• FXで重要視される指標米雇用統計!内容や取引への活かし方とは?

為替相場へのインパクトの大きい米雇用統計を抑えておくことで勝率アップ!?

2017年5月13日

FXを始めると各国の経済指標などが為替相場に与える影響が非常に大きいことが分かります。
特にインパクトが大きいのが米雇用統計です。基軸通貨でもある米国の経済情勢は世界各国へ影響があります。

重要視される米雇用統計の内容や、取引への活かし方、抑えておくべきポイントなどについて考えていきたいと思います。

為替市場へ与えるインパクトも大きい「米雇用統計」について

毎月発表されている米雇用統計とは何のことでしょうか。また、どれくらい重要な指標なのでしょうか。
ここでは、米国の経済指標のなかでも為替市場へ与えるインパクトの大きい雇用統計について、どのような指標なのか解説いたします。

指標の重要さを知ることで、相場を読みやすくなったり、リスク管理しやすくなりますので、しっかりと把握したうえで取引するようにしましょう。

覚えておきたい!米雇用統計とは何?どんな指標でどれくらい大事なのか

米雇用統計とは、毎月発表され、結果によって為替相場を大きく動かす指標です。雇用統計といっても1つの指標だけではありません。
特に注目度の高い重要な失業率や非農業部門雇用者数の他に、製造業就業者数、小売業就業者数、週労働時間、平均時給、建設業就業者数など、多数の項目があります。

このようにいくつかの指標がありますが、特に大事な米雇用統計は失業率と非農業部門雇用者数です。失業率とは失業している人の割合です。失業率が高いと雇用情勢としては決してよくありませんし、経済状況が芳しくないということですので、当然失業率は低い方が良しとされます。

失業率は16歳以上の男女で(失業者÷労働力人口)×100で算出をし、軍の人や労働の意志がない人は含まれません。非農業部門雇用者数は、自営業や農業従事者以外の仕事に就いていて給料をもらっている人たちの数です。
給与支払い帳簿をもとに集計をされます。
また、非農業部門雇用者数のなかでも特に製造業の人数が注目されています。

失業率も非農業部門雇用者数も米労働省労働統計局が発表しています。これらの指標は米国の雇用情勢を計る非常に大事な数値です。
これらの雇用統計の結果次第で米国の景気の良し悪しが分かるだけでなく、各国へも悪影響が出る可能性があり、米国の金融政策を決めるFRBが最も重要視する指標でもあります。

毎月行われる発表時は為替市場が大きく値動きする場合がありますので注意が必要です。
失業率は予想より高ければドルが売られ、予想よりも低ければドルが買われ、非農業部門雇用者数は予想より高ければドルが買われ、予想より低ければドルが売られるのが一般的です。

米雇用統計を取引に活かしたい場合の方法とは?

米雇用統計が米国にとって非常に重要な指標であり、為替に大きなインパクトを与えるものであることは分かりましたが、実際の売買取引に活かすにはどうしたらいいのでしょうか。
また、雇用統計の発表前と発表後では、どちらのタイミングの方が利益を得やすいのでしょうか。
ここでは、米雇用統計を取引に活かす場合の方法について確認していきます。

雇用統計発表直後に取引するのがいいのか、発表直前に取引するのがいいのか

米雇用統計が発表される直前にポジションを持った方がいいのか、それとも統計が発表された直後にポジションを持った方がいいのか、絶対的な答えはありません。
各投資家によって雇用統計発表前後の取引方法が異なります。

発表直前にポジションを持つメリットは、発表後に大きく値動きするため、読みが当たっている場合は、大きな利益を得れる可能性があることです。
さまざまな情報を得たうえで、失業率や非農業部門雇用者数が予想より高いか低いかを読み、ポジションを持ちます。
ドル高になると読みポジションを持っても、読みが外れてドル安になる場合もあります。大きな利益を得やすいメリットがある一方で、大きな損失も負いやすいというデメリットもあります。
次に、雇用統計発表直後にポジションを持つ方法です。

この場合、既に予想に対して実際の数値が発表されています。
「この結果であればドル高・ドル安になる」という結果を見て取引ができますのでリスクを抑制することが可能です。
しかし、発表直後に大きく値動きし、その後ほとんど値動きしない場合もあります。取引のタイミングが遅ければ高値で掴まされる場合もあります。

必ずしも予想と結果の関係性が決まっているわけではありませんが、非農業部門雇用者数で予想より結果が高かったとしても、ドル安に動くこともあります。
複合的要素により値動きしますので絶対はありません。

そのうえで、発表直前は利益も損失も大きくなる可能性があり、発表直後は利益も損失も小さくなる可能性があると把握しておきましょう。
長期保有であればまだ良いですが、短期取引の場合は直後の方が確実性が高いためおすすめです。

米雇用統計発表で利益を出すには?ベーシックな方法を抑える

米雇用統計の発表で利益を出すにはどうしたらいいのでしょうか?
ベーシックな方法としては、失業率が予想より低い、非農業部門雇用者数が予想より高い場合は、ドル高になると見越してドルを買う、失業率が予想より高い、非農業部門雇用者数が予想より低い場合は、ドル安になると見越してドルを売ることです。
タイミングが遅いと値が戻ることで損失を負う可能性がありますが、これらの方法で利益を得ることは可能です。予想と結果の数値の乖離が大きいほどインパクトがあり、相場の動きが大きくなります。

雇用統計発表後にスキャルピングをする場合は?値戻りを狙う方法もある

スキャルピングを行うにしても絶対的な方法はありません。前述のとおり、失業率であれば予想より高いとドル安、予想より低いとドル高、非農業部門雇用者数であれば予想より高いとドル高、予想より低いとドル安という流れが一般的です。
統計の結果、ドル高ドル安に動くのは一時的な場合も少なくありません。

例えば、ドル高の上昇トレンドに入っている場合に、これらの統計の結果によって、ドル安に動いたとしても一時的に相場が動くだけで、値を戻すことがあります。
そのため値が戻るのを狙って利益を狙う方法もあります。
上昇トレンドのなか雇用統計発表により、一時的にレートが下がったタイミングで値戻りを期待してポジションを持つというやり方です。
逆も同様で、大きなトレンドとして下降トレンドに入っている場合に、雇用統計の発表で一時的にレートが上がったタイミングで売ります。
そうすると、それまでの大きなトレンドへ値が戻った場合には利益を得れます。
当然、値が戻らなかった場合は損失を負う可能性はありますが、利益を狙いたい場合に取り組む一つの方法として認識しておくと良いでしょう。

雇用統計を活かして取引する場合に気をつけたい・抑えておきたいポイント

発表直後は大きなトレンドか突発的なトレンドのどちらかに沿って取引

発表直後に取引する場合は、トレンドに逆らわないことが大事です。
トレンドは雇用統計が発表されるまでの大きなトレンドと、雇用統計の結果によって発生する突発的なトレンドがあります。
突発的なトレンドは雇用統計の予想に対しての結果にもよりますが、大きなトレンドと突発的なトレンドの方向性が合う場合は、トレンドに合わせてポジションを持つことで利益を得ることができ、トレンドと逆のポジションを持ってしまうと損失を負う可能性があります。
大きなトレンドと突発的なトレンドの方向性が反する場合は、大きなトレンドへ値が戻ることを考えポジションを持つか、突発的なトレンドに沿ってポジションを持つかのどちらかです。
投資スタイルにもよりますが、それぞれのトレンドに沿った取引をすることが大事です。

FXに100%はない雇用統計の結果だけで相場が動くわけではない

まず、覚えておかなければならないのは、FXに100%はないということです。
雇用統計は為替相場に大きな影響を与える指標ではありますが、雇用統計だけで相場が動いているわけではありません。
他にもさまざまな要素が絡み相場が動いています。
そのため、100%動きを読むことはできませんので、どんな場合も利益を得る可能性とともに、損失を負う可能性があります。
雇用統計発表を活かして取引することも大事ですが、タイミングや状況によっては、取引をしないという選択肢を持つことも大事です。
取引をする場合、長期的な取引スタイルの場合は雇用統計よりも大きなトレンドを意識したポジションの持ち方が良いでしょう。
スキャルピングなど短期的な取引スタイルの場合は、突発的なトレンドに沿ったポジションを保有することか、それまでのトレンドに値が戻るのを狙って保有するかのどちらかです。

取引する際には、高レバレッジを掛けることは避けた方が良いでしょう。
経験豊富なトレーダーであれば良いですが、初心者であれば、大きな損失へと繋がる可能性があります。極力リスクを抑えた取引をしましょう。

雇用統計の情報をリアルタイムでキャッチすることが大切

何よりも雇用統計の情報を早く得るようにしましょう。通常のニュースサイトなどに掲載されることは少なく、掲載されたとしても発表からかなり時間が経過してからの場合が多いです。FX業者が提供しているニュースを利用するのが素早く情報を得れるポイントでもあります。素早く情報を得ることで、取引の選択肢が増えます。

重要なのは失業率と非農業部門雇用者数の2つ相場の動きを把握しておくこと

非常に重要視される米雇用統計ですが、たくさんの項目があるなかで、特に重要なのは失業率と非農業部門雇用者数の2つです。
これらの指標が予想に対してどのような結果が出るかによって、相場がどう動く可能性が高いかは把握しておきましょう。
そのうえで取引に活かすようにしましょう。

ただし、相場・FXに100%はありませんので、利益を得る可能性と損失を負う可能性は常にイコールであることを念頭においた上で、取り組むようにしましょう。

著者情報
自虐に突っ走る投資初心者。腹八分目を肝に銘じつつ、欲と恐れと戦いながらどこまで我慢できるか毎日チキンレース繰り広げてます。

RELATED