• アイネット証券は安心・納得を追及した始めやすいFXを目指す!

アイネット証券がFXのシステムトレーダーにオススメされる理由とメリット

2017年10月3日

FXを始めるにあたりどこの業者を選ぶかで悩むトレーダーは多くいるものです。
キャンペーンを参考にするべきか、スプレッドを比較するべきか、スワップポイントで選ぶべきなのか等、比較すべきポイントが多いだけに、一つに決めるのは難しいでしょう。

ただ、もしも自動売買に興味のあるならば、アイネット証券は非常に有用な業者となります。
自分で取引をするとどうしても感情が入ってしまい、冷静な取引ができないトレーダーほど、感情を排して取引を行える自動売買のシステムは魅力的なツールに見えることでしょう。

アイネット証券の公式ページへ

アイネットFXのサービスの特徴を徹底紹介!

FX業者の口座を開設するにあたり、その業者は本当に信頼できるのか、不安に思うこともあるでしょう。
アイネット証券は万が一の際にも安心な完全信託保全が完備されているだけでなく、自己資本規制比率も平成29年6月末日の時点で993.5%という優れた財務状況にある業者であるため、安全性が高いです。

さらに高機能な取引ツールが用意されており、アイネットFXで利用できる自動売買のサービス、「ループイフダン」はリピート系のシステムトレードのサービスとして高い評価を得ています。アイネット証券は他にも扱っている通貨ペアが豊富で、充実しているなどの特徴があります。

全9通貨、24通貨ペア。色々と試せるだけの通貨ペアの豊富さ

アイネット証券の強みの一つとして、まず通貨ペアの豊富さがあります。米ドルやユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、スイスフランなどの主要で、かつ人気のある通貨が用意されており、アイネットFXでは全9通貨、24通貨ペアでの取引が可能となります。

同じ米ドルでも、米ドル/円とユーロ/米ドル、英ポンド/米ドル、米ドル/スイスフランなど、ペアとなる通貨が異なると、それぞれのチャートの動きに特徴や差異が生じます。トレーダーによっては、米ドル/円よりもユーロ/米ドルの方が良いと感じる人もいることでしょう。
その点、通貨ペアが豊富なアイネットFXならば、様々な通貨ペアを試せるだけに、色々と実験したい人や、他の業者にはない通貨ペアを探している人にオススメとなります。

万が一にも安心。高い自己資本比率と信託保全の完備

もしもFXで取引をしている最中に業者が破綻してしまったら、口座にある大事な資金はどうなってしまうのでしょう?

せっかくFXで大金を稼げたとしても、業者が破綻してしまっては意味がありません。その点、自己資本比率が健全なアイネット証券は傍から見てとても安心に取引が出来る業者です。さらに、万が一破綻するような事態に陥ったとしても、信託保全が完備されているため、トレーダーの口座にある資産を守ることが出来ます。

実績あり。相場の値動きに合わせて取引するループイフダンで24時間自動売買が可能

アイネット証券の最大の強みといえば、やはりループイフダンでしょう。
自動売買というだけあって、ループイフダンを使用するとトレーダーは自分以外の第三者、この場合ですとシステムがルールに基づいて取引をしてくれるため、24時間いつでも取引チャンスを逃すことなく売買することが出来ます。

ただ、いくら自動売買といっても、その取引ルールに問題はないのでしょうか?もしもシステムに欠陥があると、自動売買を繰り返すごとに損失が発生するだけに、不安もあることでしょう。

その点、アイネット証券のループイフダンは実績があります。利用者からの評価も高く、もしも損失が発生しそうな場合には「マイセーフティ」機能と呼ばれるシステムを利用することで、リスクを最小限にコントロールすることが可能です。

自分で取引をしてもなかなか利益を積み上げられないトレーダーや、既に損失が発生しているのになかなか自分の意思でロスカットができないというトレーダーにとって、アイネット証券のループイフダンはメリットの高いサービスとなります。

詳しく見る

アイネット証券が他の業者には負けない、優位性のあるメリット

安全に取引がしたいのであれば他の大手の業者でも構いません。特に通貨ペアにこだわりがなく、米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/米ドルのようなよく使われる通貨ペアがあれば満足だというトレーダーならば、やはりアイネット証券でなくとも良いかもしれません。

その点アイネット証券のループイフダンは、まさにアイネット証券ならではのサービスとなります。
それだけに、自動売買に興味のある人ほどアイネット証券は優位性の高い業者となります。

またループイフダンはあらかじめ設定されているシステムを選択するだけで取引を始められるため、システムトレード初心者には使いやすいサービスとなります。

値幅はどの程度の幅にすれば良いのか、レンジ相場とトレンド相場のどちらの相場にも対応できるようにするにはどんな設定にすれば良いのかなど、システムトレードは始めるにあたって様々なことを決めておく必要があります。

既に自動売買に慣れたシステムトレーダーならば、自由に設定を組めることでしょう。
そうでないシステムトレーダーの場合は、まずアイネット証券が用意しているループイフダンから始めた方が、余計なことを考える必要がなく、楽にシステムトレードを始められます。

何よりループイフダンは実績のあるツールです。自由に設定できる自動売買は確かに慣れているトレーダーには良いツールなのですが、どのような設定をすれば利益が出せるのかがまだよくわかっていないトレーダーには扱いが難しいです。

全くの未経験のシステムトレーダーが0から設定を組んで自動売買をするよりも、たとえ未経験でも実績のあるループイフダンの方で取引をした方が、失敗するリスクが低く、デメリットも少ないです。
さらに、ループイフダンは他の自動売買のある業者と比べるとコストが低いというメリットもあるため、アイネット証券は余計な費用をかけずに自動売買を始めたい人には特にメリットの高い業者となります。

ループイフダンを詳しく見る

キャンペーンは安定のキャッシュバック!条件も比較的達成しやすいのも特徴

新規でFXの口座を開設するにあたり、キャンペーンの有無は欠かせません。FXの業者は新規に口座を開設したトレーダーに対して手厚いキャンペーンを用意していることで有名です。業者によっては取引に興味はなくとも、キャッシュバック欲しさに口座を開設する人もいるほどです。

そんなトレーダーを魅了して止まないキャッシュバックなのですが、その内容としては新規口座を開設したトレーダーに現金をプレゼントするキャッシュバックキャンペーンが多く、アイネット証券も同様にキャッシュバックキャンペーンを行っています。

アイネット証券が指定する条件さえクリアできれば、誰でもキャンペーンの恩恵を受けることができます。それだけに、アイネット証券で取引をする際には、どうすればキャッシュバックが受けられるかも確認しておきましょう。

  • 口座開設をしたトレーダーがもらえる3万円のキャッシュバックキャンペーン

アイネット証券では現在、新規に口座を開設し、取引をしたトレーダーを対象に3万円の現金をプレゼントするキャッシュバックキャンペーンが実施されています。

自動売買ができるFX業者の中において、アイネット証券のキャンペーンの金額はなかなかの高水準となります。

キャッシュバックの条件に関しても、新規の取引こそ必要となりますが、口座にお金さえ入っていればキャッシュバックの特典は受けられるため、資産が少ないトレーダーであっても条件を達成しやすいです。

FX業者によっては、50万円以上の入金がないとキャッシュバックが受けられないなど、入金に関して制限を設けることがあります。その点、アイネット証券の条件は口座開設完了日から30日以内に新規約定が500万通貨以上、南アフリカランド/円なら新規約定が5000万通貨以上という比較的易しい条件となります。

注意点としては、キャッシュバック反映日の口座残高が0円ですとキャッシュバックの適用外になるところです。といっても、0円でなければ問題はありません。それだけに、アイネット証券のキャンペーンは、資産が少ないトレーダーでも獲得するチャンスのあるキャッシュバック特典です。

キャンペーンの詳細

アイネット証券がトレーダーに選ばれる人気の秘訣は機能にあり?

アイネット証券は他の業者と比べると個性が強く、人によっては合わないかもしれません。しかし、相性の良いトレーダーともなると非常に便利で、使い勝手が良く有用なFX業者となります。

アイネット証券はスプレッドやスワップポイントなどに関して言うと特に優位性があるわけではなく、そこそこのレベルとなります。約定スピードも決して速いとは言えません。

ただ通貨ペアは豊富であり、様々な通貨ペアでの取引が試せるというメリットがあります。
さらに、アイネット証券の「ループイフダン」で取引をする場合、本来なら取引単位は1万通貨からなのですが、「ループイフダン」で取引をする場合は1000通貨から可能となります。

さらにスプレッドに関しても、自動売買ができる業者の中では、アイネット証券のスプレッドは低い方であるため、低コストでシステムトレードを始めたいトレーダーほどメリットの高い業者となります。

アイネット証券のスプレッドとレバレッジ、スワップには注目しておくべき

アイネット証券は普通にトレードをする場合、スプレッドとレバレッジ、そしてスワップポイントに関してはあまり魅力が感じられないかもしれません。

スプレッドは他の業者と比べると広く、米ドル/円のスプレッドも0.7銭から1.0銭と広めです。なによりスプレッドは固定ではなく変動のため、取引の状況によってはコストが拡大するリスクがあります。

レバレッジは最大25倍であり、他の業者と比べて遜色はありません。スワップポイントは豪ドル/円なら1万通貨あたり42円、NZドル/円ならば1万通貨あたり48円となります。スワップポイントに関して言えば、それなりに高い水準といえます。

アイネット証券のスプレッドは裁量トレードですたとあまり魅力がないかもしれません。しかし、「ループイフダン」で取引をする場合、米ドル/円のスプレッドは2.0銭になります。これは他の自動売買ができる業者と比較すると狭い水準となり、コスト面から見るとなかなか魅力的な数字となります。

取扱い通貨ペアや最小の取引単位を解説。取引でかかる費用は?

アイネット証券は通貨ペアに関しては非常に豊富であり、様々な通貨ペアで取引をしたいトレーダーにほど魅力的な業者となります。

扱っている通貨は米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、南アフリカランド、そして円の9通貨となります。このうち、24通貨ペアが用意されており、取引できます。

通貨ペアが豊富ですと、一つの通貨ペアにとらわれる必要がないため、その日もっとも取引チャンスの多い通貨ペアを選択して取引をするといった、柔軟性の高いアプローチが可能となります。

アイネット証券の取引単位は基本的には1万通貨からとなります。そのため、初心者にはリスクの高い業者になるかもしれません。ただし、「ループイフダン」で取引をすると、1000通貨からの取引が可能となるといった特徴があります。それだけに、自動売買に関して言えばリスクの低い取引が行えるといったメリットがあります。

取引手数料は無料です。さらに、クイック入金と出金に関してはアイネット証券が手数料を負担してくれるので、無料となります。ただし、マッチング入金をする際の振込手数料に関しては、トレーダーが負担することになります。

アイネット証券の約定スピードと約定率は他と比べて魅力はあるの?

約定スピードと約定率に関していうと、アイネット証券はあまり優れていません。一応、約定能力に関して言うと、使えるレベルには至っています。ただ、約定スピードに関して言うと他の業者よりも特に優れているということもなく、注文をしても約定するまでに数秒の遅れがあるかもしれません。

それだけに秒単位で取引をするようなスキャルピングや短期で売買をするデイトレーダーには魅力が感じられないかもしれません。アイネット証券はやはりシステムトレードをやりたいトレーダー向きの業者と言えるでしょう。

アイネット証券の公式ページ

重要な注文方法は?取引ツールを覚えて、チャート分析に役立てよう

アイネット証券も他のFX業者と同じように為替相場を対象に為替取引が行えます。
ただ、裁量トレードが中心の業者と違い、アイネット証券にはループイフダンという自動売買の取引ツールがあるだけに、取引をするあたってその特徴や使い方、注文方法などはしっかり覚えておいた方が良いでしょう。

ループイフダンは他の業者の自動売買のツールと比べると、初心者でも利用しやすい仕様となっています。
一旦使い方を覚えてしまえば、それこそ24時間チャートを見る必要がなく、取引をすべてシステムに一任できるだけに、普段は仕事が忙しい人であっても、まるで専業トレーダーのように取引することが出来ます。

アイネット証券の「ループイフダン」とは?どんな取引ツールなの?

ループイフダンはアイネット証券が提供している自動売買の取引ツールです。裁量性のトレードと違い、ループイフダンは自動売買のツールというだけあって、新規の注文から決済注文まで、全てをシステムが自動的にやってくれるため、チャートを常にチェックする必要がなく、何よりも感情を一切排した冷静なトレードができるというメリットがトレーダーにありあす。

そんな自動売買のシステムなのですが、具体的にどのようなサービスなのでしょう?
自動売買というと複雑なルール設定があるように感じられますが、ループイフダンの自動売買の仕組みはとてもシンプルで、初心者であってもわかりやすいです。
ループイフダンの仕組みとは、一定の価格変動に対して売買を繰り返し行うというものであり、トレーダーはループイフダンを利用するにあたって特に面倒な設定の変更を行う必要はありません。

一定の変動があった時のみならず、トレンドが発生した際にも自動的に売買を繰り返し、利益を狙って売買を行ってくれるため、方向感が読み辛いボックス相場からトレンド相場まで幅広く対応しているという強みがあります。

ただ、口で言うのは簡単なのですが、実際の運用実績はどうなのでしょう?
ループイフダンには、3ヶ月間にわたって資産運用を任せてみた結果、13800円もの利益を獲得したことがあるという実績があります。その時の取引期間は2016年11月3日から2017年1月31日までで、通貨ペアはUSD/JPY、最大ポジションは40、決済回数は1091回とのことです。

同じ条件下で、もしも裁量性のトレードで利益を出そうとした場合、取引チャンスを逃さないように3ヶ月間にわたって延々と自分の目でチャートを見ることになったでしょう。
その点ループイフダンは自動売買の取引ツールのため、3ヶ月間一度もチャートをチェックせずとも、勝手に利益を得られたということになります。

他の業者と違い、トレーダーはレンジを予想する必要がありません。
それぞれの通貨ペアのボラティリティに合わせ、事前に設定されている最適な値幅を選択するだけとなります。レンジを予想する必要がないだけに、まだシステムトレードに不慣れなトレーダーであっても使いやすい取引ツールとなります。

噂のループイフダン使い方は?

アイネット証券のループイフダンを使用する場合、新規注文から決済注文まで、全てをシステムが自動的に行ってくれます。ただ、自動売買をするにあたり、事前に設定すべき項目があります。

まず、ループイフダンの見方なのですが、Bが買い注文で、Sが売り注文となります。Bは上昇相場に対応した注文のタイプで、Sは下降相場に対応した注文のタイプとなります。

選べる通貨ペアは5種類で、ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円、ユーロ/ドルとなります。

トレーダーはループイフダンを使用するにあたり、値幅を選択することになります。例えば15を選択した場合、ループイフダンは15pipsの変動がある度に新規の注文と決済を繰り返すことになります。
だいたい一つの通貨ペアに対して3から4種類の値幅が用意されているため、トレーダーはその値幅のうちの一つを選択することになります。

設定の方法をまとめると、まず通貨ペアを選択します。
次に「売り」か、「買い」かを選択します。そして値幅を選択することになります。
これが普通の業者の場合、値幅に関しては本当に自由に決めることになるため、まだシステムトレードに不慣れなトレーダーの場合、どの程度のレンジにすれば確実に利益が獲れるのか、判断がし辛いです。

その点、ループイフダンはそれぞれの通貨ペアのボラティリティに準じた値幅が複数用意されているため、初心者でも選びやすいというメリットがあります。
ループイフダンは確かに実績のあるツールですが、だからといっていきなり大金を預けるような真似は止しましょう。まだ取引に慣れていないうちは、1000通貨あたりから始めると少ないリスクで自動売買ができます。

ループイフダンで取引をするにあたり、取引数量を選択することになります。この時、1を選択すれば、1000通貨で取引できます。10を選択すると10000通貨での取引となります。
さらに、最大ポジション数も、設定時に決めることになります。自動売買をするにあたり、保有するポジションをあまり増やしたくないのであれば、最大ポジションは少な目に設定しておきましょう。

さらに、ループイフダンが上手く機能せず、損失が拡大してしまった時のために、マイセーフティ機能を有効化しておきましょう。
マイセーフティ機能を使用し、損失額を任意で設定すると、その設定された損失額が発生した際に自動的に保有ポジションを全決済し、さらにループイフダンの稼働を停止させることができます。

このようなリスク管理の機能も忘れずに有効化させることで、リスクを許容範囲内に抑えつつ、自動売買を始めることが出来ます。

詳しく見る

アイネット証券を使うとどんなチャートツールが使用できるの?

トレーダーが今後の為替相場の動向を予測、そして分析をする上でチャートツールは欠かせません。役に立つチャートツールがないと、相場が予測し辛いのですが、アイネット証券ではどのようなチャートツールが用意されているのでしょう?

アイネット証券が用意しているi-NET TRADERをダウンロードすることで、アイネット証券の豊富なチャートツールを使用することができるようになります。

i-NET TRADERを起動させることで、パソコンの画面にチャートを表示させることが出来ます。この画面は複数の通貨ペアのチャートを重ねて表示することが出来るため、一つの画面で別々のチャートをチェックすることも可能です。

i-NET TRADERでは44種類の豊富なテクニカルチャートを使用しています。

  • ローソク足
  • 平均足
  • 一目均衡表
  • ボリンジャーバンド
  • MACD
  • 単純移動平均線
  • 加重移動平均線
  • 指数平滑移動平均乖離率
  • DMI
  • フィボナッチ
  • トレンドライン
  • ホリゾンタルライン
  • トレンドチャネル
  • アルティメットオシレーター
  • VLDMI
  • ADライン
  • RCI
  • ストキャスティクス
  • %Rオシレーター
  • サイコロジカルライン
  • ROC
  • 篠原レシオ
  • シャンデモメンタムオシレーター

など、多岐にわたるチャートツールがあります。

さらに、アイネット証券では過去の取引履歴や取引内容を分析できる機能があります。
一体自分はどの通貨ペアに強いのか、どの通貨ペアが苦手なのか、取引しやすい時間帯はあるのか、逆に取引しても失敗しやすい時間帯はあるのかなど、自分の取引スタイルを客観的に見直すヒントとなることでしょう。
i-NET TRADERはパソコンのみならず、androidやiPhoneでも使用することができるため、外出先でもスマホさえあればチャートをチェックできます。

さらに、気になった箇所にコメントを載せることができる「つぶやきchart」機能を使用することで、チャートをより自分にとって見やすいものへと洗練させることも可能です。

無料口座開設

アイネット証券で取引を始めるには何をすれば良いの?口座開設までの流れを解説

ループイフダンといったユニークな自動売買のツールがあるアイネット証券ですが、いざ取引を始めるためには口座を開設する必要があります。
その手続きはどうやれば出来るのでしょうか?さらに、手続きをする上で何が必要となるのでしょう?

アイネット証券はインターネットに接続できる環境があれば、手続きはそれほど面倒ではありません。
必要なものといえば身分証明書くらいで、いざ申し込みを始めると10分程度の作業で手続きは完了となります。手順を守って申し込み手続きをすれば、滞りなくアイネット証券で取引が始められるでしょう。

取引を始める前に何を用意しておいた方が良いの?どんな準備をすべき?

アイネットFXの口座を開設するためには、本人確認書類が必要不可欠です。さらに、2016年1月よりマイナンバー(個人番号)がFXの取引をするにあたって必要となりましたので、マイナンバーも併せて提示することになります。

本人確認書類を用意する場合、個人番号カードを所有しているのであれば、それがマイナンバー確認書類と本人書類の二つを兼ねているため、他の確認書類は不要となります。

ただし、マイナンバーカードがない場合は、マイナンバーがわかる通知カードか、マイナンバー付きの住民票が必要となります。
さらに、顔写真の身分証明書が一点必要となりますので、運転免許証かパスポート、在留カード、住民基本台帳カードなどを用意しておきましょう。
もしも顔写真付きの身分証明書がない場合は、健康保険証か年金手帳、印鑑証明書、住民票の写しなどの本人確認書類の中から2点が必要となります。

これらの確認書類を用意したら、申し込み手続きをするにあたり、携帯電話やスマホ、デジカメ、スキャナーなどで本人確認書類を撮影し、画像データをアップロードすることになります。
アップロード以外にも、メールや郵送、FAXなど、本人確認書類を送付する方法がありますので、もっとも利用しやすい方法を選択し、本人確認書類を送付しましょう。

基本的に口座開設の手続きをするにあたって用意するものは本人確認書類とマイナンバーくらいなのですが、取引をするためには証拠金が必要不可欠です。
取引をする上で必要な資金も用意しておきましょう。また、申し込みから口座開設までの流れは以下の通りです。

 ◎ステップ1
口座を開設するにあたり、まずアイネット証券のWEBサイトにアクセスし、「口座開設」をクリックしましょう。次に確認事項に目を通したら、申し込みフォームに必要事項を入力してください。

 ◎ステップ2
申し込みフォームで必要事項を入力したら、次は本人確認書類を送付することになります。確認書類をアップロードするなどして送付が完了したら、次は審査となります。申し込みフォームの内容や本人確認書類に特に不備がなく、問題がなさそうであれば、やがて審査が終わり、ログインIDが発行されます。

 ◎ステップ3
審査終了後にログインIDと口座関係の書類が送られます。早ければ翌々日には届き、口座を開設できます。

 ◎ステップ4  
ログインIDとパスワードを受け取ったら、次は入金の手続きをしましょう。新しく開設した口座に、取引に必要な資金を入金したら、いよいよトレードを始められます。

無料口座開設

アイネット証券に向き不向きなトレーダーってどんなタイプ?

アイネット証券は数あるFX業者の中でも癖の強い業者です。自動売買取引に特化しているため、システムトレードに興味のある人には大いに役立つ有用な業者となるでしょう。その一方で、自分の裁量でトレードをしているような人には向いていません。なにしろスプレッドは広く、約定スピードも遅いだけに、スキャルピングをしている人ほど不向きな業者となります。

ただハッキリと向き不向きがわかるだけに、利用しやすい業者ではあります。たとえ裁量性トレーダーだったとしても、メイン口座とは別の予備口座や第二口座として使い、余った資金で自動売買をするといった取引をすることも可能っです。

アイネット証券が向いているトレーダーのタイプとその理由とは?

 ◎システムトレーダーが向いている理由とメリットとは?
アイネット証券にはループイフダンという自動売買のツールがあるだけに、システムトレーダーに向いている業者となります。ループイフダンを使用する場合は他の業者と比べて使いやすく、初心者システムトレーダーでも注文しやすい仕様となっているだけに、やはり自動売買を始めたい人や、コストをかけずにシステムトレードをしたい人に向いている業者となります。

 ◎FXの第二口座を探している人とアイネット証券が役立つ理由
FXをするにあたって口座は一つしか持てないなどのルールや取り決めはありません。作ろうと思えば複数の口座を作ることは可能ですし、何より口座が複数あると様々な業者のサービスが利用できるので、非常に便利です。
 
初心者システムトレーダーでも使いやすい自動売買のツールはとても魅力的であり、無視するには惜しいです。
なによりキャンペーンも高額であるため、メイン口座として使うというよりも、予備口座や第二口座を探しているトレーダーにはちょうど良い業者となります。

自動売買の良いところはトレーダーが何もせずとも勝手に取引してくれるところです。お金を入れて、勝手に売買して、利益を出してくれるならそれに越したことはありません。メイン口座として使うつもりはなくても、第二口座として使う分にはなかなか重宝しやすい口座です。

アイネット証券が向いていないトレーダーとは?なぜダメなの?

 ◎アイネットFXのツールが裁量性トレーダーには向いていない理由とは?
アイネットFXは他社と比べるとスプレッドが広く、約定スピードが遅いため、裁量性トレーダーには向いていません。
特に一分一秒を競って取引をするようなスキャルピングや、デイトレードのような短期売買をしているトレーダーにとって、約定スピードの遅さは死活問題です。約定スピードが遅いとエントリーのタイミングを外し、損失を被るリスクすらあるだけに、短期売買をするトレーダーはアイネットFXは使用しない方が良いです。

 ◎これからFXを始める予定の初心者が不向きな理由とは?
今まで一度もFXをやったことがないような初心者トレーダーは、アイネット証券を利用しない方が良いです。というのも、アイネット証券は基本的にシステムトレーダーのための業者と考えた方が良く、裁量性のトレーダーはもちろん、初心者にも不向きです。どちらかといえば、アイネット証券は既にFXの仕組みや特徴、メリットやデメリットを経験で知っている中級者以上のトレーダー向きの業者です。

まだFXをやったことがない初心者トレーダーがアイネット証券を始めたところで、ループイフダンのような自動売買のツールを使いこなすことは難しいでしょう。初心者トレーダーがFXを始めるのであれば、1からFXを教えてくれるような大手の業者の方が良いです。

詳しく見る

アイネット証券を他業者と比較。比較して初めて気づくポイントとは

アイネット証券は基本的にシステムトレーダーのための業者といった特徴があります。それだけに、システムトレードをする人にはメリットが多いのですが、自動売買に興味のない人や、やる予定のない人には全くメリットのない業者となります。

むしろFX業者の中ではスプレッドが広く、約定スピードも遅い部類の業者となりますので、裁量性でトレードをするとかなり使い辛いです。特にスキャルピングをしているトレーダーの場合、数秒の約定スピードの遅れが命取りになることもあるだけに、デメリットが多い業者となります。

アイネット証券よりも約定スピードが速く、スプレッドが狭い業者は他にいくらでもあります。アイネット証券にこだわってスキャルピングやデイトレードをするメリットはほぼ皆無といって良いでしょう。

確かにスマホでも取引をすることが出来るという特徴こそありますが、約定スピードが遅いのであればスマホだろうとパソコンだろうと関係なく使えません。何より今の時代、スマホや携帯電話に対応しているFX業者は他に沢山あります。

アイネット証券は確かに通貨ペアが多彩という特徴こそありますが、他の通貨ペアを試す予定のないトレーダーからすれば、特にメリットでもなんでもない、どうでもいい特徴です。特に、既に使う通貨ペアを一つか二つに絞っているトレーダーにとって、いまさら他の通貨ペアに変えるつもりなんてまずないでしょう。

アイネット証券は別に使えない業者というわけではありません。ただ、他の業者と比べると機能の質が低いだけに、裁量性トレーダーにとってメリットの薄い、魅力に欠ける業者となります。

公式ページへ

アイネット証券を選ぶ時に注目すべきポイントと魅力

アイネット証券の最大の魅力と言えば、やはり自動売買のツール「ループイフダン」があることでしょう。システムトレードは自分以外の第三者が勝手に取引をしてくれるだけに、どんなトレーダーも多少の興味はあるものです。

普段は自己の裁量でトレードをしている人であっても、やはり自分以外の第三者が利益を稼いでくれるのであれば、使ってみたいと思うことでしょう。アイネット証券の「ループイフダン」は、そんなシステムトレードに興味こそあるけれど、また自動売買をやったことがない人にほど魅力のあるサービスです。

いちいちレンジを予想する必要がなく、数ある選択肢の中から選ぶだけなので、初めてシステムトレードをする人であっても注文や設定の仕方に難儀することもないでしょう。さらに、自動売買ができる業者の中で比べるなら、アイネット証券はスプレッドが狭い方になるだけに、低コストで自動売買ができるというメリットもあります。

アイネット証券はまさにシステムトレードを始めるキッカケとなりやすい業者となります。
通貨ペアも他の業者と比べて多彩で豊富です。今まで色々な通貨ペアを試してきたけれど、どうしても自分の取引スタイルに合う通貨ペアが見つからなかったというトレーダーは、一度アイネット証券の口座を開設し、様々な通貨ペアでの取引を試してみると良いかもしれません。

FX業者といえば新規口座を開設した人に対して高額のキャッシュバックキャンペーンを実施していることが多いです。
しかしキャッシュバックの金額に対し、条件が厳しいことが多く、中にはキャッシュバックを受けるにあたって口座に10万円以上の入金をする必要があるなど、お金がないトレーダーには難しい条件が設定されていることがあります。

その点、アイネット証券は新規口座を開設するにあたり、入金の額に関しては特に条件を定めていません。一定水準の取引量を達成すれば条件達成ということで、3万円のキャッシュバックが貰えます。

取引の条件が他と比べて簡単な事と、何より3万円のキャッシュバックは非常に高額です。アイネット証券の口座を開設するならば、ぜひともキャッシュバックはゲットしておいた方が良いでしょう。

アイネット証券で口座開設

著者情報
オールマイティなトレーダーを目指して日々奮闘中 投資で5000万円貯める事が目標。 基本ビビりなので日々可愛い利益をコツコツ貯めています。

RELATED