優待は100株以上保有で5種類の中から好きなものを選べる

2017年10月16日

マルハニチロという企業を知っていますか。マルハニチロは国内だけでなく、海外でも高いシェアを誇る「水産」「食品」「畜産」を柱とした企業です。水産物を中心として、多様な食品分野への事業を展開しています。

マルハニチロの株主優待はどのような内容なのでしょうか。ここでは、マルハニチロの株主優待情報や企業情報、投資情報などについて、紹介します。
水産業の銘柄を探している方は、選択できる株主優待、食料品の株主優待銘柄を探している方は、参考にご覧ください。

海外でも高いシェアを誇る「水産」「食品」「畜産」を柱とした企業

マルハニチロは、「水産」「食品」「畜産」の事業を柱としている企業です。水産事業では、水産物の輸出入や加工、養殖、販売を行っており、水産物取扱高は世界トップクラスです。
M&Aや現地法人設立など海外展開も積極的に推進しています。

食品事業においても、冷凍食品やレトルト食品、チルド食品、練り製品、化成品などの企画や製造販売を行っており、国内トップシェアの商品が多数揃います。
畜産事業においても、飼料、畜産物の輸出入や加工などを行い、食肉加工品や飼料原料を提供しています。水産物、畜産物、冷凍食品の他にもゼリーなど、幅広い商品を取扱い、国内、欧米、アジアへも事業展開している企業です。

「世界においしいしあわせを」をグループスローガンに掲げ、圧倒的な資源調達力と、業務用商品は1,000を超えるなど、カテゴリーにとらわれない商品開発力を武器に、多くの消費者のニーズに応えています。
マルハニチロは、北米におけるカニかま販売量全米小売市場シェア50%、北米生産量カニ類全米シェア30%、スケソウダラ全米シェア26%など、海外でも高いシェアを誇る企業です。

水産物を中心にさまざまな製品を生産・製造多様な食品分野へ展開

事業領域ごとに11ユニットがあり、水産商事ユニットでは

  • エビ
  • タコ
  • マグロ

など鮮冷原料から寿司ネタのような加工品を製造販売。
畜産商事ユニットでは、

  • 牛肉や豚肉
  • 鶏肉

などの加工品の製造販売。
北米ユニットでは、

  • スケソウダラ
  • マダラ
  • カニ
  • 魚卵

などの製品を生産。
家庭用冷凍食品ユニットでは、

  • おべんとうシリーズ
  • 新中華街シリーズ

などの製造。
家庭用加工食品ユニットでは、

  • フィッシュソーセージやチルド
  • デザート商品

化成ユニットでは、

  • DHA/EPA
  • スクワラン/スクワレン
  • コンドロイチン

などを医薬品や健康食品用原料、化粧品として供給など、さまざまな製品を生産、製造しています。

マルハニチロの歴史2007年にマルハとニチロが経営統合し誕生

マルハニチログループは、2007年には株式会社マルハグループ本社と株式会社ニチロが経営統合し、株式会社マルハニチロホールディングスが誕生します。
2008年には、株式会社マルハニチロ物流、株式会社マルハニチロ畜産、株式会社マルハニチロ食品、株式会社マルハニチロ水産を中心として、マルハニチログループがスタートします。

2009年には、株式会社マルハニチロ北日本を設立。2010年には、株式会社マルハニチロ九州を設立。2011年には、株式会社MNリテールサービスを設立。2012年にはヤヨイ食品株式会社を子会社化します。2013年には、オーストラル・フィッシャリーズ社(オーストラリア)と、シーフード・コネクション社(オランダ)に資本参加します。

2014年に株式会社マルハニチロホールディングス、株式会社マルハニチロ水産、株式会社マルハニチロ食品、株式会社マルハニチロ畜産、株式会社マルハニチロマネジメント、株式会社アクリフーズが統合をして、持ち株会社であるマルハニチロ株式会社が誕生します。同年、ヤヨイ食品株式会社と株式会社ニチロサンフーズが合併して、株式会社ヤヨイサンフーズが誕生します。

マルハニチロ株式会社の株価や配当

マルハニチロの株価や利回り、必要投資金額について紹介します。権利確定は3月末日です。投資を検討する場合は、株価の推移やPER、PBRなども確認するようにしましょう。

事業の種類:水産・農林業 優待の価値:—円
優待の種類 権利確定月・日 優待回数
飲食料 3月末日 年1回
株価 配当利回り 優待利回り
3,190円 0.94% —%
必要投資額 単元株数 1株あたりの配当
319,000円 100株 30円

株主優待は100株以上保有で5種類から好きなものを選べる嬉しい内容

マルハニチロの株主優待は100株以上保有で下記5種類から希望のものを1つ選べます。

A:水産缶詰詰合せ(まるずわいがに×4缶、さけ水煮×1缶、まぐろ油漬あらほぐし×1缶)
B:瓶詰・缶詰詰合せ(紅ずわいがに×3缶、鮭ほぐし×2瓶、鰹昆布×1瓶、鶏そぼろ×1瓶)
C:海苔詰合せ(味付海苔×16束、焼海苔×16束、手巻海苔×4袋)
D:DHA入りリサーラソーセージ(DHA入りリサーラソーセージ50g3本入×10袋)
E:ラ・カンティーヌ詰合せ(スモークサーディンエクストラバージンオイル×2缶、鯖フィレエクストラバージンオイル×1缶、鯖フィレオリーブオイル×1缶、豚肉のリエット×1瓶、鶏のレバーペースト×1瓶)

マルハニチロのグループ関係会社及び関連会社は下記のとおりです。

マルハニチロのグループ会社及び関連会社
漁業・養殖ユニット
大洋エーアンドエフ株式会社
株式会社アクアファーム
株式会社桜島養魚
有限会社玄海養魚
有限会社奄美養魚
有限会社熊野養魚
株式会社串本マリンファーム
株式会社下関漁業
株式会社マルハニチロ上ノ国海産
石巻漁業株式会社
大洋ナミビア(ナミビア)
サカナ・デル・ペルー(ペルー)
大洋ミクロネシアコーポレーション(ミクロネシア)
青島多福食品有限公司(中国)
水産商事ユニット
広洋水産株式会社
琉球大洋株式会社
マルハ(上海)貿易有限公司
ベンガル漁業

他にも、

  • 海外ユニット
  • 北米ユニット
  • 家庭用冷凍食品ユニット
  • 家庭用加工食品ユニット
  • 業務用食品ユニット
  • 化成ユニット
  • 物流ユニット

など

2017年3月期 3Q業績は経常利益が約97%、利益が約119%で推移

2016年度業績
売上高 :8,848億1,100万円(前年対比+2.4%)
営業利益:169億7,200万円(前年対比+95.4%)
経常利益:171億2,400万円(前年対比+44.7%)
利益  :40億9,700万円(前年対比−43.2%)

2017年度3月期の会社予想
売上高 :8,700億円(−1.7%)
営業利益:260億円(+53.2%)
経常利益:270億円(+57.7%)
利益  :140億円(+241.7%)

第3四半期業績(2017年2月発表)
売上高 :6,753億7,900万円(前年同期比−1.1%)
営業利益:254億7,400万円(前年同期比+70.4%)
経常利益:263億2,600万円(前年同期比+63.5%)
利益  :166億7,100万円(前年同期比+84.3%)

通期予想に対しての進捗率は、経常利益が約97%、利益が約119%と順調に推移しています。
セグメント別の業績は、漁業・養殖事業は出荷減だが漁獲好調により利益率向上、そのため売上高、利益ともに前年同期比増。
商事事業は水産商事が販売好調、円高によるコスト削減、畜産商事は鶏肉相場が低調により減収も増益、業務用食品は増収増益。これにより、商事事業は売上高は前年同期比減も利益は前年同期比増。
海外事業は製造コストの削減や北米鮭鱒事業の収益改善などにより、売上高は前年同期比減も、利益は前年同期比増。加工事業は生産性向上、コスト削減などにより売上高、利益ともに前年同期比増。
物流事業は輸配送事業は伸長したものの、システム関連費用や要員増により売上高は前年横ばいも利益は前年同期比減でした。

株価は年初来高値3,580円、年初来安値2,987円、PER11.99倍、PBR1.75倍、自己資本比率18.0%です。株価はここ5年でみると高値圏に位置しています。第3四半期業績も良く、利益に関しては既に通期予想を上回る水準です。

水産業の銘柄や選べる優待の銘柄を探している投資家にオススメ

マルハニチロの株主優待は、必要投資金額319,000円で、水産缶詰詰合せ、瓶詰・缶詰詰合せ、海苔詰合せ、DHA入りリサーラソーセージ、ラ・カンティーヌ詰合せの中から希望のものを1つ選べます。

3Qまでの業績は比較的順調で、経常利益進捗率約97%、利益進捗率約119%です。
株価は若干割安感が感じられますので、さらに株価が上昇する可能性があります。特に期末の業績次第では、大きく株価が変動することが考えられますので、注意深く見守る必要があります。
株主優待も魅力的ですし、キャピタルゲインも狙える銘柄ですので、水産業の銘柄や選べる優待の銘柄を探している投資家にオススメです。

主婦には嬉しい!優待は5種類から好きなものを選べる

株主優待が1つに限定されているものが多いなか、マルハニチロの株主優待は5種類から希望のものを選べます。何れも、食料品ですので主婦には嬉しい内容です。お酒のつまみにもなり、美味しくいただけそうですね。

必要投資金額は30万円を超えているため、少額投資希望者や株主投資初心者にとっては、投資のハードルがやや高いでしょう。
投資資金が範囲内であれば、株主優待目的としても、キャピタルゲイン目的としても、投資対象となり得る銘柄です。
検討している方は、できれば更に株価が割安になったタイミングで投資判断をして、大きなキャピタルゲインを狙いたいものです。マルハニチロの株主になることで、株主通信などを通じてさまざまな製品情報も得れます。興味のある方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

著者情報
株主優待が大好き。 桐谷さんのように優待だけで生活するのが夢。 でも不動産投資やFXにも魅力を感じている今日この頃。

RELATED