• 尾家産業では株主優待でビーフカレー詰め合わせなどがもらえる。業務用食材の大手問屋で長期保有すると追加の優待品がもらえる

外食産業、中食産業、給食産業向けに5万点以上の商品を取り扱う総合食品商社

2018年1月15日

今回ご紹介する尾家産業は外食業界を中心に中食、社員食堂、給食分野と幅広いニーズに合わせて食材や厨房用品を展開しています。尾家産業では商品開発にも力を入れており、安心・安全・環境・健康に配慮したプライベートブランド商品を提供しています。また、小売店としてキャッシュアンドキャリー店舗の運営も行う大手食品問屋です。

尾家産業の株主優待はビーフカレー詰め合わせで、200gのレトルトパックが3袋もらえます。長期保有や保有株式数によって優待の内容は変わってきます。尾家産業の企業情報や株主優待の詳細について見ていきましょう。

尾家産業は総合食品商社として半世紀以上の歴史を持つ

尾家産業は1961年に設立され、半世紀以上の歴史を持つ大手食品問屋です。主な業務は業務用食品卸売業ですが、直営店舗も運営し食品小売りも行っています。商品開発力も高く高付加価値商品としてプライベートブランド商品も展開しています。

5万点以上の商品をあつかう尾家産業の主力は外食産業向けの食品卸

尾家産業では5万点以上の商品を扱い、外食、中食、給食など幅広い分野のニーズに対応する最適な食材を提案しています。中でも主力はホテル・レストラン・居酒屋など、市場規模25兆円をこえる外食産業向けの卸売りです。

中食分野ではお弁当、お惣菜、そして病院や介護施設などの給食分野にも食材を提供しています。特に給食分野では栄養面、健康面そして食べやすい食材、メニューを提案しています。

プライベートブランド商品が豊富で高付加価値食品を提供している

尾家産業は食材の卸売りを通じて得たノウハウや市場からのニーズに対応するプライベートブランド商品の開発に力を入れています。尾家産業のプライベートブランド商品だけでなく、ユーザーのプライベートブランド商品の開発も行うことでより広い視野から商品開発のノウハウ、ニーズを取り入れることで高付加価値食品を提供しています。

尾家産業のプライベートブランドには

  • 燦宝夢
  • サンプラザ
  • サンホーム
  • おいしい海
  • サンオイエ

があります。

燦宝夢は和食と中華を中心とした高級ブランド、反対にサンプラザはコストパフォーマンスと利便性に優れたブランドです。サンホームは尾家産業のプライベートブランドのレギュラーブランドとして高品質で商品数も多く取り揃えられています。水産加工品中心の新鮮海産ブランドであるおいしい海には冷凍加工技術の高さが表れています。ラップやポリ袋、洗剤など食品以外の厨房用品はサンオイエブランドで提供されています。

尾家産業株式会社の株価や配当

尾家産業は国内大手の食品卸問屋です。取扱っている商品数も多く、幅広い分野からのニーズに応える提案力、ノウハウを蓄積しています。尾家産業の株主優待でもらえるのはビーフカレー詰め合わせですが、株主優待の権利を得るためにはどの程度の投資が必要になるでしょうか。
尾家産業の株式情報を簡単に確認しておきましょう。

事業の種類:卸売業 優待の価値:—
優待の種類 権利確定月・日 優待回数
飲食料 3月末日(3年以上の継続保有で9月末日) 年1回(3年以上の継続保有で年2回)
株価 配当利回り 優待利回り
1,300円 1.54%
必要投資額 単元株数 1株あたりの配当
130,000円 100株 20円

尾家産業の株主優待でもらえるビーフカレー詰め合わせなどの詳細と条件

尾家産業では株主優待として100株以上保有の株主に対してビーフカレーの詰め合わせを贈呈しています。株主優待は保有株式数や継続保有期間によっても変わるので内容を細かくチェックしておきましょう。

100株の保有に必要な資金は13万円程度となっており、取得費用が低めの銘柄です。継続保有によって株主優待の回数が増えるので、少額の投資で長期間保有に向いています。

株主優待は100株からもらうことができます。ビーフカレー詰め合わせがもらえますがそれ以外にも1,000株、5,000株の保有で内容が変化します。株主優待は3月末で権利が確定しますが、3年以上の保有になると9月にも権利が発生し年2回優待を受けることができます。
以下に保有株数と継続3年以上の内容をまとめます。

■100株以上、3年未満保有の場合、ビーフカレー詰め合わせセット
■1,000株以上、3年未満保有の場合、燦宝夢紀州南高梅「味梅」1kg
■5,000株以上、3年未満保有の場合、自社商品セット8種から選択
■100株以上、3年以上保有の場合、自社商品セット

尾家産業の過去の業績と今期の見込みから株主優待のお得度を判断

尾家産業の事業内容と株主優待についての情報を確認したので、次は業績を確認しておきましょう。業績の確認は株式投資では最低限のことですので、必ずチェックして投資するかどうかの判断の材料にしてください。

昨期の落ち込んだが今期は増収増益が見込まれ回復傾向

尾家産業の今期の業績予測は増収増益となっています。2016年度は2015年比で営業利益は5.8%、経常利益は1.4%の減益となっていました。今期はその分を回復し営業利益は14.9%、経常利益で6.2%の増収です。経常利益は9億9千万円で10億円まであと一歩というところまで成長しています。

長期保有に向いている尾家産業の株に投資するなら3年以上の保有を視野に入れて

尾家産業の株は100株から購入でき、13万円程度の投資額で配当や株主優待を受け取ることができます。比較的少額で投資できるため、初心者にもおすすめできる銘柄です。株価の動きも比較的緩やかで、長期保有に向いていると言えるでしょう。

長期保有することによって株主優待の回数が年1回から年2回に増えることも長期保有することのメリットです。条件は3年以上の継続保有となっています。尾家産業の株を購入する際は3年以上保有し続けることを前提に投資するといいでしょう。

保有株式数によって株主優待は変化しますが、100株の次は1,000株が基準となっています。10倍の投資をするだけの余裕がある場合は別として、優待利回りの点からも100株の購入で十分ではないかと思います。

尾家産業の株主優待は3年以上の保有でさらにお得になる

尾家産業の株主優待の最大の魅力は3年以上の保有で年1回から年2回に増える点です。単純に優待の価値が2倍になるかどうかは優待の内容次第ですから一概には言えませんが、年に2回も食材が届くのはうれしいですよね。

尾家産業は国内の食材問屋の大手として半世紀以上高品質の食材を提供し続けています。半世紀の間に蓄積されたノウハウや知識、ネットワークを活かした商品開発にも力を入れています。

株主優待では自社商品の食材がもらえるので、レストランやホテルと同等の味が家庭でも楽しめるという点も見逃せないですね。

著者情報
株主優待が大好き。 桐谷さんのように優待だけで生活するのが夢。 でも不動産投資やFXにも魅力を感じている今日この頃。

RELATED