• イエイの不動産一括査定はなぜ評判?口コミとメリット・デメリットをシビアに調査

イエイは怪しい?口コミ評価を利用者目線で徹底解説

2018年8月23日

イエイは全国的に屈指の規模を誇る、国内最大級の不動産一括査定サイトです。

不動産を売却予定の方や、一括査定について調べたことのある方なら、一度はその名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?

「不動産一括査定サイトは多すぎて、どのサイトに査定を申込めばいいのだろう…?」
「本当に高く売れるのかが不安…。」

と迷ってしまう方も多いはず。

今回は不動産一括査定サイトのイエイについて、他社との比較や申込み方法、サポート対応、メリットやデメリットを徹底的に解説します。

この記事を読めば、高額売却できるチャンスが広がるので、イエイでの一括査定を検討している方は、ぜひ目を通していただければと思います。

イエイの口コミ・評判

ここでは、イエイを利用した方から寄せられた口コミと評判を紹介していきます。

実際に依頼してみようか悩んでいる方は、ぜひチェックしてくださいね。

良い口コミ

女性の口コミ
(40代女性・主婦)

ホームページに記載されていた通りにすぐに査定~契約まで行うことが出来ました。

イエイを利用しなければ自分で1つ1つ不動産を探す必要があったのでかなり手間を省けて良かったです。

イエイに参加している業者はどれも独自の特色があり、とても良くできたシステムと言えます。

どの業者も高額査定をしてくれたので最終的にどこに依頼するかで悩んだのですが、1番熱心だった1社と契約をしました。

男性の口コミ
(40代男性・会社員)

提携する不動産仲介会社が多いので、自分で一から不動産会社を探す必要がないのが嬉しいです。

多くの人は大手不動産会社が安心して任せることが出来るといったイメージを持っているかもしれませんが、複数査定をしてもらい小規模の不動産会社を選択しました。その理由は大手よりも早く売買が成立することを期待してです。

男性の口コミ
(30代男性・自営業)

売却額は満足できる数字でした。

大手から中小の不動産業者に査定を依頼することが出来るのでイエイはとても魅力的です。

大手ディベロッパーと比較して幅広く透明性の高い印象を持ちました。

男性の口コミ
(40代男性・会社員)

思っていたよりも高額で売却することが出来ました。

本当にイエイには感謝しています。

利用してみて思ったことは3社くらいに査定を依頼したら基本としては問題なく売却査定することが出来るという点です。

提示額を査定を依頼した3社に競わせることで高額な査定額が期待できます。

交渉するとどの不動産会社も売却価格の上限額は大体同じくらいでした。

悪い口コミ

男性の口コミ
(30代男性・会社員)

高額査定を提示してきた不動産会社の1つがしつこく何度も連絡をしてきました。

その担当の人がウザかったからイエイのイエローカード制度を利用してその旨を報告したくらいです。

依頼する時には普段使っているメルアドを使うのではなくフリーのメールアドレスを用意しておく方がいいと思います。

女性の口コミ
(50代女性・自営業)

老舗不動産一括査定サイトとネットでの口コミ評価が高かったのでイエイで一括査定をしてみました。

ですが思ったよりも売却額が低く「高額査定が出る」というのは嘘だったのかとガッカリです。

イエイの特徴

イエイの特徴の1つに、サポート力が高く、初めて一括査定を申し込む初心者も安心できることが挙げられます。

イエイは国内最大級の一括査定サイトである上、提携している「悪徳」な不動産会社を徹底的に排除しています。

このため初心者だけではなく、不動産業界のプロですらイエイを活用しているケースが多いとのこと。

これらの特徴について詳しくみていきましょう。

プロの利用にも耐える本格的な一括査定サイト

一括査定サイトは、不動産にあまり詳しくない方ばかりではなく、不動産業界のプロも利用しています。

不動産に詳しくない人だけが一括査定サイトを利用しているわけではありません。

たとえばイエイでは、

  • 一軒家
  • マンション
  • 店舗
  • 事務所
  • 倉庫
  • 工場

までといった住居用から商業的な物件までの一括査定も行っています。

ここまで幅広く対応できるのは、イエイが国内最大級の一括査定サイトであり、多くの優良な不動産会社と提携を結んでいる証拠といえます。

全国を見渡してみると、不動産一括査定サイトは数多くあり、どこを利用すればよいのか迷ってしまいます。

特筆すべきはサポート力

イエイのメリットは国内最大級であることだけではありません。

特筆すべきは、圧倒的に高いサポート力です。

たとえば、以下の表のようなサポート内容があります。

サポートの項目 内容
対面面談 不動産一括査定サイトではめずらしい対面でコンサルタントが相談に乗ってくれるサービス。
何でも相談室 気軽にメールでの相談ができる。
お断り代行サービス 熱心な不動産会社の営業電話などをイエイが代行し断ってくれる。
査定後のフォロー 査定を申込みの数日後、スタッフが電話にてアドバイスしてくれる。

これらは、イエイ独自のサービスです。

自分ひとりだけで手続きを最後まで進めるのは不安という方にとっては嬉しいですね。

イエイは怪しい?

イエイなどの一括査定サイトに対し、「うさんくさい」というイメージを持っている方もいるかもしれません。

果たしてそれは本当なのでしょうか?

結論として、不動産を売却する際多くの方が一括査定サイトを利用しており、特に一括査定サイトの中でも国内最大級であるイエイなどの場合、まったく怪しい商売ではありません。

そもそも不動産一括サイトは、不動産会社に査定の依頼を代行するサービスです。

たとえば、

  • 住友不動産
  • 野村の仲介
  • 三井のリハウス
  • 大和ハウス
  • 三菱地所ハウスネット
  • センチュリー21

などの大手不動産会社をうさんくさい、もしくはあやしいと感じる方はいないはずです。

結局、一括査定サイトを利用するとしても最終的に働きかけるのはこれらの不動産関係なので、イエイなどのサービスも積極的に利用していた方がはるかに効率的です。

不動産を高く売却できる可能性も、ぐっと高まることでしょう。

信頼できるサービスで一括査定を申し込みたい方は、やはりイエイなどの大手がおすすめです。

2008年にサービスを開始

イエイは2008年から一括査定サービスを継続しており、一括査定サイトとしては長い実績があります。

これまでにイエイを利用したことのある方は300万人以上にも上り、今では提携の不動産関係業者も1,000社以上となりました。

このことからイエイは、大手不動産会社から高く評価されていることもうかがえるのです。

迷惑電話への対策などイエイならではのサービスも多数!

不動産一括査定サイトは、どこを利用してもあまり変わりはない、と考えてはいないでしょうか?

もちろん似通っている一括査定サイトもありますが、イエイの場合、大手ならではのサービスが用意されているのが特徴です。

たとえばイエイは、不動産会社からの熱心な営業電話(迷惑電話)を防止する仕組みがあります。

その他にも、優良な不動産会社のみと契約を結んでいることや、大手不動産会社だけではなく地域密着型の不動産会社とも結びつきが強い特徴もあります。

公式サイトへ行く

イエイのメリットとデメリット。他社との比較

イエイは利用者数300万人以上の実績を誇り、もっとも選ばれていると言ってもよい一括査定サイトです。

一方、「サイトの運営会社のブランド力」や査定可能な不動産会社の数(イエイは最大6社)などの個別の要素では、イエイに勝る不動産一括査定サイトも存在します。

ここでは、このような他社と比較した場合のイエイのメリットとデメリットをまとめてみます。

イエイのメリット

まずは他社と比較したイエイのメリットからチェックしていきましょう。

メリットそのものは数多くありますが、代表的な他社と比較すると、おおむね次のような長所が目立ちます。

1. 約10年のサービス運営で信頼性が高い

イエイは2008年から運営を開始しており、大手の中ではもっとも歴史ある部類に属します。

そのため不動産会社との結びつきが強い、悪徳企業を見分ける目が養われている、スタッフが経験豊富で質の高いサポートが可能、といったメリットがあります。

このようなサポート力・信頼性といった要素を比較すると、イエイはほとんどの一括査定サイトを上回ると考えてよいでしょう。

たとえば有名どころでは、すまいValueは2016年、イエウールは2014年からのサービス開始などとなっています。

2. 「お断り代行サービス」でしつこい勧誘・迷惑行為を排除できる

他社にはないイエイの理念として、利用者に対する徹底的なサポート力を行うことが挙げられます。

一括査定サイトの中には、利用者の情報を不動産会社に流すだけ、といったケースも多くなっていますが、これだけでは質の高いマッチングは望めません。

しつこい不動産会社の営業電話を断れることで好評な「お断り代行サービス」などを提供している独自の強みがあります。

3. 「イエローカード制度」について

不動産会社の対応に納得がいかない場合は、イエイに報告し、不動産会社とイエイとの契約を無効にできる「イエローカード制度」というものがあります。

このため、不動産会社もイエイのお客様に対してはしっかりと対応せざるを得ません。

イエイはただの不動産紹介サイトではなく、「秘書」のようにアドバイスを求めたり、サポート力してもらったり、といった使い方ができるのです。

これが、イエイに質の高い不動産会社が集まっていると感じる理由の一つでしょう。

4. 1,000社と提携しているため、競争原理で高く売れやすい

イエイは優良な不動産会社のみを厳選し、以下のような知名度の高い登録企業を含めた1,000社からベストな不動産会社とマッチングします。

イエイの主な登録企業

そのため、不動産会社ごとにライバル意識が働きやすく、高く売れやすいという特徴があります。

「1,000社に対応しているとはいえ、実際に査定してもらえるのは最大6社では?」と疑問に感じる方もいるかもしれません。

しかし、実際には6社のみの査定だとしても、契約不動産会社の数が1,000社なのか500社なのかの間には大きな違いがあります。

なぜなら、不動産の立地や条件によっては、6社以下しかマッチングしないこともあるからです。

1,000社といってもあくまで全国の不動産会社を合わせた数字のため、地方の物件の場合ほとんどの不動産会社は対象外となります。

その結果、1,000社に対応している一括査定サイトでは8社とマッチングし、500社に対応しているサイトでは3社しかマッチングしない、ということも考えられます。

その他の条件が同じであるなら、なるべく多くの不動産会社と契約している一括査定サイトのほうが有利です。

全国最大級のイエイにも大きなアドバンテージがあると言えるでしょう。

5. イエイは地域密着型の不動産会社にも強い

大手の一括査定サイトの特徴は、その高い信頼性により、大手不動産会社との提携が実現していることです。

大手不動産会社に不動産を売却することができればその分安心して取引できる上、査定金額もしっかりしたものが期待できます。

しかし比較的小規模の地域に密着する不動産会社のほうが、田舎や地域の不動産の買い取りに積極的なことも多いため、バランスの取れた一括査定サイトはこの双方のニーズに応えられなければいけません。

イエイなら、地域密着型の不動産会社にも対応しており、大手と合わせての一括査定が利用できるというメリットがあります。

大手不動産会社にも、地域の不動産会社にも強いのがイエイの特徴です。

6. 一軒家・マンションから倉庫まで幅広い物件対応力

イエイは上述のように、1,000社の不動産会社の中から一括査定を行うことができます。

そもそも一括査定サイトの魅力は、それぞれの不動産会社に足を運ぶ手間を軽減できることであり、対応している不動産会社が少なければ意味がありません。

大手のイエイなら、その恩恵を最大限に受けることができます。

しかも、ただ1,000社とやみくもに契約するのではなく、イエイの長年の経験から最適な不動産会社を6社に絞り、その査定結果を利用者に報告してくれるのです。

>> イエイの公式サイトへ行く

イエイのデメリット

一方、イエイにどのようなデメリットがあるでしょうか?

いろいろな角度から調査しましたが、次ののような要素において、個別の他社一括査定サイトに劣っている場合もあります。

運営会社のブランド力で劣る

イエイを運営しているセカイエ株式会社は、不動産一括査定サイトの経験値が高い会社です。

問題となるような不祥事もなく、不動産情報などの個人情報の提供も安心して行えるはずです。

しかし、ブランド力の観点から言えば、セカイエ株式会社よりも、HOME4Uを運営している株式会社NTTデータ・スマートソーシングのほうが高いといえるでしょう。

NTTデータ・スマートソーシングは、イエイを運営するセカイエ株式会社と同じく、非上場会社。

この点では対等と言えますが、NTTデータ・スマートソーシングの母体はその名の通り「NTT」。

NTTは、当然ながら上場しています(株式が証券取引所へ上場している会社は、日本トップクラスであることの証です)。

もっとも、運営会社の規模にこだわることにどの程度の意味があるのかは未知数ですが、重要なポイントと感じる方もいると思うので、デメリットの1つとして取り上げました。

最大6社しか査定できない

イエイは1,000社から不動産会社を絞り込んでくれますが、最終的に利用者に提示されるのは最大6社までです。

提示された6社をさらに絞り込むことはできますが、それより多く(7社以上)一括査定してもらうことは基本的にできません。

このことはイエイだけのデメリットではなく、ほとんどの一括査定サイトで最大6社までの縛りがあります。

不動産一括査定サイトの競合各社のスペックをまとめた表を見てください。

サービス名 運営会社 対応地域 不動産会社の参加数 最大査定数
HOME4U 株式会社NTTデータ・スマートソーシング 全国 900社 6社
イエイ セカイエ株式会社 全国 1,000社 6社
リガイド SBIライフリビング 全国 900社 10社
イエウール 株式会社Speee 全国 1,500社 6社
すまいvalue すまいValue運営会社 主に都心部 大手6社のみ 6社
ソニー不動産 ソニー不動産株式会社 首都圏のみ 1社のみ 1社のみ
スマイスター 株式会社シースタイル 全国 1,400社 6社
ふじたろう プロパティエージェント株式会社 全国 1,300社 6社

中には、10社まで一括査定ができるサイト(たとえばリガイドは最大10社OK)もあるため、比較すると単純な数なら見劣りします。

とはいえ、査定する不動産会社が増えるとその分対応する手間がかかるため、最終的に3社程度に絞り込むことがベスト、との意見もあります。

そのため、最大6社までとなっていることが必ずしもデメリットなのかは難しいところでしょう。

イエイへ不動産一括査定を依頼する方法と手順

実際にイエイを利用して一括査定するためには、どのような流れや手順となるのでしょうか?

不動産会社を利用する場合、一社ごとに実際に足を運んで見て回らなければいけません。

しかしイエイなら、全てのステップがネットで完結するため、手間や時間を大幅に節約できます。

そんなイエイの利用方法を簡単4ステップにまとめてみました。
早速、見ていきましょう。

1. 売りたい物件の情報を公式サイトに入力する

まずは一括査定したい不動産の情報を入力していきます。

この情報を元に基本的な査定額が決定されるため、入力ミスのないように注意しましょう(その後、担当者との情報交換でさらに査定価格が変化することもあります)。

  • 物件タイプを選択(マンション・一戸建てといった種類)
  • 都道府県や市町村などの所在地
  • おおまかな建物の特徴(面積・間取り・建築年)

などの情報を指示にしたがって入力していきましょう。

物件情報の入力

これでステップ1は完了です。

2. 物件の詳細情報を入力する

次に物件に関する情報を詳しく入力していきます。

入力項目は以下の5箇所です。

  1. 査定物件の所在地
  2. 建物(専有)面積
  3. 間取り
  4. 建築年
  5. あなたと査定物件との関係

物件情報の詳細

「次へ」を押すと、さらに以下の画像のような「アンケートにご協力ください(所要時間20秒)」という入力フォームが表示されます。

 
入力項目は以下の6箇所。

  1. 物件の現状
  2. 査定理由
  3. 希望など(売却にあたっての相談したいことなど)
  4. 傾向
  5. 査定方法(訪問査定/机上査定)
  6. 要望・質問など

アンケート回答フォーム

3. お客様情報を入力する

続いて、お客様情報を入力していきます。

  • 名前
  • 年齢
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス(任意)

といった情報を入力しましょう。

お客様情報の入力

 
 
名前・年齢・電話番号は入力必須となり、メールアドレスは任意です。

しかし、メールにて査定結果を受け取りたい方は必ず入力しましょう。

4. 査定する不動産会社を選択する

物件情報に当てはまる不動産会社を、イエイが絞り込んで提案してくれるので、その中から最大6社を選択しましょう。

今回、私が保有する不動産情報を入力したところ、以下4件の対応可能な不動産会社が見つかりました。

  • 大成有楽不動産販売
  • 大京穴吹不動産
  • 東京建物不動産販売
  • 不動産価格ドットコム

査定可能不動産会社の表示

 

6社より多くすることはできませんが、チェックボックスを入力しなければ、希望しない業者には個人情報がいかないので安心です。

物件を高く売りたいという方は、ここでなるべく多くの不動産会社を選択しておきましょう。

4. 各不動産会社による査定がスタート!

査定する不動産会社を選択したら、それぞれの不動産会社による査定が始まります。

査定結果はそれぞれの不動産会社からメールもしくは電話にて連絡があるので、期待しながら待ちましょう。

以上が、イエイの一括査定の手順となります。

非常に簡単なことがお分かりいただけたのではないでしょうか?

査定の申し込みだけならネットで完結するため、最短60秒で行うことができます。

ぜひ気軽に利用してみましょう!

60秒で申込完了!!イエイの公式サイトへ行く

イエイをおすすめする人、おすすめしない人

不動産会社に直接足を運ばなくてもまとめて査定してもらうことができ、複数の不動産会社に査定してもらうことで高く売れることで人気が高まっているイエイ。

しかし、本当に全ての方にとって有益といえるのでしょうか?

結論として、やはり向いている人と向いていない人がいるのも事実でしょう。

ここではイエイをおすすめする人とおすすめしない人についてまとめてみます。

イエイをおすすめする人

では、どのような方ならイエイを利用したほうがよいといえるのでしょうか。

その具体例を見ていきましょう。

こういう人におすすめ

  • 不動産会社に足を運ぶ時間を節約したい方
  • 少しでも高額で物件を売却したい人
  • お断り電話を代行してほしい人

個別に不動産会社へ足を運ぶ場合、つまり一括査定サイトを利用しない場合は、査定してもらう不動産会社の数だけ、窓口に出向いて売りたい不動産の説明を1から行う必要があります。

1つの不動産会社ごとに、売りたい物件の特徴を事細かく説明するのは骨が折れる工程です。

またそれだけではなく、不動産会社に査定をお願いするということは、話が流れた際それを断る必要もあるということです。

6社に査定してもらうとすれば、最低でも5社はお断りすることになりますが、これが非常に面倒でやりにくいのです。

そんなときはイエイの出番です。

なぜならイエイは独自の「お断り電話代行サービス」を行っているため、多くの不動産会社に査定してもらいたいが個別に断りの電話をするのは面倒、という方にピッタリです。

いい物件だった場合、一度お断りしても引き下がってくれない可能性も高いでしょう。

結論として、熱心な不動産会社の営業担当にお断り電話を入れる手間をなくしたい方は、一括査定サイトの中でもイエイに特に向いていると言えるでしょう。

おすすめしない人

イエイをおすすめしない人は

・たくさんの不動産会社に査定してもらいたいという人

です。

代表的な不動産一括査定サイトを比較してみると、

  • HOME4U: 約550社
  • イエイ: 1,000社以上
  • HOME’S: 1,300社以上
  • スマイスター: 1,400社
  • イエウール: 1,500社以上

というデータになっており、イエイよりも提携不動産会社数を上回る一括査定サイトも存在します。

もちろん、契約不動産会社の数は、多ければ多いほどいいというわけではありません。

不動産会社を利用する際は、悪徳会社を避けるためにも数や量だけではなく「質」の確認が欠かせません。

悪徳不動産屋と呼ばれる会社の中には、

  • 宅地建物取引主任者を配置していない
  • 査定費用に上乗せしてコンサルティング料金などを加算する

といった業者も存在します。

また、ごく最近から営業している一括査定サイトは経験が浅く、悪徳不動産会社であることを見抜けず、知らず知らずのうちそういった不動産屋と利用者をマッチングさせてしまうことも考えられます。

しかしイエイなら2007年から約10年の歴史があるためこの点は安心です。

悪徳企業を徹底的に排除するという理念もイエイの特徴なので、量だけではなく「質」を大切にしたい方にはおすすめできます。

まとめ

ここまで、イエイのメリットや特徴、デメリットなどについて徹底的に分析してきましたが、いかがでしょうか?

不動産会社に直接足を運ぶよりも効率的に査定することができ、高く売れやすい理由もお分かりいただけたのではないかと思います。

要点をまとめると、

ここがポイント

  • WEBから自動的に高額価格を提示してくれる不動産業者とマッチングできる
  • お断り電話代行サービスをはじめ、サポート力が高い
  • 結果として、はるかに少ない労力で、適正価格で不動産を売却できる

一括査定サイトの利用は一度利用してみると「もっと早く知っておけばよかった」と感じると言います。

気軽に、試しに利用してみるという感覚でも問題ありません。

不動産会社に直接出向く予定の方や、他の一括査定サイトを利用する予定の方も、あわせてイエイを利用してみるとよいでしょう。

公式サイトへ行く

著者情報
投資歴10年。日本株・米国株投資、FX、仮想通貨、不動産、インデックスファンド、なんでも手広く投資中。普段はコツコツ、鉄火場や期待値の高い相場の時だけ大きく張るの…

RELATED