• トレンド転換を読む!サポートラインやレジスタンスラインの活用

分析にはトレンドラインを知ることが大切

2017年7月6日

投資で勝つためには相場の動きを精度高く読まめなければなりません。
そうすることで、勝率を高めることができ、利益をあげることができます。相場を読む際に使えるのがトレンドラインです。誰でも簡単に引くことができ、上昇トレンドや下降トレンドの勢いやトレンド転換点を予測できます。

他にもたくさんの分析ツールがありますが、使いこなせるまでには時間を要します。
トレンドラインであれば経験の浅い方でも使うことができ、上昇トレンドや下降トレンド、ボックス相場など、多くのシチュエーションで活用できます。

トレンドラインが崩れていないのに価格が上昇(下落)した場合

相場の動きを読むためにトレンドラインを活用することは基本です。
サポートラインやレジスタンスラインを引くことで、市場参加者が意識しているポイントを分かりやすく現せます。ここではトレンドライン付近で下げ止まったり、上げ止まったりした場合に、その後どのような動きが予想されるのか、またトレンドラインを割り込んだ場合はどういった動きが予測できるのかについて確認していきましょう。

トレンドライン(サポートライン)付近で下げ止まった場合は今後どう動く?

トレンドライン付近で下げ止まった場合は、今後どのような動きが予想されるのでしょうか。
また、その理由は何なのでしょうか。トレンドラインには上昇トレンドなどの際にローソク足の安値部分を結んだ下値支持線であるサポートラインと、下降トレンドなどの際にローソク足の高値部分を結んだ上値抵抗線であるレジスタンスラインとあります。

サポートライン付近まで価格が下がり、下げ止まった場合は再び上昇する可能性があります。
これは多くの投資家がサポートラインを意識しているためです。サポートラインは、それまでに何度も価格が下がり止まっている位置のため、多くの市場参加者が意識をするポイントになります。

そのため、サポートライン付近まで下がると「また上昇するだろう」と、多くの買い注文が入ります。
多くの買いが入ることで、それ以上価格が下がりづらくなり、上昇します。サポートライン付近まで価格が下がる→多くの買いが入り再び上昇する→またサポートライン付近まで下がる→また上昇する、という動きを何度か繰り返します。

つまりサポートラインが形成できる際は、ライン付近まで下がると再び上がる可能性があるということです。この動きを利用して押し目買いにより利益をあげることが可能です。サポートラインを割って価格が下がる場合もありますが、上昇局面での一時的な下げを狙って押し目買いを入れる方法は効果的です。

トレンドライン(レジスタンスライン)付近で上げ止まった場合は今後どう動く?

サポートラインだけでなく、レジスタンスラインも同様です。
それまでに何度も価格が上がり止められている位置のため、多くの市場参加者が「また上げ止まり、下がるのではないか」と意識をするポイントになります。そのため、レジスタンスライン付近まで価格が上がると、売り注文が入り価格が再び下がりやすいです。

そして、またレジスタンスライン付近まで上昇し、再び下がる動きを繰り返したりします。
レジスタンスラインが形成されたら、この動きを利用して戻り売りにより利益をあげることが可能です。レジスタンスを超えて上昇する可能性もありますが、チャンスと捉えることができます。

トレンドラインを割り込んだ場合はトレンドが転換する可能性がある

サポートラインやレジスタンスライン付近で上昇・下降する動きを狙って、押し目買いや戻り売りで利益を得ることもできますが、そのままトレンドラインを割り込む場合もあります。
サポートライン付近まで価格が下がり、そのまま下げ止まらずにラインを割った場合は売りシグナルです。

ローソク足がサポートラインを割って、さらに下落することをブレイクダウンとも言います。
ブレイクダウンが現れた場合は上昇トレンドから下降トレンドへトレンドへと転換する可能性があります。また上昇する場合もありますが、急激に売りが集まり急落することも考えられます。レジスタンスラインの際も同様です。

ライン付近まで価格が上がり、そのままレジスタンスラインを超えて上昇する場合はブレイクアップと呼び、買いシグナルです。
下降トレンドから上昇トレンドへの転換点となりえます。
ブレイクアップが現れた場合は、また下がることもありますが、大きく上昇する可能性があります。絶対ではありませんが、ブレイクダウン=売りシグナル、ブレイクアップ=買いシグナルになる可能性があることを把握したうえで、取引をしましょう。

ボックス相場におけるトレンドラインの引き方や活用の仕方

上昇トレンドや下降トレンドにおいてはトレンドラインが引きやすいですが、ボックス相場でトレンドラインを引くにはどうしたらいいのでしょうか。

また、そもそもボックス相場で儲けることは可能なのでしょうか。
ここではボックス相場でのサポートラインとレジスタンスラインの引き方、トレンドラインを利用しボックス相場で儲ける方法などについて解説しています。

ボックス相場におけるトレンドラインとは?どうやって引くの!?

ボックス相場とは、ある値幅の範囲内で上がり下がりしている状態のことを指し、レンジ相場とも呼ばれます。
需給バランスが合致している際や、相場に影響を及ぼすような材料がない場合などにボックス相場になりやすいです。上昇トレンドの際はローソク足の安値を結んでサポートラインを、下降トレンドの際はローソク足の高値を結んでレジスタンスラインを引けます。

しかし明確なトレンドのないボックス相場の際は、どのようにしてトレンドラインを引けばいいのでしょうか。
ボックス相場のトレンドラインは水平に引きます。サポートラインは上昇トレンドのため右上に向かって伸びる斜線です。レジスタンスラインは下降トレンドのため右下に向かって伸びる斜線です。

ボックス相場は上昇トレンドも下降トレンドもありませんので、ローソク足の高値同士、安値同士を結んで水平ラインを引きます。
ボックス相場はある値幅の範囲内で上がり下がりを繰り返します。水平のサポートラインとレジスタンスラインを引くことで、水辺ラインがある位置が反転するポイントであることが分かります。
つまりライン付近は押し目買いや戻り売りのチャンスがあるということです。

ボックス相場は儲けられないイメージ利益を狙うチャンスはあるの?

上昇トレンドや下降トレンドなど、明確にトレンドがあると利益を得やすい傾向はありますが、ボックス相場もサポートラインやレジスタンスラインなどを使えば、利益を狙うことが可能です。
ボックス相場では、サポートラインとレジスタンスラインを両方を引くことで、ライン内の範囲で相場が上がり下がりを繰り返していることが分かりやすくなります。

そして何か市場が反応する材料が出ると、上昇トレンドや下降トレンドに移行します。
ボックス相場の際も、サポートラインをローソク足が割り込めばブレイクダウンとなり、売りシグナルです。一気に下降トレンドに移る可能性があります。逆にレジスタンスラインをローソク足が超えればブレイクアップで買いシグナルです。上昇トレンドに移る可能性があります。

ボックス相場の際に、ライン付近まで価格が上がり下がりした場合は、押し目買いや戻り売りのチャンスを伺いつつ、ブレイクダウンやブレイクアップしないかどうかも注意深く観察しましょう。
ある種、上昇トレンドや下降トレンドよりも相場の動きが読みやすく、ボックス相場を得意とするトレーダーもたくさんいます。

ボックス相場で利益を狙うには?安値の切り上げ・切り下げを観察する

サポートライン、レズスタンスラインを水平に引き、ライン内のローソク足は、除々に安値を切り上げたり、安値を切り下げたりするレンジに移行します。
安値を切り上げたレンジでは、レジスタンスライン付近までローソク足が上がるものの、サポートライン付近まではローソク足が下がらなくなります。つまり、高値同士を結ぶと水平ラインですが、安値同士を結ぶと右肩上がりの斜線になります。

除々に安値を切り上げ、ブレイクアップして上昇トレンドに移行する可能性があります。
逆に安値を切り下げたレンジは、サポートライン付近までローソク足が下がり、レジスタンスライン付近まではローソク足が上がらなくなります。安値同士を結ぶと水平ラインが引けますが、高値同士を結ぶと右肩下がりの斜線です。

除々に安値を切り下げ、ブレイクダウンして下降トレンドに移行する可能性があります。
ボックス相場で押し目買いや戻り売り、ブレイクダウン、ブレイクアップを狙う場合は、除々に安値を切り上げたり、安値を切り下げたりしていないかを確認するようにもしましょう。

絶対に相場の動きを読めるわけではありませんが、1つの参考指標になります。

トレンドラインを利用すれば相場の方向性が読みやすくなる

サポートラインやレジスタンスラインを上手く活用することで、押し目買いや戻り売りが狙えます。
またブレイクダウンやブレイクアップにより、トレンド転換点を予測することも可能です。上昇トレンドや下降トレンド時だけでなく、ボックス相場でもトレンドラインは活用できます。

トレンド転換点などが予測しやすくなるだけで、利益を得やすくなります。
絶対に相場の動向を読めるわけではありませので注意が必要ですが、相場の方向性を読むのに役立つことは間違いありません。

著者情報
オールマイティなトレーダーを目指して日々奮闘中 投資で5000万円貯める事が目標。 基本ビビりなので日々可愛い利益をコツコツ貯めています。

RELATED