• 【評判】ソニー不動産一括査定サービスの口コミやメリット・デメリットを徹底分析

ソニー不動産の一括査定サービスの口コミ・評判、おすすめ度を検証

2018年9月5日

とことん売り主の目線で査定や売却までアシストしてくれることで人気の「ソニー不動産」をご存じでしょうか?

「不動産一括査定を試してみたいけど運営元が聞いたことない会社で不安…」
「高い金額の取引は大手に依頼したい。」

と思っている方も少なからずいるはず。

そこで今回は、ソニー不動産の売却サービスの特徴、メリットやデメリット、申込み方法など、不動産の査定や売却を検討している方のバイブルとなるような解説を心がけました。

この記事を読めば、保有不動産を高く売却する方法がわかるようになります。

それでは早速、見ていきましょう。

ソニー不動産の公式サイトを見たい方はこちら

ソニー不動産の査定ってどんなサービス?概要を紹介

ソニー不動産の設立は2014年。近年誕生した不動産会社です。

それでは、ソニー不動産は本当に信頼できる会社といえるのでしょうか?

不動産の査定や、その後の売却の可能性を考えるにあたって、信頼できる不動産会社との出会いは何より大切です。

ここでは、ソニー不動産という会社について、査定サービスについての概要を紹介します。

サービス利用を検討している方は、その前にぜひ一読してみましょう。

「世界のSONY」ソニーグループが運営

ソニーと聞いて、その会社名を知らない方はいないのではないかと思います。

日本を代表する大企業、「世界のSONY」として知られ、電化製品の分野で業界をリードしてきました。

そして2014年、これまで培ったAI技術などを生かそうと設立されたのがソニー不動産です。

もちろん、巨大なSONYグループに加盟。大企業グループを構成する1社として、その一翼を担っています。

ソニー不動産なら、すでに大手の出資であることが確定しているため「この不動産会社は信頼できるのか?」と疑問を感じることなく利用できるメリットがあります。

また、査定・売却だけではなく、購入・管理・リフォームなどのサービスを総合的に提供しているため、紛れもない不動産のプロフェッショナルです。

より幅広い視点を持つアドバイザーとして活用することができるでしょう。

ソニー不動産一括査定の口コミ・評判

ここでは、ソニー不動産の口コミを紹介します。

良い口コミと悪い口コミ、両方あげていますので、業者選びの参考にしてみましょう。

良い口コミ

男性の口コミ
不動産売却にスピードを求めるならここ!(30代男性・会社員)

父が多臓器不全でいつ死んでもおかしくないと診断された。母ひとりで大きな一軒家に住むのも大変だと思い、早めに土地を売却しようということになった。
その期待に見事応えてくれたのがソニー不動産。売却にスピードを求めている人に間違いなくお勧め。

男性の口コミ
対応の質が高くて安心して利用できたサービスです(30代男性・自営業)

利用した人の口コミを見てソニー不動産を利用したいと思いで利用してみたんですが、電話や担当者の対応の質が高く好印象で良かったですね。
相談もしやすくて安心して利用することができました。結果的に良い成約にもなりましたので、ソニー不動産に頼んでとても満足。

女性の口コミ
担当者が非常に親切、丁寧です(40代女性・主婦)

担当の方がとにかく親切、丁寧でした。土地の売却を検討していたのですが、中々売れず悩んでいました。それを担当者に伝えると土地売却のコツや知識を細かく教えてくださり勉強になりました。中々需要の無い土地でしたが、売却が成立しました。売却成立後の手続きについても連絡をこまめに頂き、スムーズに進みました。

多くの口コミにレスポンスが早く、親切に対応してもらえて満足という声が上がっています。

そのことから、早めに売却をしたいと考えている人に向いている不動産会社と言えます。

また電話対応や接客が親切だったという口コミを多いことから安心して相談できるメリットもあります。

土地を売却を考えている人は一度相談してみてもいいかもしれません。

悪い口コミ

男性の口コミ
人によって知識や対応がかなり違った(20代男性・会社員)

始めは若いスタッフに対応してもらったのですが、土地売却の相談をしてすぐ連絡するとのことでしたが、一向に連絡が来ない。
話が中々進まないので、後日違う40代の男性スタッフに対応していただいたのですが、その方は知識も豊富で印象はよかった。ですが、その後の営業の連絡がすごくしつこく感じてしまい、結局ちがう業者で査定から売却まで進めてしまいました。

男性の口コミ
広告の仕方がイマイチだった(30代男性・会社員)

担当者はとても丁寧で、口調も柔らかな人だったので色々お話しすることができました。要望などもしっかりと聞き出してくださってとても助かりました。
査定額は思ったよりは下がりましたが、いざ広告を出してもらったらネットに情報を載せただけ?自分的にはもっと広く広告を出してもらえるのかと思っていたので、ちょっと期待はずれ。売れるまでに結構時間がかかりました。担当者の方もあまり焦っている様子もなく残念でした。

口コミを見ているとスタッフによって対応に差があるため、担当者によってはスムーズに売却を進めることができない可能性があります。

信頼のおける担当者でなければ、納得のいく売買契約や結べず、あとで後悔することになるでしょう。

不動産の売却は大きな金額が動くので、曖昧な印象や信頼しにくい等、不安があった場合は担当者を変えてもらったり、思い切って他社に依頼することをおすすめします。

また「自分が思っていたよりも広告を出してもらえなかった」という口コミもありますが、気になるようでしたら一度、「どういった形の広告を出すのか」、「ネットに載せるだけなのか」など問い合わせをしてみるといいかもしれません。

私たちが気づかない様なところでも活動してくれている場合もあります。

公式サイトへ行く

ソニー不動産の魅力

効果的な告知活動は最大の魅力と言えます。

不動産がしっかり売れるかどうかは、その物件が魅力的かどうかだけで決まるのではなく、どれだけ告知が広く行われたかも大きく関わっています。

そのため、広告をしっかり出せる不動産会社に依頼することが鍵となります。

ソニー不動産は先進的なサービスとして、広告活動に注力し、高い評価を得てきました。

1つの仲介業者に頼るのではなく、以下の4つのような手段をフル活用します。

  • 自社サイト
  • 店頭広告
  • 大手ポータルサイト
  • 新聞折り込みチラシ

これにより、一括査定サイトや不動産会社では知れ渡らなかった媒体にも、物件が紹介されることとなり、圧倒的に売れやすくなるのです。

ソニー不動産ならではの査定の特徴

ここからは、ソニー不動産の査定方法や査定の特徴について見ていきましょう。

一括査定サイトでは、簡易的な机上査定については複数の不動産会社にまとめて依頼できても、訪問査定については個別に申し込む必要があるケースがほとんどです。

それではソニー不動産ではどのようになっているのでしょうか?

また、不動産会社によって得意とする物件は異なりますが、ソニー不動産はどんな物件を得意としているのでしょうか?

ソニー不動産の査定について特徴をつかんでおきましょう。

「机上査定」と「訪問査定」の双方が可能

ソニー不動産は机上査定(簡易査定)と訪問査定の双方に対応しています。

それぞれ、どのような査定方法となるのか、以下に表でまとめました。

机上査定 ・物件の概要やデータのみに基づいて査定を行う簡易的な方法
・現地の訪問は行われない
・近隣の状況や、外壁・屋内の情報なども考慮されない
訪問査定 ・担当者が現地訪問を行い、正確な査定額を算出する方法.
・机上査定よりは訪問査定のほうが正確な傾向にある
・査定額が保証されるものではない

訪問査定を行うにあたっては、ソニー不動産エージェントに対する対応なども必要となるため(屋内の案内など)、多少の労力を必要とします。

まずは机上査定を行って価値を確認してから、訪問査定を行うという順番がベストなやり方かもしれません。

他社不動産一括査定サイトとソニー不動産を比較されている方も多いと思いますが、一括査定サイトでは机上査定のみ対応のケースもあるため注意が必要です。

つまり、訪問査定を行う場合は、それぞれの不動産会社に個別で申し込みが必要となる場合があります。

ソニー不動産なら、査定方法を問わず丸投げすることができるためおすすめです。

首都圏に限定し個人向け物件に強い

ソニー不動産は、業者向けではなく、個人向け物件に強い特徴があります。

物件 地域
・マンション
・一戸建て
・二世帯住宅
・土地
・駐車場 など
・東京都
・神奈川県
・千葉県
・埼玉県

ソニー不動産は地域を限定しつつ、さらに物件の種類も個人向けに限定することで、より特化した質の高いサービス提供してます。

  • 工場
  • 倉庫
  • 農地(田畑)
  • 山林 など

上記をなるべく高く売るための査定であれば、より特化した一括査定サイトや不動産会社がです。

ソニー不動産は「片手仲介」のみで「両手仲介」はしない

ソニー不動産は、売り主の立場のみに立つ不動産会社で、片手仲介を採用し、両手仲介は一切行いません。

両手仲介とは、間に入る不動産会社が、売り主と買い主の双方から仲介手数料を受け取ります。

会社が間に入り、右手と左手で手数料を受け取る様子から両手仲介といわれます。そもとも、日本の不動産業界は両手仲介が一般的です。

一方、片手仲介のソニー不動産は、売り主のみをバックアップします。

片方を徹底的にアシストする弁護士のように、売り主だけのメリットを考えてくれるので、必然的に売却金額も高くなる傾向にあります。

このような形式は国内では非常にまれですが、海外ではごく一般的です。特に売り主の立場では、圧倒的にメリットの大きい片手仲介を強くおすすめします。

公式サイトへ行く

ソニー不動産の申し込み方法。査定までの流れ5ステップ

どのような流れや手順で進めればいいのか心配な方もいるのではないかと思います。

そこで、物件の査定の申し込み方法や、実際に売却金額を受け取るまでの流れを紹介します。

あらかじめイメージをつかんでおけば、スムーズに手続きを進めることができるでしょう。

1. 机上査定or訪問査定を選んで申し込む

まずは、机上査定を依頼するのか、訪問査定をお願いするのかを決定します。

まだ売却すると決まったわけではない場合は机上査定、かなり前向きに検討している場合はいきなり訪問査定でもいいでしょう。

申し込み方法としては、以下の2つの方法があります。

  • ネット上の申込フォーム
  • 電話で問い合わせで相談
TEL:0120-213-919
10:00~18:30まで営業
毎週火曜日・水曜日は定休日

シンプルさを重視するのであれば、ネットからの申し込みがおすすめです。

2. 契約を結ぶかどうかを検討する

査定結果が出るとソニー不動産から金額の提示があります。

あくまで査定価格であるため、必ずしもその価格で売却できることが決まっているわけではありませんが、大きく異なることは一般的にはありません。

査定の金額よりも倍の価格で売れたり、半額でしか売れなかったりといったことはまれです。

3. ソニー不動産による物件の宣伝活動が開始

媒介契約を結び、「このような物件があります」という情報を広く周知する段階です。

さまざまな媒体での宣伝を通し、より多くの購入希望者へ行き渡らせる活動は、ソニー不動産の得意分野。

  • 自社サイト
  • 店頭広告
  • 大手ポータルサイト
  • 新聞折り込みチラシ
  • 仲介業者

など、1つではなく複数の媒体を利用します。

多くの人に知ってもらうほど、その物件をどうしてもほしい人に知れ渡る可能性が高まり、結果として売却金額も高くなることが期待されます。

4. 買い手が見つかる・売却が決定する

さまざまな媒体に広く周知する中で、あなたの物件を希望する買い手が現れるのを待ちます。

価格が妥当であれば間もなく買い手がつくでしょう。それから売却の手続きを進めます。

買い手が現れるとソニー不動産に対し、購入者による申込書が送られます。

申込書には購入者の希望の条件などが記載されているため、その内容なども踏まえて双方が同意できれば取引が進められます。

合意が取れれば所定の手続きを経て、買い手と契約を結ぶこととなります。

5. 代金のお支払い・物件の引き渡しが完了

物件の引き渡しや、売却金額を受け取ることなどを済ませ、すべての工程が終了します。

ソニー不動産なら、売り主の立場だけに立つエージェントが最後の最後までサポート。

「本当に無事に売ることができるのか?」と心配な方も多いと思いますが、ソニー不動産なら安心です。

公式サイトへ行く

要チェック!査定で必要となる書類はある?

査定を行うためには、必要な書類があります。

机上審査はあくまでも簡易的な査定であるため、書類は必要ありません。

必要となるのは訪問査定の場合です。以下の書類が必要となるため確認しておきましょう。

訪問査定では「権利証」などの用意を

ソニー不動産の訪問査定で必要となる書類は以下の通りとなります。

  • 運転免許証またはパスポート
  • 認印
  • 管理規約、長期修繕計画、総会議事録等管理会社から配布された書類
  • 権利証または登記識別情報通知
  • 物件パンフレット
  • 固定資産税等納付書

あくまでこれらの書類が必須となるわけですが、これさえ用意していればいいというわけではなく、場合によってはソニー不動産から新たな参考書類を求められるかもしれません。

また場合によっては、上記書類がなくても相談次第でOKとなるかもしれません。

しかし、上記は公式サイト上で記載されているものなので、これらが必要となることをあらかじめイメージしておくといいでしょう。

ソニー不動産での売却や査定に「おすすめの人」と「おすすめしない人」

ソニー不動産は、総合的に非常に高く評価できるサービスを提供していますが、おすすめの人とおすすめしない人がいます。

それでは、どのような人がソニー不動産に向いていて、おすすめしないのか、デメリットも含めて詳しく確認していきましょう。

ソニー不動産がおすすめの人

まず、他社一括査定サイトや不動産会社よりも、ソニー不動産がおすすめできる人を列挙していきます。

おすすめの人

  • 不動産業界や不動産屋に少しだけ不信感のある人
  • なるべく高く不動産を売却したい人
  • 不動産が古くて売れるかどうか心配している人

不動産業界や不動産屋に少しだけ不信感のある人

実際問題として

「本当にこれが適切価格なのか?」
「この不動産会社にすべて任せてもいいのか?」

など、不信感にも似た感情を不動産会社などにお持ちの方もいるのではないかと思います。

他社の一括査定サイトでは、ずさんな不動産会社とマッチングしてしまう可能性もありますが、ソニー不動産は査定の時点で他社が影響することもなく、自社で完結するため安心できます。

なるべく高く不動産を売却したい人

ソニー不動産は両手仲介ではなく片手仲介というめずらしい形式を採用しているため、常に売り主最優先で動いてくれます。

両手仲介とは異なり、買い主を納得させるため売り主に不当な値切りを求めるといったことがありません。

不動産が古くて売れるかどうか心配している人

物件があまりキレイとはいえなかったり、築年数が古くなっていたりして、売れるかどうか心配している方もいるでしょう。

ソニー不動産は売却時の広告活動に定評があるため、古い物件やあまりキレイではない物件についても、買い手をしっかり見つけてくれる可能性が高いのです。

また、素人では気がつかない価値がその不動産にある可能性も捨てきれません。悩む前にまず相談してしまうのが賢い選択といえそうです。

ソニー不動産をおすすめしない人

続いて、ソニー不動産より、他社不動産会社や他社一括査定サイトをした方がいい人、もしくはその可能性が高い人を以下に列挙します。

おすすめしない人

  • ソニー不動産の対象地域外の物件を売りたい人
  • なるべく多くの不動産会社へ一括査定を行いたい人
  • 工場・倉庫・農地(田畑)・山林などの査定や売却をしたい人

ソニー不動産の対象地域外の物件を売りたい人

ソニー不動産は全国の物件に対応しているわけではありません。

東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の4つの地域のみで利用することができます。

したがって、これ以外の地域にある不動産を査定したい場合、他社の不動産一括査定サイトや不動産会社などを利用した方がいいでしょう。

なるべく多くの不動産会社へ一括査定を行いたい人

ソニー不動産はあくまで1つの不動産会社。

ソニー不動産へ査定をお願いしても、多くの不動産会社での一括査定をしたことにはなりません。

そのため、なるべく多くの不動産会社に査定をお願いしたい場合は、各不動産一括査定サイトの利用がおすすめです。

工場・倉庫・農地(田畑)・山林などの査定や売却をしたい人

ソニー不動産はマンション・一戸建て・土地など、個人が所有する一般的な物件に強い不動産会社です。

工場・倉庫・農地(田畑)・山林といった業者向けの特殊な物件については、それらを得意とする一括査定サイトや不動産会社に依頼したほうが効率的です。

なぜなら、不動産会社と一言でいっても、それぞれの物件を扱うには高い専門性が必要だからです。

あくまで最高の売却を実現するためには、それを得意とする不動産会社に依頼するべきです。

まとめ

ここまでの解説でソニー不動産がかなり“使える”不動産会社であることがお分かり頂けたでしょう。

しかし、まだソニー不動産に査定をお願いすべきか悩んでいる方もいるでしょう。

そこで、最後にもう一度、ソニー不動産の最大のメリット3つを列挙します。

数多くある一括査定サイトや不動産会社の中で、ソニー不動産を選ぶポイントは以下の通りです。

ここがポイント

  • 大企業ソニーグループに所属する高い信頼性
  • 売り主だけを担当するエージェント制度
  • 売却価格の下落要因となる両手仲介ではなく、売り手目線の片手仲介

そしてなんといっても、これに伴い不動産売却価格が高くなりやすいこと。

これらのポイントに魅力を感じる方なら、ソニー不動産を利用して後悔はないはずです。

ベストな不動産売却のため、ぜひ参考にしてみてください!

公式サイトへ行く

著者情報
投資歴10年。日本株・米国株投資、FX、仮想通貨、不動産、インデックスファンド、なんでも手広く投資中。普段はコツコツ、鉄火場や期待値の高い相場の時だけ大きく張るの…

RELATED