高い配当を楽しみに株主優待で健康飲料水までもらえちゃう

2017年11月22日

株主優待として割引クーポンやお米、コーヒーなどの飲食料品をもらえる企業はたくさんあります。その中で最近増えてきているのが、水を株主優待として贈呈している会社です。水は命の源ともいわれていますし、健康志向が高まっている最近では水にこだわりのある人も多いですよね。

今回ご紹介するコンセックという会社の株主優待では、健康のための水の中でも少し変わったフレイバードウォーターがもらえます。水に果物やハーブなどで風味付けしたものをフレイバードウォーターと言いますが、コンセックではどんな風味のものを株主優待として贈呈しているのでしょうか?詳細をみていきましょう。

「最高の信用」「最高の技術」「最高の品格」が理念の建設機器メーカー

株式会社コンセックは1967年の創業以来、建築・土木の分野で広く利用される機会や工具を製造しています。切断・解体分野を得意とし、中でもダイアモンド工具は国内No.1の売上を誇りコンセックの基盤を支えています。今後は介護事業やIT関連事業にも力をいれていく方針を持っています。

株式会社コンセックは広島の会社で3つのグループからなります。建設機械やダイアモンド工具などの建設機器メーカーとして営業している発研グループ。

建設機械・資材・工具から住宅機器やオフィス用品から生活関連品までの幅広い商品を扱う販売グループ。

発研ブランドの製品であるコアドリル、ワイヤーソーなどのダイアモンド工具を活用しコンクリート建造物の切断、穴あけなどを無振動、無騒音で行う工事グループ。

以上の3つのグループがコンセックの「最高の信用」「最高の技術」「最高の品格」を支えています。

コンセックのダイアモンド工具と主な特殊工事をご紹介

穴あけや切断に強い発研ブランドのダイアモンド工具をご紹介します。まず、穴あけドリルでは耐震補強工事や音を出せない工事などで使われるアンカードリル、鉄筋コンクリート・石材・セラミックなどに穴をあけるコアドリルがあります。切断にはハンドカッター、ウォールカッター、ワイヤーソーなど切断するものにあわせた製品があります。これらのダイアモンド工具の売り上げは国内ではNo.1を誇っています。

工事グループの主な特殊工事として、ワイヤーソー・ウォルソー・コアボーリング工事やコンクリートの補修工事、劣化診断、耐震工事があります。強度などの調査もしており、強度測定試験、超音波法、レーダーや電磁誘導を用いた衝撃弾性波法鉄筋調査などを行っています。

全国に海外に展開するコンセックの歴史

すでにご紹介しましたが、コンセックのダイアモンド工具は国内売上No.1です。ダイアモンド工具はコンクリートに穴をあけたり、切断する工具ですので、建設現場では欠かせない工具だと言えます。
また、工事グループを持ち、特殊工事や自社製品を効果的に使った施工方法を指導するなどの活動もしています。もちろん、国内でなく海外でも評価を得ています。

株式会社コンセックは1967年11月、広島市に建設サービス(株)として誕生しました。そのご、中国地方はもちろんのこと東日本、西日本、九州へと事業所を拡大しながら1990年4月に社名を現在の株式会社コンセックに変更しました。2004年と2012年には中国にも工具や半導体を扱う会社を設立しています。

株式会社コンセックの株価や配当

事業の種類:卸売業 優待の価値:2,500円相当~7,500円相当
優待の種類 権利確定月・日 優待回数
飲食料 3月末日 9月末日 年2回
株価 配当利回り 優待利回り
162円 1.85% 3.09%
必要投資額 単元株数 1株あたりの配当
162,000円 1,000株 3円

リンゴ酢とハチミツの効用を生かした健康飲料水「ラ・バモンドライト」

コンセックの株主優待は単元株数の1,000株から受けることができます。優待の内容はリンゴ酢とはちみつの効用を活かした「ラ・バモンドライト」という健康飲料水です。酸味が効いたおいしい水で、焼酎などで割って飲むのもおすすめできます。

さて、保有株数と「ラ・バモンドライト」の関係を以下にまとめました。権利の確定は3月と9月で、年に2回の優待を受けることができます。権利の確定は3・9月ですが、「ラ・バモンドライト」が手元に届くのはそれぞれ5~6月、11~12月ごろとなります。

■1,000株以上4,000株未満  「ラ・バモンドライト」1本(年間2本)
■4,000株以上10,000株未満 「ラ・バモンドライト」2本(年間4本)
■10,000株以上  「ラ・バモンドライト」3本(年間6本)

株主になるならば業績のチェックは欠かせませんよね

コンセックの株主優待は株主にならないともらえません。これは当たり前ですよね。そして株主になるということはコンセックに投資をするということです。投資をする以上はコンセックの業績のチェックは欠かせません。ここでは株式会社コンセックの過去2期分の売上高、営業利益、経常利益、次期の予測をみていきましょう。

2期前(2015年3月期)
売上高:10,184
営業利益:270
経常利益:311

1期前(2016年3月期)
売上高:10,061
営業利益:135
経常利益:182

来期(2017年3月期)会社予想
売上高:10,100
営業利益:60
経常利益:115

(単位は百万円)

コンセックの業績をみていくと営業利益が下降傾向にあるのがわかります。今期の中間決算(2016年11月)では営業利益、経常利益ともに赤字の決算となりました。営業利益は37百万円の赤字、経常利益は13百万円の赤字です。しかし、2017年2月10日発表の第3四半期の経常損益は94百万円と年間予想の進捗率81.7%となっています。

配当利回り、優待利回りともに高めのコンセック

コンセックの株主優待でもらえるコンセックオリジナルの健康飲料水は1,000株の保有で優待利回りは3%を超えます。この優待還元率は高い水準だと言えるでしょう。また、株主配当も1.85%とこちらも高い水準です。

健康飲料水はリンゴ酢が使われているのでもしかしたら苦手な人もいるかもしれませんが、そうでなければ還元率の高さからコンセックの株主優待はおすすめできます。また、配当目当てでの投資もいいかもしれませんね。

権利確定は3月と9月の年2回

コンセックの株主優待の情報を中心に、建設・土木機器メーカーである株式会社コンセックについてみてきました。

コンセックはダイアモンド工具の売り上げ国内No.1の建設機器メーカーです。コンクリートに穴をあけるのに必要不可欠な工具で今後もコンセックの基盤を支える製品です。そのコンセックの株主優待ではリンゴ酢の酸味が効いた健康飲料水「ラ・バモンドライト」がもらえます。こちらは1本2,500円相当で、年に2回もらえるので優待利回りはかなり高くなります。

高い優待利回りと配当があるコンセックについて検討してみてはいかがでしょうか?

著者情報
株主優待が大好き。 桐谷さんのように優待だけで生活するのが夢。 でも不動産投資やFXにも魅力を感じている今日この頃。

RELATED