• 外為オンラインは安定性が抜群!情報量、約定力、取引ツールが充実している

トレンド機能に注目!外為オンライン独自の自動売買ツール「iサイクル」が凄い!

2017年11月10日

FX業者にはそれぞれ独自の強みや長所がある一方で、欠点や短所、弱点を抱えていることが多いです。
さらに、短期投資が得意なトレーダー向きの業者もあれば、システムトレーダーにオススメの業者というのもあります。他にも、初心者のためにセミナーを開催したり、上級者向けの専門的な経済ニュースを配信してくれるといった、その会社独自の強みを持っている業者も存在します。

財務状況が健全な外為オンラインは安全性に優れているだけでなく、裁量トレードやシステムトレードをする人にオススメの業者です。さらに、初心者から上級者にまで役立つセミナーを随時開催しているだけに、この業者の口座を開設しておくだけでも十分に価値があります。

特に他社にはない独自の自動売買ツール「iサイクル」は評判が良く、システムトレードに興味があるトレーダーならば一度は使ってみたい機能です。

公式サイトへ行く

外為オンラインのサービスとは。独自の自動売買ツール「iサイクル」に注目!

外為オンラインは数あるFX業者の中において、非常に優れている業者の一つです。
2017年8月末時点で自己資本規制比率が575.8%という極めて健全な財務状況に加え、約定力が高いなどの裁量トレードに適した取引環境、さらに独自の自動売買ツール「iサイクル」は他の業者にはない機能があり、とても魅力的で優秀な業者です。

特に「iサイクル」に新しく実装された「トレンド」機能は、相場のトレンドを自動的に判断してくれる役立つツールです。
まだFXを始めたばかりで、トレンドを分析するのが不慣れなトレーダーであっても、「トレンド機能」を有効活用すれば、トレンドに沿った自動売買を外為オンライで始められるでしょう。

外為オンラインでは万が一の際にも安心な完全信託保全が完備されているだけでなく、初心者から上級者にも役立つセミナーが開催されています。さらに、情報量が豊富であり、会員限定に「REUTERS」、「fx wave」、「Market win 24」などのニュースを配信しています。FXを学びたい、専門的なニュースが欲しいというトレーダーにもオススメの業者です。

外為オンラインの魅力とは?シンプルなデザインで使いやすい自動売買ツールのiサイクル

FX業者を選ぶにあたり、最低限クリアして欲しい基準としてまず安全性があります。
いつ倒産するかわからないような業者に大事な資産は預けられませんし、万が一の時の対策が出来ていないFX業者はやはり使い辛いです。
その点、外為オンラインは安全性に関しては非常に優れています。完全信託保全が完備されていることに加え、2017年末時点での自己資本規制比率が575.8%という優れた財務状況を見れば、外為オンラインが健全な経営をしていることは一目瞭然です。

さらに、2016年度の総口座数は47万以上であり、トレーダーからの人気の高い業者としても有名です。
外為オンラインは取引環境に関しても申し分がありません。取り扱い通貨ペアの数は豊富であり、約定力も安定しているため、裁量トレードがしやすいでしょう。スプレッドに関しても、自動売買が出来るFX業者の中では比較的狭い方です。
さらに、iサイクルはシンプルで使いやすいツールなため、今まで一度も自動売買をやったことがないトレーダーであっても敷居が低く、始めやすいでしょう。

iサイクルを利用するにあたって複雑なプログラミング言語を学ぶ必要はありません。トレーダーは買いか売りか、レンジ幅はどのくらいになるのか、いくらで運用をするのかの3つを決めるだけで大丈夫です。
レンジ幅を決めるにあたり、過去の相場を見て自動的に最適なレンジ幅を見つけることが出来るため、自動売買の経験がないトレーダーであっても利用しやすいです。

中でも新しいシステムであるトレンドを使用すれば、システムがその都度売買の判断をしてくれます。この機能を使用すれば、チャート画面を放置している間にトレンドが転換し、損失を抱えてしまったといった事態を未然に防ぐばかりか、トレンドの転換を利益を得るチャンスに変えることもできるでしょう。

外為オンラインの魅力は自動売買ツールだけではありません。情報量が豊富であり、初心者から上級者向けのセミナーを開催するなど、サービスが盛り沢山です。特にテクニカルやファンダメンタルズ分析などを学べるセミナーは、FX取引をするにあたって役に立つ様々な手法を学べる場です。
FXはリスクの高い世界ですが、正しい知識を持っていれば、防げる失敗は多くあるものです。FXをまだやった事がないというトレーダーは、まず一度、外為オンラインのセミナーを受けることから始めたとしても、遅くはないでしょう。

公式サイトへ行く

外為オンラインの特徴。情報力と自動売買ツールiサイクルが魅力的なFX業者

 ◎情報が豊富!会員限定で専門的なニュースを配信してくれる!
為替レートを動かす要因は経済指標ばかりではありません。他にも、各国の主要な人物の発言や、突発的な事件や事故、災害などが要因となって為替レートが急変することがあります。
そういった突発的なニュースをどこよりも早めに入手することで、突然の為替変動に備えることが出来ますし、それどころかニュースを逆手にとってチャンスにすることも可能でしょう。ただ、いずれにしろ情報をキャッチするためには、どこよりも早く情報を掴めるメディアが必要となります。

外為オンラインの魅力の一つに豊富な情報力があります。というのも、外為オンラインでは会員限定で「THOMSON REUTERS」、「fx wave」、「Market win 24」などのニュースを配信するサービスを行っています。
他にも、外為オンラインが月曜日から金曜日まで毎日配信しているアナリストのレポートは非常に読み応えがあり、今後の相場を占う上で役立つ情報となるでしょう。FXトレーダーにとって情報は取引をするにあたって必要不可欠な存在です。情報力のある外為オンラインは、トレーダーにとってまさに格好の情報源となります。

 ◎自動売買ツールのiサイクルを使用することができる!
外為オンラインといえば、独自の自動売買ツールであるiサイクルが利用できることで有名です。
自動売買ツールといっても、iサイクルを使用するにあたって面倒な手続きや設定の変更は不要になります。今後の相場は上昇すると思うのであれば買い注文、下降すると思うのであれば売り注文をトレーダーは選択することになります。
さらに、過去のデータを参考に適切な変動幅を設定できるため、取引経験の少ないトレーダーであっても無理のない変動幅の範囲内で取引が行えることでしょう。後はいくらで運用をするのか、資産を決めるだけでiサイクルの注文が行えます。

設定方法がシンプルでわかりやすい上に、決済損益ランキングを参考にすることで、もっとも利益率の高いストラテジーを素早く見出すことも可能です。

 ◎iサイクルのトレンド機能で現在のトレンドを自動的に判断
従来、iサイクルといえばトレーダー自身で今後の相場は上昇するのか、それとも下降するのかを判断し、選択する必要に迫られていました。しかし、新しく追加された機能、トレンドを使用すると、そういった買いか売りかの判断も不要となるでしょう。

トレンド機能を有効化すると、上昇トレンドが発生している時はシステムが自動的に買い注文をしてくれます。その一方で、いざトレンドが転換し、下降トレンドが発生した際には買い注文を止め、自動的に売り注文をスタートさせてくれます。

トレンドの転換ポイントをシステムが自動的に判断してくれるために、チャート分析が苦手なトレーダーには特にメリットの高い機能となります。

 ◎FX取引の初心者から上級者にまでオススメのセミナーを開催している!
FX取引を始めるのであれば、最低限の知識として資産管理や利確、ロスカット、注文方法、チャートの見方などはまず覚えておいた方が良いのですが、そういった知識は一体誰が教えてくれるのでしょう。
FXは基本的に自分から学びに行かない限り、新しい知識を習得するチャンスはありません。ただし、初歩的な知識ならネットで簡単に手に入りますが、テクニカルやファンダメンタルズな分析方法となると、やはりネットの知識だけでは不十分であり、十分な知見を得るためにはプロや専門家から教わる必要があります。

外為オンラインでは、初心者から上級者にいたるまで、あらゆるトレーダーにオススメできるセミナーを公開しています。
初心者はもちろん、既にFX取引の経験があるもののなかなかトレードが上手くいかないという人にもオススメのセミナーとなります。

FXで勝利するためには、何よりもまず情報が必要です。それも、ネット上の流言ではなく、確固たる根拠のある情報です。外為オンラインのセミナーに参加することで、プロのアナリストによる役立つ情報を得られることでしょう。

 ◎初めてでも安心なシンプルで使いやすい取引ツールが充実!デモ口座もある!
最近はパソコンのみならず、スマホやタブレットでFX取引をするトレーダーが増えています。
外為オンラインはパソコンのみならず、iPhoneやandroidでも取引できる環境が整っています。さらに、それらの取引ツールはデザインがシンプルで見やすく、初めて口座を開設したトレーダーであっても直感的に使いやすい操作性があります。

取引画面は非常に見やすく、ワンクリックもしくはワンタップでスピーディーに新規注文と決済が可能となります。試しに取引ツールを使ってみたいというトレーダーのためにデモ口座も用意されていますので、入金せずともお試しで外為オンラインの操作性に富んだツールを使用できます。

公式サイトへ行く

外為オンラインが他社より優れてるポイント!オススメは自動売買ツール

最近は自動売買ツールが搭載されているFX業者も増えてきており、普段は裁量トレードをしつつ、余剰資金を自動売買ツールを使用して運用するというトレーダーもいます。

外為オンラインはまさにそんなシステムトレードに興味のあるトレーダーほどメリットのある業者です。というのも、自動売買ツールのiサイクルは今まで一度もシステムトレードをしたことがないトレーダーであっても利用しやすい親切なデザインであることに加え、プログラミング言語のような複雑な知識がなくても使用できるという特徴があります。
さらに、自動売買ツールのある業者の中ではコストが低い部類の業者となりますので、まさに初めて自動売買を始めるというトレーダーにオススメです。

特に、新しく搭載されたトレンド機能を使えば、トレンドが転換しても自動的にシステムが判断し、現在のトレンドに適した売買をしてくれるため、まさにトレーダーは24時間安心して取引をシステムに任せられます。

そもそも為替相場というのは一方的な展開にはなり辛く、上昇トレンドと下降トレンドが交互に頻発することなどよくあることです。一つのトレンドにしか対応できないとなると、折角自動売買をやっているのに、トレーダー自身も普段より相場をチェックしなければならず、少し不便です。
その点、iサイクルのトレンド機能はトレンドを自動判断してくれる優れた機能なだけに、システムトレーダーならば一度は使ってみたい魅力があります。

外為オンラインにはこのような独自の自動売買ツールがあるという優位性に加え、さらに情報源が豊富という他社にはない魅力があります。
どこのFX業者も経済ニュースをトレーダーに配信してくれるものですが、その情報源の数となると一社か二社程度であることが多いです。

その点、外為オンラインは「THOMSON REUTERS」、「fx wave」、「Market win 24」の三社の情報を配信してくれるだけに、他社と比べて情報源が豊富です。様々な媒体の情報を配信しているため、トレーダーは一つの情報に偏ることなく、満遍なく多角的に現在の相場を分析することが出来るでしょう。

情報量が豊富で、尚且つ独自の自動売買ツールがあるというのが、外為オンラインの他社にはない強みとなります。

公式サイトへ行く

外為オンラインが実施している新規口座開設で現金をキャッシュバック!

外為オンラインも他の業者同様に、新規口座を開設したトレーダーを対象に期間限定でキャッシュバックキャンペーンを実施しています。
条件こそありますが、高額の現金が貰えるだけに、口座を開設した際には逃さないように注意しましょう。外為オンラインではこのような口座開設者を対象としたキャッシュバックキャンペーンの他にも、取引手数料が無料になるキャンペーンなども実施しています。

キャンペーンを活用することで、現金のキャッシュバックが受けられるだけでなく、余計な取引手数料をかけずに外為オンラインでFX取引を始められます。ただ、いずれのキャンペーンも時期が定まっているだけに、日付に注意しながら特典を利用してみましょう。

  • 新規口座を開設した人を対象に5000円の現金をキャッシュバック!
  • 外為オンラインでは2017年7月1日から2017年9月30日の取引終了時刻までの期間限定で、新規口座開設者を対象に5000円のキャッシュバックキャンペーンを実施していました。
    キャンペーンを受ける条件の難易度は、他の業者と比べると非常に簡単なため、やり方次第では口座を開設したその日のうちにキャッシュバックの条件を達成することも可能でしょう。

公式サイトへ行く

外為オンラインの魅力とは?約定力が高く、安定性が抜群!

外為オンラインといえばiサイクルが有名なだけに、自動売買ができる業者として知られていますが、裁量トレードの環境に関してはどうなのでしょう?
まず、取引ツールそのものは機能性が高く、何よりもシンプルなデザインなだけに使いやすいです。さらに、外為オンラインは約定力が安定している業者のため、重要な経済指標が発表されるような相場が荒れやすい時間帯でも安定して取引できるでしょう。

さらに、通貨ペアも豊富なため、様々な通貨ペアでFX取引ができるだけの環境が整っています。スプレッド幅に関しても、自動売買ができる業者の中では比較的狭い方となります。ただし、裁量トレードという視点で見ると、やや取引コストの高い業者となるため、注意が必要です。

外為オンラインの最大レバレッジは25倍で、他の国内業者との間に大きな違いはありません。

外為オンラインの取引コストはどのくらい?一部の注文で取引手数料が発生するので注意!

外為オンラインは取引コストに関して言うと、他の業者よりも高めとなります。というのも、外為オンラインは取引手数料が発生する業者のため、取引手数料が無料の業者が多い今の状況を考えると、相対的に取引コストの高いFX業者となります。

クイック注文や指値注文、逆指値注文、IFD注文などの注文方法であれば無料で取引できるのですが、iサイクル注文とサイクル注文をする場合だと1000通貨あたり20円の売買手数料が発生します。そのため、自動売買ツールを使用するトレーダーほど、コストが高いです。
一方で、裁量トレードをする分には無料で注文できるため、手数料を考えるのであれば裁量トレードメインで取引した方が低コストとなります。売買手数料は自動売買ツールを使用するための費用と考えた方が良いかもしれません。

外為オンラインの約定力はどのくらい?安定した取引が可能な約定力

外為オンラインの約定スピードと約定率はともに安定しており、裁量トレードをするにあたって特に問題のないレベルでしょう。スプレッドの広さはともかく、スリップのし辛さに関しては評価が高い業者となっているため、深夜帯などの相場が荒れやすい時間帯でも安定した取引が望めるでしょう。

公式サイトへ行く

外為オンラインのスプレッドは広くて裁量トレードには不向き

外為オンラインの米ドル/円のスプレッド幅は1銭の原則固定で、これは0.3銭のFX業者がある今の業界の状況を考えると、かなり広い方となります。ただ、自動売買ツールのある業者は基本的にスプレッド幅が広く、中には2銭以上の開きのある業者もあるため、自動売買可能な業者の中では狭い方となります。

ただし、外為オンラインはNZドル/円のスプレッド幅だけが異様に広く、6銭の原則固定となります。これは業界でもかなりコスト高の水準となるだけに、NZドル/円をメインに取引をしている裁量トレードにはデメリットになるかもしれません。

米ドル/円 1.0銭
ユーロ/円 2.0銭
ユーロ/米ドル 1.0pips
英ポンド/円 3.0銭
豪ドル/円 3.0銭
NZドル/円 6.0銭

その一方で、2017年9月22日のiサイクルの決済損益ランキングを見ると、NZドル/円を対象とした売買戦略が最も利益率が高いようで、取引コストをパフォーマンスで補えるだけに目算があるのかもしれません。
裁量トレードという観点から見ると、外為オンラインの幅広いスプレッドはデメリットになりますが、自動売買で利益を得られるなら多少取引コストが高かったとしても、やってみる価値はあるのかもしれません。

外為オンラインのスプレッド幅は全体的に他の業者と比べて広いです。
米ドル/円やNZドル/円に限らず、ユーロ/円や英ポンド/円、豪ドル/円など、人気通貨ペアに関して言うと、ほとんどのスプレッドが非常に広いため、特定の通貨ペアならば安く取引できるといった特徴もないです。

そのため、外為オンラインはやはり裁量トレードには向かないFX業者となります。なにより、iサイクル注文をした時だけ売買手数料が発生するという特徴も、見方を変えれば自動売買にはお金を払ってでも使いたくなる価値があるという自信の現れとも受け取れます。

それだけに、裁量トレードがメインというトレーダーにはやはり、外為オンラインは相性の悪い取引口座となります。

公式サイトへ行く

スワップポイントは平均レベル!ポンド/NZドルが穴場

さらにスワップポイントについてですが、豪ドルやNZドルなどのスワップポイントは他の業者と比較すると特に優劣もなく、平均レベルとなります。長期投資に向かないとまでは言いませんが、向いているとも言い難いです。

業界全体から見ると、外為オンラインはスワップポイントに関して特に優位性があるわけではありません。ただ一部の通貨ペアにおいて、なかなか優秀なスワップポイントを提供していることがあります。

英ポンド/NZドル 85 -110
英ポンド/豪ドル 60 -80
ユーロ/NZドル 80 -115
南アフリカランド/円 -35 10

例えば、2017年10月16日の時点において、英ポンド/NZドルのスワップポイントは、ロングだと1万通貨あたりマイナス115となり、ポジションを保有し続けると大きな損失を発生させてしまいます。

しかし、ショートでエントリーし、ポジションを保有すると、90のスワップポイントが稼げます。買いよりもむしろ売りの方がスワップポイントが高くなるパターンです。
他にも、英ポンド/豪ドルや、ユーロ/NZドルなどを対象に取引し、ショートでポジションを保有すると非常に高いスワップポイントが稼げるといった特徴が外為オンラインにはあります。

公式サイトへ行く

取扱通貨ペアは24ペア!主要な通貨ペアを対象に自動売買!

取り扱っている通貨ペアの数は24ペアと多めのため、様々な通貨ペアでの取引が可能です。取引単位は1000通貨から可能なため、少額からの取引が出来ます。外為オンラインでは米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、南アフリカランドなどを対象に取引が可能です。

取扱い通貨ペア 米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円
NZドル/円、カナダドル/円、スイスフラン/円
豪ドル/スイスフラン、豪ドル/NZドル、豪ドル/米ドル
ユーロ/豪ドル、ユーロ/カナダドル、ユーロ/スイスフラン
ユーロ/英ポンド、ユーロ/NZドル、ユーロ/米ドル
英ポンド/豪ドル、英ポンド/スイスフラン、英ポンド/NZドル
英ポンド/米ドル、NZドル/米ドル、米ドル/カナダドル
米ドル/スイスフラン、南アフリカランド/円

人気のある主要通貨ペアはだいたい網羅されていますが、マイナーな通貨ペアはありません。ただ、自動売買ツール「iサイクル注文」を利用するにあたり、通貨ペアをわざわざ選ぶ必要性はないです。

「iサイクル注文」を使用するにあたり、ランキングを参考にもっとも利益率の高いストラテジーを選択するだけとなりますので、いちいち通貨ペアを選ぶことなく取引できるという特徴が「iサイクル注文」にはあります。

公式サイトへ行く

外為オンラインの取引ツールはシンプルなデザインで操作性が優れている!

オンライントレードが当たり前の今の時代、経験豊富なトレーダーであればクリック一つで素早く注文するのみならず、様々なテクニカル指標を駆使することでチャート画面を自分好みに見やすくカスタマイズすることも容易でしょう。
しかし、FX取引を始めたばかりの初心者の場合、オンライントレードの環境というのは複雑で、一見しただけではどうやって取引をすれば良いのかわからないかもしれません。

その点、外為オンラインの取引ツールはどれも見やすく、シンプルなデザインをしているため、初心者であってもすぐに使いこなせることでしょう。
iPhoneやAndroid用の取引アプリもシンプルで見やすいデザインをしているため、外為オンラインはパソコンよりもスマホで取引をする機会が多いというトレーダーにも安心な取引環境を用意しております。

無料で使えるデモ口座あり!シンプルでわかりやすい外為オンラインの取引ツール!

外為オンラインの取引ツールは初心者のみならず、上級者にも扱いやすいシンプルなデザイン設計となっています。操作性が簡易でわかりやすいため、直感的に使用方法を感じ取れることでしょう。
まだ取引に不慣れというトレーダーは、デモ口座を使用することで、外為オンラインの取引ツールを駆使してFX取引の練習ができます。
デモ口座そのものは無料で開設できるため、FX取引について学びたいという初心者や未経験者はまず一度、デモ口座を試してみましょう。現実のお金を使用しないデモ口座ならば、リスクなしで取引を体験し、学ぶことが可能です。

外為オンラインではパソコンで利用できる高機能なチャートツール以外にも、iPhoneやAndroidにインストール可能なスマホ専用の取引ツールもあります。どちらも使いやすいシンプルなデザインなだけに、初心者であってもすぐに使いこなせることでしょう。

取引ツールを使用することで、トレーダーはチャートをチェックしながら素早く新規注文から決済注文まで行えるようになります。それこそクリック一つで素早く注文できるため、取引ツールを利用することでチャンスを逃すことなくエントリーし、そして決済ができるでしょう。

たとえスマホで取引をする予定がなかったとしても、インストールしておいて損はないでしょう。というのも、事前にスマホにアプリをインストールしておくと、常にリアルタイムなレートやチャートの動きをスマホを通じてチェックすることが出来るからです。さらには、専門的な経済ニュースまで配信してもらえるため、非常に便利で役立ちます。

FXトレーダーの中には普段は仕事をしており、外出中のためパソコンが開けず、レートの動きをチェックできないという人もいることでしょう。そういった兼業トレーダーであってもスマホにアプリをインストールしておけば、通勤中や休み時間など、自宅外にいる時であってもレートやポジションをチェックできるのみならず、必要ならばエントリーから決済まで可能となります。

特に自動売買で取引をする場合、現在のポジションがどうなっているのか常に気になることでしょう。スマホさえあれば、自動売買の現在の状況などをパソコンがない状況下でもチェックが可能となります。
外為オンラインはパソコンのみならず、スマホで取引をするトレーダーにも安心な取引ツールを用意しているのです。

公式サイトへ行く

高機能チャート!テクニカル指標が豊富で使いやすい!

外為オンラインの高機能チャートを使用することで、トレーダーはチャートを見ながら素早く注文できるようになるだけでなく、さらには現在保有しているポジションや今までの取引履歴などを画面一つでチェックできるようになります。
さらに、テクニカル分析に必要な指標が多く用意されており、チャート分析がやりやすいです。外為オンラインでは26種類のテクニカルチャートと15種類の描画ツールがあり、これらのツールを使うことでより見やすく、分析しやすいチャートを各々で自由に作れることでしょう。

テクニカルチャートの種類としては、単純移動平均線、指数平滑移動平均線、加重平均移動平均線、複合型移動平均線、一目均衡表、ケルトナーチャネル、新値足、ボリンジャーバンド、DMI、MACD、RCI、単純移動平均乖離率、指数平滑移動平均乖離率、アルティメットオシレーター、ウィリアムズ%R、ウィリアムズA/D、サイコロジカルライン、篠原レシオ、シャンデモメンタムオシレーター、ストキャスティクス、ピボット、ROC、RSI、VLDMI、サポート&レジスタンスなどがあります。

描画ツールを使用することで、線分や直線、垂直線、水平線などをチャート上に描くことが可能です。他にも、トレンドチャネルやギャンライン、ギャンファン、ギャングリッド、フィボナッチファン、フィボナッチリトレースメント、フィボナッチチャネル、フィボナッチアーク、フィボナッチエクスパンション、フィボナッチタイムゾーン、フィボナッチグリッドなどを上手に描けるツールが用意されています。

ラインはチャート上に好きなように描写できるだけでなく、自由に削除、さらには一度引いたラインを選択して自由にカスタマイズすることも可能です。外為オンラインのチャートツールは基本的に操作性に優れているだけでなく、見やすい画面なため、初心者であっても簡単に描画が出来るようになるでしょう。

外為オンラインでの取引方法、注文方法の種類は何がある?

外為オンラインの口座を開設し、取引をする場合、注文は主にパソコンか、もしくはiPhoneやAndroidのスマホですることになります。
注文方法は複数あり、成行、指値、逆指値、IFD、OCO、IFDO、トレール、成行OCO、リバースなどがあります。さらに、外為オンラインにはiサイクル注文とサイクル注文が用意されています。

注文をするにあたって、まず通貨ペア、注文の種類、取引数量、そして許容スリップなどの設定を決めます。特に通貨ペアと取引数量を間違えると、思惑とまるで違う取引結果になってしまう恐れがあるため、注意しましょう。
設定を定め、レートが上がると予測するのであればaskの新規買い注文、レートが下がると予測するのであればbidの新規売り注文をします。

注文をし、成立すれば約定となり、ポジションを保有できます。約定を失敗すると注文が成立せず、ポジションを保有できません。iサイクル注文をする場合、これらの基本的な注文方法とは別に、参考期間と想定変動幅、ポジションの方向性、資産を入力することになります。
もし設定を間違えていたり、利益率の低い設定だと判明した場合は、素早くiサイクル注文の削除を行いましょう。

設定が面倒であったり、出来るだけ利益率の高い設定でiサイクル注文を行いたい場合は、ランキング方式で順位の良いストラテジーを選択すると、面倒な設定の手続きを省き、成績の良い設定方法でiサイクル注文が行えます。
さらに、ポジションの方向性を設定する際に、トレンド機能を活用すると、トレンドが転換した際にシステムが自動的に売買を判断し、トレンドに見合った注文をしてくれます。

外為オンラインには他にはない注文方法、つまりiサイクル注文があります。ただ、使用方法に関して言えばシンプルで、基本的にやる事といえば選択するくらいしかありませんので、初心者でもすぐに使いこなせることでしょう。

公式サイトへ行く

外為オンラインでFX取引を始めるに~申込から口座開設までの流れ

外為オンラインでFX取引を始めるためにはまず口座開設の申込をし、審査を経て、ログイン用のIDとパスワードを発行してもらう必要があります。
申込から口座開設までの期間はそれほど長くはありませんが、本人確認書類がなかったり、書類に不備があったりすると審査が滞り、口座開設の時期が延びてしまう恐れがあります。そのため、申込をする際には必要書類を事前に用意するだけでなく、有効期限内であるかどうかまでしっかりと確認しておきましょう。

インターネットに接続できる環境さえあれば、誰でも簡単に申込が可能です。ただ、口座開設にあたってマイナンバーは必ず必要となりますので、用意しておきましょう。さらに、口座開設後にスムーズに取引できるように、取引に必要な証拠金も事前に用意しておきましょう。

外為オンラインの申込にあたって必要なもの。マイナンバーは必須!

外為オンラインの口座を開設するためには本人確認書類と、マイナンバーが必須となります。ただし、マイナンバーカードを所有している場合、マイナンバーカード一点だけあれば大丈夫です。

マイナンバーカードがなく、通知カードなど、マイナンバーしかない場合は、写真付きの本人確認書類が一点、もしくは写真が付いていない本人確認書類が二点必要となります。
写真付きの本人確認書類の例としては、運転免許証や運転経歴証明書、パスポート、在留カード、特別永住者証明書などがあり、このうち一点があれば大丈夫です。

顔写真のない本人確認書類の例としては、各種健康保険証や各種年金手帳、住民票の写し、住民票記載事項証明書、印鑑登録証明書などがあり、このうち2点があれば手続きが行えます。
これらの本人確認書類はいずれも有効期限内でないと使えませんので注意しましょう。

 ◎ステップ1 申込フォームへの入力
まず、外為オンラインのWEBサイトにアクセスします。次に、口座開設の申込画面に進み、必要事項全てに氏名や住所などの情報を入力してください。

 ◎ステップ2 必要書類の送付
必要事項を入力後、用意しておいた本人確認書類を送付します。送付方法は複数あります。WEB上へアップロード、メールに画像を添付して送信、FAX、郵送などのうち、もっとも利用しやすい方法で本人確認書類を送付しましょう。

 ◎ステップ3 審査
本人確認書類が送付された後、審査が行われます。特に不備などがなければ口座開設となり、ログインに必要なIDとパスワードが送付されます。

 ◎ステップ4  ご入金
送付されたログインIDを使用することで、入金が行えます。取引に必要な金額が入金され次第、外為オンラインにてFX取引をスタートさせられます。

公式サイトへ行く

自動売買をするのであれば「iサイクル」がある外為オンラインがオススメ!

外為オンラインの特徴といえば、なんといっても独自の自動売買ツールであるiサイクルがあることでしょう。
自動売買というと設定が難しそうなイメージこそありますが、外為オンラインのiサイクルは初心者にも利用しやすい親切な設計になっているだけに、口座開設をしたその日のうちに使い方を習得できるでしょう。

まさに自動売買に興味がある人に向いているFX業者なのですが、その一方でスプレッド幅を見ると他の業者よりも広く、取引コストがかかるという難点があります。外為オンラインは向き不向きがはっきりとわかる業者なだけに、向かないトレーダーともなると非常に相性が悪く、使い辛いです。

特に、NZ/円のスプレッド幅が他の業者と比べて非常に高額なだけに、注意しましょう。

外為オンラインが向いてるトレーダーとは?システムトレードを始めるならオススメ!

 ◎これから自動売買を始めようと思っているシステムトレーダー
外為オンラインの「iサイクル」は、複雑な設定をする必要がなく、システムトレードの知識がないトレーダーであっても利用しやすい親切でシンプルな設計となっています。
さらに、過去の取引結果が優れているストラテジーをランキング形式で紹介しており、上位にランクしている利益率の高い売買戦略を選択すればほとんど設定不要で自動売買が行えます。
最近になって「トレンド機能」が追加されるなど、さらなるバージョンアップがなされたようで、ますます使いやすくなった「iサイクル」は、まさにシステムトレードをしたい人ならではのサービスです。「iサイクル」だけを目当てに口座を開設しても良いくらいです。

 ◎情報が豊富!ファンダメンタルズ分析が得意なトレーダー!
外為オンラインは「THOMSON REUTERS」、「fx wave」、「market win 24」などの経済ニュースを会員限定で配信しており、情報が豊富です。他にも、月曜日から金曜日までの相場を分析したアナリストのレポートを公開しているなど、ファンダメンタルズ分析をする上で非常に役立つFX業者です。
外為オンラインが配信する情報はとても有益なだけに、口座を開設しておけば為替取引だけでなく、株式投資や投資信託など他の分野の投資活動においても役立つ情報を随時入手できます。まさにファンダメンタルズ分析をするにあたってメリットの高い業者となります。

まだファンダメンタルズ分析が不慣れというトレーダーであっても、外為オンラインが開催しているセミナーに参加することで、より優れたファンダメンタルズ分析を自力で行えるようになることでしょう。投資家として成長したい人にもオススメできる業者です。

裁量トレードには不向き?外為オンラインはスプレッド幅が広く、取引コストが高い!

 ◎スプレッド幅が広く、短期売買をするにはコストが高すぎる!
外為オンラインは裁量トレードをする投資家には不向きな業者です。特に、スキャルピングやデイトレードのような、短期間に何度も取引を繰り返すトレーダーほど、デメリットが多いです。
というのも、外為オンラインのスプレッド幅が業界でも広い水準となるだけに、取引する回数が増えれば増えるほど、コストが高くなるからです。

スプレッド幅の広さを自動売買を利用するための手間賃だと考えるのであればまだ納得できるのですが、裁量トレードをする投資家にとってスプレッド幅は邪魔以外の何ものでもないだけに、短期売買をする裁量トレーダーほど外為オンラインは不向きな業者です。

 ◎スワップポイントは平均レベル!NZドル/円を対象に裁量トレードをする長期投資家
外為オンラインはスプレッド幅が広い業者なのですが、その中でも特にNZドル/円のスプレッド幅が業界でも最も広い水準なだけに、取引コストは高いです。それに加え、スワップポイントが平均的なレベルであるだけに、わざわざ取引コストの高い外為オンラインを長期投資家が選択するメリットがありません。

ただし、外為オンラインのiサイクルはNZドル/円を対象にすると利益率が高くなるシステムのようで、ランキングの上位にNZドル/円を対象にしたストラテジーが2017年9月22日の時点で君臨しています。
それだけに、あくまで長期間同じポジションを保有する長期投資家に不向きなのであって、システムトレードをする分にはパフォーマンスが優れている分、利益とコストの釣り合いが取れているのかもしれません。

外為オンラインが他社と比べてスプレッドが広く、取引コストが高い

外為オンラインは独自の自動売買ツールであるiサイクルがあるだけに、システムトレードに向いているFX業者ですが、その一方で裁量トレードには不向きな業者となります。
というのも、スプレッド幅が業界全体において広い部類なだけに、取引コストが高くなりやすくなるからです。特にスキャルピングのような短期間に大量のトレードを繰り返すトレーダーの場合、一回あたりに獲得できる利益が低くなりやすく、場合によってはスプレッド幅が原因でマイナスになる恐れすらあります。

特に、NZドル/円のスプレッド幅が業界において最も広い水準に達しているだけに、NZドル/円でスキャルピングやデイトレードはしない方が良いでしょう。やればやるほど、損失を膨らませる恐れがあります。

外為オンラインよりもスプレッド幅が狭い業者は他にいくらでもあります。自動売買をするのであればともかくとして、裁量トレードをするのであれば他のスプレッド幅が狭い業者を選択した方が良いかもしれません。
スプレッド幅が広いというデメリットこそありますが、外為オンラインはその他については概ね良質なサービスを提供しているFX業者です。約定力は安定していますし、取引ツールはシンプルなデザインで使いやすいです。iPhoneやAndroidで取引しているトレーダーにもオススメの操作性が、外為オンラインにはあるのですが、その一方で決定打と言えるような特徴がないという短所があります。

特にスワップポイントが他社と比べて平均的なだけに、長期投資をするにあたってわざわざ外為オンラインを選択する理由がありません。スワップポイントの数字が悪いというわけではありませんが、特別優れているというわけでもないため、外為オンラインは長期投資家には魅力の薄い業者です。

スワップポイントが普通であり、スプレッド幅も広くてコストが高い外為オンラインは裁量トレードが得意なトレーダーには不向きな業者となります。自動売買専用の第二口座として使う分には最適なのですが、自分で判断し、売買を繰り返す裁量トレードをするのであれば、よりスプレッド幅が狭く、デイトレード向きの取引ツールが充実している他の業者を選んだ方が良いでしょう。

公式サイトへ行く

外為オンラインを選ぶポイントは「iサイクル」と情報量の豊富さが強み!

・外為オンラインのiサイクルだけでも口座を開設する価値あり!
外為オンラインには独自の自動売買ツールであるiサイクルがあるという強みがあります。
システムトレードで利益を出すためには、何よりもまず利益率の高いストラテジーが必要不可欠です。仮に利益を出せるストラテジーを見つけられたとしても、必ずしもそのストラテジーが今後も通用し続けるとは限りません。いつストラテジーが通用しなくなっても良いように、システムトレーダーとしては複数の売買戦略を用意しておいた方が良く、そんな選択肢の一つとして「iサイクル」を利用するというのも、一つの投資戦略となるでしょう。

折角、お金を預け、放置するだけで勝手に自動売買を繰り返し、利益を増やしてくれるシステムがあるというのであれば、それこそ無視する必要はありません。まだ「iサイクル」を試したことがないシステムトレーダーほど、外為オンラインは魅力的な業者に見えることでしょう。

スプレッドの広さや売買手数料があるなど、何かと費用がかかる外為オンラインですが、自動売買で勝手に利益を上積みしてくれるというのであれば、ある程度の費用は払ってもむしろお釣りがくるというものです。

・情報量が豊富!ファンダメンタルズ分析で役立つ最新ニュースを口座開設でゲット!
外為オンラインは他社と比べて情報量が豊富なFX業者です。会員限定で配信している「THOMSON REUTERS」、「fx wave」、「market win 24」などの経済ニュースは今後の為替相場を分析する上で非常に役立つ情報源となることでしょう。

ファンダメンタルズ分析にはニュースが欠かせません。しかし、金融関連の組織に属してでもいない限り、なかなか専門的なニュースを独自のチャネルで入手することは難しいでしょう。
その点、外為オンラインならば、口座を開設するだけで為替取引のみならず、株式投資でも役立ちそうな専門的な経済情報が手に入るだけに、外為オンラインは投資家にとって非常に有益な情報源となるでしょう。

・外出する機会が多いトレーダーにオススメのスマホ用の取引ツール
今の時代、パソコンだけがネットにアクセスするための道具ではありません。むしろパソコンは使うことがほとんどなく、主にスマホでネットを使用するという人も多くいることでしょう。
そういったスマホに慣れているトレーダーにとって、パソコンのみならず、スマホ用の取引ツールも充実している外為オンラインは非常に使いやすいFX業者となります。
スマホ用の取引ツールは無料でインストールすることができるだけに、使っておいて損はないでしょう。
他にも仕事やプライベートの用事で外出する機会が多く、なかなか自宅のパソコンを使用できないなど、事情のあるトレーダーにとって、外出先でもスマホ一台あれば取引できる外為オンラインは非常に使い勝手の良いFX業者です。

スマホで取引できるといっても、iサイクルで自動売買をするというのであれば、やる事といえば主に現在のポジションをチェックすることぐらいです。それでしたらスマホだけあれば良く、まさにスマホで自動売買をしたい人にほど外為オンラインは利用しやすい業者となります。

公式サイトへ行く

著者情報
オールマイティなトレーダーを目指して日々奮闘中 投資で5000万円貯める事が目標。 基本ビビりなので日々可愛い利益をコツコツ貯めています。

RELATED