• 外為ジャパンのスプレッドは業界最狭!全通貨ペアの取引コストが安い!

1000通貨からの取引も可能!低コスト低リスクな取引には最適

2017年11月9日

先行き不安な今の時代、少しでも資産を増やすべく、投資に興味を持つ人は多くいることでしょう。
中でもFXはハイリスクハイリターンな投資なだけに、老若男女問わず興味を持つ人が多くいるものです。ただ、FXを始めるにあたり、まず口座を開設する必要があるのですが、どのFX業者を選択すると良いのでしょう?

現在、国内だけでも非常に多くのFX業者があり、それぞれに一長一短があります。
その中で、余計な費用をかけず、10万円以下の少額から取引を始めたいというのであれば、外為ジャパンはまさに最適なFX業者となるでしょう。

なにしろ外為ジャパンは業界でも特にスプレッド幅が狭いことで有名な業者であることに加え、1000通貨からの取引も可能なだけに、まさに少額投資をするにはピッタリなFX業者となります。

公式サイトへ行く

スプレッドが狭いだけではない!外為ジャパンの特徴と利用したくなるメリット

FXトレーダーといっても人それぞれ手法やタイプが異なります。
短期売買が得意なトレーダーと、長期投資が得意なポジショントレーダーでは、FX業者に求めるものが全く異なります。その点、外為ジャパンはスプレッド幅が業界でも特に狭いFX業者なだけに、短期売買が得意なデイトレーダーやスキャルピングトレーダーにメリットがあります。

それに加え、約定力が安定しており、24時間対応可能なサポート体制もあるだけに、常に安心して取引ができる環境が用意されています。
まだFXを始めたばかりという初心者も、外為ジャパンならば1000通貨から取引が可能なだけに、低リスクな少額投資から始められるというメリットがあります。FX取引に慣れていないというトレーダーにとって、どこよりも低リスクで低コストな取引が可能な外為ジャパンは真っ先に選んでおいて間違いのないFX業者でしょう。

一つだけではない!全通貨ペアのスプレッド幅が狭い外為ジャパン

外為ジャパンの最大の魅力といえば、スプレッド幅が業界において最も狭い点でしょう。
そして、狭いといっても一つだけではありません。

米ドル/円やユーロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円、ユーロ/米ドルなど、全ての通貨ペアを対象に、業界でも特に狭い水準のスプレッド幅を提供しています。

そのため、複数の通貨ペアを対象に短期売買をしているというトレーダーにほど、外為ジャパンは使いやすいという魅力があります。まさに外為ジャパンは短期売買向きのFX業者と呼んでも過言ではないでしょう。

というのも、外為ジャパンはスプレッド幅が狭いことに加え、約定力も高いと評判のある業者です。
いくらスプレッド幅が狭いといっても、約定力が不安定な業者でFX取引はしたくありません。その点、約定力が高く、安定して取引ができる外為ジャパンであれば、相場が荒れている時間帯であってもストレスなく取引が出来ることでしょう。

さらに、取引中にトラブルが発生したとしても、24時間対応可能なサポート体制があります。24時間といっても平日のみの対応となりますので、休日はやっていません。ただ、土日はどのみち取引できないため、問題にはならないでしょう。

他にも、3銀行分けの信託保全が完備されているなど、安全性に関しても評価の高いFX業者のため、万が一の事態が生じた際にも安心です。
外為ジャパンは取引ツールに関しても評価が高く、使いやすいです。さらに、パソコン用のツールのみならず、iPhoneやAndroid、フィーチャーフォンにも対応している取引ツールがあるため、外出中で近くにパソコンがなくとも、スマホさえあればFX取引が行えます。

総合的に見て、外為ジャパンは非常に安定感のあるFX業者です。

外為ジャパンを利用するメリットとは?スプレッド幅以外にも魅力が豊富!

 ◎低リスクな取引!1000通貨から取引できるので少額投資にはオススメ
外為ジャパンは1000通貨からの取引が可能なFX業者です。
そのため、取引をするにあたり、レバレッジが25倍ならば、1万円以下でもFX取引が始められます。

確かに1000通貨で取引をすると、証拠金が少なくなるため、損失も小さくなるなど低リスクな取引が可能といったメリットこそありますが、その一方で利益も小さくなるというデメリットがあります。しかし、まだFX取引の経験がなく、FXの練習をしたいというのであれば、1000通貨から始められる外為ジャパンはまさに初心者トレーダーにとって格好の取引口座となります。

 ◎万が一にも安心な信託保全が完備

いくらFX取引を始めたことで、大きな資産を築けたとしても、会社が破綻し、口座のお金が消えてしまっては本末転倒です。
外為ジャパンでは、そのような万が一の事態のための信託保全が完備されているので、安心してお金を預けられます。さらに、自己資本規制比率も平成29年6月末時点において335.7%と、財務状況も非常に健全です。FX業者としては、非常に安心できる相手です。

 ◎トラブルがあっても安心!24時間体制でサポートが受けられる!
FX取引をしている人の中には、夜間帯に取引をするトレーダーもいます。特に、21時以降はニューヨーク市場がオープンするということもあり、トレーダーにとって非常に人気の高い時間帯です。

そのような時間帯に取引ツールにトラブルが発生すると、折角のチャンスを逃してしまいます。それどころか、損失を被ることすらあるでしょう。
そのようなトラブルに見舞われた時でも、外為ジャパンならば安心です。というのも、外為ジャパンは24時間対応可能なサポート体制が確立されているからです。万が一のトラブルがあっても即座に連絡がつき、対応してもらえるだけに、いざという時も外為ジャパンならば安心です。

 ◎取引ツールが使いやすい!モバイル取引ツールがあればPCも不要!
外為ジャパンは取引ツールが使いやすいとのことで評価が高いです。「外為ジャパンFXPRO」や「外為ジャパンFX PLUS」などの取引ツールは高機能で使いやすく、まさに快適な取引ツールを探している人にオススメです。

さらに、PCを持っていない人であっても、モバイル取引ツールを活用することで、自宅のみならず、外出先でも取引が可能です。
事前にスマホに取引用のアプリをインストールしておけば、普段は仕事が忙しく、自宅のパソコンで取引ができないという人であっても、スマホさえあれば外出中であってもテクニカル分析から売買まで、全てを行えます。

公式サイトへ行く

2017年冬に実施している外為ジャパンのキャンペーン!キャッシュバックが凄い!

緩やかではありますが、確実に右肩上がりの経済成長を遂げている2017年の日本ですが、ボーナスについては一体いくらくらいもらえるのでしょう?会社の業績によってはボーナスがアップするかもしれませんが、やはり油断は禁物です。もしかしたらボーナスが減ってしまうかもしれません。たとえボーナスが減ったとしても、事前に対策を講じることで、不足分を補えるかもしれません。

現在、外為ジャパンでは新規口座開設者を対象にキャンペーンを実施しています。その内容とは、最大で2万円まで貰えるという、非常に待遇の良いキャッシュバック特典なだけに、まだ外為ジャパンの口座を開設していない人にほどメリットがあります。

冬のボーナスに備え、今の内に口座を開設しておくと、年越し前までに例年よりも多めに現金を獲得することが出来るかもしれません。

  •  ◎外為ジャパンの口座を開設して1万円をゲット!
  • 外為ジャパンでは現在、新規口座開設者を対象に1万円もらえるキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

    条件は口座を開設する事と、初回入金が10万円以上であること、さらに口座開設完了日から数えて3ヶ月以内に500Lot以上の新規の取引を達成することです。
    特に期間の定めはなく、条件に関しても非常に緩いだけに、普段より頻繁にFX取引をしているトレーダーならば難なくキャッシュバック特典を受けられるでしょう。
    10月中に口座を開設し、早々に条件を達成すれば、今年中に現金1万円の特典を受けられるかもしれません。

  •  ◎スマホ所有者は必見!スマホで取引したらさらに1万円獲得!
  • 外為ジャパンでは現在、新規口座開設者を対象に1万円のキャッシュバックキャンペーンを実施しているのですが、このキャンペーンを獲得するための条件、いわゆる500Lot以上の新規取引をスマホで実践すると、なんともう1万円追加でキャッシュバックを受けられます。
    合計で最大2万円のキャッシュバックが受けられるだけに、スマホを持っている人にほどメリットがあります。
    まさにスマホで取引をしているトレーダーのためのキャッシュバック特典です。もっとも、スマホだけ使えば良いといものではなく、あくまでスマホを使って注文すれば条件達成となるため、チャートはパソコンの画面を見つつ、注文する時だけスマホを使用すれば問題ないでしょう。

公式サイトへ行く

最大25倍のレバレッジ!1万円以下から取引を始められる!

外為ジャパンのレバレッジは個人口座の場合、最大で25倍までとなります。国内業者の最大レバレッジは25倍までとなっていますので、この辺りに関していえば他の業者と遜色はありません。

レバレッジを25倍に設定して取引をする場合、米ドル/円ならば1Lotあたり必要となる証拠金は44000円程度、0.1Lotならば必要となる証拠金は4400円程度となります。実際の証拠金はその時々のレートによって異なりますが、1000通貨から取引をするのであれば、証拠金は1万円未満でも大丈夫です。

だいたい証拠金として10万円もあれば、2万通貨まで取引できることでしょう。

1000通貨からの取引が可能!その他の各種手数料は基本無料!

最近は無料で口座を開設できるFX業者が増えているのですが、その点に関して言うと、外為ジャパンも無料で口座開設ができるFX業者です。
取引手数料や口座管理手数料は基本的に無料です。さらに、クイック入金と出金手数料も無料となるため、入出金に関してお金がかかることはないです。ただし、振込入金の場合、手数料は客側が負担することになります。

外為ジャパンは1000通貨から取引が可能なFX業者となります。1000通貨は0.1Lotとなります。
他のFX業者と違い、全ての通貨ペアが1000通貨からの取引が可能のため、南アフリカランド/円も1000通貨から取引可能です。

安定感のある取引が可能!外為ジャパンは約定力が高くて安心

外為ジャパンは取引環境が安定しております。というのも、約定率と約定スピード、共に安定している水準のため、相場が荒れやすい時間帯であっても問題なく取引できるでしょう。
スマホ用の取引ツールも充実しているため、ネット環境に問題がないのであれば、スピーディに注文し、そしてタイミングを逃すことなく決済できるでしょう。

公式サイトへ行く

スプレッドが狭いだけではない!外為ジャパンの特徴と人気の秘訣

スプレッド幅が業界において最も狭いといった特徴を備えている外為ジャパンですが、それ以外の特徴に関しても平均レベル以上であり、非常に使いやすいです。
デイトレードやスキャルピングをする上で、特にこれといった欠点がないなど、外為ジャパンは安定性が優れているという点に関して非常に魅力のある業者です。外為ジャパンの人気の秘訣とはまさに、この欠点の少なさでしょう。

FX業者というと、特定の強みこそある一方で、別の側面に関しては欠点があるなど、総合的にみるとバランスが悪い業者というのは意外と多いです。

その点、裁量トレードをするにあたり、外為ジャパンを選んでおけばまず業者選びで失敗することは早々にないでしょう。
スプレッド幅が狭いことに加え、少額からの投資も可能なだけに、FX経験の浅い初心者であっても手が出しやすいFX業者です。取引ツールも見やすく、使いやすいため、まだFXに不慣れな人でも直感的に取引ツールを使いこなせるでしょう。

外為ジャパンの強みといえばスプレッド幅が狭いことなのですが、他社と比較してはどうなのでしょう?
まず米ドル/円についてですが、0.3銭の原則固定なだけに、他社と比較しても圧倒的に狭いです。そのため、米ドル/円で取引をしているトレーダーには申し分のない数字でしょう。

他にも、ユーロ/米ドルは0.4pipsの原則固定、英ポンド/円は1.0銭の原則固定のため、他社と比べて狭い水準となります。トレーダーからの人気が高いユーロ/米ドルも0.5銭という、非常に狭い水準のため、これらの通貨ペアを対象に取引をしているトレーダーほど、外為ジャパンは使いやすいです。

その一方で、スワップ重視のトレーダーから人気の高い通貨ペア、豪ドル/円とNZドル/円も業界全体から見てスプレッド幅が狭い水準となります。
このように、外為ジャパンは特定の分野に偏らず、全通貨ペアにおいて業界でも狭い水準のスプレッド幅を提供しています。そのため、通貨ペアごとに合わせてFX業者を変更するといった、面倒な手続きがないというメリットがあります。

一つの口座で、様々な通貨ペアを最狭水準のスプレッドで取引できる外為ジャパンは、複数の通貨ペアを対象にデイトレードをしているトレーダーにほど使いやすく、他社と比較して優位性のあるFX業者です。
約定力や取引ツールも一定以上の質があるだけに、デイトレードをするにあたって申し分がありません。まさに短期取引をしているトレーダーのための業者と呼んでも差し支えないでしょう。

他にも、スワップを狙いつつ、キャピタルゲインも狙っているポジショントレードにも最適な業者でしょう。
特に、豪ドル/円やカナダドル/円など、ポジショントレード向きの通貨ペアを対象とした取引が得意な人にオススメです。

外為ジャパンはカナダドル/円や米ドル/カナダドルのスプレッド幅も非常に狭く、カナダドルに関して言えば業界で最も狭いです。まさにカナダドルを対象に低コストな取引を希望している人にほど有利なFX業者です。

公式サイトへ行く

スワップポイントは平均レベル?米ドル/スイスフランのスワップは高い!

外為ジャパンはスワップポイントに関して言うと平均レベルです。
豪ドル/円、NZドル/円、南アフリカランド/円など、スワップ派に人気のある通貨ペアに関していうと、どれも普通であり、高くないです。

米ドル/円や英ポンド/円などのスワップポイントも平均レベルとなっているため、スワップポイントに関して言うとこれといった強みはないです。
ただ、ユーロ/円のマイナススワップに関して言うと、業界では低い方なため、ユーロ/円を長期保有することになってもスワップによる損失は少なく済みます。

マイナススワップに関して言うと、全体的に低い水準となっているため、反対方向に売買することになったとしても、マイナススワップ分で損失を被ることは少ないでしょう。外為ジャパンはスプレッド幅が狭い事もあることを考えると、インカムゲインよりもキャピタルゲイン向きのFX業者なのでしょう。

ただし、米ドル/スイスフランに関しては例外で、非常にスワップポイントが高いです。そのため、スイスフランのスワップに興味があるトレーダーとは相性が良いかもしれません。

公式サイトへ行く

主要通貨は網羅!外為ジャパンの取り扱い通貨ペア総数は15通貨ペア

外為ジャパンの取り扱い通貨ペアは15通貨ペアという、業界全体から見ると少ない水準となります。取扱通貨は米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、南アフリカランド、カナダドル、スイスフランなど、主要通貨に絞っており、人気のあるローカルカレンシーなどはありません。

どの通貨ペアもボラティリティが大きい通貨ペアとして有名なものばかりとなっているため、為替差益狙いのトレーダーにとっては過不足なく、問題なく取引が出来るでしょう。

通貨ペアが多いと迷いやすく、判断力が鈍ってしまうなど、悩みを抱えているトレーダーにとってはかって都合が良いかもしれません。

取扱い通貨ペア 米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円
豪ドル/円、NZドル/円、 カナダドル/円
スイスフラン/円、南アフリカランド/円、ユーロ/米ドル
英ポンド/米ドル、 豪ドル/米ドル、NZドル/米ドル
ユーロ/英ポンド、米ドル/カナダドル、米ドル/スイスフラン

公式サイトへ行く

外為ジャパンの取引ツールは高機能で見やすく、そして使いやすい!

最近は自動売買ツールが注目されているということもあってか、自動売買用のツールを付け足す業者が増えています。
確かにそのようなツールはコツを覚えると非常に便利なのですが、まだFXを始めたばかりの初心者ともなると、余計な機能などあっても邪魔でしょう。他にも裁量トレードがメインで、自動売買に興味がないという人にとっては、複雑な自動売買の機能などあっても使うことがない要らないサービスです。

その点、外為ジャパンは裁量トレードに特化している業者ということもあってか、シンプルなデザインで見やすく、テクニカル分析に必要な様々な指標を用意しています。
スマホ用の取引ツールも充実しているため、外出先でもスマホをタップ操作するだけで簡単にテクニカル分析を行いつつ、さらには注文も可能となっています。

初心者でも扱いやすいシンプルなデザインとなっているため、使い方で困ることはないでしょう。まさにストレスフリーに使える取引ツールとなっています。

初心者には「外為ジャパンFX PRO」、上級者には「外為ジャパンFX PLUS」がオススメ

まだFX取引を始めたばかりで、トレードの経験も少ないというのであれば、初心者向けの取引ツールである「外為ジャパンFX PRO」を使用してみましょう。

「外為ジャパンFX PRO」はシンプルなデザインなだけに、直感的に使い方がわかる初心者向けの取引ツールとなっています。一つの取引画面にそれぞれの通貨ペアのレートからチャート、ポジションや口座の状況を照会してもらえるため、わざわざ画面を切り替える必要がなく、一見しただけでリアルタイムな現在の状況を確認できます。

クリックだけで簡単に注文もできるため、初心者でもチャンスを逃すことなくエントリー、そして決済が出来ることでしょう。

FX取引の経験を重ねた上級者には、カスタマイズ性に優れている「外為ジャパンFX PLUS」がオススメです。
「外為ジャパンFX PLUS」は上級者向けということもあり、機能性が高く、テクニカル指標も豊富です。
画面のレイアウトや表の順番、背景色など、自分好みにアレンジすることが可能なため、使い方を習得することでトレーダーにとってもっとも見やすい取引画面を作ることが出来るでしょう。

他にも、ストリーミング注文に特化した「外為ジャパンFXmini」や、テクニカル分析に優れた補助ツール、「プレミアチャート」などの取引ツールが外為ジャパンでは用意されています。

もしもパソコンがないという人であっても、モバイル取引ツールを使用すれば、iPhoneやAndroid、フィーチャーフォンでもFX取引が可能です。特にiPhoneやAndroid用の取引アプリは機能性が高く、パソコンがなくても問題なくFX取引ができるほど質が高いです。

スマホ用の取引ツールを使用するためには、事前にインストールをし、IDとパスワードを入力するだけで大丈夫です。インストールすることで、マーケット情報からチャートをチェックできます。さらに、タップ操作でストリーミング注文から指値注文、IFD注文、OCO注文なども可能です。

入出金もその場で簡単に行えますので、証拠金の追加などもスマホ一台あればそれですべて事足りるほどです。
このように、PCがなくても取引できる環境が外為ジャパンでは用意されています。

発注機能を搭載!高性能なチャートツール、「プレミアチャート」が凄い!

外為ジャパンには様々な高機能ツールが用意されています。
取引ツールの中の一つ、「プレミアチャート」は豊富なテクニカル指標が用意されているだけでなく、同時に発注も可能という、優れたチャートツールです。

プレミアチャートではトレンド系の指標が15種類、オシレーター系が14種類用意されています。
トレンド系の指標は、移動平均線、ボリンジャーバンド、エンベロープ、回帰トレンド、HLバンド、加重移動平均線、一目均衡表、指数平滑移動平均線、線形回帰分析、ピボット、スパンモデル、スーパーボリンジャー、パラボリック、GMMA、フィボナッチピボットなどがあります。

オシレーター系の指標は、モメンタム、ストキャスティクス、Aroon-Indicator、RSI、CCI、Aroon-Oscillator、移動平均乖離率、ウィリアムズ%R、ROC、MACD、DMI、ATR、RCI、RVIなどがあります。

さらに、チャート上に経済指標が発表されるタイミングが表示されているため、過去の指標発表のタイミングの値動きなどを調べやすいです。
プレミアチャートには発注機能が搭載されているため、チャートを見ながら同時に売買も可能です。まさにタイミングを逃さずにエントリーと決済が可能です。

さらに、チャート上に現在保有しているポジションのラインを表示できるため、チャートを見ながら同時に評価損益まで確認できる優れものです。この機能を活用することで、チャートを逐一チェックしながら、利確とロスカットをするにあたって最適なタイミングを探れます。
テクニカル指標はそれぞれ設定値を操作することが出来ます。そのため、テクニカル指標のパラメータを自分好みにアレンジすることもできるだけに、それぞれのトレーダーの手法や価値観に合わせたテクニカル分析が出来ます。

さらに、比較チャートの機能を活用すると、チャート画面に別の通貨ペアのチャートの動きを表示させることも可能です。
米ドル/円の通貨ペアはユーロ/米ドルの通貨ペアの動きと連動することが多いだけに、他の通貨ペアのチャート同士を比較することで、より詳細なテクニカル分析が行えます。

この比較チャートの機能は非常に有用なだけに、この機能だけでも使う価値はあるでしょう。

外為ジャパンでFX取引をする方法!注文方法は複数あり!

パソコンにしろ、スマホにしろ、外為ジャパンでFX取引をするにあたり、注文方法はしっかりと覚えておきましょう。
特にストリーミング注文をする場合、売買の方向を間違えてクリックすると、思惑通りに進んだのに損失が発生する恐れがあるだけに、絶対に間違えないようにしましょう。

外為ジャパンの注文パターンは複数あります。ストリーミング注文、指値注文、逆指値注文、IFD注文、OCO注文、IFO注文、FIFO注文、即時決済、一括決済などがあります。

FIFO注文というのは決済の際に、約定日時が古い順番から決済をする注文方法のことです。
注文タイプにはそれぞれ違いがありますので、注文をする際には注文タイプを選びましょう。注文タイプを選んだら、いよいよ注文開始となります。ただ、注文をする前に、通貨ペアや数量、売りなのか、それとも買いなのかなどにおいて間違いがないかチェックしましょう。

買いだと判断したのであれば、Ask、売りだと判断したらBidを注文します。特に問題なければ約定となり、ポジションを保有できるでしょう。

新規注文をする際に、同時に決済注文を出したいのであれば、「IFD注文」をしましょう。
「IFD注文」では、エントリーの際に、同時に決済の注文も出せます。ただ、IFD注文では、一つしか決済のポイントを決められないため、利確とロスカットのポイントを同時に定めたいのであれば、「IFO注文」を選びましょう。

IFO注文をすると、新規注文が約定するのに合わせて、同時に指値と逆指値の決済注文が発注できます。
そのため、新規注文をした瞬間にすぐに相場が動き、利確ポイントもしくはロスカットのポイントへとレートが到達した瞬間に、すぐに決済ができるため、ストリーミング注文以上に精確に決済できます。
取引をするとつい感情的になってしまい、なかなか決済が出来ないというのであれば、IFD注文やIFO注文などがオススメかもしれません。

ストリーミング注文だけですと、どうしても機会を逃してしまう恐れがあります。
しかし、別の注文方法を活用することで、タイミングを逃すことなく、事前に決めたルール通りに新規注文から決済まで行えるでしょう。

公式サイトへ行く

外為ジャパンで取引する方法とは?申込から口座開設までの流れ

外為ジャパンでFX取引を始めるためにはまず何をするべきなのでしょう?

オンライントレードをするにあたって必要なものといえば、まずネット環境があります。それも、トラブルが少ない安定したネット環境が必須です。昔と違って現在は光回線といった安定したインフラがありますので、取引を始めるにあたってしっかりしたプロバイダーと契約し直した方が良いです。

さらに、FX取引をするのであれば、最低でも10万円くらいはあった方が良いです。もちろん、外為ジャパンは1000通貨からの取引が可能なため、1万円でも取引は可能です。だからといって本当に1万円しかないと、損失を抱えるとすぐに証拠金不足に陥り、取引を継続できなくなります。

このように、外為ジャパンでFX取引を始めるためには、ただ申し込めば良いというわけではありません。FXの勉強をしたり、ストレスなく取引をするためのネット環境なども平行して準備しておきましょう。

マイナンバーだけでは足りない!本人確認書類は絶対に用意すべき!

外為ジャパンの口座を開設するにあたり、本人確認書類は必須となります。そのため、絶対に用意しておきましょう。
本人確認書類はWEB上に画像データをアップロードするという方法以外に、メール、FAX、郵送などの方法があります。出来るだけ早急に審査を受けたいのであれば、スマホやデジカメ、カメラ機能付きの携帯電話などを用意しておきましょう。

必要となる本人確認書類というと、まずマイナンバーがあります。もしもマイナンバーカードを所有しているのであれば、その一点があれば申込可能です。
ただし、マイナンバーしか無い場合、例えば通知カードしか持っていない場合、マイナンバーとは別に写真付きの本人確認書類が一点、もしくは写真なしの本人確認書類が2点必要となります。

写真付きの本人確認書類とは、運転免許証やパスポート、住民基本台帳カード、在留カード、特別永住者証明書などがあります。これらのうち1点あれば大丈夫です。

ただし、顔写真付きの証明書がない場合、写真なしの身分証明書が必要となります。
例えば、各種健康保険証や住民票の写しなどがそれに該当します。いずれも有効期限内の身分証でないと意味がありませんので、しっかりと期限を確認しましょう。これらの本人確認書類があれば、滞りなく申込が始められます。

 ◎ステップ1 口座開設申込フォームの入力
まず、外為ジャパンのWEBサイトにアクセスし、口座開設をクリックします。次に契約書面を確認し、承認します。その後、申込フォームに必須事項を入力します。

 ◎ステップ2 本人確認書類の送付
申込フォームへの入力が完了すると、次に本人確認書類を送付します。送付の手続きが完了すると、次に審査が行われます。

 ◎ステップ3ログインIDの発行
審査が終了すると、口座開設の手続きは完了です。後は外為ジャパンよりログインIDとパスワードが送付されるまで待機となります。

 ◎ステップ4  入金
ログインIDとパスワードを使用し、さらに口座へ入金が完了すると、いよいよ取引を始められます。

公式サイトへ行く

裁量トレードをするのであればスプレッドが狭い外為ジャパンがオススメ!

外為ジャパンは業界全体で見ると、スプレッド幅が狭く、裁量トレードが得意なトレーダーに向いてるFX業者です。それもデイトレードといった短期売買のみならず、時間をかけて取引をするポジショントレードにも向いているでしょう。

確かに、外為ジャパンはスワップポイントに関しては低く、長期投資には不向きです。しかし、全通貨ペアが総じてスプレッド幅が狭いだけに、短期売買向きの米ドル/円、ユーロ/米ドルや英ポンド/円といった通貨ペアのみならず、ポジショントレード向きの豪ドル/円やカナダドル/円も低コストで取引できるという魅力があります。

マイナススワップも低いため、例えば高スワップな通貨ペアを反対方向に売買する時であってもそれほど大きな損失にならずに済みます。
例えば、豪ドル/円を売りでエントリーする時、スワップポイントがそれほど高くないため、中長期でポジションを保有することになったとしても、他社と比べてマイナススワップが少なくなります。それだけに、為替差益を狙っているトレーダーにほど使いやすいFX業者です。

短期売買だけではない!ポジショントレードにもオススメの理由

 ◎スプレッド幅が狭いので短期売買が得意なデイトレーダーには最適な業者
外為ジャパンはスプレッド幅が狭いので、短期売買をするデイトレーダーにほどオススメされます。デイトレードやスキャルピングをすると、一日に何度も取引をすることがあります。その一方で、ポジションを保有する期間が短いため、一回の取引に取れる利益も小さいです。

スキャルピングをするトレーダーの中には1回の利益目標が5pipsという非常に小さい範囲内で取引をする人もいるでしょう。そんな短期売買を是としているトレーダーが、無駄にスプレッドの広いFX業者などを利用していたら、ただでさえ少ない利益が余計少なくなってしまいます。

その点、スプレッド幅が狭い外為ジャパンは、低コストな取引が出来るだけに、デイトレーダーやスキャルピングトレーダーに向いているFX業者です。

◎中長期にわたってポジションを保有するポジショントレーダー
外為ジャパンはひと際スプレッド幅が狭いFX業者として有名なのですが、特に豪ドル/円やカナダドル/円といった、ポジショントレードに向いている通貨ペアの幅が狭いです。そのため、これらの通貨ペアを対象にポジショントレードをする人と相性が良いです。

さらに、スワップポイントが平均レベルのため、たとえ反対方向にポジションを中長期にわたって保有することになったとしても、マイナススワップの損失を最小限に抑えられるでしょう。取引コストが低く、マイナススワップも低いだけに、中長期の期間にわたってポジションを保有し続けるポジショントレーダーにほど、外為ジャパンは利用しやすいことでしょう。

自動売買のツールは皆無!スワップポイントも低いのでインカムゲインは狙えない

 ◎自動売買のツールはほぼ皆無!システムトレーダーには不向き
FXトレーダーの中には自動売買を得意とする人もいるのですが、そういったシステムトレーダーと外為ジャパンとの相性は非常に悪いです。なにしろシステムトレードをするためのツールがほぼ皆無な状況なだけに、システムトレーダーが外為ジャパンを利用してもメリットなど一つもないでしょう。

それこそ、自動売買ツールに強いFX業者を利用した方が良いくらいです。

 ◎スワップポイントは平均レベル!長期投資家は他のFX業者へ
長期投資を通じてインカムゲインを狙おうにも、外為ジャパンのスワップポイントは平均レベルです。なにより、もっとスワップポイントが高いFX業者は他にもいくらでもありますので、長期投資をしたい人は外為ジャパンは選ばない方が良いでしょう。

あくまで中長期にわたってポジションを保有し、その間に生じた為替差益を狙うポジショントレーダーとの相性が良いのであって、インカムゲイン狙いの長期投資家にとって外為ジャパンは使い辛い業者です。

安定性は高いものの決定打に欠ける!外為ジャパンはスプレッド以外に魅力がない

外為ジャパンの強みはスプレッドの幅の狭さであり、その水準は確かに業界で最狭のレベルに達するほどなのですが、残念ながら今の国内業者の中には外為ジャパンと同水準のスプレッド幅を提供するFX業者が他にもあります。

例えば、外為ジャパンの米ドル/円のスプレッド幅は0.3銭の原則固定なのですが、これと同じ水準のスプレッド幅を持つFX会社は他に10社以上あります。
つまり、狭いといえば狭いのですが、業界最狭水準のFX会社が他にも複数あるだけに、スプレッド幅が狭いという魅力は実は今の国内業者を見ると、それほど価値のあるメリットというわけではないのです。

もちろん、スプレッドが狭いに越したことはないのですが、それだけでは決定打に欠けてしまうのです。
外為ジャパンの口座を選ぶためには、スプレッド幅が狭いという魅力に加え、もう一つ強みが欲しいところです。例えば、そのFX会社にしかない特別な取引ツールや、自動売買のツール、さらには高額のキャッシュバックキャンペーンなども、やはり選びたくなるポイントでしょう。

しかし、外為ジャパンにはそういった強みがほとんどない状況です。取引ツールは高機能で、約定力も安定しており、非常に優秀な業者であることは認めますが、個性が薄いので、どうしても使いたいと思えるような魅力に欠けるのです。
スワップポイントに関しては平均レベルのため、長期投資家が使うには不向きです。さらに、自動売買ツールなども特に用意されていないため、システムトレーダーの関心を引くことはないでしょう。

裁量トレードをするにあたっても、スプレッド幅以外に魅力がないため、同水準のスプレッド幅を持つ他のFX会社と比較すると、わざわざ外為ジャパンを選択する理由がないのです。

なにしろ、外為ジャパンよりも個性が強い取引ツールや、キャンペーンが豊富なFX業者は他にいくらでもあるだけに、スプレッド幅が狭いという強み以外の魅力がない限り、どうしても他社に対して優位には立てないでしょう。

公式サイトへ行く

外為ジャパンの魅力!総合的にみるとどこよりも安定性のあるFX業者

・どの通貨ペアを選んでもスプレッド幅が狭い!
外為ジャパンの魅力はなんといってもスプレッド幅が狭い点です。それも、一つではなく、全通貨ペアにおいて最狭水準のスプレッドのため、まだ得意な通貨ペアが決まっていないという人や、様々な通貨ペアを対象に取引をしているトレーダーにとっては非常に使いやすいです。

確かに外為ジャパンと同水準のFX会社は他にもあります。ただし、全通貨ペア総じてスプレッド幅が狭いという強みを持つFX会社は外為ジャパンくらいでしょう。特にカナダドル/円といった、それほど人気が高くはない通貨ペアに関して言えば、他の業者と比べてもなかなかスプレッド幅が狭い水準となります。

今のところ特に得意な通貨ペアが決まっておらず、色々と練習して得意な通貨ペアが何かを知りたいというトレーダーには、どの通貨ペアを選んでも低コストな外為ジャパンは使いやすいことでしょう。

・少額投資にはオススメの1000通貨からの取引が可能!

外為ジャパンは1000通貨から取引ができるFX業者です。それも、全通貨ペアが1000通貨から取引できるため、まさにどの通貨ペアを選んでも低リスクな取引が可能です。
もちろん、いくら1000通貨といえど、分析に失敗すれば損失は発生するでしょう。しかし、そういった失敗の経験というのはFXトレーダーとして成長するにあたって必要な糧です。失敗し、その過去から学ぶことで、また一歩トレーダーとして成長できることでしょう。

できるだけ成長の機会を多く得たいのであれば、被害は最小限に抑えた方が良く、1000通貨から取引できる外為ジャパンはまさにFX取引の練習をしたい人にほどオススメです。

・豊富なテクニカル指標が使えるプレミアチャート

外為ジャパンは取引ツールが使いやすいということで評判が良いです。デザインがシンプルで、まだ取引を始めたばかりの人でも感覚的に使い方をマスターできるほど、親切な設計です。
さらに、スーパーボリンジャーやスパンモデルといった、トレーダーから人気の高いテクニカル指標も完備されています。これら二つのテクニカル指標に興味があるのであれば、一度口座を開設し、その使用感を試してみると良いかもしれません。

外為ジャパンは決定打にこそ欠けていますが、弱点らしい弱点のない安定したFX業者です。そのため、FXを始めたばかりでまだ業界に関する知識がなく、どれを選んだら良いかわからないという時、とりあえず外為ジャパンを選んだとしても、特に問題はないです。むしろ安定した取引を体験できることでしょう。

公式サイトへ行く

著者情報
オールマイティなトレーダーを目指して日々奮闘中 投資で5000万円貯める事が目標。 基本ビビりなので日々可愛い利益をコツコツ貯めています。

RELATED