• 業界初のパイオニア「ひまわり証券」の強み!安全性の高いFX会社!

スリッページなしだから約定がすべらない!安心して裁量トレードができる!

2017年11月8日

今や、FXの人気は日本においても非常に高く、国内には無数のFX業者が存在しています。
ひまわり証券とは言ってみれば、そんな国内業者において先駆け的な存在です。1998年10月に日本で最初に個人向けFX取引のサービスを始めたパイオニアとして有名であり、まさにこの業界において最古参の老舗です。

現在もひまわり証券といえばトレーダーから人気の高い大手企業であり続けており、長年にわたって弛むことなく経営努力をし続けてきたその姿勢と、豊富な実績を見れば、ひまわり証券がいかに信頼できるFX会社であるかは一目瞭然です。

ひまわり証券といえば自動売買で有名ですが、裁量トレードに関しても魅力的なサービスを提供しています。例えば、約定がほとんどすべらないスリッページなしといった特徴などは、安定した取引環境を求めているトレーダーにほどメリットのある強みでしょう。

公式サイトへ行く

ひまわり証券が提供するサービスの特徴!安定した取引には最適

ひまわり証券は実績が豊富で、トレーダーからの人気も高いということもあってか、非常に安定感のあるFX会社です。
まず財務状況に関してですが、自己資本規制比率も平成29年6月末時点で714.2%と、非常に健全な数字を示しています。万が一にも安心の全額信託保全も完備されているため、元本割れ以外のリスクに関しては比較的安全に資産を預けられます。

次に取引環境についてですが、ひまわり証券といえば約定力が強いという魅力があります。
ひまわり証券ではスリッページなしで取引できるだけに、荒れやすい時間帯であっても確実にエントリー、そして決済が可能です。さらに、FXが初めてという人にオススメのビデオコンテンツから、上級トレーダーにも役立つセミナーを随時開催しています。

ひまわり証券ならではのオリジナルのテクニカル分析ツールなども充実しているだけに、口座を開設しておくと、ここでしか受けられない様々なサービスを体験することが可能です。

チャンスを逃さない取引環境あり!約定拒否せずにFX取引できる!

FX取引をしているとたまに、エントリーもしくは決済の注文を出したにも関わらず約定拒否が発生し、思った通りにFX取引が出来ないことがあります。
特に相場が荒れ、レートが大きく変動している時間帯ほど約定拒否が発生しやすいです。約定拒否があること自体はそもそも悪いことではありません。何しろ注文したタイミングと実際に約定できたタイミングとで大きくレートが乖離していると、約定することで思わぬ損失を被る恐れがあります。

しかしFX取引で稼ぐためには、ある程度レートが荒れてもらう必要があります。
レートが沈静化し、膠着状態に陥っている時間帯にFX取引をしても、キャピタルゲインなどまず稼げないでしょう。約定拒否が起こりやすい時間帯というのは、いってみればFXトレーダーにとって、最も稼ぎやすい時間帯、そして損失を発生させやすい時間帯でもあります。

FX取引をするくらいなのですから、トレーダーはある程度のリスクは覚悟していることでしょう。
それでも利益を求めてトレーダーはFX取引をするのですが、エントリーのチャンスがある度にいちいち約定拒否されたのでは、折角のエントリーのチャンスを無駄に潰してしまいます。

ひまわり証券はその点、スリッページがないだけに、約定拒否の心配を恐れずに取引ができるという魅力があります。
ニューヨーク市場がオープンする時のような、相場が荒れやすいタイミングであっても約定拒否せず、思い通りにエントリーし決済できるでしょう。

ひまわり証券ではトレーダーをサポートするためのサービスやツールも充実しています。テクニカル分析用の指標を多く用意するばかりか、ひまわり証券でしか使用できない限定テクニカルツールなどもあります。

口座を開設しているトレーダー限定に配信しているマーケットレポートなどは、ファンダメンタルズ分析をする上で非常に有用でしょう。

まだテクニカル分析やファンダメンタルズ分析のやり方を詳しく知らないというのであれば、ひまわり証券の「FXアカデミーチョイス」を利用してみましょう。ビデオコンテンツやセミナーを受けることで、初心者であってもFXについて学ぶことが可能です。

ひまわり証券は業界のパイオニアで、どこよりも実績が豊富ということもあってか、トレーダーをサポートする様々な役立つサービスを用意しています。それらのサービスやツールを活用することで、満足度の高いFX取引を行えるでしょう。

公式サイトへ行く

ひまわり証券の5つの魅力!スリッページなしで安定トレード!

◎FX業界の老舗!万が一にも安心な信託保全が完備
ひまわり証券は日本で最初に個人向けFXサービスを始めたパイオニアであり、業界においては最古参の老舗です。
それだけに、実績はどこよりも豊富で、まさに信頼できるFX会社です。もちろん、いくら歴史が長いといっても、会社の財務状況が不安では意味がありません。その点、ひまわり証券の自己資本規制比率は平成29年6月末時点で714.2%という、業界においてもかなり健全な状況にあります。

さらに、全額信託保全が完備されているため、万が一ひまわり証券が破綻することになったとしても、預けた資産を守れます。それに加え、現金のみならず、保有中のポジションやスワップポイントも資産として計上されているため、取引中に万が一のことがあっても安心です。

◎約定拒否の恐れなし!安心して裁量トレードに専念できる「スリッページなし」
せっかく条件の良いFX会社を利用し、取引をしても、大事な場面で約定拒否が頻発されていては、なかなかFX取引で利益を稼ぐことは出来ないでしょう。
確かに約定拒否が起こると、トレーダーとしては不測の事態を避けられるため、予期せぬ損失を被る心配はないでしょう。その代わり、大事なエントリーチャンスを逃してしまうため、リスク云々以前の問題として、儲けのチャンスまで台無しにされてしまいます。

その点、ひまわり証券はスリッページがないため、どれほど相場が荒れていたとしても、約定拒否される心配が少ないです。もちろん、相場が荒れているのですから、時には思惑を外し、損をすることもあるでしょう。ただ、FXトレーダーならばそれぐらいのリスクがあることは承知で取引をしていることしょう。
むしろ、大事な正念場で約定拒否が多発する方が、トレーダーにとっては非常に嫌です。許容範囲内であれば多少思惑が外れて約定が成立したとしても、約定拒否されるぐらいならまだマシというトレーダーにとって、ひまわり証券は使いやすいFX業者です。

◎初心者でもFXを学べるひまわり証券の「FXアカデミーチョイス」
ひまわり証券では初心者向けのサービスとして、「FXアカデミーチョイス」と呼ばれるFXを学べる環境を用意しています。
特に、「ひまわりFX Lessonチョイス」では基礎的な知識や、取引ツールの使い方など、FXをする上で絶対に覚えおきたいことを学べます。

ある程度、FX取引の経験があるトレーダーには、当日のレートに影響を与える経済指標やトレードのポイントについて学べる「ひまわりFX Eveningチョイス」や、プロの講師からデイトレのテクニックや経済の流れなどを教えてもらえる「ひまわりFX Seminarチョイス」、ベテランの講師に取引について相談、さらにはアドバイスが貰える「ひまわりFX赤ペンFollowUp」などがオススメです。
プロからFXについて教わることで、初心者であっても失敗のないFX取引をスタートできるでしょう。

◎レートのこれからの動きを先取りでチェックできる「さきどりテクニカル」が凄い!
ひまわり証券は、独自のテクニカルツールなどを多数用意しています。
「さきどりテクニカル」などがまさにそれで、このテクニカルツールを使用することで、ある程度相場の未来を予測することが可能です。もちろん、あくまでこれは予測であって、絶対ではありません。ただ、現在のチャートの形状と似ている過去のチャートを参考にすることで、未来の相場を占う上でヒントとなるでしょう。

◎ボリンジャーバンドとRSIを融合させた独自ツール「HWBR」が使用できる!
ひまわり証券には「HWBR」という、ボリンジャーバンドとRSIを組み合わせた独自のテクニカル分析ツールを用意しています。

ボリンジャーバンドもRSIも、トレーダーから屈指の人気のあるテクニカル指標なだけに、この二つを組み合わせて使用することで、より精度の高いテクニカル分析ができるようになるでしょう。
普通のFX会社にはない独自のテクニカル分析を探しているというトレーダーは、一度ひまわり証券の「HWBR」を試しに使ってみると良いかもしれません。

独自のツールが豊富!スリッページもないため約定拒否の心配が無用なひまわり証券!

FX会社というと、最近は競争が激化しているせいか、どこも似たり寄ったりなサービスを提供することが多いです。特にスプレッド幅などがわかりやすい例で、競争が行き過ぎた結果、どこのFX会社を利用しても、数年前のネット証券会社よりも低コストでFX取引が出来るほどです。

ひまわり証券は老舗である一方で、パイオニア精神にあふれたFX会社のようで、他社にはない独自のサービスやツールを提供しているといった特徴があり、そこが他社と比べて優位なポイントです。
他のFX会社にはない独自の特徴や強み、サービスやツールがひまわり証券を利用することで見つかるかもしれません。

例えば、取引の安定性についていえば、ひまわり証券はかなりオススメです。なにしろスリッページなしという取引環境を用意しているだけに、他のFX業者が約定拒否にするような場面でも、ひまわりFXならば安定した取引が可能です。

FX取引を長年やっていると、一度や二度、もしくはそれ以上の回数の約定拒否の憂き目に遭った経験があることでしょう。その度に、折角のエントリーチャンスを無駄にされてしまったなど、悔しい想いをしたトレーダーも多くいることでしょう。

その点、スリッページがないひまわり証券であれば、約定拒否を恐れず、安心して注文することが出来ます。
現在使用しているFX会社が約定拒否ばかりするせいで、全然エントリーできない、もしくは決済できず、チャンスを逃してしまったといった悩みを抱えているのであれば、一度ひまわり証券を利用してみると良いかもしれません。スリッページなしの環境で取引することで、約定拒否の悩みを解決できるかもしれません。

経験豊富なトレーダーのみならず、これから初めてFX取引を始めるという初心者にとっても、ひまわり証券は使いやすいFX業者です。
なにしろ、初心者でもわかりやすく学べる環境が用意されているだけに、ひまわり証券を通じてFXを学ぶことで、将来的にテクニカル分析やファンダメンタルズ分析について深い理解を得られるからです。

FX取引をするにあって必要な知識を習得したら、後は実際に取引をするだけです。この時、ひまわり証券が開発した独自のテクニカル分析ツールを使用することで、他社ではマネできない方法でレートの動きを予測することが可能となります。
ひまわり証券は独自性の強いサービスを多数用意しているため、普通のFX会社に飽きてしまっているトレーダーには、なかなか魅力のあるFX会社です。

公式サイトへ行く

高額のキャッシュバックキャンペーンを実施!最大で30万円ゲット!

ひまわり証券はパイオニアと呼ばれるだけあって、かなり特徴的なサービスを展開するばかりか、さらには他社にはない魅力的なキャンペーンをよく打ち出します。
現在であれば、新規口座開設者を対象に、最大で30万円もらえるという破格のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

30万円というと、大卒の初任給でもまず届かないでしょう。時給1000円のバイトでも、30万円稼ぐためにはかなりの時間と労働力が求められますが、ひまわり証券ならば口座を開設し、取引をするだけで30万円をキャッシュバックしてもらえるというのですから、非常に魅力的です。

ひまわり証券に限らず、多くのFX会社がキャッシュバックキャンペーンを定期的に実施しているのですが、そのほとんどがキャッシュバックといっても数万円程度で、30万円を超えるキャンペーンなど滅多にないです。まさに業界のパイオニアに相応しい特典です。

  • ひまわり証券の口座を開設、取引をすると最大で30万円キャッシュバック!
  • ひまわり証券では現在、新規口座開設者を対象に、最大で30万円もらえるキャンペーンを実施しています。

    キャンペーンの期間は2017年9月1日から2017年11月30日までで、期間中にひまわりFXの口座を開設する事と、口座開設月の翌々月末日のクローズまでにひまわりFXのレギュラー口座もしくはエコトレFXにて指定された数量以上の取引をすることがキャッシュバックを受ける条件となります。

    新規取引通貨の量が50万以上100万通貨未満であれば5000円、100万通貨以上300万未満であれば1万円、300万通貨以上500万通貨未満であれば2万円、500万通貨以上1000万通貨未満であれば3万円、1000万通貨以上1500万通貨未満であれば6万円のキャッシュバックが受けられます。

    これ以降は、新規で500万通貨の取引がある毎に3万円のキャッシュバックが追加されます。
    そして、新規取引通貨が5000万通貨を超えると、30万円のキャッシュバックが行われます。デイトレードなどの短期売買が得意なトレーダーともなると、頻繁に取引をする機会が多いだけに、条件を達成しやすいでしょう。

公式サイトへ行く
 

ひまわりFXの取引ルールの特徴!約定力が安定して魅力がある!

ひまわりFXの口座を開設すると、ひまわり証券が提示する取引ルールの範囲内でFX取引を行えるようになります。
取引ルールをしっかりと把握せずに口座を開設すると、予期せぬデメリットやリスクを被る恐れがあるため、口座を開設する前にしっかりとひまわりFXの取引概要を確認しておきましょう。

基本的な部分に関して言えば、ひまわりFXと他のFXにおいてそれほど大きな違いはないです。独自性のあるテクニカル分析ツールがあることを除き、ひまわり証券であれば問題なく取引が行えるでしょう。
特にスリッページがないといった魅力がひまわり証券にはあるだけに、ひまわりFXを取引口座に据えることで、約定拒否について不安に思うことなく、安定した取引をトレーダーは体験することができるでしょう。

ひまわり証券のレギュラー口座と、自動売買が可能なエコトレFXでは取引ルールに若干の違いがあります。
ひまわり証券で裁量トレードをするのであれば、レギュラー口座の取引ルールを参照しましょう。

ひまわりFXでは最大で25倍のレバレッジを設定可能!

ひまわりFXは他のFX業者同様に、レバレッジは最大25倍にまで設定が可能です。
さらに、初回の入金額に関して特に規定はされていないため、もっとも少ない証拠金さえ用意しておけば、とりあえず取引は始められます。

ひまわりFXで1万通貨の取引をする場合、現在のレートですと米ドル/円ならば45420円の証拠金が必要となります。ユーロ/米ドルならば53510円、ユーロ/円ならば53510円、英ポンド/円ならば59890円となります。

だいたい6万円以上の証拠金があれば、ひまわりFXでは1万通貨から取引ができる計算になります。


※証拠金参考値はレギュラー口座の取引レートを元に計算されているので取引レートが異なることから若干の誤差がでます。

ひまわりFXは1万通貨単位から取引可能。各種手数料は基本は無料!

ひまわりFXで取引をする場合、1万通貨単位からの取引となります。
1000通貨から取引が出来ないため、より少額で、低リスクな取引をしたいのであれば、1000通貨から始められるFX業者を選択した方が良いでしょう。

レギュラー口座に申し込むにあたり、口座開設手数料や維持手数料といった費用はかからず、無料となります。取引手数料も基本は無料です。

裁量トレードだけであれば、余計な費用をかけずにFX取引が行えます。

スリッページなしで約定率が高い!ひまわりFXなら安定した取引が可能!

ひまわりFXはスリッページがないため、約定拒否になる可能性が極めて低いFX業者です。それだけに、約定率に関していえば、他のFX業者以上の強みがあります。

約定スピードに関して言うと、それなりに安定した速さとなるため、取引をするにあたって不安視するほどではありません。ひまわりFXは約定能力に関して言えば、非常に安定しています。

ひまわりFXのスプレッドは総じて広め!米ドル/円は1銭!

最近はFX業者同士の競争が激化した影響からなのか、非常に幅が狭いスプレッドを提供するFX会社が多くあるものです。
業界最狭水準のFX会社ともなると、米ドル/円のスプレッドも僅か0.3銭となります。スプレッドが狭ければ取引コストも安くなるため、トレーダーにとっては嬉しい限りです。そんなスプレッドの競争が激化している昨今において、ひまわりFXのスプレッド幅は業界全体で比較すると広めの数字となります。

まず、米ドル/円のスプレッドについてですが、1銭と広めです。
もっとも、ネット証券会社などと比較すると狭い方なのですが、専業のFX会社と比較すると、やはり広いと言わざるを得ません。

米ドル/円 1銭
ユーロ/円 3銭
英ポンド/円 6銭
豪ドル/円 4銭
ユーロ/米ドル 2pips
NZドル/円 7銭

他にも、ユーロ/円ならば3銭、ポンド/円は6銭、ユーロ/ドルなら5pipsと、主要な人気通貨ペアは悉くスプレッドが広いです。
それだけに、ひまわりFXのレギュラー口座はスキャルピングには不向きでしょう。どちらかといえば、じっくり時間をかけてトレードするスイングトレードや、のんびり取引するタイプのデイトレーダー向きのFX会社です。

約定率が高い分、スプレッドが広めになっているのかもしれません。

公式サイトへ行く

スワップポイントは高水準!長期投資にオススメのひまわりFX!

スプレッド幅の広さとは対照的に、ひまわりFXのスワップポイントは全体的に高い水準となります。
業界全体で見ても、スワップポイントは高い方となります。
米ドル/円や豪ドル/円、NZドル/円などのスワップポイントが高いため、これらの通貨ペアを対象に長期投資をしているトレーダーにとって、ひまわりFXは使いやすいFX業者となるでしょう。

通貨ぺア 買い 売り
米ドル/円 3.0円 -60円
ユーロ/円 -25円 0円
ユーロ/ドル -65円 35円
ユーロ/ポンド -55円 15円
ユーロ/豪ドル -80円 55円
南アフリカランド/円 10円 -35円

ただし、南アフリカランド/円のスワップポイントに関して言うと、業界でも低い水準となります。
そのため、南アフリカランド/円を対象に長期投資をするのであれば、別の業者を選択した方が良いです。

公式サイトへ行く

24通貨ペアで取引が可能!人気のある通貨ペアは網羅している!

ひまわりFXが取り扱っている通貨ペアの総数は24通貨ペアで、業界全体で比較すると平均的な数字になります。ただ、人気のある主要な通貨ペアはだいたい網羅されているため、よほどマイナーな通貨ペアを使用しない限り、不満に感じることはないでしょう。

ひまわりFXで扱っている通貨というと、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、スイスフラン、カナダドル、南アフリカランドなどになります。
人気通貨ペアは一通り揃っているため、デイトレードなどでは不便がないかもしれませんが、マイナーな通貨はほとんどないため、特定のローカルカレンシーを対象にFX取引をしているトレーダーとは相性が悪いかもしれません。

取扱い通貨ペア 米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円
カナダドル/円、スイスフラン/円、米ドル/カナダドル
米ドル/スイスフラン、ユーロ/米ドル、ユーロ/英ポンド
ユーロ/豪ドル、ユーロ/NZドル、ユーロ/カナダドル
ユーロ/スイスフラン、英ポンド/米ドル、英ポンド/豪ドル
英ポンド/NZドル、英ポンド/スイスフラン、豪ドル/米ドル
豪ドル/NZドル、豪ドル/スイスフラン、NZドル/米ドル
南アフリカランド/円

公式サイトへ行く

PCからスマホまで取引に対応!独自のチャートツールも豊富!

ひまわり証券は業界でも実績が豊富な老舗なのですが、どのような取引ツールを用意しているのでしょう?
ひまわりFXではPC用の取引ツールのみならず、スマホでもFX取引ができる取引用のアプリを用意しています。アプリをインストールしておけば、自宅のパソコンに触れる機会が少ないトレーダーであっても、外出先でひまわりFXのサービスを堪能することが可能です。

取引ツールを使用することで、ひまわりFXが用意している豊富なテクニカル指標を基に、これからの相場を本格的に分析することができるでしょう。さらに、ひまわりFXでは他社にない独自のテクニカル指標なども用意しているため、他社とは違った視点に立ってチャートを分析できるといった強みがあります。

指標を用いてテクニカル分析を行い、今後のレートの流れを予測したら、後はエントリーのチャンスを待つだけです。

PCで取引するなら機能性が高い「ひまわりFXPRO」がオススメ

ひまわりFXで取引をするにあたり、パソコンを使用してトレードするのであれば、事前に「ひまわりFXPRO」をインストールしておきましょう。
「ひまわりFXPRO」を使用することで、トレーダーはワンクリックで注文が出来るようになるばかりか、多機能なチャートを使用することで、本格的なテクニカル分析をPCの画面越しに行えます。カスタマイズ性に優れているため、自分好みに見やすい画面をアレンジして作ることも可能です。

「ひまわりFXPRO」では、過去の取引内容を分析する機能が搭載されています。
この機能を活用することで、過去の売買の比率から決済や取引の状況を客観的に分析し、現在の取引に活かすことが出来ます。「ひまわりFXPRO」をダウンロードできないPCを使用しているトレーダーには、ブラウザ上で利用できる「ひまわりFX WEB」がオススメです。

「ひまわりFX WEB」はダウンロードせずに使用できるタイプの取引ツールで、ログインすることで資金の管理から注文、さらにチャートツールを使用してテクニカル分析を行うことが可能です。
ひまわりFXではこれらのPC用の取引ツールとは別に、スマホで利用できる取引用のアプリ「ひまわりFX」を用意しています。

この取引専用のアプリをインストールし、ログインIDとパスワードを入力すると、パソコンがない状況であってもスマホ一台で注文からテクニカル分析まで行えるようになります。
リアルタイムなレートやチャートの動きのみならず、マーケットのニュースも随時配信してくれるため、スマホで取引する予定がなくともぜひインストールしておきたい代物です。
スマホ用のアプリを使用する場合、一つの画面にテクニカル指標は最大で2つまで同時に表示することが可能です。2種類のテクニカル指標を組み合わせることで、より詳細な分析が行えることでしょう。

ひまわりFXではスマホのみならず、タブレット用のアプリも配信しているため、iPadやAndroid用のタブレットがあれば、ひまわりFXで取引を始められます。

人気のテクニカル指標だけではない!独自のチャートツールも使用可能!

「ひまわりFXPRO」をダウンロードすると、ひまわりFXのチャートツールを使用することが出来るようになります。

「ひまわりFXPRO」では、単純移動平均線、加重移動平均線、指数平滑移動平均線、複合型移動平均線、ケルトナーチャネル、ボリンジャーバンド、新値足、ピボット、サポート&レジスタンス、一目均衡表、単純移動平均乖離率、多重移動平均乖離率、指数平滑移動平均線、MACD、RSI、ストキャスティクス、ROC、RCI、アルティメットオシレーター、ウィリアムズA/Dなどの人気のある指標を使用することが可能です。

さらに、ひまわりFXでは「さきどりテクニカル」と呼ばれる独自性の強いチャートツールを用意しています。
「さきどりテクニカル」とは、現在のチャートの形状と類似性の高い過去のチャートの動きを参考に、将来のレートを分析するチャートツールです。

このチャートツールの便利なところは、これからの値動きを視覚的に分析することが出来る点でしょう。
もちろん、「さきどりテクニカル」で示した通りにレートが確実に動くとは限らず、あくまで予測以上の信憑性はないでしょう。ただ、それでも勘に頼って無根拠に将来を予測するよりかは、はるかに堅実な分析方でしょう。

エントリーや決済のタイミングを計る場面で真価を発揮するチャートツールです。
ひまわりFXでは他にも、「ひまわりFXPRO」限定のテクニカル指標として、「HWBR」と呼ばれるボリンジャーバンドとRSIを融合させたチャートツールを用意しています。
HWBRを使用すると、ボリンジャーバンドのラインをRSIの画面に表示し、二つの指標を重ね合わせることが可能となります。見方としてはスーパーボリンジャーなどの指標と似ているかもしれません。

ボリンジャーバンド内におけるRSIの動きを見定めることで、トレーダーはリアルタイムにエントリーと決済のタイミングを探れるようになるでしょう。普通のテクニカル指標ではどうにもしっくりこないというトレーダーは一度、「HWBR」を試してみると、手法にハマるかもしれません。

公式サイトへ行く

「ひまわりFXPRO」でエントリーと注文をする方法とは?

「ひまわりFXPRO」を使用することで、トレーダーはたったのワンクリックでエントリーから決済までできます。
ただ、ひまわりFXはスリッページがないだけに、相場が荒れている時に注文をすると、思わぬ事態を引き起こし、大きな損失を発生させてしまう危険性があります。それだけに、注文方法は絶対に間違えないようにしましょう。さらに、ミスがないように、慎重に取引しましょう。
ひまわりFXPROでは、リアルタイムに注文できるクイックトレードによる注文方法とは別に、指値・逆指値注文、OCO注文、IFD注文、IFDO注文などの注文方法を選択することが出来ます。

注文をする際には、事前に通貨ペアと注文の種類、ロット数、許容スリップなどを設定しましょう。
さらに、レートを確認し、レートが上昇すると思うのであればAskをクリックして買い注文、レートが下落すると思うのであればBidをクリックして売り注文を出します。

注文に条件を付ける場合は、指値・逆指値やOCO、IFD、IFDOなどの注文方法を選択しましょう。
注文をし、特に問題がなければそのまま約定が成立し、ポジションを保有することが出来ます。エントリーを果たし、レートが移動することで利益が出たのであれば利確、損失が発生したのであれば損切りをし、損益を確定させましょう。

FXはポジションを保有している段階ではまだ利益も損失も確定していません。
しかし、だからといって損失を抱えているのに、もしかしたら将来利益になるかもしれないと思って放置をすると、かえって損失を膨らませ、やがては強制決済される恐れがあります。そのため、損失が発生したのであれば、自分の判断で素早く損切りをしましょう。

公式サイトへ行く

ひまわりFXの口座を開設するまでの申込方法と必要なもの

独自の取引ツールがあるなど、何かと魅力が豊富なひまわりFXですが、いざ口座を開設するにあたり、何が必要となるのでしょう?

ひまわりFXは入金にあたって特別な条件を定めてはいませんが、取引単位が1万通貨からとなっているため、FX取引をするにあたって10万円程度の証拠金が必要となるでしょう。さらに、パソコン、スマホで取引ツールをダウンロードできるだけのIT環境が必須となります。

中でもネット環境はとても重要です。折角優れた取引ツールがあっても、ネット環境が悪いのではエントリーも決済も出来ませんし、チャート画面だってまともに映らないでしょう。

これらのFX取引をするにあたって必要な準備が整いましたら、後はWEBサイトより申込手続きを始めるだけです。マイナンバーなどの本人確認書類は確実に用意しておきましょう。

マイナンバーは必須!有効期限内の本人確認書類を用意しよう!

ひまわりFXの口座を開設するためには、本人確認書類が必須となるのですが、ただ用意すれば良いというものではありません。その本人確認書類の期限は切れていないか、画像は不鮮明でないかなど、不備がないように気をつけましょう。

申込に必要な書類というと、まずマイナンバーが確認できる書類があります。ちなみに、マイナンバーカードがあるのであれば、それ以外の本人確認書類は不要となります。
ただし、通知カードなど、マイナンバー付きの書類しかない場合、別途本人確認書類が必要となります。

顔写真付きの本人確認書類、例えば、運転免許証やパスポート、外国人登録証明書などがあるのであれば、一点あれば大丈夫です。しかし、顔写真付きの本人確認書類が無い場合、健康保険証や住民票、年金手帳などのいずかれの内、2点が必要となります。

本人確認書類が用意できたら、画像データをWEB上よりアップロードするか、メールで送信するか、FAXで送るか、郵送するかのいずれかの方法で送付することになります。送付のタイミングは申込フォームへの入力が完了してからとなります。

 ◎ステップ1 申込
ひまわりFXの口座を開設するためには、まずひまわりFXのWEBサイトにアクセスし、「口座開設」をクリックします。その後、申込フォームへとアクセスし、氏名や住所などの項目を入力します。

 ◎ステップ2 本人確認書類の送付
申込フォームへの入力作業が完了したら、次は事前に用意しておいた本人確認書類を送付することになります。この時、不備がないように、綺麗に送付しましょう。特に問題がなければ、それほど時間をかけずに審査が終了します。

 ◎ステップ3 口座開設
審査が終了し、口座が開設されたら、ログインIDなどが送付されますので、受け取りましょう。

 ◎ステップ4  入金
送付されたログインIDを使用して取引画面にアクセスしたら、後は取引に必要なだけの証拠金を入金しましょう。入金が完了され次第、取引をスタートできます。

公式サイトへ行く

ひまわりFXはテクニカル分析とファンダメンタルズ分析に強いFX業者!

ひまわりFXはスリッページがなく、約定力が他社と比較して非常に高いだけに、約定拒否を恐れずに取引ができるといった魅力のあるFX会社です。
それとは別に、独自のテクニカル指標が多く、さらに質の高い情報を会員限定で配信するなどのサービスを提供しているだけに、様々なテクニカル分析のツールを欲しているトレーダーや、ファンダメンタルズ分析に役立つマーケットの情報を欲しているトレーダーには非常に有益なFX業者です。

これらの取引ツールを使用するためには口座を開設する必要があるのですが、ひまわりFXは口座を開設するだけならば基本的に無料です。ひまわり証券ならではの独自のツールと情報力だけでも、十分に口座を開設するだけの価値はあります。

その一方で、スプレッド幅が広く、取引コストが高いといったデメリットもあります。一長一短がありますので、よく見極めてから利用しましょう。

テクニカル分析やファンダメンタルズ分析が得意なトレーダーにほど相性が良い!

 ◎独自のテクニカル指標が豊富!テクニカル分析が得意なトレーダー!
ひまわりFXは取引ツールが充実しているFX会社です。特に、ひまわりFXPROで使用可能な「HWBRチャート」や「さきどりテクニカル」などのテクニカル指標は他社にはない独自性の強いチャート機能なだけに、これらを使用するために口座を開設しておいても良いかもしれません。

さらに、「ひまわりFXPRO」を使用して取引し、取引分析機能を活用すると、自分の取引の癖や悪いやり方、失敗点などを客観的に分析する上で非常に役立ちます。
他のFX会社でテクニカル分析が上手くいっていないというトレーダーは一度、自分の手法を見直す意味でも、ひまわりFXPROを使用してみると良いかもしれません。

 ◎情報の質が高い!ファンダメンタルズ分析が得意なトレーダー
ひまわりFXは他社と比較すると情報量が少ない方だと言われていますが、その一方で初心者や上級者にオススメできるセミナーが多いです。
特に、会員限定で配信しているマーケットレポートは質が高く、ファンダメンタルズ分析をする上で非常に参考になります。

ファンダメンタルズ分析をするためには、金融に精通した人の意見や、最新の情報が不可欠です。その点、ひまわりFXの口座を開設すると、他のトレーダーがまだ知らないような最新の情報をいち早く知ることができるだけに、まさにファンダメンタルズ分析が得意なトレーダーにほどメリットがあります。

スプレッドが広い!スキャルピングなどの短期売買が得意な人との相性が悪い!

 ◎短期売買が得意なトレーダーには不向き
ひまわりFXは他社と比較すると、スプレッド幅が広いFX会社です。特に、米ドル/円やユーロ/円、米ドル/ユーロ、英ポンド/円などの、短期売買が得意なトレーダーから人気のある通貨ペアは悉くスプレッドが広く、取引コストが高いです。

スキャルピングのような短期売買をしているトレーダーにとって、スプレッド幅が広いFX業者を使用することは非常に大きなデメリットです。
何しろスイングトレードと違い、スキャルピングは一回あたりに稼げるキャピタルゲインが小さくなる傾向があるだけに、スプレッドが狭いといくら勝率が高くても儲けが少ないです。それどころか、スプレッドのせいで赤字を累積させかねません。
そのような理由もあってか、短期売買が得意なトレーダーとひまわりFXは相性が悪いです。

 ◎取引は1万通貨から!リスクを避けたい初心者トレーダー
今まで一度もFX取引をしたことが無い初心者や未経験者がいきなり1万通貨から取引を始めるのは危険です。
それよりも、1000通貨から取引できるFX業者を利用した方が、リスクが低く、証拠金も安くなるため、オススメです。ひまわり証券で取引をすると、1万通貨未満での取引ができないため、できるだけリスクを下げて取引したい初心者トレーダーとの相性が悪いです。
1000通貨単位どころか、1通貨から取引できるFX業者がある昨今、初心者がひまわり証券で1万通貨から取引を始めるメリットはほとんどないでしょう。

取引コストが高い!スリッページがないからスプレッドが急拡大することもある!

ひまわり証券はスリッページがなく、約定力が高いことで有名なFX業者ですが、これは必ずしもメリットになるとは限りません。状況次第ではむしろデメリットになることもあります。

というのも、スリッページと関係なく約定率が高いということは、相場の荒れ具合によっては非常に不利なレートで約定される恐れがあるということです。エントリーしたタイミングの状況次第では、約定した瞬間に10pips以上の損失を抱える恐れもあるでしょう。
ひまわり証券はもともと他社と比較して、スプレッド幅が広く、取引コストが高いというデメリットがあります。それに加え、相場が荒れている時ともなると、さらにスプレッドが拡大し、不利な取引を強いられるとなると、流石にストレスが溜まるでしょう。

約定拒否がないのは良いのですが、必ずしも有利に取引できるとは限らないだけに、実は博打の要素が大きく、スキャルピングのような短期売買をしているトレーダーには非常に使い辛いでしょう。
基本的にひまわりFXは自動売買に特化している傾向のあるFX会社です。裁量トレードに関して言うと、メイン口座に据えたくなるような決定打に欠けています。

ただ、独自のテクニカル指標と、質の高いマーケットレポートがあるだけに、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析をする上では重宝できます。それだけに、メイン口座というよりもむしろ第二口座として本領を発揮するタイプのFX会社です。

エコトレFXという自動売買のツールがあるだけに、システムトレードをしたい人には都合が良いFX会社なのですが、裁量トレードの視点で見ると、どうしても強みが薄いFX会社という評価を抜け出すことが出来ません。
取引単位も1万通貨からとなりますので、まだFXを勉強したばかりの初心者にはリスクの高いFX会社です。

公式サイトへ行く

約定力の高さには定評あり!スイングトレードに最適なひまわりFX

・安定した取引にオススメの約定力の高さ

ひまわりFXは余程の事がない限り、約定拒否になることが滅多にないなど、約定力の高さに定評のあるFX会社です。それだけに、約定拒否の心配をしないというメリットは、確かな強みとなります。
ただ、一分単位で取引をしているようなスキャルピングトレーダーにとって、スリッページがないことはちょっとした恐怖でもあります。そのため、安定した取引が出来るといっても、スイングトレードをしている投資家向きのFX会社です。

デイトレードと違い、スイングトレードが得意なFXトレーダーであれば、相場が荒れている時間帯にエントリーする必要がないため、スリッページなしの恐怖に囚われることもないでしょう。それどころか確実に注文、そして決済してくれるだけに、安心して取引できるFX会社です。

・独自のチャートツールを使って多角的にテクニカル分析

スイングトレードを成功させるためには、より正確なテクニカル分析が必要となるでしょう。既存のテクニカル指標だけでは足りず、中にはより独自性の強いチャートツールを求めているトレーダーもいることでしょう。
ひまわりFXでは他社にはない独自のチャートツールがあるだけに、様々なテクニカル指標を試してみたいトレーダーにはまさにうってつけのFX会社です。

・質の高いマーケットレポートを会員限定で配信中!

テクニカル分析だけが、相場の未来を占う手法ではありません。他にも、経済指標やマーケット情報を参考にすることで、レートの未来を予測することが出来ます。
ただし、ファンダメンタルズ分析をするためには量よりもむしろ質の高いマーケットレポートが不可欠です。ひまわりFXは情報量に関して言えば他社と比べて少ないのですが、会員限定のマーケットレポートの質が高いということで有名なFX会社です。それだけに、様々なマーケット情報を入手したいトレーダーにとって、なかなかメリットのあるFX会社です。

独自のチャートツールがあり、さらにはマーケット情報の質も高いひまわりFXは、数日から数週間と時間をかけてFX取引をするスイングトレーダーにほど、使いやすいFX業者と言えるでしょう。

公式サイトへ行く

著者情報
オールマイティなトレーダーを目指して日々奮闘中 投資で5000万円貯める事が目標。 基本ビビりなので日々可愛い利益をコツコツ貯めています。

RELATED