• ホッカンホールディングスは缶詰詰め合わせ。ものづくりの力とグループ連携強化による高度な技術が強み

優待商品の缶詰詰め合わせは、容器事業における高度な技術を集結した最高級商品

2017年11月30日

1921年の創業以来ものづくりの力を大切に育て、製造、販売、技術に注力してきた企業です。質が高い製品、他社には真似できない製品、丁寧な作業による製品を手掛け、多くの顧客との信頼関係を築いてきました。

顧客一社一社の要望を聞きそれに沿った製品開発と研究を重ねて製品化することは、常に高い技術が求められるものであります。顧客の要望は日々変化するものですが、それに対応すべく日々挑戦を掲げ邁進しています。

3つの分野におけるグループ企業のため、それぞれの連携を強化することにより更なる強固な基盤のもと幅の広い事業展開を実践することができます。他社にはないグループの連携を活かし、より高い技術の習得とより高い顧客満足度を求めて前進しています。

東京証券取引所市場一部、札幌証券取引所に上場しており、証券コード5902、資本金110億円、従業員数グループ合計1933名です。

ものづくりの力は高い技術力

1921年の創業以来、ものづくりの企業として高い技術力を求め取り組んできました。顧客一社一社の要望に応えるべく、入念な打ち合わせと相談を繰り返し丁寧な作業を行う、これらの実践により信頼を勝ち取ってきました。現在はその築き上げた信頼のもと更なる発展を目指し、より高い技術習得と成長を掲げてグループ一丸となっています。

事業内容と構成比

事業は大きく3つに分けることができ、容器事業、充填事業、機械製作事業を展開しています。
容器事業は飲料や食品の缶詰に利用される空き缶を製造しています。売上全体の約38.9%を占めており、事業における第2の柱として確立しています。

充填事業は主として飲料の充填を受託しており、原料の混合から充填、物流に至るまで一貫した作業を行っています。売上全体の57.1%を占めており、主力事業として利益獲得に大きく貢献している事業です。

機械製作事業は空き缶製造機械や精密機械、金型などの製造と販売を行っています。売上全体の約3.9%となっており、今後大きく成長する余地のある事業です。

環境への取組み

環境に配慮した製造工程、資源計量化、資材再利用などに積極的に取り組んでいます。また、容器包装リサイクル法の基準を上回ることは当然のことと考えており、それ以外のことで何ができるかを常に考え実践しています。エコ活動やエコフェスティバル、環境イベントの企画から開催までを行い、子どもたちや地域住民とのよりよい関係を築くとともに、環境について多くの人に知ってもらう機会を提供しています。その他、ペットボトルをリサイクルした制服を製作しました。常に今できることを念頭に置き、環境の保全に努めています。

グループ企業

大きく分けて3つの事業グループがあり、容器事業の北海製罐株式会社、充填事業の株式会社日本キャンパック、機械事業のオーエスマシナリー株式会社が主体となっています。その他、関連会社がそれぞれの事業ごとにあり全て合わせると16社が集合したグループ企業です。グループ間の連携を強化し、他社との差別化を図るべく日々取り組んでいます。

ホッカンホールディングス株式会社の株価や配当

1921年の創業以来ものづくりの力を増強するために、卓越した技術、高度な生産能力などを磨き企業一丸となって前進してきました。現在もその心は変わらず、グループ企業として連携を強化することはもちろん、技術の向上のため日々邁進しています。顧客一社一社の要望に応えることを第一に考え、顧客との密な打ち合わせや相談を行い、また丁寧な作業と柔軟な考えのもと信頼関係を築いています。

事業の種類:金属製品 優待の価値:缶詰詰め合わせ
優待の種類 権利確定月・日 優待回数
飲食料 3月末日 9月末日 年2回
株価 配当利回り 優待利回り
443円 1.69% 0.22%
必要投資額 単元株数 1株あたりの配当
443,000円 1,000株 7.5円

株主優待の権利と特徴

優待商品の発送は年一回であり、3月31日現在の株主名簿に記載された最低1,000株以上保有する株主に贈られます。保有株数により商品が異なりますので、下記ご紹介します。

■1,000株以上5,000株未満保有の場合、1000円相当の缶詰詰め合わせ
■5,000株以上10,000株未満保有の場合、3,000円相当の缶詰詰め合わせ
■10,000株以上保有の場合、5,000円相当も缶詰つめあわせ

ものづくりの力による3つの事業

主力事業は3つあり、容器事業、充填事業、機械製作事業を展開しています。

容器事業は空き缶やペットボトル、その他容器の製造です。具体的には飲料や食品、エアゾールなどの空き缶、飲料や食品のペットボトル、化粧品などの容器の製造です。

充填事業は飲料などの充填です。原料の混合、充填を行い、物流までを任されています。大手飲料メーカーなどとの契約により、3事業の中で一番の主力事業となっています。メーカーとの信頼関係構築が最も重要であり、正確な作業、敏速な対応、徹底した安全管理などは常に求められ、かつ他社との差別化を図るべくグループとしての強みを前面に押し出し日々取り組んでいます。

機械製作事業は専用機械や精密機械、自動車部品、リチウム電池などの製造です。正確な作業、高度な技術による信頼関係構築が最重要となっています。

海外の関連会社との連携

インドネシアとベトナムに関連会社があります。それぞれ、飲料の充填事業を任されており、正確な作業、敏速な対応、徹底した品質管理に注力しています。また、新規商品を獲得すべく営業活動にも注力しており、その成果は徐々に現れ利益拡大の基盤として出来上がっています。

今後の見通し

既存の3つの事業をより強固な基盤とするため、現状に満足することなく日々努めています。グループ企業としてそれぞれの事業が連携できることは、他社との差別化を図ることができるメリットであり大きな成果につなげることができます。それぞれが改革前進を求めて、技術の向上、高い品質への探求、顧客との信頼関係構築に邁進しています。また、今後も海外事業の展開をより重要と考え、海外との関係強化に邁進しています。

ものづくりに興味がある投資家にオススメ

ものづくりの企業として歴史がある企業であり、高い技術と高い品質には定評があります。
顧客一社一社と向き合い顧客の要望に応えるべく努めるとともに、日々技術の向上に邁進しています。投資を通してものづくりを知ることができる企業です。

年一回の優待商品は缶詰の詰め合わせであり、どこの家庭でも喜ばれる商品です。料理好きな方はもちろん、料理が苦手な方でも簡単に調理をすることができます。また、保存が効くので自分の都合のいい時に調理することができ、かつ防災に備えた食品としても活用できます。家計の出費削減に貢献する優待商品と言えます。

技術力の更なる向上と成長する海外企業・環境を考えるきっかけとなる優待商品

いかがでしたか。3つの事業から成るグループ企業として、グループ間の連携を強化し他社との差別化を図っています。現在の技術に満足することなく更に上を目指し企業一丸となって邁進しており、既存の顧客の信頼を得ることはもちろん、更なる顧客獲得のため前進しています。また、より幅を広げた海外展開が視野にあるため、今後の成長が楽しみな企業と言えるでしょう。

優待商品の缶詰詰め合わせは、どこのご家庭でも喜ばれるものであり、調理が簡単なうえに保存が効くというメリットがあります。

環境に配慮した缶などの容器を実際に商品として手に取ることで、投資家一人一人が環境について考えるきっかけとなるかもしれません。企業の考えと活動の取組みについて商品を通して理解することができるでしょう。

著者情報
株主優待が大好き。 桐谷さんのように優待だけで生活するのが夢。 でも不動産投資やFXにも魅力を感じている今日この頃。

RELATED