• 中央魚類の株主優待は驚きと感動を与えてくれる高級水産物、築地市場の水産卸売業者として中核を担う企業

中央魚類の株主優待は普通には手に入らない高級水産物のセット、世界が注目する築地市場内に本社を構える水産卸売企業

2017年12月21日

1947年の設立、東京都中央卸売市場の中でも最も歴史がある築地市場で水産卸会社として成長してきました。築地市場の取扱い水産物量は世界でも最大級であり、巨大な魚市場に位置する中核企業の一つとして日々存在価値を発揮しています。

屋号は○中(マルナカ)、築地はもちろん全国の水産関係者に親しみを持ってマルナカさんと呼ばれています。卸売業者として生産者と消費者の仲介を担う業務は多岐に渡り多くの知識と経験が必要になりますが、高い技術と能力、専門性を活かした業務に定評があり厚い信頼を寄せられています。

東京証券取引所市場二部上場、証券コード8030、資本金29億9000万円、従業員数(単独)196人です。

卸売業社の役割

水産物を扱う専門の商社、卸売業者として約500種類2000品目を扱っています。卸売業者の役割として、海外から入ってきた水産物においては輸入業者を通して委託または買い付けを行い販売します。

国内の水産物においては荷主である生産者、出荷団体、仲介人などから委託または買い付けを行い販売します。セリ、入札、相対売りを通して価格が決定され、仲卸業者、売買参加者に渡り、その後小売業者、消費者へと流れる仕組みになっています。

世界中の魚の金額は築地で決まると言われており、世界を見渡す能力、国内外の需給、水産物の価値など全てを総合的に判断できる技術が卸売業者に求められています。専門性を揃えたプロの集団として、全国の水産関係者から厚い信頼を寄せられる理由はここにあるのです。

グループ企業の親会社

マルナカグループは柏魚市場、千葉中央魚類、ホウスイ、水産流通、中央フーズなどを連結しており、そのグループの親会社として目標達成を掲げグループ協業の中心的役割を担っています。冷蔵の保管業務や小口のサポート業務で連携することが多く、グループとしての協業体制が重要視されています。

循環式自動活魚水槽の導入

時代の変化や生活スタイルの変化に一早く対応し、より鮮度のいい状態で高品質な活魚を確保できるよう循環式自動活魚水槽を導入しました。これは最大級の水槽であり、産地の天然海水をそのまま利用できるということ、3段階のろ過方式により常に新鮮な状態が保たれるということにより、活魚にストレスを与えることなく最高の環境を提供することができます。

中央魚類株式会社の株価や配当

1947年の設立以来、築地市場の水産卸会社として築地市場の中核を担ってきました。約500種類2000品目の水産物を扱っており、その高い技術と能力により築地だけでなく全国の水産関係者から厚い信頼を寄せられています。また築地市場内に本社を構えることでより詳細で正確な情報の入手、市場の動向や専門的な感覚の入手が可能な社内体制を整えています。

東京だけでなく関東や首都圏といった広範囲の需給確立、人々の健康と豊かで幸せな食卓を創り上げるという使命のもと企業一丸となって日々取り組んでいます。

事業の種類:卸売業 優待の価値:高級水産物の詰め合わせ
優待の種類 権利確定月・日 優待回数
飲食料 3月末日 年1回
株価 配当利回り 優待利回り
290円 2.07% 1.20%
必要投資額 単元株数 1株あたりの配当
290,000円 1,000株 6円

(2017年6月30日現在)

株主優待の権利と特徴

■1000株以上保有の場合、水産物詰め合わせ(3500円相当)
※過去の商品例:たらこ・明太子セット、鮭フレーク・いくら・辛子明太子の瓶詰セット・うなぎのかば焼きセットなど

例年7月半ばころに発送されています。
年度によって商品は異なります。

築地市場の卸売業者ならではの商品が発送されます。天候や漁場、世界環境、社会情勢などの様々な要因で優待商品は年度により異なりますが、常に驚きと感動を与えてくれる商品です。また、私たち消費者にはなかなか手に入らない商品ばかりであり、並外れた鮮度、高品質なおいしさ、贅沢さを手にする喜びや豊かさは最大のものです。

理念に基づいた社内体制と社会的責任と使命

創業以来、新鮮なものを適正な価格でよりスピーディに消費者へ届けるという事を理念とし、努めてきました。築地市場に本社を構えることで、より正確な情報を得るとともにより市場に近い感覚と社内体制を整えて業務を進めています。

東京のみならず関東、首都圏に向けて安定供給するという社会的責任を果たすべく邁進し、世界中の人が注目する築地市場での水産業の活性化、人々の健康と豊かな食卓を創り上げるという使命のもと企業一丸となって前進しています。

専門性を活かした部門別詳細

市場取引は専門性と時代や社会の変化に迅速に対応しなければなりません。部門によりそれぞれの特性が必要なため、6つの部門に分けることでより高度な技術と能力で対応を図っています。

鮮魚部は国内外の一般的な鮮魚における集荷と販売が主要業務です。ブリ、アジ、サバなどを扱っており、鮮度の維持管理に細心の注意が必要になります。

特種部は国内外の一般的な魚、高級魚介類の集荷と販売が主です。タイやハマチ、赤貝やホタテなどを扱っており、高級品が数々登場します。

マグロ部はマグロ全般を扱っています。漁場は世界中にわたり、より正確でスピーディにいかに詳細な情報を入手できるかが問われています。セリの高い技術と能力が求められる部門です。

冷凍部は国内外で漁獲、養殖、冷凍加工された製品を扱います。カニや鮭、イクラなどもここで扱われます。
塩干部では干魚、生干魚、練り物、燻製、加工品など多種類を扱います。

開発部では営業活動により販売促進、新規開拓を行い、事務部門では事務全般を請け負っています。

セグメント別構成比

4つのセグメントに分けられ、水産物卸売事業が96.8%、冷凍倉庫事業が2.6%、不動産賃貸事業が0.3%、荷役事業が0.3%となっています。

冷蔵倉庫事業は市川物流センター、厚木物流センターの開設稼働により、グループ内売上に大きく貢献しています。

高級水産物が大好きな投資家さんにオススメ

年1回の優待商品は、築地市場の卸売業者ならではの水産物詰め合わせです。天候や環境、社会環境の変化などにより商品は異なりますが、常に驚きと感動を与えてくれる商品となっています。普通消費者が手にすることができないような鮮度、高品質な商品を発送してくれるので、普段の食卓に豊かさと感動、喜びを与えてくれることは間違いありません。

優待商品が手元に届くまでの楽しみ、届いてから口にするまでの楽しみ、口にする時の楽しみ、と3段階での楽しみを味わえる優待商品は他にないと言っても過言ではないでしょう。

世界の注目を集める築地市場の卸売業者として、その中核を担う企業です。扱う品目数も2000品目と多岐に渡り、世界中の漁場、業者を相手にしています。築地市場内に本社を構え、より詳細で正確な情報の入手、環境や社会の変化に迅速に対応できるよう社内体制が組まれています。水産業を身近に感じながら投資できるので、水産業、漁業、築地市場などに興味がある投資家にオススメです。

中央魚類は全国の水産関係者から厚い信頼を得ている

1947年の設立以来、世界が注目する築地市場で水産卸売企業として成長してきました。高い能力と技術により扱う品目数は2000を超え、築地市場だけでなく全国の水産関係者から厚い信頼を寄せられています。築地市場内に本社を構え、より詳細で正確な情報を入手するとともに社会変化や環境変化に迅速に対応できる社内体制を整えています。専門の知識と長い歴史の中で培われた経験により、築地市場内で中核を担う企業の一つとして位置づけられています。

株主優待は築地市場の水産卸売業者ならではの高級水産物詰め合わせです。天候や環境、社会環境の変化により商品は異なりますが、最大限の驚きと感動を与えてくれる商品です。普通では手に入らない商品であり、鮮度・品質・ボリュームとどれをとっても最高に贅沢な商品です。株主優待商品のなかで、これほどまで贅沢で幸せと豊かさを与えてくれる商品は他にはないと言っても過言ではないでしょう。

著者情報
株主優待が大好き。 桐谷さんのように優待だけで生活するのが夢。 でも不動産投資やFXにも魅力を感じている今日この頃。

RELATED