株主優待品では珍しいワインは子会社の商品。12月下旬の宴会シーズンに届く

2018年1月17日

巴工業は遠心分離機メーカーと化学工業製品の専門商社という2本柱の複合型企業です。遠心分離機も化学製品も私たちの生活を陰から支えてくれる重要な製品で、「豊かで快適な暮らしをサポート」してくれています。

巴工業の株主優待ではワインがもらえます。株主優待でワインがもらえる会社は珍しいので、貴重な株主優待だと言えます。また、ワインは子会社の巴ワインアンドスピリッツの商品で12月下旬に届きます。株主優待が宴会シーズンである年末に届くので、家飲みやホームパーティーが少しだけグレードアップしますね。

巴工業は機械製造販売事業と化学工業製品販売事業の2本柱

巴工業では機械事業と化学品事業の2つの事業を展開しています。2つの事業がそれぞれの強みを活かしながら切磋琢磨し、安定した業績を支えてきています。機械事業では主に遠心分離機やその応用装置、関連機器を製造・販売しています。化学品事業では化学製品の輸出入や販売を行う専門商社としての役割を果たしています。

機械製造販売事業では私たちの生活を支える遠心分離機などを取扱っている

巴工業の機械製造販売事業の中心は遠心分離機です。遠心分離機がどんな機械であるかイメージしにくいかもしれません。しかし、実は遠心分離機は私たちの生活に関わる様々な分野で利用されている機械です。

遠心分離機は

  • 水処理・汚泥処理
  • 食品・飼料
  • 医薬
  • 化学
  • リサイクル
  • エネルギー
  • 製鉄
  • バイオ
  • 土木・建築

の分野で利用されています。どの分野も私たちの生活になくてはならないもので、「豊かで快適な暮らしをサポート」してくれています。

化学工業製品の専門商社として世界中にネットワークを広げている

化学工業製品の専門商社としての歴史も長い巴工業では、合成樹脂、工業材料、化成品、機械材料、電子材料や関連製品を輸出入、販売しています。その歴史は60年以上と長く国内5部門と国内外の子会社によって成り立っています。

巴工業の化学工業製品事業は世界中にネットワークをもち、子会社をアジアに進出させるなど積極的に展開しています。優れた商品を紹介するだけでなく、情報やサポートサービスなどを提供するニッチトップな専門商社です。

巴工業株式会社の株価や配当

巴工業は遠心分離機メーカーとしての顔と、化学工業製品の専門商社としての顔の2つの顔を持つ複合型企業です。遠心分離機も化学工業製品も私たちの生活に深く関わる製品やサービスに利用されており、私たちの生活を陰から支えてくれている企業です。

株式投資で企業の事業内容を理解することは重要ですが、やはり株価などの株式に関する情報が基本情報です。巴工業の株式情報をまとめます。

事業の種類:機械 優待の価値:1円~2,000円相当
優待の種類 権利確定月・日 優待回数
飲食料 10月末日 年1回
株価 配当利回り 優待利回り
2,191円 2.00%
必要投資額 単元株数 1株あたりの配当
219,100円 100株 45円

巴工業の株主優待でもらえるワインの詳細と優待の条件

巴工業では10月末日時点で100株以上を保有する株主に対して株主優待をしています。100株は最低単元株数ですので、巴工業の株を買えば条件を満たすことになります。100株の取得には20万円以上の投資が必要になります。

巴工業の株主優待の内容な子会社である巴ワインアンドスピリッツのワインがもらえます。巴ワインアンドスピリッツは海外のワインの他、ウィスキー、ブランデーなどを取扱っています。
もらえるワインの価格は不明ですが、平成28年度は「シャトーサンロー」という赤ワインがもらえました。いずれにせよ、ワインが株主優待としてもらえる企業は少ないので、貴重な株主優待と言えます。

巴工業の株主優待でもらえるワインは宴会シーズンの年末に届く

巴工業の株主優待のおすすめポイントとしてもらえる時期があります。株主優待品はワインなのですが、そのワインがなんと12月下旬に届くのです。12月下旬と言えば年末の宴会シーズンです。ホームパーティや実家へのお土産としてもワインは喜ばれます。もちろん、家飲み用として自分で味わうのもいいですね。

巴工業の業績チェックは株主優待を目指して投資すべきかの判断材料

巴工業の株主優待はお酒好きにはうれしいワイン1本です。株主優待の魅力はその利回りだけでなく、商品そのものです。お酒好き、特にワイン好きの人にはたまらない株主優待だと言えます。そんな巴工業の株主優待をもらうためには巴工業の株を100株以上保有しなければいけません。株を購入するということは自分の資金を投資するということです。株を購入する前にはしっかりと業績や各指標を見ておくべきです。

巴工業のこれまでの業績と今期の予測から業績が好調であることが分かる

巴工業の今期の予測は増収増益となっています。しかも決算を目前にした2017年9月19日に経常利益の見通しを上方修正しています。かなり好調な業績を上げていることがわかります。過去2期を見てみても経常利益は順調に成長しており、機械事業と化学工業製品事業の2本柱が支えあって成長している企業だと言えます。

巴工業の株価はこの1年で約600円値上がっていることから今後も楽しみ

巴工業の株価は2016年12月時点では1,600円未満でした。しかし、2017年11月現在では2,200円程度となっており、600円ほどの値上がりを見せています。この値上がりをどうとらえるかで巴工業の株主優待のおすすめ度が変わってきます。

今後も値上がり続けると見込めば、株価上昇で利益が上げられることも含めておすすめの株主優待となります。現在の株価が上がりすぎだと判断すれば株価が落ち着いてから購入することで、配当利回り、優待利回り共に現在よりもよくなるのでおすすめです。

ただし、配当利回りは現在の株価でも2%を超えており、優待品のワインを1,000円から2,000円と見積もると、全体としての利回りが大きくなります。巴工業の株は100株から購入でき、購入資金は21万円ほどです。資金に余裕があれば持っておいて毎年年末に本格ワインを楽しむのもいいですね。

巴工業はワインが1本もらえる株主優待を実施しており、今後の成長も楽しみな企業

巴工業の株主優待情報を中心に、事業内容や業績を見てきました。巴工業の株主優待は子会社の商品であるワインが1本もらえます。ワインはなかなか本格的なもので、12月下旬に届くこともあり、もらえるとかなりうれしい内容となっています。

巴工業は70年以上続く遠心分離機と化学工業製品を扱う複合型企業です。遠心分離機も化学工業製品も表にはあまり出てきませんが、私たちの生活に欠かせない製品となっています。巴工業は私たちの「豊かで快適な暮らしをサポート」してくれる企業なのです。

株主優待を受けるためには20万円以上の投資が必要になります。巴工業の事業内容から、今後も成長を続けていくことが期待されます。期待と現在の株価、そして配当や優待の魅力を総合的に判断して株の取引をするといいでしょう。

著者情報
株主優待が大好き。 桐谷さんのように優待だけで生活するのが夢。 でも不動産投資やFXにも魅力を感じている今日この頃。

RELATED