100株以上で株主優待商品1セット(3,000円相当)を年2回貰える

2017年5月1日

フジオフードシステムは串家物語やホノルルコーヒー、まいどおおきに食堂、つるまるなど、国内・海外で800店舗以上を展開する大手飲食企業です。

経営する何れかの店舗で食事を楽しんだ人も多いのではないでしょうか。
特に普段からお店を利用している方は、お得な株主優待もありますので参考にしてみてください。

国内・海外で約30の業態・ブランド、グループで800店舗以上展開する

フジオフードシステムは、串家物語、まいどおおきに食堂、つるまる、かっぽうぎ、ホノルルコーヒー、はらドーナッツ、天麩羅えびのや、さち福や、じゅうじゅう屋など、全国に815店舗、約30の業態・ブランドの飲食店などを展開しています。

直営店やフランチャイズチェーンの経営以外にも、オリジナル商品の開発・販売や、店舗の内外装工事の企画・設計など、幅広い事業を行っています。

業態を絞った飲食企業は多くありますが、多数の業態を展開し、全国にこれだけの数の店舗を持つ企業はそうありません。
また、海外進出も行っており、積極的に海外・国内で展開しています。高齢者雇用や障害者雇用、募金活動、こども110番店舗、省エネ活動など、社会・環境貢献活動にも力を入れています。

「お客様に喜んでいただくと同時に働いている全ての仲間の幸福を共有できる組織でありたい」という企業理念の元、成長を続けている企業です。グループ会社では保育園の経営も行っています。

飲食店の展開だけでなく自社オリジナル商品の開発・販売も手掛ける

フジオフードシステムは、多くの飲食店を展開するだけでなく、食料品などを開発・製造し、オンラインショップで販売も行っています。

  • 熟成とんかつソース
  • こだわりの塩赤穂産
  • 昔なつかしのウスターソース
  • こだわり刺身醤油
  • お味噌
  • 黒酢昆布ポン酢
  • 濃口醤油
  • 昔なつかしの食堂のカレー
  • 串家物語の串揚げセット
  • 紀州産南高梅しそ漬け梅

創業30年以上国内・海外に多くの業態の飲食店を展開する

フジオフードシステムは、資本金15億100万円、従業員数523名の企業です。
1979年に個人事業として藤尾実業を創業します。同年グループ1号店としてキッチンバーエスカールをオープンさせる。それから1987年までにフェローズ、アジアンパラダイス、もつ鍋ひょうたん、百歳、えびす、恵比寿亭、チャンピーニ、ジュテームカフェ、新伍、麺の庄萬庵、かつ満などをオープンさせます。

1988年に株式会社フジセイ・コーポレーションを設立します。
1988年にまいどおおきに食堂1号店をオープンさせ、1989年には有限会社FM商業計画を設立します。その後も1998年までに、寿司百歳や、ポーズカフェ、つるまる、印度家高麗橋、大型ビアレストランレベッカ、串家物語などをオープンさせます。

1999年に株式会社フジオフードシステムを設立し、2002年に大阪証券取引所ヘラクレス市場に上場。
2006年には、中国・上海に上海藤尾餐飲管理有限公司を設立し、同年上海市に虹梅食堂をオープンさせます。2006年には、ハワイにFUJIO FOOD SYSTEM U.S.A.Co.,Ltdを設立します。

そして2008年にハワイに定食スタイルの火の音水の音をオープンさせます。
2010年には香港に香港藤尾餐飲管理有限公司を設立。2011年にシンガポールにFUJIO FOOD SYSTEM SINGAPORE PTE.LTDを設立します。
2012年には株式会社ホノルルコーヒージャパンを設立し、同年お台場にホノルルコーヒー1号店をオープンさせます。

フジオフードシステムの株価や配当、優待の内容

事業の種類:飲食料  優待の価値:6000円相当
優待の種類 権利確定月・日 優待回数
飲食料 12月末日 6月末日 年2回
株価 配当利回り 優待利回り
2754円 1.27% 2.17%
必要投資額 単元株数 1株あたりの配当
275,400円 100株 35円

(2017年3月21日現在)

株主優待の内容紹介

フジオフードシステムの株主優待は100株以上の保有で受け取れます。

100株以上300株未満保有の場合は、株主優待商品1セット(3,000円相当)を年2回
300株以上1,000株未満保有の場合は、株主優待商品2セット(6,000円相当)を年2回
1,000株以上保有の場合は、株主優待商品4セット(12,000円相当)を年2回

国内・海外にグループで800店舗以上の店舗を展開します。
フジオフードシステムのグループ会社及び関連会社、手掛けるブランドは下記のとおりです。

フジオフードシステムのグループ会社及び関連会社
グループ会社
上海藤尾餐飲管理有限公司
FUJIO FOOD SYSTEM U.S.A. CO., LTD.
FUJIO FOOD SYSTEM FRANCHISING, INC.
FUJIO FOOD SYSTEM SHINGAPORE PTE. LTD.
美樂食餐飲股份有限公司
株式会社ホノルルコーヒージャパン
株式会社フジオファーム
株式会社博多ふくいち
株式会社はらドーナッツ
株式会社フジオチャイルド
株式会社どん
ブランド
まいどおおきに食堂
串家物語
つるまる(つるまる饂飩・鶴丸饂飩本舗)
かっぽうぎ
さち福や
天麩羅えびのや
タルト&カフェデリス
フジオ軒
はらドーナツ
ホノルルコーヒー
ザ・どん
ハニーミツバチ珈琲
じゅうじゅう屋
米牛
かつ満
SaladStop!

など、フジオフードシステムグループで800店舗以上を展開しています。

フジオフードシステムの業績について

2016年12月期段階の自己資本比率は33.8%です。販売促進キャンペーン活動の強化やスタッフの教育・研修に力を入れたこともあり、2016年度は増収増益の結果となっています。

2016年度の業績
売上高:349億円(前年対比+4.7%)
営業利益:24億1,000万円(+2.0%)
経常利益:23億2,300万円(+2.2%)
利益:10億8,300万円(+0.4%)

2017年12月期の会社予想
売上高:363億2,000万円(+4.1%)
営業利益:27億3,300万円(+13.4%)
経常利益:27億2,300万円(+17.2%)
利益:14億4,000万円(+33.0%)

PERは19.64倍、PBRは3.81倍、年初来高値は2,792円、年初来安値は1,900円で、ここ5年で見ても株価は現在比較的高値付近にあります。

しかしグループの勢いや展開などから、会社予想を上振れするという見方が市場には強くあり、株価はさらに上昇し続ける可能性があります。まずは第1四半期の業績を見てから判断しても良いでしょう。

フジオフードシステムはこんな投資家にオススメ

普段からフジオフードシステムの店舗を利用している方にオススメです。
フジオフードシステムは、必要投資金額275,400円で株主優待商品1セット(3,000円相当)を年2回貰えます。
優待利回りは2.17%と高く、フジオフードシステムの経営する飲食店を普段から利用している方にとっては、非常に嬉しい内容です。配当利回りと合わせれば3.5%近くあり、魅力的な銘柄となっています。

2016年度は増収増益で2017年度も増収増益予想、市場の期待もあり株価は若干割高感があります。
しかし第1四半期の業績が良ければ、その後も株価は上昇し続ける可能性が高く、投資をするのであれば今の内に判断をするか、株価が下がるのを長期的に待つかのどちらかになりそうです。

成長企業でもあり優待目的としても売買益目的としても検討したい銘柄です。特に普段からお店を利用している方は、お客さんの反応なども見やすいですし、優待内容もお得ですのでオススメです。

株主優待は非常に魅力的な銘柄!

フジオフードシステムの株主優待は非常に魅力的です。
年2回3,000円相当の優待商品が届きます。配当利回りも決して低くなく、投資対象として検討したい銘柄です。現在、株価が上昇中で割高感がありますので、できればもう少し株価が下がった段階で判断したいものです。

著者情報
オールマイティなトレーダーを目指して日々奮闘中 投資で5000万円貯める事が目標。 基本ビビりなので日々可愛い利益をコツコツ貯めています。

RELATED