ジョイフルの株主優待は15%割引の優待券。ファミリーレストラン「ジョイフル」などを展開

2018年3月13日

ファミリーレストラン「ジョイフル」を利用したことはありますか?
ジョイフルを運営する株式会社ジョイフルも上場しているため、株を買うことや株主優待を受けることができます。ジョイフル以外にも飲食店を展開しており、店舗数はグループ全体で800を超えています。

ジョイフルの株主優待はどのような内容でどれくらい魅力的なのでしょうか。

ここでは、ジョイフルの株主優待や企業情報などについて、紹介しています。
普段から、ジョイフルグループ店舗を利用している方や飲食の優待株を探しているサラリーマンや主婦の方、そして、10万円前後の資金で投資を考えている方は、ぜひご覧ください。

本社は大分でファミリーレストラン「ジョイフル」などを展開する外食企業

ジョイフルは大分の会社で、創業以来「地域で1番安価で、1番身近なレストラン」を目標に掲げており、九州や中国・四国地方などを中心にファミリーレストラン

  • 「ジョイフル」
  • 「ごはん処喜楽や」
  • 「旬菜ブッフェ陽菜多」
  • 「そば焼鳥 2510」
  • 「ご飯盛り放題グーカレー」
  • 「pure juice」

などを展開しています。

店舗数は804店舗(直営750、FC54)あり、「399円日替ランチ」など、リーズナブルなメニューを提供しています。
自社検査室で微生物検査や理化学検査を実施しており、徹底的に食材の安全性を追求しています。また、ジョイフルのメニューには熱量や食塩相当量を表示しており、キッズメニューにはアレルゲンの表示もしています。

早くからドリンクバーの導入をおこなうなど、顧客視点にたったサービスの実践の取り組んでいます。
社会貢献活動にも力を入れており、講演やボランティア活動、協賛なども数多く実施しています。

「実績や歴史」元々は焼肉チェーン店の展開を目的に会社創立

ジョイフルは1976年創立で、資本金は60億円、従業員数は正社員1,414名パート・アルバイト約7,574名(連結・2016年12月末時点)の企業です。1976年に焼肉チェーン店の展開を目的として株式会社焼肉園を設立、本社及び工場を大分市に新設します。

1979年にはファミリーレストランチェーン「ジョイフル」の1号店を開店、1980年には株式会社焼肉園から株式会社ジョイフルに商号を変更します。1993年には福岡証券取引所に株式を上場し、資本金を15億1,226万円に増資します。
1995年にはフランチャイズ1号店を長崎県大村市に開店します。同年、ジョイフル100号店を開店。そして、2001年にはジョイフルグループ500号店となる和歌山粉河店を開店します。

2002年にドリンクバー制度を導入、2003年には「399円日替ランチ」の販売を始めます。
2005年には「株式会社ジョイフルサービス」を設立。また、同年、ジョイフルグループ700号店となる高松東山崎店を開店します。2007年にはジョイフル全店にドリンクバーJoycafeを導入します。

2008年に旬菜ブッフェ陽菜多中島店を開店。2013年にはジョイフルリブランディングによってロゴマークの変更とシンボルマークの新設をし、翌年に新ブランドタイプ1号店を開店します。

ジョイフルの株価や配当

ここでは、ジョイフルの権利確定日や配当金、利回り、株価、必要投資金額などについて確認していきましょう。権利確定日は6月末日と12月末日で年2回優待を受け取ることができます。

下記数値の多くは常に変動するため、実際にジョイフルへの投資を検討する際は最新の情報を必ずチェックするようにしましょう。

事業の種類:飲食業 優待の価値:—円
優待の種類 権利確定月・日 優待回数
飲食料 6月末日 12月末日 年2回
株価 配当利回り 優待利回り
1,225円 0.82% —%
必要投資額 単元株数 1株あたりの配当
122,500円 100株 10円

株主優待は100株以上保有で年2回ジョイフルなどで使える株主優待割引券

ジョイフルの株主優待は、100株以上の保有で下記優待内容を年2回受け取ることができます。

■100株以上500株未満保有の場合、株主優待割引券(15%割引)5枚
■500株以上1,000株未満保有の場合、株主優待割引券(15%割引)10枚
■1,000株以上保有の場合、株主優待食事券(500円券)20枚

株主優待券は、全国のジョイフルだけでなく、喜楽や・陽菜多・二五十・グーカレー・pure juiceで利用ができます。株主優待食事券(500円券)は1度に複数枚利用できます。

「ごはん処喜楽や」「旬菜ブッフェ陽菜多」などさまざまな店舗を展開

ジョイフルグループの展開ブランド、グループ会社・関連会社は下記のとおりです。

ジョイフルグループの店舗及び関連会社
店舗
ジョイフル
ごはん処喜楽や
旬菜ブッフェ陽菜多
そば焼鳥 2510
ご飯盛り放題グーカレー
pure juice
関連会社
株式会社ジョイフル北日本
株式会社ジョイフル関東
株式会社ジョイフル東海
株式会社ジョイフル東関西・北陸
株式会社ジョイフル西関西
株式会社ジョイフル中国
株式会社ジョイフル四国
株式会社ジョイフル北九州
株式会社ジョイフル中九州
株式会社ジョイフル東九州
株式会社ジョイフル西九州
株式会社ジョイフル南九州
株式会社Rising Sun Food System
株式会社ジョイフルサービス

2017年12月期は経常利益が前期比−29.1%、利益が−79.3%。今期から6月決算

■2017年12月期業績
売上高 :656億4,200万円(前期比+1.7%)
営業利益:21億5,800万円(前期比−30.2%)
経常利益:22億2,000万円(前期比−29.1%)
利益  :3億600万円(前期比−79.3%)
■2018年6月期(決算期12月31日→6月30日へ変更)の会社予想
売上高 :314億円
営業利益:6億円
経常利益:6億円
利益  :3億1,000万円

2017年1月より「ごはん処喜楽や」ブランドを分社化、近畿以東への出店を加速し、マネジメントの効率化・店舗運営体制の強化を図りました。
中長期的な成長戦略として、そば居酒屋の「二五十」やドリンク専門店の「pure juice」、ごはん盛り放題の「グーカレー」の新業態を出店しました。

また、商品開発プロセスの強化により品質向上と多様化する消費者ニーズに対応した商品施策を実施。
日曜・祝日のランチタイムサービスやステーキフェアをおこないました。さらに、Free Wi-Fi全店設置や完全分煙のリニューアルを既存店108店舗で実施。全国約800店舗のジョイフルではPokemon GOにも対応しました。

ジョイフルを14店舗、ごはん処喜楽やを7店舗、二五十などを3店舗出店。これにより、年度末の店舗数は804店舗(直営750、FC54)となっています。

必要投資金額は12万円程度。サラリーマンや主婦にもおすすめの銘柄

ジョイフルの株主優待は、年2回株主優待割引券(15%割引)5枚がもらえます。
2018年2月27日時点の必要投資金額は122,500円です。比較的少額資金で投資ができ、ジョイフルなどで15%割引で食事ができるため、サラリーマンや主婦にもおすすめです。

ジョイフルだけでなく陽菜多やグーカレーなどのグループ店舗でも利用ができます。元々リーズナブルな価格で食事ができる店舗ばかりですが、さらに安く食事ができますので家計にもプラスです。

前期は業績が芳しくありませんでしたので、投資を検討するのであれば今後の業績推移を見たうえで判断したいところです。普段からジョイフルグループ店舗を利用している方は検討してみてはいかがでしょうか。

近くにジョイフルグループ店舗がある方は検討してみては?

ジョイフル株は12万円程度で買うことができ、株主優待はサラリーマンや主婦に嬉しい優待券です。
年2回ももらえるのでよく利用する方や近くにジョイフルグループ店舗がある方にはメリットが大きいです。

業績動向によっては、もう少し株価が下がる可能性もありますので、検討したい方はそのときに判断してもいいでしょう。興味がある方は、ぜひ検討してみてください。

著者情報
株主優待が大好き。 桐谷さんのように優待だけで生活するのが夢。 でも不動産投資やFXにも魅力を感じている今日この頃。

RELATED