「外食産業の新たなスタンダードの創造」するために、直営店舗展開やプラットフォーム提供を行う

2018年2月26日

きちりは「Positive eating」を体現する「KICHIRI」ブランドの飲食店の展開や、有力なブランド・コンテンツホルダーとコラボレーションして今までにない飲食店のプロデュースを手掛けています。

オシャレな雰囲気のお店や食材にこだわったお店など幅広いです。
きちりの株主優待はどのような内容で、どのような人におすすめなのでしょうか。ここでは、きちりの株主優待情報や企業情報、投資情報などについて紹介しています。

関東・関西を中心に「KICHIRI」ブランド店舗やプラットフォームシェアリングを展開

きちりは創業以来「Positive eating」という概念、「外食産業の新たなスタンダードの創造」というビジョンのもと、「おもてなし」や料理・空間・時間にこだわった店舗「KICHIRI」ブランドなどの飲食店を運営している外食企業です。

また、プラットフォームシェアリング事業も展開しており、飲食店経営で培ったノウハウであるバックオフィス・バックヤード・バックアップ企業の3つの機能をプラットフォーム化して、飲食店のプロデュースや経営効率化のサポートもしています。

直営店舗運営を主軸に独自のプラットフォームを構築・活用することで、「美容健康」「ファッション・エンターテイメント」「農畜産・水産の一次産業」分野の企業とコラボレーションを図ります。

きちりの実績や歴史。有限会社吉利として設立して20年。

きちりは1998年に設立し、資本金は3億8,153万284円、従業員数2,067名(2017年6月末時点)の企業です。
1998年に有限会社吉利を設立し、2000年に株式会社に改組、株式会社きちりに社名変更をします。

2003年に本社を大阪市中央区南本町に移転。
2007年には大阪証券取引所ニッポン・ニュー・マーケットヘラクレス市場へ上場をします。2010年には大阪証券取引所とジャスダック市場の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQに上場し、同年、株式会社オープンクラウドを設立します。

2011年に本社を大阪市中央区安土町に移転。2013年には東京証券取引所市場第二部上場に伴い、大阪証券取引所JASDAQを上場廃止。2014年には東京証券取引所市場第一部へ指定替えとなります。

きちりの株価や配当

きちりの株価や権利確定月、利回りや必要投資金額について確認しましょう。
ただし、ほとんどの数値は常に変動しますので、定期的に確認する必要があります。また、きちりへの投資を本格的に検討する際は、過去からの推移や最新の数値、PERやPBRなど、他の数値も確認して投資判断に役立てましょう。

事業の種類:小売業 優待の価値:3,000円
優待の種類 権利確定月・日 優待回数
飲食料 12月末日 年1回
株価 配当利回り 優待利回り
717円 1.39% 4.18%
必要投資額 単元株数 1株あたりの配当
71,700円 100株 10円

株主優待はきちり運営店舗で利用できる株主優待券3,000円分〜

きちりの株主優待は、100株以上保有で下記優待内容がもらえます。

■100株以上500株未満保有の場合、優待券3,000円分 × 1枚
■500株以上保有の場合、優待券3,000円分 × 3枚

優待券はきちりが運営する店舗で飲食代金3,000円分として利用できます。※一部利用できない店舗があります。

料理・空間・時間にこだわった多くの飲食店を展開・プロデュース

きちりでは下記店舗を展開したり、きちりプラットフォームによりプロデュースしています。

きちりの運営店舗
KICHIRI新日本様式(和とモダンを融合させた新日本様式スタイル)
KICHIRIカジュアルダイニング(デザイナーズマンションをイメージ)
いしがまやハンバーグ(黒牛100%、専用釜利用のハンバーグ専門店)
Little Eggs(オムライス、スイーツ、カフェメニューなど)
とん久(純粋種黒豚を使った黒豚トンカツ店)
GOOD MEAT STOCK〜肉屋バル〜(米国産最高グレードのプライムビーフステーキ)
ajito(「大人の遊び場」をコンセプトにした店舗)
まなや(新鮮な野菜や魚肉を中心とした和食レストラン)
Orobianco(イタリアのファッションブランドOrobiancoの世界観を表現)
おむすびのGABA(精米機メーカー「サタケ」「GABAライス」のアンテナショップ)
はかた地どり福栄組合(「はかた地どり」のアンテナショップ)
長野県長寿食堂 (長寿日本一の長野の食材を使った食堂)
EATALY(「FUN EATALY」をスローガンにイタリア食材を提供)

2018年6月期は増収増益予想。第2四半期時点の経常利益進捗率は約61%

■2017年6月期業績
売上高 :88億4,500万円(前期比+10.1%)
営業利益:3億1,800万円(前期比−24.8%)
経常利益:3億1,700万円(前期比−25.2%)
利益  :1億7,000万円(前期比−33.6%)

■2018年6月期業績予想
売上高 :92億円(+4.0%)
営業利益:3億5,000万円(+10.1%)
経常利益:3億5,000万円(+10.4%)
利益  :2億1,000万円(+23.5%)

■第2四半期業績(2018年2月に発表)
売上高 :46億4,900万円(前年同期比+5.0%)
営業利益:2億1,500万円(前年同期比+28.5%)
経常利益:2億1,400万円(前年同期比+28.9%)
利益  :1億3,100万円(前年同期比+42.8%)
経常利益進捗率:61.1%

新規出店に力を入れ、湘南ベルマーレとの業務提携により神奈川県平塚市に「MEAT COMPANY with Bellmare」、東京大手町駅直結のOOTEMORI内に「GOOD MEAT STOCK」の新規出店。
また、神奈川県平塚市に「3 Little Eggs」、東京町田に「igu&peace PATRON」、世田谷区と広島市に「いしがまやハンバーグ」を出店しました。

プラットフォームシェアリング事業では、ビットコイン決済の導入や労務管理、経費精算の分野でIT関連技術を持つ企業と共同開発を行い、プラットフォームの強化を図っています。

優待利回り4%超。きちり店舗利用者や外食株に関心のある方におすすめ

今期業績は増収増益を予想しており、第2四半期時点の経常利益進捗率は約61%と悪くありません。
きちりの株主優待価値は3,000円で必要投資金額は71,700円、優待利回りは4.18%と高めです。

優待内容はきちりが運営する店舗で利用できる優待券3,000円であり、普段から店舗を利用している人、近くにきちり直営店舗がある人にはお得な内容です。オシャレな雰囲気のお店でおいしい食事を楽しめます。

投資金額10万円以下で利回りも高いため、初めての株として主婦の方でも手が出しやすい銘柄です。
外食企業株、飲食料の優待株に興味がある方におすすめです。

今までにない魅力の飲食店をプロデュース。優待券で体験してみては?

きちりは料理・空間・時間にこだわった「KICHIRI」ブランド直営店舗の展開だけでなく、そのノウハウを活かして「美容健康」「ファッション・エンターテイメント」「農畜産・水産の一次産業」など、さまざまな分野の企業とも手を組み、今までにない飲食店をプロデュースしている企業です。

少額資金で投資を検討している人にも手が出しやすく、優待利回りは4%超と非常に高いです。優待券を使えば外食費も節約できますし、外食へ行くきっかけにもなります。家族がいる方や主婦の方など検討してみてはいかがでしょうか?

著者情報
株主優待が大好き。 桐谷さんのように優待だけで生活するのが夢。 でも不動産投資やFXにも魅力を感じている今日この頃。

RELATED