• マルゼンの株主優待は年2回ジェフグルメカード。企画〜製造・販売まで一貫しておこなう総合厨房機器メーカー

売上高470億円超の厨房機器のリーディングカンパニー。製造・販売だけでなくプロデュースも実施

2018年3月25日

株式会社マルゼンという企業はご存知ですか?
業務用厨房機器のリーディングカンパニーであり、多くの施設・企業で厨房機器が導入されています。

レストランやスーパーマーケット、コンビニなど、外食・中食産業などで働いている人であれば知っている人も多いかもしれません。

ここでは、マルゼンの株主優待内容や企業情報、投資情報などについて紹介しています。

食に関わるさまざまな施設・企業の厨房機器の設計〜アフターサービスまでおこなう

マルゼンは

  • マルゼン
  • レストランやホテルなどの外食産業
  • スーパーマーケット
  • コンビニ
  • 学校
  • 病院、福祉施設

などの業務用厨房機器を企画・製造・販売している総合メーカーです。

厨房機器のリーディングカンパニーとして厨房機器業界で第2位の高いシェアを誇り、食に関わる多くの施設・企業に導入されています。

厨房機器を製造・販売するだけでなく、顧客の要望に合わせてトータルプロデュースもでき、企業理念の「顧客第一主義」をもとに、設計〜アフターサービスまで一貫して提供しています。

全国の主要事業所のテストキッチンや調理講習会、調理セミナー、展示即売会など、さまざまな方法・場所で情報交換や顧客へのプレゼンテーションをしており、ビジネスチャンスを発見しています。

なにを製造しているのか?熱機器や炊飯機器、作業機器などさまざまな厨房機器を扱う

マルゼンでは、

  • 省スペース&低コストで使用ができ加熱調理ができる「スチームコンベクションオーブン」
  • ガス式・電気式・スピードジェットなどのタイプが揃う「オーブン」
  • 機器本体からの放熱を抑えて厨房環境を向上できる「涼厨フライヤー」
  • ドアタイプや2ラックドアタイプ・リターンタイプなどさまざまなタイプが揃う「食器洗浄機」
  • 45,000kcal/hと業界随一の強火力を持つスーパー龍神シリーズなどの「中華レンジ」

など、さまざまな厨房機器を扱っています。他にも、

  • 保管庫やベーカリー機器
  • シンク
  • キッチンサプライ
  • 無煙ロースター
  • ガス回転釜

など非常に多くの製品の開発・製造をおこなっている企業です。

「実績や歴史」昭和36年に設立、平成11年に東証2部に上場

株式会社マルゼンは、昭和36年に設立され資本金31億6,495万円の企業です。

昭和36年に渡辺商事株式会社を設立し燃焼器具の製造や販売を始めます。昭和40年にはマルゼン燃器製造株式会社に商号を変更、昭和51年には株式会社マルゼンへ変更します。

昭和61年には関連会社であるマル厨工業株式会社を設立。平成6年に本社を東京都台東区へ移転しショールームも開設します。平成11年には東京証券取引所市場第2部へ上場。平成13年には埼玉工場がISO9001の認証を取得。

平成15年には株式会社フジサワ・マルゼンを設立し、主に製パン製菓機械の製造販売を開始します。平成20年にはマル厨工業首都圏工場がNSF認証を取得。平成25年には関連会社のMaruzen(Thailand)Co.,Ltd.を設立します。

株式会社マルゼンの株価や配当

ここでは、マルゼンの権利確定日や配当、利回り、株価や必要投資金額について確認していきましょう。

マルゼンは年2回優待があり、権利確定日8月・2月末日です。
ただし、実際にマルゼンへの投資を考える際は、下記数値の多くが常に変動するため、最新情報や過去からの推移も確認したうえで判断するようにしましょう。

事業の種類:金属製品 優待の価値:6,000円相当(3,000円×年2回)
優待の種類 権利確定月・日 優待回数
飲食料 8月末日 2月末日 年2回
株価 配当利回り 優待利回り
2,470円 0.97% 0.24%
必要投資額 単元株数 1株あたりの配当
2,470,000円 1,000株 24円

株主優待は1,000株以上保有で年2回ジェフグルメカードがもらえる

マルゼンの株主優待は、1,000株以上の保有で下記優待内容を年2回受け取ることができます。

■1,000株以上10,000株未満保有の場合、3,000円分のジェフグルメカード
■10,000株以上保有の場合、5,000円分のジェフグルメカード

ジェフグルメカードは、全国35,000店舗で使える食事券です。

マルゼンのグループ会社は?国内・台湾・タイに展開している

マルゼンは国内および台湾・タイにグループ会社を展開しています。

株式会社マルゼンの関連会社
株式会社フジサワ・マルゼン
台湾丸善股イ分有限公司
Maruzen(Thailand)Co.,Ltd.
マル厨工業株式会社(九州工場、東北工場、首都圏工場)

マルゼンの業績。今期は増収増益予想。第3Qの経常利益進捗率は約89%

■2017年2月期の業績
売上高 :473億2,400万円(前期比−0.1%)
営業利益:40億2,900万円(前期比+6.7%)
経常利益:43億8,400万円(前期比+6.3%)
利益  :29億300万円(前期比+16.3%)
■2018年2月期の会社予想
売上高 :477億5,000万円(+0.9%)
営業利益:40億7,000万円(+1.0%)
経常利益:44億3,000万円(+1.0%)
利益  :29億3,200万円(+1.0%)
■第3四半期連結業績(2018年1月発表)
売上高 :385億5,000万円(前年同四半期比+5.6%)
営業利益:36億8,200万円(前年同四半期比+15.9%)
経常利益:39億7,500万円(前年同四半期比+15.3%)
利益  :27億400万円(前年同四半期比+20.5%)

セグメント別の業績は次の通りです。

「業務用厨房部門」では、ソリューション営業や展示会、講習会などの活動に注力し、直販・ルート販のキャンペーンもグレードアップ。保守契約の販促にも取り組み、顧客満足度の向上にも努めました。
また、研究開発部門において、電気立体自動炊飯器や電気天ぷらフライヤー、涼厨回転釜、ドラフト式水圧洗米機、2ラックドアタイプ食器洗浄機、立消安全装置付きガステーブルなどを開発しました。
そして、既存製品のブラスト中華レンジや電気フライヤー、ベーカリーコンベクションオーブンのモデルチェンジをしています。

その結果

売上高:前期比−0.8%
営業利益:前期比+7.0%

「ベーカリー部門」では、国内製パンメーカーの拡販や東南アジア地域を中心とした海外製パンメーカーの新規開拓に注力した結果、売上高は前期比+11.5%、営業利益が前期比−24.8%でした。

「ビル賃貸部門」では、ビジネスホテル3ヵ所、介護付有料老人ホーム1ヵ所、物流倉庫1ヵ所を所有しており、売上高は前期比±0%、営業利益は前期比+0.9%となっています。

第3四半期時点の経常利益の進捗率は約89%と比較的順調に推移しています。

必要投資金額は約250万円!投資資金に余裕のある方にオススメ!

マルゼンの株主優待は、年2回ジェフグルメカードがもらえます。ジェフグルメカードは多くのレストラン等の飲食店で使えるため、特に主婦にとっては嬉しい内容ではないでしょうか。

ただし、2018年3月15日時点の必要投資金額は2,470,000円と非常に高額で、優待利回りは0.24%と低く、多くの人にとって優待目的としてすぐに投資できる内容ではありません。

そもそも、多くの投資資金を準備している人でないと投資を検討できない銘柄ですが、投資資金に余裕がある方やマルゼン企業を知っていて応援したい方にオススメです。今期の業績も比較的順調ですので、今後の業績動向次第ではさらに株価が上昇する可能性も十分にあります。

業績は比較的順調でジェフグルメカードも良い、資金に余裕がないと検討できない

マルゼンは厨房機器業界第2位のポジションに位置する企業であり、業務用厨房機器を企画・製造・販売している総合メーカーです。

今期の業績も比較的順調に推移しています。株主優待はジェフグルメカードが年2回も受け取れますが、必要投資金額が約250万円ということもあり、よほどの投資資金がないと手が出せません。

資金に余裕がある方をはじめ、マルゼン株に興味がある方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

著者情報
株主優待が大好き。 桐谷さんのように優待だけで生活するのが夢。 でも不動産投資やFXにも魅力を感じている今日この頃。

RELATED