円を売りでエントリーすると、たとえキャピタルゲインが発生しても、売りでポジションを保有している日数分に応じてスワップポイント分だけの損失が発生してしまいます。

裁量トレードであれば、このような失敗はまずしないでしょう。長期投資家ならば尚更です。
しかし、自動売買ツールを使用している以上、本人がいくらマイナススワップを避けたいと思ったところで、勝手に売買されてしまいます。自動売買に限った話ではありませんが、為替差益狙いでデイトレードをするのであれば、スワップポイントは無いに越したことはありません。
特に売りでエントリーする機会が多いトレーダーほど、スワップポイントは無い方が余計なことを考えずに済むだけに使いやすいです。

自動売買をしている以上、いつ反対方向に売買し、マイナススワップが発生するかは本人ですら予測できません。それだけに、自動売買に限定して言えば、スワップポイントは無い方がメリットがあるくらいです。

例えば、リーマンショック以降、日本の円は下落傾向にありました。
このようなレートが下落する場面では、買いよりもむしろ売りでエントリーすることの方が多いでしょう。この時、高スワップな通貨ペアを対象に売りでエントリーし、何ヶ月にもわたって売りのポジションを保有すると、スワップポイントだけで大きな損失が生じます。

最近は円安傾向になってこそいるものの、いつ下落するかわからないだけに、やはり自動売買で取引するのであればスワップポイントは低いに越したことはないです。
もっとも、シストレ24はマイナススワップに関しては他社よりも高いため、売りにしろ買いにしろ、どちらを選択しても、スワップポイントで利益を得ることは難しいでしょう。むしろ反対方向に売買すると、マイナスになるほどです。

取扱通貨ペア総数は27!ストラテジーが最適な通貨を選択!

インヴァスト証券のシストレ24では、なんと27通貨ペアもの取引が可能となっています。
システムトレードや自動売買の性質上、通貨ペアの豊富さよりもストラテジーの豊富さのほうが重視されるポイントです。そのため、現在より少ない通貨ペア数であっても不満を感じるトレーダーは少ないはずです。27もの通貨ペアに対応しているところは、純粋に高く評価してよいでしょう。

ちなみに、各FX会社を見渡してみると、取引できるペア数は「24通貨」であることが多く、そのあたりが平均的なラインナップ数となっています。
シストレ24で取引できる27通貨ペアは、それよりも3通貨ペア多く、通貨ペア数だけを考慮するなら裁量トレード口座以上のスペックがあります。シストレ24では基本的な7通貨ペアはもちろん、さらにラインナップを拡充していることから比較的マイナーな通貨ペアについても取引することができます。

通貨ペア数に関しては、十分すぎるほどのラインナップを有していると評価してもよく不満はありません。

シストレ24は同じくインヴァスト証券の「トライオートFX」や「くりっく365」と比較するとスプレッドが広く、スワップも低いです。ただし、通貨ペアに関して言えば、他よりも豊富なだけに、様々な通貨ペアを試せるというメリットがあります。

主要な人気通貨ペアはだいたい網羅されているようで、米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、カナダドル、スイスフラン、NZドル、南アフリカランドなどの通貨を取り扱っています。
もっとも、通貨ペアが豊富といっても、裁量トレードをする人にとってあまりメリットとはならないでしょう。なにしろシストレ24の最大の魅力は自動売買です。そのストラテジーの数は国内でもトップレベルであり、トレーダーはストラテジーを選択するだけで、簡単に自動売買を始められます。

つまり、対象となる通貨ペアはストラテジーによって最初から定められているだけに、トレーダーからすると通貨ペアが豊富だからといって、様々な通貨ペアを選べるというわけではありません。むしろストラテジー次第では選択肢が少ないくらいです。

それだけに、まだFXを始めたばかりで、通貨ペアのそれぞれの特徴や傾向、癖、性格などがわからないトレーダーにとっては、むしろシストレ24は都合が良いくらいです。
通貨ペアについてあれこれ考える必要はなく、ストラテジーを選ぶだけで最適な通貨ペアを簡単に選び出せるため、FX初心者でもお手軽に自動売買が行えます。

取扱い通貨ペア 米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円
カナダドル/円、ユーロ/米ドル、スイスフラン/円、NZドル/円
南アランド/円、豪ドル/米ドル、米ドル/カナダドル、英ポンド/米ドル
米ドル/スイスフラン、NZドル/米ドル、ユーロ/英ポンド、ユーロ/豪ドル
ユーロ/カナダドル、ユーロ/スイスフラン、ユーロ/NZドル
英ポンド/豪ドル、英ポンド/スイスフラン、英ポンド/NZドル
豪ドル/カナダドル、豪ドル/スイスフラン、豪ドル/NZドル
カナダドル/スイスフラン、NZドル/スイスフラン

インヴァスト証券のシストレ24の詳細へ

シストレ24の取引ツールは「Myシストレ」と「ミラートレーダー」

ミラートレーダーはシステムトレード御用達の取引ツールとして広く知られ、世界中で普及しています。
しかし、ミラートレーダーは操作が複雑でわかりにくいというデメリットがあります。その対策として、インヴァスト証券のシストレ24では王道的なミラートレーダーに加え、使いやすさにこだわったオリジナルの取引ツール「Myシストレ」を合わせて提供しています。

これら2つの取引ツールがシストレ24の軸となります。どのような特徴やメリットがあるのかを詳しく見ていきましょう。

シンプルなMyシストレと、本格的なミラートレーダーの2つから選べる

シストレ24イチオシの取引ツールは、Myシストレです。シストレにはミラートレーダーというイメージをお持ちの方も多いと思いますが、操作が複雑で使いにくいのがデメリットです。

ミラートレーダーを使いこなせることはスキルの1つとして重宝するので、最終的にはミラートレーダーに移行してもよいでしょう。
とはいえ、あくまでインヴァスト証券のシストレ24の利用を考えた場合、ミラートレーダーよりMyシストレのほうが使いやすいことは間違いありません。Myシストレでは、シストレ24の基本操作であるストラテジーを探す・稼働させる・停止させる・切り替えるなどの動作をシンプルに行うことが可能です。

そのため、まずMyシストレを利用してみることをオススメします。Myシストレは、

・WindowsPC(Windows7・8.1・10)
・iOSスマートフォン(iPhone・iPad・iPod touch)
・Androidスマートフォン

といった端末に対応しています。それでは、シンプルで使いやすいこと以外に、Myシストレのメリットはあるのでしょうか?たとえば、Myシストレにしかない機能として以下のものが挙げられます。

・証拠金メーター(証拠金に対してどの程度ストラテジー活用しているかを示すメーター。100を超えるとリスクが高い警告となる)
・ステータス(ストラテジーの特徴や現在の調子を確認できる)
・カスタム検索(細かい条件でストラテジーを検索し探し出す。また、お気に入りの絞り込み検索を保存できる)

これらはミラートレーダーにはない機能であり、Myシストレがいかにシストレ24に特化した機能を盛り込んでいるかがわかります。
ミラートレーダーは、高性能さや機能の豊富さでいえばMyシストレを上回っているものの、使いやすさがいまいちです。もちろん、世界中で普及しているのには理由やメリットがあるからで、解説は割愛しますが、ミラートレーダーにしかできないこともやはりあります。

シストレ24を利用する上でも、ミラートレーダーに頼らなくては利用できない機能も存在します。
しかし、世界中で普及しているがゆえ、インヴァスト証券のシストレ24に最適化されているわけではありません。シストレ24の基本的な操作をする分にはMyシストレのほうが総合的に優れているといえます。

いずれにしても、気に入らなかった場合は2つの取引ツールを切り替えることもできるため、不満を感じるケースは少ないでしょう。

シストレ24の注文機能は?マニュアル注文で裁量トレードにも対応

インヴァスト証券の注文方法にはどのような種類があるでしょうか?注文機能の詳細を見ていきましょう。そもそも、シストレ24の注文には4つの種類があります。

1.自動売買(一般的なシストレ24)
2.ジョイントレード・エクストラトレード
3.ライブシグナル
4.マニュアル注文

これらを使い分けることにより、シストレ24では自動売買だけではなく手動も織り交ぜながら自由自在に取引することが可能となっています。
1.自動売買は、ストラテジーに基づく自動売買で、シストレ24においてもっとも一般的な注文方法です。売買のタイミングはストラテジーに依存しています。
2.ジョイントレード・エクストラトレードは、ストラテジーにより買い付けた建玉を、途中からトレーダーが保有できる機能です。半自動売買ということもできるでしょう。
3.ライブシグナルは、ストラテジーに基づいて出されたシグナルを、トレーダーが手動で発注する注文方法です。シストレ24では直近30日間で利益を出すことに成功しているストラテジーの新規シグナルが出され、30秒間表示されます。その間に表示された売買を選択送信すると、手動にて新規注文を行うことが可能です。ただし、このライブシグナルはMyシストレでは行えず、ミラートレーダーのみの対応となっています。
4.マニュアル注文は、もっとも自由度が高く、裁量での注文機能となります。これまでの上記の注文機能は、何らかの形でストラテジーと連動していましたが、マニュアル注文ではストラテジーとまったく無関係に注文を出すことができます。マニュアル注文の注文機能はかなり自由度が高く、

  • 成行注文
  • 指値注文
  • 逆指値注文
  • If Done注文(イフダン注文)
  • If Done OCO注文(イフダンオーシーオー注文)
  • OCO注文(オーシーオー注文)

といった、裁量トレード口座顔負けの注文機能を備えています。
ただし、マニュアル注文をMyシストレから発注することはできないため、利用にはミラートレーダーを用いる必要があります。いくらストラテジーが優秀でも、まったくマニュアルでの注文に対応していなければ、さすがに不安を感じることでしょう。

インヴァスト証券のシストレ24なら、裁量トレードの判断を犠牲にせず、無理なく自動売買を取り入れることができます。

無料口座開設

シストレ24の申し込み方法や流れは?最短5分で完了!

ここでは、口座開設を検討している方向けに、シストレ24の口座開設までの流れを解説してみます。
口座開設って時間がかかって、面倒くさい手続きを想像されている方もいるかもしれません。インヴァスト証券の口座開設は、ネットの申し込みフォームを利用すれば最短5分で完了します。さらにスムーズに進められるよう、あらかじめ流れを確認しておきましょう。

「本人確認書類」と「マイナンバー確認書類」を用意しておくと時短に!

どのFX会社でも口座開設には、本人確認書類などの必要書類を提出する必要があります。インヴァスト証券のシストレ24についても、「本人確認書類」と「マイナンバー確認書類」を提出しなければなりません。これらはあらかじめ用意しておくと手続きをスムーズに進めることができます。それでは、具体的にはどのような書類が必要なのでしょうか?まず、個人番号カードをすでにお持ちの方については、個人番号カード1枚のみの提出でOKです。本人確認書類の提出は必要ありません。

それ以外の個人番号カードへの切り替えがお済みでない方は、マイナンバー通知カードをお持ちの方に該当するはずです。マイナンバー通知カードが手元にある方は、それが「マイナンバー確認書類」となり、それとは別に「本人確認書類」が必要となります。本人確認書類として認められるものには、

・運転免許証
・パスポート
・在留カード
・外国人登録証明書

などが該当します。その他にも本人確認書類として適応できるものはありますが、上記の書類であれば1点で本人確認書類として見なすことができます。詳しくは公式サイトにてご確認いただけると幸いです。

申し込み方法や手順は3ステップで簡単!その流れは?

インヴァスト証券のシストレ24の口座開設を行うと、合わせて同社のトライオートFX・トライオートETF・FX24の口座解説も自動的に完了します(これらは1つの口座にまとめられています)。ここでは、これら共通の申し込み方法について解説します。カンタンな3ステップで完了するので、サクッと終わらせてしまいましょう!

◎ステップ1・公式サイトの申し込みフォームへ記入する
まずは、公式サイトの申し込みフォームへ記入し、ミスがないことを確認したら送信しましょう。以上で、申し込みそのものは完了です。

◎ステップ2・本人確認書類とマイナンバー確認書類を送信する
その後、サイトの指示にしたがって本人確認書類とマイナンバー確認書類を提出します。必要な書類の種類については上記に解説しましたのでご確認ください。本人確認書類とマイナンバー確認書類の提出方法は、
・WEBアップロード(もっとも一般的)
・メールでの写真添付
・郵送
・FAX
などの方法があります。お好きな方法をお選びいただけますが、写真を撮影して送信するだけのWEBアップロードが簡単なのでオススメです。

◎ステップ3・ログインIDとパスワードを受け取り、取引スタート!
その後、口座開設のための審査が行われます。審査は申し込みフォームの入力内容に基づいて行われますので、内容にミスがないように注意が必要です。審査そのものはごく簡易的なもので、申し込み要件を満たしていればほとんど落ちることはないと考えてよいでしょう。審査に通過したら、自宅にログインIDとパスワードが記載された書類が郵送で届きます。いざ、インヴァスト証券へログインし、取引をスタートしましょう!

今なら現金10,000円がもらえる!またとないチャンスを逃すな!

インヴァスト証券の申し込みそのものに期限はありません。しかし、オトクな現金10,000円キャッシュバックキャンペーンがたった今開催されています。現金10,000円をゲットするために必要なのは、新規口座開設をした上で

・シストレ24のフルオートを連続14日間稼働
・自動売買で往復1往復以上の取引を約定

という2つの条件を満たすだけです。これらは決して難しい条件ではありません。
10,000円を取りこぼさないよう、しっかりゲットしていただきたいと思います。このキャンペーンは、2017年9月30日までの期間限定となっているので、ぜひお急ぎください!

インヴァスト証券のシストレ24の公式ページへ

シストレ24には「向き不向き」がある?具体的なケースを紹介

シストレ24は初心者から上級者までトレーダーを選ばずオススメできるサービスです。
しかし、シストレ24に向いているトレーダーもいれば、中にはあまり向いていないトレーダーも存在します。向いていないトレーダーがシストレ24を利用しても「こんなはずじゃなかった・・・」と後悔しかねません。

たとえば、シストレ24では基本的にストラテジーを自作することはできませんが、できると思っていたトレーダーが口座開設すればがっかりしてしまうことでしょう。そのような勘違いがないよう、ここではインヴァスト証券のシストレ24に向いているトレーダーと向いていないトレーダーの例をそれぞれ取り上げてみたいと思います。

こんなトレーダーはシストレ24に向いている!その例は?

◎システムトレードの未経験者や初心者に向いている
「プログラミングの経験がない」「ストラテジーを自作する知識がない」といった方でもプロ開発のストラテジーで自動売買できるのがシストレ24のメリットです。もちろん、シストレ24の愛用者の中にはFX歴の長い上級者も多く存在しますが、初心者や未経験者でも同様にシステムトレードができるのが大きな長所の1つです。そして、フルオートを活用すれば、FX上級トレーダーとも互角の戦いをすることも夢ではありません。これはシステムトレードならではの特徴といえるでしょう。裁量トレードであれば安定した利益を狙えないトレーダーも、主観や感情を排したシステムトレードなら安定した利益を出せるケースは多くあります。プロ開発のストラテジーを利用できるシストレ24は、特に初心者や未経験者に使ってほしいサービスです。

◎FXにかかる時間を節約したいトレーダーに向いている
FXはそもそも、副収入(もしくは本業として)お金を稼ぎ、豊かに暮らすための手段ではないでしょうか?「経済的な自由を手に入れたい」という気持ちでFXに挑戦している方も多いはずです。しかし裁量トレードの場合、取引にはそれなりの時間と手間を必要とします。FXトレードや研究がお金を得る手段ではなく、目的そのものになってしまっては本末転倒です。もちろんFXが趣味であればそれでもよいのですが、しっかりと副収入を得るなら効率も重視していくべきでしょう。そんなとき、選択肢に入るのがシステムトレードです。自動売買なら、寝ているときも、趣味に没頭しているときも、家族サービスをしているときも、いつでもストラテジーがトレーダーの代わりに働いてくれます。システムトレードの中でも、フルオートを搭載しているインヴァスト証券のシストレ24なら、さらに時間を節約しながら売買が可能となります。シストレ24は、FXにかかる時間を節約したいトレーダーにもってこいの方法だといえるでしょう。

こんなトレーダーはシストレ24に向いていないかも?その例は?

◎スプレッドの狭さを重視するトレーダーには向いていない
シストレ24のスプレッドは、カバー先金融機関の配信により変動します。このため、平均的なFX会社よりもスプレッドが広くなりがちです。スプレッドは変動制のため具体的な数字を挙げることはできませんが、それでも一定の目安は存在します。

米ドル/円 3.5銭
ユーロ/円 4.5銭
豪ドル/円 6.5銭
英ポンド/円 8.5銭

これがインヴァスト証券のシストレ24のスプレッドの目安です。もちろん変動制のため、実際のスプレッドとは異なります。あくまでイメージとして考えていただくとよいでしょう。このように、業界最狭水準の店頭取引のスプレッドと比較すると、シストレ24は若干広めであることが分かります。スプレッドを極限まで重視するトレーダーは、シストレ24には向いていないといえます。むしろ、システムトレードではなく裁量トレードを検討した方がよいかもしれません。

◎ストラテジーを自作したいトレーダーには向いていない
インヴァスト証券のシストレ24は、「ストラテジー選択型」に分類されます。これはどのようなものかというと、あらかじめ提供されているストラテジーから最適なものをトレーダーが選び、運用するスタイルのことです。そのため、シストレ24では基本的にストラテジーを自作することはできません。パラメーターを変化させることでオリジナルに近いものを作成することは可能ですが、一定の制限があることから自由度は劣ります。ストラテジーを自作したいトレーダーは「ストラテジー自作型」に分類されるサービスを利用するほうがよいでしょう。もちろん、自作型では運用の難易度が高くなることや、時間と手間を要することを覚悟する必要があります。それでもどうしても自作のストラテジーで売買したいという方は、シストレ24以外のサービスを検討した方が賢明でしょう。

自動売買とはいえ100%利益が出るわけではない点に注意

シストレ24に関するネット上の口コミを見てみると、「思うように利益が上がらなかった」というものがまれに見受けられます。
中には、「シストレ24のフルオートは使えない」と断言するものまであります。100%確実に利益を得られないならシストレ24を利用する理由はない、と感じる方も多いのかもしれません。

しかし実際のところ、100%利益が確実な裁量トレードも、100%利益が確実なシステムトレードも存在しません。
そんな手法があれば、FX市場は崩壊してしまうことでしょう。少しでも勝率を向上させること、つまり勝率50%を上回っていくことで、長期的に利益を出していくのがFXに対する基本スタンスです。

ネット上のネガティブな口コミは、100%利益が出ることを前提とし、そうならない時期があると憤慨しているケースが多く見受けられます。
自動売買システムを理由にするのではなく、少しでも勝率が上がるように工夫していきましょう。では、シストレ24で勝率を上げていくためにはどうすればよいのでしょうか?1つの方法として挙げられるのが、「ストラテジーの分散投資」です。

ネット上のネガティブな投稿の中には、フルオートなどの機能に100%頼った上で「利益が出なかった」としているものがありますが、フルオートとはいえ常に高い勝率を上げられるわけではありません。
そこで、フルオートに加えいくつかのストラテジーを組み合わせ、それぞれの利益と損失を平均化します。そうすることで安定感を強め、トータルとして利益を出していくのです。

ネット上の口コミの特徴として、損失を出すとネガティブな投稿が行われる一方、利益が出ている状況で必ずしもポジティブ投稿が行われるわけではない傾向があります。その点には注意しましょう。
シストレ24やフルオートの仕組みそのものに欠陥はないので、後はトレーダーの工夫次第であるのが本当のところでしょう。

インヴァスト証券のシストレ24の詳細へ

インヴァスト証券のシストレ24を選ぶポイントはここにあり!

ここまでインヴァスト証券のシストレ24について徹底的に解説してきました。
シストレ24にはデメリットもありますが、メリットのほうが大きいサービスであることがお分かりいただけたのではないでしょうか?とはいえ、まだシストレ24を利用するべきか迷っている方もいるのではないかと思います。

そんなときは、「選ぶ基準」を明らかにしましょう。そうすると迷うことが格段に少なくなります。では、その選ぶ基準とはどのようなところにあるのでしょうか?以下のポイントに魅力を感じるなら、インヴァスト証券のシストレ24を選ぶ価値があるといえるのではないかと思います。

・寝ている間も趣味に没頭している間も、シストレ24が働いてくれること
・ストラテジーが6,000種類以上と世界№1のラインナップがあること
・ストラテジーを自作する必要がなく、プログラミング不要ではじめられること

システムトレードや自動売買に挑戦してみたいと考えているものの、成果に対してかかる手間を最小限にしたい。
しかも、本格的なストラテジーを利用したい、というトレーダーはシストレ24がもってこいでしょう。同じシステムトレードでも、ストラテジー自作型ではシストレ24のような手軽さはなく、費用対効果は見込めないでしょう。

システムトレードはリピーターが多い運用方法です。始める前は食わず嫌いをしていたが、いざ取り入れてみると虜になってしまう方がとても多いのです。
一方、システムトレーダーだった方が裁量トレードに戻るケースはあまり目立ちません。これからの新しい時代は、自動売買の時代なのかもしれません。インヴァスト証券のシストレ24で、新しい自動売買ライフをスタートさせてみてはいかがでしょうか?

インヴァスト証券の口座開設へ

著者情報
オールマイティなトレーダーを目指して日々奮闘中 投資で5000万円貯める事が目標。 基本ビビりなので日々可愛い利益をコツコツ貯めています。

RELATED