アクシーズの優待内容は臭みが少なく、ビタミン豊富な「薩摩ハーブ悠然どり」の加工セット

2017年3月18日

アクシーズは、鹿児島にある国内大手の鶏肉製造加工企業です。
そこで飼育される薩摩ハーブ悠然どりはストレスが少ないのでビタミンも豊富で臭みが少なく、レストランなどでも採用されることが多いのです。

世の中が健康志向な中、鶏肉を扱うアクシーズの株は投資対象としてどうなのでしょうか。ここでは、アクシーズの株主優待情報や企業情報、投資情報について紹介いたします。

株式会社アクシーズという企業の紹介

アクシーズは、鹿児島にある鶏肉や加工食品の製造販売を行う創業50年以上の老舗企業です。
食品事業と外食事業を展開しており、食品事業では鶏肉の製造加工販売、外食事業ではフランチャイズ店舗の展開をしています。

創業50年以上の国内大手の鶏肉製造加工企業、有名飲食チェーンも展開

鶏肉は一貫生産を行っているため、安全性の高い商品を低価格で提供できています。お客様の食に対するさまざまなニーズに応えるために「安全・安心」「美味しい」「健康志向」をテーマに、飼育においても環境状態を数値で捉え、自然に近い最適な環境のなかで飼育できるよう生産設備の開発などにも力を入れています。

新鮮で安全な無薬鶏の生産を実現しています。鶏肉製造加工の国内大手の企業でもあり、外食事業においては、ケンタッキーフライドチキンやピザハットのチェーン店も展開しています。

臭みが少なくビタミン豊富な薩摩ハーブ悠然どり

アクシーズの飼育する薩摩ハーブ悠然どりは、鶏の臭みが少なく、甘さがありビタミンが豊富です。
直営農場にて鶏にストレスをかけないように飼育され、鶏肉の鮮度が良好な状態で保たれているからこそなのです。

抗生物質や抗菌製剤無添加のペレット飼料の使用により、鶏独特の臭みが少なく、甘さがあり低脂肪で体にやさしい仕上がりとなっています。

ケンタッキーフライドチキンも展開する歴史ある鶏肉製造加工企業

アクシーズは、資本金4億5,237万円、従業員数877名の企業です。1962年に株式会社伊地知種鶏場を設立。
1965年には鶏肉加工事業に着手し、1967年にはブロイラーの飼育生産を開始しました。1968年には有限会社南九州畜産を設立。1971年に採卵鶏肥育施設団地を新設して、食卵生産販売も開始。

1973年に鶏肉加工食品の開発にも着手し、シラスの工業化研究にも着手します。1976年に有限会社城山サービスを設立。
1977年に日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社と販売契約締結。
1983年には日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社とフランチャイズ契約を締結し、下関にケンタッキーフライドチキンを開店。
1992年には有限会社求名ファーム設立、翌年にはイヂチ商事株式会社を設立。

1993年にはゼオライトを販売開始。1999年に商号を株式会社アクシーズに変更。2004年にジャスダック証券取引所に株式を上場。2013年に東京証券取引所と大阪証券取引所の統合により、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場する。

アクシーズの株価や配当、優待の内容を紹介

アクシーズの株価や配当、株主優待の内容を紹介していきます。株価や配当などは表を参考にして下さい。

 

事業の種類:飲食料 優待の価値:詰合せセット
優待の種類 権利確定月 優待回数
飲食料 6月末日 年1回
株価 配当利回り 優待利回り
2,218円 1.35% —%
必要投資額 単元株数 1株あたりの配当
221,800円 100株 30円

(2017年3月14日現在)

アクシーズの株主優待の内容紹介

アクシーズの株主優待は500株以上の保有で、アクシーズ自慢の「薩摩ハーブ悠然どり」を使用したチキン加工食品の株主優待限定セレクションを受け取れます。

・500株以上で薩摩ハーブ悠然どりの詰め合わせセット

また、鹿児島県内に肥育施設運営の会社など、多数の関連子会社を持つ持ちます。
その中には鶏糞を利用したバイオマス発電に取り組んでいる企業もあります。CO2の排出が自然破壊に繋がり、近年ではCO2削減や排出制御が世界的に注目されているのです。
家畜排せつ物、鶏糞だけで電気を作るということはCO2の排出削減となり、地球に優しいエネルギーを生み出す「自然エネルギー」に取り組んだ会社なのです。

アクシーズのグループ会社及び関係会社
株式会社アクシーズフーズ
ケンタッキーフライドチキン及びピザハット店舗のフランチャイズ事業
株式会社アクシーズケミカル
(シラスバルーン及びゼオライトの製造販売)
錦江湾飼料株式会社(飼料製造)
株式会社アイエムポートリー(肥育施設の運営)
株式会社南九州畜産(肥育施設の運営)
有限会社求名ファーム(肥育施設の運営)
株式会社城山サービス(鶏の飼育に関する業務)
有限会社南九州バイオマス(鶏糞の処理)

アクシーズの業績について

アクシーズの2016年度の業績は売上高は前年対比+4%の183億7,800万円、営業利益は前年対比+25.9%の23億4,000万円、経常利益は前年対比+23.5%の23億8,800万円、利益が前年対比+12.1%の12億2,300万円で増収増益です。

2017年6月期の会社予想は売上高+1.2%の186億円、営業利益が+2.6%の24億円、経常利益が+2.6%の24億5,000万円、利益が+13.7%の13億9,000万円の増収増益計画です。第2四半期業績は経常利益+18.4%、利益+22.2%で推移しており比較的順調です。

自己資本比率も75%前後で財務も安定しています。
世の中の健康志向によって鶏肉需要は安定していますが、飼料用穀物物価格は為替の影響も受けるため今後の円安進行によって、業績が下がる可能性もあります。また、食品事業は順調ですが、外食事業は昨年と同水準で推移しています。
 

アクシーズはこんな投資家にオススメ

中長期で持ち売買益を期待したい投資家にオススメしたいということです。
アクシーズは、2016年度は増収増益、2017年度の会社予想も増収増益です。実際に第2四半期までの業績推移は順調で、経常利益は通期計画の65%を既に達成しています。

株主優待目的としては、必要株数も500株〜とハードルが高く、配当利回りも1.35%と高いわけではありません。
過去5年間で見ても株価は高い水準です。第3四半期の業績が順調であれば買いで良いと思いますが、株価の割高感もあるため、購入価格に注意が必要です。
株価が下がったタイミングで購入し、中長期で利益を出したい銘柄です。

株主優待狙いよりも売買益狙いをしたい銘柄

アクシーズの株主優待は、薩摩ハーブ悠然どりを使用したチキン加工食品のセットです。
しかし、500株〜が優待対象ですので、優待目的としては投資額が高く利回りは期待できません。配当利回りもそこまで高くはありませんので、純粋な売買益を狙っての投資が良いでしょう。

ケンタッキーフライドチキンやピザハットのチェーン店も運営していますので、両店の経営状況もチェックしておくと良いでしょう。

著者情報
オールマイティなトレーダーを目指して日々奮闘中 投資で5000万円貯める事が目標。 基本ビビりなので日々可愛い利益をコツコツ貯めています。

RELATED