• バルニバービの株主優待は食事券またはオリジナル商品。くつろぎの空間を演出した店づくりに定評

バルニバービの株主優待は長期保有株主で店舗割引あり。様々な業態店舗を自由に選択可能

2018年3月26日

バルニバービグループは東京大阪中心に多店舗展開し、欧風料理やカフェ、イタリアン、スイーツなど様々な業態で利用者を飽きさせない工夫があります。

株主優待は100株以上保有から可能、また長期保有や300株以上保有などで更なる特典付きの優待を受けることができますので、初心者の投資家でも楽しみながら株式購入することができるでしょう。

また会社余剰金は株主への還元という方針を打ち出していますので、配当としての還元も期待できます。2017年は年間配当15円を実施しました。

企業業績も好調を維持していますので優待・配当・株価上昇と様々な期待をしながら、株式保有を楽しむことができます。

バルニバービは飲食店経営・運営企画を主業務とし、店舗個性を守る企業精神

バルニバービは飲食店経営、運営企画を主業務として経営を行っており、1号店のオープンから変わらぬコンセプトを保有する企業です。
店舗それぞれの特徴や個性を守りながら現在も将来も新店舗オープンに向けて邁進しています。

バルニバービは飲食店経営と飲食店運営企画を主業務とする企業

バルニバービは飲食店経営と飲食店運営企画を主に業務としている企業で、東京と大阪に本部を置き東京・大阪を中心に全国95店舗(2018年2月末時点)の展開があります。

今後更なる発展と店舗拡大を目指し企業全体で精力的な活動をしている、と経営計画から理解することができます。

パリのカフェのような店舗づくりを創業当時から目指しており、文化とライフスタイル、地域などとを融合させ社交の場として、また一人でも複数でもくつろげる場を提供することをコンセプトとしています。
他の場所では得ることができない価値を提供すべく、従業員全員が一丸となって日々精進している姿を店舗の様子を通して感じ取ることがでしょう。

4つの事業内容で安定した経営戦略・独自のプロデュース力を活かした事業展開

事業内容は直営店舗運営事業・スイーツブランド事業・飲食店プロデュース事業・撮影スタジオレンタル事業の4つに分けることができます。

直営店舗事業

主業務である直営店舗運営事業では、1店舗1店舗の個性を大切にするためそれぞれ異なる店舗づくりを行っています。
食はもちろん雰囲気や空間、デザインに至るまで工夫を凝らしたものとなっており、特にインテリアやメニュー、店舗ロゴ、WEBなどを自社で手掛けています。
企業イメージに添う事はもちろん、企業コンセプトを直接吹き込ませた開発と発想で、独特な店舗や運営を作り出すことにつなげているようです。

スイーツブランド事業

グループ会社のパティスリード パラディ が生産と販売を行っており、東京都文京区に自社工場を構え、ロールケーキ・パティスリー・グルメクレープ・フラワーババロアの4ブランドの展開があります。

店舗は東京都文京区小石川の本店を始めラゾーナ川崎や浦安市舞浜イクスピアリ、東京駅構内、京都市嵐山駅前、東京ダイバーシティーという超有名大型商業施設を中心に広げ、大型集客で成功につなげています。

飲食店プロデュース事業

直営店の技術やノウハウを活かした事業を行っており、物件の開発からインテリア、メニューの開発、業務運営に至るまでサポートを行っています。

店舗の希望に添うべくカフェレストランから沖縄料理店までをサポートしており、その幅広い技術と能力、知識に多くの店舗から相談や依頼が飛び込んでいるようです。

撮影スタジオレンタル事業

ファッション誌やパンフレット、CMやポロモーションVTRなど様々な媒体から依頼が入り、撮影を行っています。

空間づくり、デザインやインテリアにこだわっている店舗だからこそできる事業であり、おしゃれで居心地のいい店舗、利用したい店舗という事から媒体を通して多く人から予約注文が入っていることがわかります。

1号店は南船場の欧風料理店・独自のコンセプトを大切にした店づくりは今も変わらず

1号店のオープンから変わらず生き続ける企業精神、「常に店舗それぞれの特徴を活かした店づくり」が根付いています。

1号店は南船場の欧風料理店・季節感のある料理とくつろぎの空間で大人を魅了する店

1991年会社設立、1995年大阪の南船場に1号店がオープンしました。
1号店は、アマーク・ド・パラディという欧風料理のおしゃれで気軽に入れる店舗です。全138席、吹き抜けの空間と迫力ある工夫を凝らしたライト、モノクロ基調とモダンアートを取り入れ、誰もが落ち着けるインテリアと空間を創り出しています。
季節感のある料理と大人がくつろげる空間の演出により、多くの人を魅了し支持を得ているようです。

東京ミッドタウン日比谷に2018年3月グランドオープン

フレンチを主体としながらイタリアン・スパニッシュも取り込んだ新業態の店舗です。
日本独特の四季と土壌や気候などの生育環境に焦点を置いており、スタッフが自ら土地に出向き食材の仕入れを行っています。
年4回のグランドメニュー挑戦、食だけでなく空間や音楽、サービスなどを一皿に盛り込むなど、あらゆる要素を新しい形態で提供することをコンセプトとしました。

バルニバービの株価や配当

2018年2月末時点で95店舗を展開しており、それぞれの店舗の個性を大切にした店づくりです。欧風料理を主体としながら食と健康をコンセプトとした店舗展開も最近では行っており、時代とニーズを捉えた経営で多くの利用者から支持があります。

また、メニューはもちろん空間やインテリア、雰囲気などにも自社独自で工夫を凝らしており、その技術や能力を提供するプロデュース事業も成功させています。

事業の種類:小売業 優待の価値:商品券または非売品オリジナル商品
優待の種類 権利確定月・日 優待回数
複数採用 7月末日 1月末日 年2回
株価 配当利回り 優待利回り
2,385円 0.63% 0.84%
必要投資額 単元株数 1株あたりの配当
238,500円 100株 15円

株主優待は100株以上保有で権利あり・お食事券2,000円分がもらえる!

7月末または1月末時点で株主名簿に記載され、最低100株以上保有する株主に対し優待が用意されています。

■100株以上300株未満保有の場合、お食事券2,000円分×1枚もしくはバルニバービオリジナル商品
■300株以上保有の場合、お食事券2,000円分×2枚もしくはバルニバービオリジナル商品
■100株以上300株未満で1年以上保有の場合、会員ステイタスカード(ブロンズ)グループ店舗3%割引
■300株以上500株未満で半年以上保有の場合、会員ステイタスカード(ブロンズ)グループ店舗3%割引
■100株以上300株未満で3年以上保有の場合、会員ステイタスカード(シルバー)グループ店舗5%割引および株主限定コース(5,000円が3,800円)
■300株以上500株未満で1年以上保有の場合、会員ステイタスカード(シルバー)グループ店舗5%割引および株主限定コース(5,000円が3,800円)
■300株以上500株未満で3年以上保有の場合、会員ステイタスカード(ゴールド)グループ店舗10%割引および株主限定コース(8,000円が5,000円)、隅田川花火大会特別鑑賞席優先予約申込可能(先着20名)
■500株以上で2年以上保有の場合、会員ステイタスカード(ゴールド)グループ店舗10%割引および株主限定コース(8,000円が5,000円)、隅田川花火大会特別鑑賞席優先予約申込可能(先着20名)

お食事券はバルニバービグループ全店で利用することができ、お食事代金支払いの際に提示することで支払金額より値引きされます。バルニバービオリジナル商品は、お食事券2,000円分1枚につき1商品と交換が可能です。

オリジナル商品は、スロージェットコーヒー自家焙煎コーヒー豆200gまたはオリジナルブレンド米アス米2kgまたはパティスリーパラディのオリジナル焼き菓子のいずれかです。どの商品も厳選された特別なもので、アス米と焼き菓子は非売品です。他では手に入らない商品ですので、株主優待という機会でしか手に入れることができません。

尚、2017年7月末日時点で300株以上保有の株主には、抽選で隅田川花火大会ペアチケット・ルーフトップバー屋上貸し切りプラン・レセプションパーティー招待券・焼き菓子詰め合わせ・モーニング付宿泊券・アスリート食堂食事券・グループ店舗の3,000円分食事券・こたつガーデン鍋プラン・チキンクォーターサイズ・マルゲリータ ドッピア・オリジナルデザイングッズのいずれかが当たります。

上記抽選にはずれた方には500円分の電子クーポンが発行されますので、申し込みをした方には何かが当たるという仕組みになっています。

東京大阪を中心に全95店舗展開中(2018年2月末)・様々な業態店舗あり選択肢多数

東日本では東京都を中心に、西日本では大阪を中心に

  • GARB
  • かのや
  • 青いナポリ
  • GOODMORNING CAFÉ
  • Cielo
  • テラスカフェ

などの店舗展開をしています。

スイーツショップでは、東京、川崎、舞浜、京都にARINCO・paradisなどの店舗を展開中です。
鹿屋アスリート食堂は、東京、大阪、鹿児島に展開。
ランニングステーションはRUNCUBEを東京に展開しています。

業績上昇による余剰金は積極的に株主へ還元する方針実施

新規出店、財務状況強化のため内部留保の多い企業ではありますが、余剰金が発生した場合には株主へ還元することを方針としています。2017年は中間配当5円、期末配当10円、年間の配当合計15円となっており、株主への還元を積極的に行っていることがわかります。

今後も余剰金が発生すれば株主への還元となる可能性が高く、それに伴い株価上昇も見込まれます。

バルニバービグループ店舗を利用する・利用したい投資家にオススメ

バルニバービグループ店舗を頻繁に利用する投資家には、大変嬉しい株主優待です。
美味しい食事、スイーツなどをお得な価格で手に入れることができますので、美味しさを堪能しながら家計にもメリットが生まれます。

バルニバービグループレストランを頻繁に利用する投資家にオススメ

バルニバービグループのレストランは、東京大阪を中心に95店舗(2018年2月末)展開しています。様々な業態の店舗を展開しており、バルニバービグループのレストランを利用すれば様々な味を楽しめるでしょう。

株主優待では100株以上保有していれば2,000円分のお食事券を手にすることができますので、美味しい食事をお得な価格で頂くことができます。

スイーツ好きの投資家・スイーツを贈り物として利用する投資家にもオススメ

スイーツショップは東京、京都、舞浜、川崎、東京駅構内や大型商業施設など誰もが購入しやすいような場所に出店しています。スイーツ好きの方や贈り物としてスイーツを購入される方など、購入しやすい場所に店舗があるというのは嬉しいですね。

また、株主優待のオリジナル商品では焼き菓子の選択も可能です。非売品ですので、株主にならなければ手に入れることができない商品となっています。特別な焼き菓子を100株以上保有で手にすることができます。

100株以上で優待を受けることができ、300株以上や長期保有で更なる優待も

バルニバービグループは全国に95店舗(2018年2月現在)を展開中です。スイーツショップは東京駅構内やディズニーランド隣接のイクスピアリなどに出店しているため、多くの人が店舗を目にすることができ購入が可能です。
多種類のレストラン業態、スイーツショップ、アスリート食堂など利用者を飽きさせる事無く、美味しい料理を提供してくれます。

株主優待は100株以上からお食事券2,000円分を手にすることができ、また300株以上の保有や長期保有などにより更なる優待を受けることができます。
これほどまで豪華な優待を見たことがないというほど多くの優待が用意されていますので、優待を期待する投資家にはおすすめの株式です。

著者情報
株主優待が大好き。 桐谷さんのように優待だけで生活するのが夢。 でも不動産投資やFXにも魅力を感じている今日この頃。

RELATED