• 安永の株主優待は三重県特産品から選べる。エンジン部品や工作機、環境機器などを扱う

コシヒカリ5kgなど三重県伊賀地方の特産品を選んでもらえる

今回ご紹介する株主優待情報は三重県伊賀市に本社を置く株式会社安永です。
株主優待というと自社製品や、地元の特産品を贈ってくれる会社が多いですがこの安永も三重県伊賀市の特産品を株主優待として用意しています。

ところで、みなさんは三重県伊賀市と聞いて何を思い浮かべますか?伊賀忍者でしょうか?
それとも伊賀牛を思い浮かべる人もいるかもしれませんね。安永の株主優待では伊賀市の特産品を6品用意しており、そのうち一品を選ぶ方式です。

伊賀市の特産品にはどのようなものがあるのかも確かめながら、株主優待情報をみていきましょう。

シリンダーブロックなどのエンジン部品などを製造・販売するメーカー

安永は1923年創業の三重県伊賀市に本社を置くシリンダーブロックなどのエンジン部品やNC機など工作機、検査測定装置を製造・販売するメーカーです。

安永は三重県伊賀市に本社を置く自動車エンジン部品メーカー

主要な自動車・産業機械、太陽電池・電子・半導体、環境機器の各分野で外部環境の変化に対応した新たな価値を提供しています。その中で地域、顧客、製品での「グローバルニッチNo.1」を積み重ね、より大きな市場へ活躍の場を広げています。

3つの分野でコア技術を発揮する安永

安永の事業は3つの分野に分けることができます。
世界トップレベルの製品と設備を提供する自動車・産業機械分野、最先端技術を支える次世代のテクノロジーを提供する太陽電池・電子・半導体分野、未来を豊かにする環境創造の環境機器分野です。
いずれの分野でも「未来は来るものではなく、創るもの」と考え、今までにない技術に挑戦し、新しい事業創出を目指し、研究開発体制を整えています。

それぞれの分野の主力製品についても確認しておきます。自動車・産業機械分野ではエンジン部品と工作機械を扱っています。

エンジン部品はグループの主力事業で

  • コネクティングロッド
  • シリンダーヘッド
  • シリンダーブロック
  • カムシャフト
  • クランクシャフトの5C

エンジンの基幹部品をフレキシブルライン生産で世界に供給しています。

工作機械ではコネクティングロッドの生産設備をフルターンキーで納入できるメーカーとして、国内外から高い評価を得ています。

太陽電池・電子・半導体分野ではワイヤソー、検査測定装置、太陽電池関連の製品を扱っています。ワイヤソーは安永独自の駆動システムによりもろくて硬い材料を、より薄く精密に大量切断できます。

ワイヤソーのパイオニアとして製品の進化をリードしています。また、安永の検査測定装置は、独自の3次元計測技術と高速高分解能画像検査技術が、半導体デバイス製造、各種電子部品の精密検査分野において高い評価を得ています。
特に2016年11月に発表されたリチウムイン電池の長寿命化技術開発の発表は株価の急騰に結びつくほどのインパクトがありました。

環境機器分野では関連会社である安永エアポンプ株式会社、安永クリーンテック株式会社とともに、未来を創る環境機器を製造・販売しています。
エアーポンプは生活環境、産業、医療の分野で高い評価を得ており、アメリカやヨーロッパでも実績を上げています。

安永のあゆみと関連会社

安永の歩みは初代社長安永芳房が安永鉄工所を創業し、農機具等の製造・修理に着手した1923年に始まりました。1947年にミシンアームヘッドの生産を開始し、1949年に「株式会社安永鉄工所」を設立しました。

1959年には農産機エンジン部品の生産開始し、1963年には現在の主力である自動車エンジン部品の生産開始しました。1988年には現在の株式会社安永に商号変更し、2014年に東証1部に指定替えしています。

安永の国内グループ会社
安永エアポンプ株式会社
(2005年設立、本社:東京)
安永クリーンテック株式会社
(2010年設立、本社:東京)
安永運輸株式会社
(1964年生ツ率、本社:三重)
安永総合サービス株式会社
(1998年設立、本社:三重)

また海外では、インドネシア、韓国、タイ、メキシコ、中国上海、中国山東省、アメリカミシガン州に7つのグループ会社を置いています。

株式会社安永(東証1部 7271)の株価や配当はどうなっている?

事業の種類:輸送用機器  優待の価値:3000円相当
優待の種類 権利確定月・日 優待回数
飲食料 3月末日 年1回
株価 配当利回り 優待利回り
3000円 0.55% 1.8%
必要投資額 単元株数 1株あたりの配当
165,000円 100株 9円

(2017年3月2日現在)

コシヒカリ8kgなどがもらえる安永の株主優待情報を詳しく解説

安永の株主優待は3月末日時点で株を500株以上保有していることで三重県伊賀市の特産品6品の中から1品を選択して受け取ることができます。特産品6品は以下になります。

(1)伊賀牛 モモ肉 500g1パック
(2)伊賀牛 肩ロース肉 250g1パック
(3)伊賀牛カレー 
(4)伊賀米 コシヒカリ 8kg1袋
(5)伊賀産 手延べ素麺「伊賀の糸」 2.5kg1箱
(6)伊賀の地酒(日本酒) 720ml2本セット

伊賀牛は伊賀のブランド和牛でその歴史はかなり古くまでさかのぼれるそうです。
またコシヒカリが8kgももらえるのはかなりうれしいですね。筆者は個人的にはお酒が好きなので伊賀の地酒が一番魅力的だったりもします。

さて、こちらの優待を手に入れるのには500株の保有が必要です。
単元株数が100株なので5単位が必要になるので注意が必要です。投資金額としては80万円以上になります。

安永の過去の業績と業績予想はどうなってる?

安永の株価のチャートをみていくと2016年11月ごろから急騰していることが分かります。
それまで570円付近だった株価が2017年3月の現在であ3倍近い1650円にまでなっています。そんな安永の過去の業績と業績予想を見ていきましょう。

(単位は百万円)
2期前(2015年3月期)
売上高:29,605
営業利益:150
経常利益:339

1期前(2016年3月期)
売上高:30,913
営業利益:373
経常利益:-158

 来期(2017年3月期)会社予想
売上高:34,000
営業利益:1,400
経常利益:1,000

前期は赤字でしたが、今期は黒字への転換が見込まれています。
リチウムイオン電池の長寿命化技術の開発により業績は改善しているものと思われます。また、一時期の株価の急騰も現在のところ落ち着いているようにも思われます。

安永の株主優待は魅力的な商品6品から1品を選ぶ

安永の株価は現在割高とも取れます。新技術の発表から今後の業績に期待が持てるので、さらに株価はあがると予想している人もいるようです。

さて、株価はさておき、株主優待だけをみるととても魅力的です。
ブランド和牛の伊賀牛の製品、日本酒、そうめんなど食卓を豪華にしてくれる商品ばかりです。しかも、6品のうち1品を選ぶので6年持ち続けて全種類制覇するのもいいですよね。逆にこれは、というものを狙っていくのもいいと思います。

優待を受けるには500株の保有が必要で、現在の株価では約80万円の投資が必要です。どうせなら長くもってたくさんの優待品を楽しむのがおすすめです。

安永の株主優待、企業情報、業績まとめ

安永はグローバルニッチNO.1を目指しているエンジン部品などを作るメーカーです。
自動車関連のエンジン部品が主力ですが、今後は太陽電池や電子・半導体などの最先端技術でも存在感を示しそうです。特にリチウムイオン電池の長寿命化の技術の開発が今後どのように会社の成長に貢献していくかは要チェックです。

安永の株主優待は500株の保有で伊賀の特産品をもらえます。
伊賀牛やコシヒカリなどの魅力的な製品が多く用意されています。毎年どの優待品をもらうか選ぶ楽しみもありますね。

今後の業績が伸びそうなことと、優待を受けるのに500株必要なことを考えると長く持って楽しみたい銘柄だと言えそうです。

RELATED