• ヒューリックの株主優待はグルメカタログギフトから選べる。23区を中心に不動産賃貸業を手掛けるデベロッパー

不動産賃貸事業を中核として建替や開発、投資事業などを展開

2018年1月3日

ヒューリックは、東京23区を中心としてオフィスビルや商業施設、ホテル、賃貸マンション、高齢者住宅などの不動産賃貸事業を手掛けていて、建替や開発、投資事業も行っています。
また、グループ会社では保険事業や給食事業、人材関連事業などの不動産事業以外も展開しています。

ヒューリックの株主優待はどんな内容でどれくらい魅力的なのか、株主優待を目的として投資するメリットのある銘柄なのか、企業情報や投資情報について見ていきましょう。

都心を中心として不動産賃貸事業を展開するデベロッパー

ヒューリックは東京23区を中心とした不動産賃貸事業、建替事業、開発事業、投資事業などを展開するデベロッパーです。好立地にあるオフィスビルや商業施設、ホテル、高齢者住宅、賃貸マンションなど、約230もの不動産賃貸・管理を行っています。

好立地で駅近物件を多く所有していることや、オフィスビルの空室率が1%前後の高水準であること、免震、制振、耐震の最新技術を導入したビルであることなど、安定した業績基盤を生み出す特徴を多く持った事業展開しています。グループ会社にて、不動産関連事業以外にも保険事業や人材関連事業なども行っています。

東京23区を中心にオフィスビル、商業施設、賃貸マンションなどを展開

  • ヒューリック雷門ビル
  • 日本橋セントラルスクエア
  • ヒューリック八丁堀第一ビル
  • ヒューリックレジデンス駒込
  • ヒューリックコート雪が谷
  • ヒューリック新宿ビル
  • ヒューリック青山ビル
  • ヒューリック銀座数寄屋橋ビル
  • アリスタージュ経堂
  • グランダ大森山王
  • Hulic&New SHIBUYA
  • 池袋東急ハンズ
  • 東京ベイ舞浜ホテル
  • 永田町ほっかいどうスクエア
  • 品川シーズンテラス

など、他にも多くの物件を保有し賃貸事業を展開しています。

設立60年上場10年以上の老舗企業。合併・子会社化を繰り返し事業拡大

ヒューリックは1957年設立で資本金627億1,800万円、従業員数152名(2017年6月末現在)の企業です。1957年3月に日本橋興行㈱として設立され、同年6月に損害保険代理店業務を開始します。

1960年には阪都不動産管理㈱(現ヒューリックビルマネジメント)を設立。そして、1965年から1978年にかけてヒューリック新橋ビル・銀座ビル・青山ビルを竣工します。
2000年には㈱フォワードビルディングを合併、翌年にはかけ橋企画㈱(現ヒューリックビルド㈱)を設立します。

2007年にはヒューリック㈱へ商号を変更し、翌年には東京証券取引所市場第一部へ上場します。2010年千秋商事㈱と芙蓉総合開発㈱との合併と保険部門の会社分割を実施します。
2011年にはヒューリックホテルマネジメント㈱を設立し、ヒューリックオフィスサービス㈱を子会社化します。

2012年にロンドンに現地法人Hulic UK Limitedを設立し、同年、昭栄株式会社と合併します。また、THE GATE HOTEL 雷門 by HULICを開業します。2013年には永田町ほっかいどうスクエアを竣工、2014年には㈱アヴァンティスタッフを子会社化。2015年にはシンプレクス・インベストメント・アドバイザーズの吸収合併を実施します。

ヒューリック株式会社の株価や配当

ヒューリックの株価や配当、利回り、必要投資金額などを見ていきましょう。しかし、ほとんどの数値が常に変動しますので、投資を検討する際は最新の情報を確認しましょう。また、過去からの経緯やPERなど、さまざまな指標を参考にすることをおすすめします。

事業の種類:不動産業 優待の価値:3,000円
優待の種類 権利確定月・日 優待回数
カタログギフト 12月末日 年1回
株価 配当利回り 優待利回り
1,116円 1.61% 0.89%
必要投資額 単元株数 1株あたりの配当
111,600円 100株 18円

(2017年10月26日現在)

株主優待は300株以上保有でグルメカタログギフトから好きな商品を1品セレクト

ヒューリックの株主優待は3単元(300株)以上保有で以下の優待内容を受け取れます。

■300株以上3年未満保有の場合、3,000円相当のグルメカタログギフト(1品選択)、または「あしなが育英会」への寄付
■300株以上3年以上継続保有の場合、上記3,000円相当のグルメカタログギフト2点(6,000円相当)

ヒューリックは多くの関連会社を展開しており、詳細は以下のとおりです。

ヒューリックのグループ会社及び関連会社
ヒューリックビルド株式会社
(建築関連事業、総合オフィス事業など)
ヒューリックビルマネジメント株式会社
(プロパティマネジメント事業など)
ヒューリック保険サービス株式会社(保険代理店事業)
ヒューリックホテルマネジメント株式会社
(ホテル経営ならびに運営)
ヒューリックオフィスサービス株式会社(給食事業、サプライ事業)
ヒューリックリートマネジメント株式会社
(ヒューリックリート投資法人の資産運用業務)
ヒューリックプロサーブ株式会社
(経理・人事総務等の事務関連業務の受託など)
ヒューリックプライベートリートマネジメント株式会社
(ヒューリックプライベートリート投資法人の資産運用業務)
ヒューリックプロパティソリューション株式会社
(建築工事の企画、設計、コンサルティング業務など)
スマート・ライフ・マネジメント株式会社
(次世代型ヘルスケアモールの企画・開発など)
株式会社アヴァンティスタッフ
(人材派遣事業、人材紹介事業、アウトソーシング事業など)

チェックしておきたい過去の業績、注目したい現在の業績やチェックポイント

2016年12月期業績
売上高 :2,157億8,000万円(前年比+27.0%)
営業利益:533億7,700万円(前年比+27.1%)
経常利益:514億3,200万円(前年比+20.9%)
利益  :348億9,700万円(前年比+3.8%)

2017年12月期の業績予想
営業利益:600億円(+12.4%)
経常利益:570億円(+10.8%)
利益  :380億円(+8.9%)

第2四半期の連結業績(2017年7月公表)
売上高 :969億6,800万円(前年同期比0.0%)
営業利益:321億3,800万円(前年同期比+23.8%)
経常利益:308億8,600万円(前年同期比+22.5%)
利益  :208億3,500万円(前年同期比+17.7%)

セグメント別の業績は次のとおりです。

中核事業である不動産事業については非常に順調です。竣工、取得物件によって不動産賃貸収入が増加して、販売用不動産の売却も順調だったため、営業利益は前年同期比22.9%増となっています。

保険事業は連結子会社のヒューリック保険サービス株式会社が展開しており、営業利益は前年同期比4.8%増です。

人材関連事業は、連結子会社株式会社アヴァンティスタッフが展開していて、営業利益は前年同期比29.9%増でした。

その他の事業として、ヒューリックビルド株式会社によるビル等の営繕工事やテナント退去時の原状回復工事、ヒューリックオフィスサービス株式会社による給食事業などがあり、営業利益は前年同期比で26.4%増と好調です。

第2四半期段階の経常利益の進捗率は約54%と比較的順調に推移しています。2017年10月26日現在のPERは19.34倍、PBRは2.07倍となっています。

業績は比較的好調に推移。株主優待を受けるには30万円以上の資金が必要

ヒューリックで株主優待を受けるには300株(334,800円)が必要となり、優待利回りは0.89%です。必要投資金額が少し高めで優待利回り及び配当利回りもやや低めなため、株式投資初心者には若干ハードルが高めです。
もし、投資を検討するのであれば株主優待目的ではなく売買益狙いの方がいいでしょう。ただし、株主優待はグルメカタログから好きな商品を選べるようになっており、特に主婦にとっては満足度が高いものになりそうです。

株価はここ1年で見ると高値圏に位置しており、業績も比較的好調なため、今後さらに株価が上昇する可能性があります。不動産関連の銘柄に興味がある方や投資金額に余裕のある方におすすめです。

利回りは低めだが優待内容は魅力的「高齢者」「観光」「環境」の分野でも展開

ヒューリックは不動産賃貸事業を中核としており、1つの分野だけでなくオフィスビルや住宅、商業施設、ホテルなど、さまざまなジャンルの物件を所有・展開しています。今後の社会環境の変化も見据えて「高齢者」「観光」「環境」の分野でも積極的に事業拡大を進めています。

優待利回り、配当利回りはやや低めですが、優待内容はカタログから選べるなど魅力的です。興味がある方は検討してみましょう。

著者情報
株主優待が大好き。 桐谷さんのように優待だけで生活するのが夢。 でも不動産投資やFXにも魅力を感じている今日この頃。

RELATED